CULTURE
2021.03.24

ヒョンビンの元カノは誰?歴代彼女や性格・出演作・現在の活動など

ヒョンビンの元カノは誰?歴代彼女や性格・出演作・現在の活動など ヒョンビンの元カノは誰?歴代彼女や性格・出演作・現在の活動など

韓国のイケメン俳優として知られているヒョンビンさんは、日本でも人気があります。次々と話題作にも出演している俳優さんですが、その一方で女優との熱愛も噂されてきました。そこで今回は、ヒョンビンさんの彼女や性格などについてご紹介します。

ヒョンビンのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

VAST엔터테인먼트(@vast.ent)がシェアした投稿 -

■ヒョンビン(현빈)さんの基本プロフィール

名前:キム・テピョン / 김태평
生年月日:1982年9月25日
血液型:B型
身長:184cm
体重:74kg
出身地:ソウル市
学歴:韓国中央大学校演劇映画科大学院
趣味:水泳、バスケットボール
特技:スノーボード、写真

ヒョンビンさんは、2003年のドラマ「ボディガード」でストッカー役を演じ、俳優デビューを果たしました。
中学生の時は刑事になることが夢だったようですが、高校生の時に先輩の推薦で演劇をすると、すっかり演技にハマってしまい俳優を夢見るようになったそうです。

ご両親は猛反対だったそうで、2年もの時間をかけて説得をしたそうですよ。
デビュー作ではちょっとした役だったにも関わらず、話題になり期待の新人と言われるほどだったそうです。

ヒョンビンの出演作は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

VAST엔터테인먼트(@vast.ent)がシェアした投稿 -

■ヒョンビンさんの出演映画
・2004年「まわし蹴り」
・2005年「ふたつの恋と砂時計」
・2006年「百万長者の初恋」
・2008年「私は幸せです」
・2010年「レイトオータム」
・2011年「愛してる、愛してない」
・2011年「アフリカの涙」※ナレーション
・2014年「王の涙-イ・サンの決断-」
・2017年「コンフィデンシャル/共助」
・2018年「スウィンダラーズ」
・2018年「ザ・ネゴシエーション」
・2018年「王宮の夜鬼」
・?年「交渉」

■ヒョンビンさんの出演ドラマ
・2003年「ボディガード」
・2003年「ノンストップ4」
・2004年「アイルランド」
・2005年「私の名前はキム・サムスン」
・2006年「雪の女王」
・2008年「彼らが生きる世界」
・2009年「チング 〜愛と友情の絆〜」
・2010年「シークレット・ガーデン」
・2015年「ジキルとハイドに恋した私〜Hyed Jekyll. Me〜」
・2018年 - 2019年「アルハンブラ宮殿の思い出」
・2019年 - 2020年「愛の不時着」

「私の名前はキム・サムスン」では視聴率が50%も超えるほど大ヒットとなり、一気に有名俳優の仲間入りを果たしました。
人気絶頂の2011年3月に入隊しているので、活動をお休みしていた時期もありますが、現在も映画やドラマに出演するなどして、忙しく活躍されていることが伺えます。

ヒョンビンの代表作は?

ヒョンビンの代表作【1】私の名前はキム・サムスン(2005年)

私の名前はキム・サムスン(2005年)

韓国で最高視聴率50.5%を記録した、ラブコメの最高傑作と言われているドラマです。
キム・ソナ(김선아)さん演じる30代の独身女性が恋や仕事に奮闘し、自分らしく生きようとひたむきに頑張る姿に共感する人が続出。

そして、ヒョンビンさんが演じるツンデレ御曹司とヒロインの恋は胸キュンシーンばかり。御曹司に心奪われ、ときめく視聴者も多かったようです。

『私の名前はキム・サムスン』を機に、ヒョンビンさんの人気が高まり、日本の韓流ブームに拍車をかけました。

ヒョンビンの代表作【2】雪の女王(2006年)

雪の女王(2006年)

アンデルセンの名作童話『雪の女王』がモチーフの王道ラブストーリードラマです。

難病を抱えるわがままな令嬢のヒロイン(演:ソン・ユリ)と貧しい家庭で育ち、悲しい過去を抱えた男性(演:ヒョンビン)とのせつない恋が描かれています。

美しい映像にも目が奪われ、2人の恋の行方に涙なしでは見られない物語です。

ヒョンビンさんは本作で、今までとは違った新境地を開拓し、高い演技力が評価されました。

ヒョンビンの代表作【3】シークレット・ガーデン(2010年)

シークレットガーデン(2010年)

ヒョンビンさんが入隊する前の最後の作品になった『シークレット・ガーデン』。韓国で最高視聴率37.9%を記録し、社会現象を巻き起こしたファンタジー・ラブストーリーです。

オレ様系の御曹司(演:ヒョンビン)と下積みスタントウーマン(演:ハ・ジウォン)の魂が入れ替わってしまう魔法がかかってしまい、ハラハラドキドキする展開が待ち受けています。

ヒョンビンさんは中身が女性になった姿を好演しています。ロマンスシーンはもちろん、お茶目なシーンも楽しめる作品です。

ヒョンビンの代表作【4】愛の不時着(2019年〜2020年)

 

この投稿をInstagramで見る

ヒョンビンさんについてご紹介しました。複数の女性芸能人と熱愛してきたヒョンビンさんですが、2021年に入り、熱愛を正式に認めたことで、今後の動向がさらに注目されることになりそうです。また、結婚については、かっこいいだけでなく、真面目で慎重な性格でもありますから、相手のことも自分以上に思いやった上で、焦らず少しづつ歩み寄っていくのではないでしょうか。
近々おめでたいニュースが聞ける日もそう遠い話ではなさそうですね。

related articles