BEAUTYSEP.24.2018

デブ菌を減らして痩せやすい体に!無理のないダイエットを始めよう

近年ダイエッターの間で話題となってるのが「デブ菌」。デブ菌とは腸内細菌のことで、腸内からこの菌を減らすことによって、痩せやすい体を作ることができると話題になっています。そこで今回は、デブ菌(ファーミキューテス)についてご紹介した上で、デブ菌を減らすことができる食べ物まで徹底解説します!
近年ダイエッターの間で話題となってるのが「デブ菌」。デブ菌とは腸内細菌のことで、腸内からこの菌を減らすことによって、痩せやすい体を作ることができると話題になっています。そこで今回は、デブ菌(ファーミキューテス)についてご紹介した上で、デブ菌を減らすことができる食べ物まで徹底解説します!

そもそも「デブ菌(ファーミキューテス)」って何?まずは基本をチェック

バラの置き画
テレビ番組『世界一受けたい授業』や『バイキング』でも取り上げられ、大きな反響を呼んだ「デブ菌」。デブ菌とは腸内に存在する細菌のことであり、消化されたものを体内に溜め込んでしまう「ファーミキューテス」を指します。

腸内細胞には、この「デブ菌」と健康な体を作る「ヤセ菌(バクテロイデーテス)」の2つの菌群が存在するのですが、この比率が問題。理想的な比率は、デブ菌とヤセ菌で「4:6」なのですが、デブ菌の比率が大きくなってしまった場合、なんと太りやすく痩せにくい体になってしまうのです!

なぜデブ菌が多いと太りやすいの?そのメカニズムとは

デニムのボタンがはまらない女性
そもそもどうして、デブ菌の比率が大きくなると太りやすくなってしまうのでしょうか。先ほどご紹介したように、デブ菌は、消化されたものを体内に溜め込んでしまう菌。人のカラダは食べたものから栄養や水分の80%を小腸で吸収し、吸収されなかったものは大腸を通って排出するのですが、この「デブ菌」が多いと、排出すべきものまで吸収して体内に溜め込むのです!

したがって、デブ菌は余分な脂肪まで取り込むため、肥満に繋がります。反対に腸内で、脂肪を排出する働きをする「ヤセ菌」が増えれば、自然と太りにくくなると言えます。つまりデブ菌とヤセ菌を程よい比率でキープすることができれば、無理なくリバウンドの心配もなく、痩せられるでしょう。

デブ菌の数は遺伝する!?その真相とはいかに

手を繋ぐ親子
デブ菌は誰もが持っているものなのですが、実は「肉親から遺伝する」とも言われています。したがって、両親が太っている場合、子供も太る可能性があると発表されています。とは言え、デブ菌の数は自身の食生活でコントロールすることが可能。つまり、太る原因を遺伝だと決めつけるのはナンセンスです!ここで、デブ菌が増えやすい食べ物をご紹介します。

■デブ菌が増えやすい食べ物
・砂糖
・お肉
・小麦粉
・揚げ物
・冷たいもの

食べ方・食べ合わせにもよりますし、お肉に関してはバランスよく食べれば問題はないのですが、これらはデブ菌が増えやすい食べ物の代表格なので要注意です!腸内で悪玉菌が優勢になると、腸内環境は悪化するばかりで痩せにくい体になってしまいます。

腸内にヤセ菌を増やせば自然に痩せる!でもどうやって?

スリムな女性
これまでにご紹介した通り、「ヤセ菌」を増やせば太りにくい体を作ることができ、かつ無理なダイエットをせずにも自然と痩せていきます。とは言え、どうやったらヤセ菌が増えるのか、気になるところですよね。

そこで、ヤセ菌を手っ取り早く増やすには「食生活に気をつける」のが最も有効です!もちろん生活習慣を改善するのも効果的ですが、何より腸内環境を整えるのが重要なポイント。とは言え、炭水化物抜きダイエットのような過酷な食事制限ではなく、「あるもの」を食べるだけで腸内環境を改善することが可能なのです!ここで、デブ菌を減らし、ヤセ菌を増やす食べ物をいくつかご紹介します。

デブ菌を減らす食べ物【1】納豆

納豆
一つ目の食べ物は、「納豆」です。納豆はデブ菌を減らすことができる最強の食材と言われており、ダイエットに最も効果的なんだとか!なぜなら、納豆は腸内フローラ(腸に100兆個もの細菌が住み着いている様子)の状態を整え、善玉菌が優勢となったバランスの良い腸内環境を作り出すことができるから。さらには、植物性乳酸菌である「納豆菌」は、圧倒的な繁殖力によりデブ菌を減らすことができると言われているのです!

とは言え、納豆を食べ過ぎたり、食べ方を誤ると逆効果なのでご注意を。「ご飯」と一緒に食べると一気に糖質が上がるため、食べ合わせには十分に注意をしましょう。おすすめは、「キムチ」「オリーブオイル」「大根おろし」との食べ合わせです。

デブ菌を減らす食べ物【2】酢キャベツ

酢キャベツ
デブ菌を減らすレシピとしておすすめなのが、「酢キャベツ」です!キャベツに豊富に含まれる食物繊維がデブ菌の繁殖を抑え、さらに酢が悪玉菌の過剰な繁殖を防ぐことができるため、効果的だと言われています。ここで、酢キャベツに必要な材料とレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

■材料
・キャベツ 1/2個
・酢 200ml
・塩 小さじ2

■作り方
1.千切りにしたキャベツをポリ袋に入れ、塩を加えてしんなりとするまでよく揉み込む。
2.酢を加えて軽く揉み込み、冷蔵庫で半日おけば完成。

毎食100gを目安に食べると良いでしょう。とは言え、脂質の多い食事ばかりを摂っていると、酢キャベツの効果は出にくくなってしまうため、要注意です。

デブ菌を減らす食べ物【3】もち麦

もち麦とお味噌汁
テレビ番組でも紹介され、話題となっているのが「もち麦」!もち麦は大豆の一種で、粘りが強くでんぷん質の含有量が多いのが特徴的。白米と比べるとカロリーが低く、かつ栄養価にも優れていて、さらには良質な水溶性食物繊維まで豊富に含まれています。これが腸に残った栄養素を体外に排出してくれるため、デブ菌を減らすことができるのです!さらには、糖尿病予防にも効果的だと言われている優秀な食品だと言えます。

もち麦ダイエットの方法は、非常に簡単。白米1:もち麦1の割合で炊き、朝食にこのもち麦ごはんを1膳食べるだけでOKです!もしも可能であれば、1日2食までもち麦ごはんに置き換えると、よりダイエット効果を期待することができます。

デブ菌を減らす食べ物【4】酢タマネギ

玉ねぎ
さらには、「玉ねぎ」もデブ菌を減らす食品として有名!玉ねぎには、なんと善玉菌や、ヤセ菌だ好む食物繊維、フラクトオリゴ糖を含むからです。そこに、オリゴ糖を含む「はちみつ」を加えてダブルでオリゴ糖を腸に届け、さらに腸のエネルギー源となる「酢」を加えることにより、腸内環境を整えることができるのです。ここで、「酢タマネギ」に必要な材料とレシピをご紹介します。

■材料
・玉ねぎ 1個
・酢 150ml
・はちみつ 大さじ2
・塩 少々

■作り方
1.玉ねぎをスライスし、ボウルに移して30分程度室温に置く。
2.塩を少々加えてよく混ぜる。
3.別の容器に玉ねぎを入れて、お酢をひたひたになるくらい入れ、はちみつを加えて混ぜる。
4.一晩冷蔵庫で寝かせたら完成。

ここで注意すべきは、「玉ねぎを水にさらさない」ということ。玉ねぎを水にさらすと独特の「辛み」は取り除くことができるものの、必要な成分が溶け出し効果が薄れるため、控えましょう。

デブ菌を減らすレシピ【5】豆腐

豆腐
納豆と同様、「豆腐」もデブ菌を減らすのに効果があります。大豆オリゴ糖が善玉菌のエサとなって活動が活発になり、腸に届くことによって、腸内環境が整うのです!さらには豆腐には脂肪を減らす成分も豊富に含まれているため、ダイエットにぴったりの食品だと言えます。何より、豆腐1食分で約100kcalと、低カロリーなところも嬉しいポイントです。

豆腐は、どんな調理法でも構いません。そのまま食べるのが最もダイエットに効果的ですが、豆腐ダイエットの成功の秘訣は「楽しく続けること」ですので、レパートリーが豊富な方が飽きることなく続けることができるはずです。さらに、豆腐は木綿でも絹ごしでもどちらでも構いませんので、気分に合わせて使い分けると良いでしょう。

生活習慣を変えるのも効果的!腸内を整えよう

早起きした女性
これまでに、「食べ物」によってデブ菌を減らす方法をご紹介してきましたが、それ以上に重要なのは「生活習慣を整えること」。というのも、腸内環境には食事だけではなく、生活習慣も大きく関わってくるからです。

例えば、寝不足であったり、ストレスを感じていたり、運動不足だったり、排便の時間が決まっていなかったり。あなたは、心当たりはありませんか?これらは、悪玉菌が増える原因の一つであり、腸内環境を悪化させて痩せにくい体を作ります。さらには肌荒れを引き起こす可能性もあり、美容にも悪影響を及ぼすため、ぜひこの機会に改善してみてください!
いかがでしたか?今回は、「デブ菌」とは一体何なのか徹底解説した上で、デブ菌を減らしヤセ菌を増やす方法まで一挙ご紹介しました。痩せやすい体を作るには、過度な食事制限をする必要は一切ありません。腸内環境を整える食べ物を積極的に摂るだけでも、みるみるうちに体重が減っていくことでしょう。ぜひこの機会に、食生活や生活習慣を改善してみてください!
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。