BEAUTYNOV.13.2018

ダイエットにいい飲み物&NGな飲み物!痩せるのに効果的な飲み方とは?

ダイエットをするとき、食べ物に気を付ける女性が多い中、意外と見落としてしまいがちなのが飲み物です。 何気なく飲んでいるものがダイエットに効果的、または逆効果であることがある場合、積極的に気にしていきたいですよね。 そこで今回は、ダイエットにいい飲み物やNGな飲み物についてご紹介します。
ダイエットをするとき、食べ物に気を付ける女性が多い中、意外と見落としてしまいがちなのが飲み物です。 何気なく飲んでいるものがダイエットに効果的、または逆効果であることがある場合、積極的に気にしていきたいですよね。 そこで今回は、ダイエットにいい飲み物やNGな飲み物についてご紹介します。

ダイエット中は何を飲んでいる?

スムージーを飲む女性
ダイエット中でも欠かせない水分補給ですが、いつもどんな飲み物をチョイスしていますか?
食べ物は気にしていても、飲み物に関しては無意識にいつも飲んでいるものを選んでしまう女性が多くいるようです。

しかし何気なく飲んでいる飲み物がダイエットにNGだとしたら、今すぐにでも控えたくなりますよね。

ダイエットにいい飲み物をチェックして、健康的な体重減少を目指していきましょう。

ダイエットにいい飲み物【1】白湯・炭酸水

グラスに水を注ぐ写真
ダイエット中にいい飲み物として真っ先に挙げられるのが、白湯や炭酸水です。
どちらも0カロリーで身近なところにあるので、手に取りやすいですよね。

白湯は、1杯でも満腹感を得ることができるだけでなく、血液をサラサラにする効果もあります。
ただし、一気に飲んでしまうとむくみの原因になることもあるので、コップ1杯の水を1時間おきに飲むようにするなど、こまめに飲むことがポイントです。

炭酸水は、炭酸によって胃を膨らましてくれるので、食前の30分ほど前に300mlほど飲むことで満腹感を与え、食欲を抑えてくれますよ。
それだけでなく、血行促進やデトックス効果なども期待できるので、お肌にもいいと言われています。

炭酸水を選ぶときは、糖分が使われていないものを選び、炭酸水のままで飲みにくい場合はスライスしたレモンを入れてみてください。

ダイエットにいい飲み物【2】ハーブティー

バタフライピーというハーブティー
多くの女性が好むハーブティーもダイエットにいい飲み物です。
香りでリラックスできるので、ダイエットによるイライラを軽減することが期待できます。

また、ハーブティーにもさまざまな種類があるので、効果を知って選ぶことでダイエットをサポートしてもらえる効果もありますよ。
ダイエット中におすすめなのは次の3つが挙げられます。

・食欲抑制や便秘解消効果が期待できるフェンネルティー
・老廃物の排出を促す効果が期待できるネトルティー
・便秘解消に優れ、美肌効果も期待できるローズヒップティー

他にもたくさんあるので、自分好みの味や効果で選んでみてくださいね。
身体を温めて代謝を上げるために、ハーブティーもホットで飲むようにするといいですよ。
また、寝る前にも飲みたい場合はノンカフェインのものを手にしましょう。

ダイエットにいい飲み物【3】お茶

コップを持つ女性
お茶にもダイエットをサポートしてくれる飲み物がたくさんあります。

新陳代謝を高めるハト麦茶や、むくみ改善をサポートしてくれる黒豆茶、脂肪や糖を排出する働きがあるごぼう茶、便秘を解消するドクダミ茶などがおすすめです。

お茶もノンカフェインのものをホットで飲むようにしてみてください。

起床後や食事前、空腹時など好きなタイミングで飲むといいですよ。

ダイエットにいい飲み物【4】ココア・コーヒー

ココアを飲む女性
ココアには食欲を抑えたり、空腹をコントロールしたりする働きがあると言われており、代謝を活性化する働きも期待できるので、脂肪燃焼をサポートしてもらうことが期待できます。

また、コーヒーに含まれるカフェインには、食欲を抑えてくれる効果に加えて脂肪を燃焼する作用があると言われているので、こちらもダイエットに役立ってくれます。

しかしどちらも選び方が重要です。
ココアに関しては砂糖が含まれていない無糖のピュアココアや無調整のココアを選ぶようにし、コーヒーも加糖ではないブラックコーヒーを選びましょう。

また、コーヒーの飲み過ぎはよくないので、1日2~3杯ほどにし、ぐっすり眠れるように夕方以降は控えることがおすすめです。

ダイエットにいい飲み物【5】豆乳

コップに入った豆乳
豆乳に含まれているイソフラボンには、食欲を抑制する効果があると言われています。
また、女性ホルモンに似た働きもしてくれるので、美肌や美髪など美容に関する嬉しい効果も期待することができますよ。

ただし豆乳には種類がいくつかあり、無調整・調整・豆乳飲料に分かれています。
豆乳飲料はややカロリーが高くなってくるので、ダイエット中であれば無調整や調整豆乳を選ぶ

また、食べ物からのイソフラボン推奨摂取量は1日70~75mgが推奨されており、豆乳200mlには約50mgが含まれているので、1日200~250mlほどにしましょう。
食前に飲んだり、スムージーなどにして置き換えにすることがおすすめです。

ダイエットにいい飲み物【6】グリーンスムージー

スムージーを飲む女性
ダイエットドリンクとして定着したグリーンスムージーは、ダイエット中の女性にとって心強い飲み物なのではないでしょうか。

野菜の栄養をそのまま吸収することができ、食物繊維やドロドロの液体によって満腹感を得ることができます。
朝食をスムージーに置き換えれば、ダイエット効果も高めることができそうですよ。

ほうれん草などの緑黄色野菜バナナなどの果物を4:6、もしくは6:4で水と一緒に混ぜるだけなので作り方も簡単です。
砂糖などは加えないようにしましょう。

ダイエットにいい飲み物【7】トマトジュース

トマトジュース
トマトにはダイエットに効果的な成分がいくつも含まれています。まずは、赤い色素でトマトに豊富に含まれる成分として有名なリコピン。このリコピンには、活性酸素を除去する抗酸化作用があります。そして、活性酸素が除去されると新陳代謝がよくなるため、痩せやすくなります。

また、近年発見された成分の13-oxo-ODAは、脂質の代謝を改善する効果があるとされています。その他、食物繊維のペクチンによる整腸効果、カリウムによるむくみ改善なども期待できます。

これらの成分はトマトをそのまま食べるよりも、トマトジュースの方が効率的に摂取できます。トマトジュースには有塩のものもありますが、塩分の摂り過ぎはむくみの原因になるため、ダイエットのためには無塩のものを選ぶようにしましょう。

ダイエットにいい飲み物【8】飲むヨーグルト

飲むヨーグルト
ヨーグルトには乳酸菌が含まれているため、腸内環境を改善し、便秘を解消する効果があります。便秘が解消されると、基礎代謝がアップするため痩せやすい体になります。さらに、老廃物が排出されることによる美肌効果も期待できます。

また、ヨーグルトに含まれるカルシウムには脂肪を燃焼したり、脂肪の吸収を抑える効果があります。カルシウムは骨や歯を丈夫にすることで有名ですが、ダイエット効果もあるわけです。

ただし、市販されている飲むヨーグルトは、飲みやすくするために加糖されていることがほとんどです。あまりたくさん飲むとかえって糖分を摂り過ぎることになるため、注意しましょう。また、低糖タイプや糖質オフの商品を選ぶとよいでしょう。砂糖の代わりにはちみつを使って手作りするのもよいですね。

ダイエットにいい飲み物【9】プロテイン

プロテイン
プロテイン、というと筋トレのために飲むイメージがあるかもしれませんが、ダイエットにも効果があります。プロテインにはタンパク質の他、ミネラルやビタミンなどエネルギーの代謝に必要な栄養素が含まれているため、ダイエットのために食事量を減らすことで不足しがちな栄養素を補給することができます。

またプロテインは、腹持ちがよいため少しの量でも満足することができます。そのため、食事量を減らしても空腹感が少ないため、減らしたままの食事量を継続しやすい、というメリットもあります。

食事をプロテインに置き換えるダイエット法もありますが、ダイエットや美容のために必要な栄養素も不足しがちになる上、元の食事に戻したときにリバウンドもしやすくなります。そのため、ごはんやパンなどの主食の量を減らした分をプロテインで補う、という部分的な置き換えがおすすめです。

ダイエットにいい飲み物【10】ホットミルク

ホットミルク
寝る30分~1時間前くらいに飲むのがよいのがホットミルクです。質がよい睡眠をとれると、それだけでもエネルギーを消費しますし、成長ホルモンの分泌が促されることにより、痩せやすい体が作られます。そして、牛乳に含まれるタンパク質には不安な気持ちを抑え、リラックスした状態にする効果があります。そのため、温かいホットミルクを飲むことで、体も温まって安眠することができ、ダイエットに効果があるというわけです。

また、飲むヨーグルト同様にカルシウムによる脂肪燃焼・脂肪の吸収の抑制の効果も期待できます。

ダイエットにいい飲み物【11】はちみつレモン

はちみつレモン
もう一つ、寝る前に飲むのがおすすめなのがはちみつレモンです。はちみつには寝ている間の脂肪の燃焼を促す効果があるためです。また、ビタミンやミネラルなども含まれているため、ダイエット中に不足しがちな栄養素も補うことができます。

そして、レモンに含まれるクエン酸は糖質や脂質をエネルギーに代えるサポートをする効果があるため、代謝がアップし疲労を回復します。

レモンのはちみつ漬けを作ってお湯割りにしたり、カフェインレスの紅茶に入れたりして楽しみましょう。

ダイエットにNGな飲み物

イチゴジュース
■冷たい飲み物
ダイエットにいい飲み物でも、冷えたものを飲み続けてしまうと身体も冷えてしまいます。
すると代謝も低下し、脂肪が燃焼されにくくなってしまうので、なるべく常温や温めて飲むようにしましょう。

■ジュース類
市販の野菜ジュースや、コーラ、スポーツドリンクなどには、砂糖や果糖という糖分が多く含まれていることがあります。
ダイエット中はできるだけ糖分を控えたいので、注意してみてください。
スポーツドリンクに関しては、運動をしたときに飲むようにするといいですよ。

■アルコール類
アルコール類は、カロリーの高いものが多く、内臓への負荷もかかりやすいと言われています。
どうしても飲みたくなったときは、焼酎やウイスキーといった脂質や糖質を含まない蒸留酒をほどほどに飲むようにしてみてくださいね。

■エナジードリンク
疲労回復の効果があることで人気のエナジードリンクですが、糖分も多く含んでいます。思いがけずエネルギーを過剰に摂取してしまうことにつながるので、注意しましょう。

■加糖のアイスティー
紙パックやペットボトルで売られているアイスティーは、ジュースと同じくらいの砂糖が入っています。その糖質の量はお茶碗一杯分のごはんに匹敵するほど。もしアイスティーが飲みたい場合は、無糖のものを選ぶようにしましょう。

■砂糖が使われたフレーバーウォーター
フルーツの風味が楽しめるフレーバーウォーター。水に香料や果汁を加えただけのものもありますが、加糖されているものもあります。原材料の欄を確認して、砂糖や果糖などの糖類が加えられていないものを選ぶようにしましょう。
ダイエットにいい飲み物、NGな飲み物をご紹介しました。
それぞれの特性を知り、賢く取り入れていくことでダイエット中の空腹感を紛らわせながら健康的に痩せることが期待できます。
糖分の入った飲み物を飲んでしまいがちだった場合は、食べ物に気を使っていても努力が台無しになってしまうので、飲み物にも意識するようにしてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。