ENTERTAINMENT
JUN.26.2020

『梨泰院クラス』のアン・ボヒョンが気になる!性格や熱愛彼女など

『梨泰院クラス』のアン・ボヒョンが気になる!性格や熱愛彼女など 『梨泰院クラス』のアン・ボヒョンが気になる!性格や熱愛彼女など

日本で大ヒットしたドラマ『梨泰院クラス』で悪役キャラを演じた俳優のアン・ボヒョンさん。ドラマを機に、アン・ボヒョンさんの人気が高まっています。そこで今回は、アン・ボヒョンさんについて性格や彼女、親友や兵役情報などまとめてご紹介します。

アン・ボヒョンのwiki風プロフィール

 

■基本プロフィール

名前:アン・ボヒョン(안보현)
生年月日:1988年5月16日
血液型:A型
身長:187cm
体重:72kg
学歴:デギョン大学モデル科
家族構成:父・母・妹
事務所:FNCエンターテインメント

アン・ボヒョンの経歴は?

 

アン・ボヒョンさんは、学生時代、アマチュアのボクシング選手として活動していました。

きっかけは体育中学に通っていた2年生の時。アン・ボヒョンさんはボクシング部にスカウトされたのですが、両親に大反対されたそうです。しかし、ボクシングの適性に合っていたのか、大会で入賞するほどの実力者になっていきます。

釜山体育高校に進学したアン・ボヒョンさんは、実家を出て宿舎に住み、本格的にボクシングに打ち込み始めます。

釜山広域市の代表選手に選ばれ、全国大会で金メダルを獲得するなど着実に実績を残していく中、将来はプロボクシング選手を考えたこともあったようです。

しかし、ボクシングは不人気の種目であり、未来の選手生活に不安があったアン・ボヒョンさん。
ボクシング選手時代、指の骨が度々折れたり、試合や練習中に殴ったり蹴られたりするため、両親はずっと胸を痛めていたそうです。

アン・ボヒョンさんもプロの選手を目指してボクシングを続けていく決心がつかずにいました。いろいろと悩んでいた時、漠然と職業軍人になろうと考えていたら、周りから「モデルになりなよ」と勧められます。

高校3年生の時、アン・ボヒョンさんは大学のモデル学科体験プログラムに参加します。
背が高い美男美女がたくさん集まっており、それまでボクシング一本で頑張ってきたアン・ボヒョンさんは、周りの空気に圧倒されてしまいます。しかし、その時にいた教授がアン・ボヒョンさんにいい評価をしてくれたのを機に、「モデルとして頑張っていこうかな」と決心。モデル科のある大学に進学します。

ですが、アン・ボヒョンさんはモデルよりも俳優になりたかったとも言われています。
映画『チャンピオン』を見て、ボクシング選手が演技していると間違えるほど、俳優の熱の入った演技に夢中になったアン・ボヒョンさんは「自分もボクシング選手だったから、共通点のある役をすればもっと上手にできるはずだ」と思ったそうです。

ですが、周囲からはモデルを勧められたこと、自身が高身長であることもあり、「一回やってみるか」くらいの気持ちでモデルの世界に足を踏み入れたみたいです。

アン・ボヒョンのモデル&俳優デビュー

 

2007年、アン・ボヒョンさんが19歳の時、ソウルコレクションでモデルデビューを果たします。
当時、無所属の新人がランウェイに立つという前例がなかったので、期待と羨望を受けた華々しいデビューとなりました。

その後も事務所には入らず、代行運転、引越し業者、宅配などのアルバイトを掛け持ちしながらモデル活動をし続け、様々なショーに出演します。後に、アン・ボヒョンさんが無所属で数々のコレクションに出演した逸話は、モデルの後輩たちに語り継がれる伝説となります。

そして、モデル活動しつつも、俳優になるために演技学院に通って演技を学ぶ日々を過ごしていたアン・ボヒョンさん。映画やドラマに出演している様々な俳優の演技を真似したり、既存のキャラクターに自分らしさを加えて演技をしていたこともあったようです。

2014年のドラマ『ゴールデンクロス』で念願の俳優デビュー。
最初の頃は端役を演じていたアン・ボヒョンさんは、徐々に助演の役所を演じるようになり、2016年の映画『ヒヤ』でW主演の一人として主役を演じました。

アン・ボヒョンさんの知名度が世に広まったのが、2016年のドラマ『太陽の末裔』です。
2019年のドラマ『彼女の私生活』でもメインキャストを担い、2020年のドラマ『梨泰院クラス』では重要な役を熱演し、日本でも名が知られる俳優へと成長しました。

アン・ボヒョンの出演作は?

 

アン・ボヒョンさんは2014年のドラマ『ゴールデンクロス』で俳優デビューを果たします。
そして、端役や助演などの役でキャリアを重ねていき、最近はメインキャストとして重要な役を演じる機会が増えてきました。

ここでは、アン・ボヒョンさんがこれまでに出演してきたドラマや映画を見ていきましょう。

■ドラマ

・2014年『ゴールデンクロス』
・2014年『カッコウの巣』
・2014年『マイシークレットホテル』
・2015年『最高の恋人』イ・ボンギル役
・2016年『マイランウェイ』
・2016年『アイアンレディ』
・2016年『芝居が終わったあと』
・2016年『太陽の末裔』イム・グァンナム役
・2017年『キミに猛ダッシュ~恋のゆくえは?~』
・2017年『いろいろな嫁』ソ・ジュニョン(ジェイムス・ソ)役
・2017年『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-』
・2017年『マイオンリーラブソング』
・2017年『水曜日午後3時30分~輝く恋の時間~』ペク・スンギュ役
・2018年『かくれんぼ』ペク・ドフン役
・2018年『トッコ リワインド~復讐の毒鼓~』ピョ・テジン役
・2019年『彼女の私生活』ナム・ウンギ役
・2019年『ドラマステージ-般若-』
・2020年『梨泰院クラス』チャン・グニョン役
・2020年『カイロス』ソ・ドギュン役

■映画

・2016年『ヒヤ』
・2019年『デッドエンドの思い出』

アン・ボヒョンさんは、主にドラマの出演が多いですね。
今後、どんな作品でどんな役柄を演じるのか楽しみです。情報解禁されるのを待ちましょう。

アン・ボヒョンが出演しているドラマ『太陽の末裔』秘話は?

 

アン・ボヒョンさんの代表作に数えられるドラマが2016年放送の『太陽の末裔』です。

最高視聴率41.6%を叩き出したラブストーリーで、軍人のシジン(演:ソン・ジュンギ/송중기)と女性医師のモヨン(演:ソン・ヘギョ/송혜교)の恋模様を描いています。

『太陽の末裔』はアジアをはじめ、全世界で高い評価を得て、2016年に開催された韓国の主要アワードで様々な賞を受賞しました。

アン・ボヒョンさんは、特殊司令部のアルファチームに属するイム・グァンナム役を演じています。

ドラマの撮影期間は長かったようで、出演者陣は寝食を共にし、仲が良かったそうです。特にアン・ボヒョンさんが演じた役のアルファチームは5人おり、宿舎が同じでした。

5人でボードゲームで遊んだり、谷で泳いだりして過ごすこともあれば、先輩役者からいろんなことを教えてもらっていたそうです。

本作の主役であり、アルファチームの隊長でもあるソン・ジュンギさんからは新人時代の苦労話、アルファチームの副隊長役であるチン・グ(진구)さんからはカメラの使い方、アルファチームでスナイパー役だったパク・フンさんからは発声の仕方など、若手俳優だったアン・ボヒョンさんが可愛がられていたことがわかりますね。

ちなみに、アン・ボヒョンさんはヒロイン役のソン・ヘギョさんに一目惚れしたそうです。しかもトップ女優にもかかわらず、全キャストに親しく話しかける姿に驚いたそう。
しかし残念ながら、ソン・ヘギョさんとの共演シーンが1度しかなくとても惜しかった……と明かしています。

アン・ボヒョンが出演しているドラマ『梨泰院クラス』秘話は?

 

アン・ボヒョンさんが出演した2020年放送のドラマ『梨泰院(イテウォン)クラス』は、日本でも大ヒットしたため、知っている方も多いのではないでしょうか。

主人公のパク・セロイ(演:パク・ソジュン/박서준)は高校生時代にいじめっ子からクラスメイトを守るも、その手を出した相手が学校側も逆らうことができない大企業「長家(チャンガ)」会長の息子。セロイは学校から去ることになるも、長家で働いていた父親がクビに。後に、父親はいじめっ子が引き起こした事件で亡くなってしまいます。

『梨泰院クラス』は、長家グループに復讐を誓ったセロイが梨泰院で居酒屋「タンバム」を開き、仲間と共に再起し、複雑な恋模様も展開していく物語です。

アン・ボヒョンさんは、大企業「長家(チャンガ)」会長の息子で、いじめっ子でもあったチャン・グンウォン役を演じています。

『梨泰院クラス』では、パク・セロイとチャン・グンウォンは仲の悪い、宿敵とも言える間柄ですが、現実世界のパク・ソジュンさんとアン・ボヒョンさんは仲良しで有名です。

特に2人のインスタグラムでのやりとりに注目が集まっています。

2020年3月28日にパク・ソジュンさんは自身のインスタグラムに「最近、男性の間でもミニバックが流行しているみたいですね。僕も一つ用意してみたのですが、どうですか?」と『梨泰院クラス』のシーン内で血まみれになって、病院で点滴を持っている写真を投稿。

点滴の入った袋をミニバックに例えたユーモアでファンを楽しませたかと思いきや、アン・ボヒョンさんがコメントで「(ミニバックの)共同購入は可能ですか?」と反応。

すぐさまパク・ソジュンさんが「クロンに乗せますか?いくつ必要ですか?」と返信します。この”クロン”というのが、アン・ボヒョンさんがバラエティ番組『私は一人で暮らす』で紹介した愛車の愛称だったのです。

『梨泰院クラス』では、悪役キャラとしてパク・ソジュンさんにひどい仕打ちをしたアン・ボヒョンさんでしたが、現実世界での仲睦まじいやりとりを見たファンから「ドラマでは悪縁だったのに実際は仲良しで安心!」「2人の組み合わせ最高!」などとコメントが寄せられていました。

アン・ボヒョンが『梨泰院クラス』の次に出演する『カイロス』とは?

 

『梨泰院クラス』で悪役キャラを見事に演じきり、格別な存在感で視聴者に印象を残したアン・ボヒョンさん。

2020年下半期に放送予定のドラマ『カイロス』にメインキャストの一人としてキャスティングされたことが発表されました。

『カイロス』は、幼い娘が誘拐されて絶望の淵に彷徨っていた1ヶ月後のキム・ソジン(演:シン・ソンロク/신성록)と行方不明になった1ヶ月前の女性ハン・エリ(イ・セヨン/이세영)が愛する人を救うために時間を行き来するファンタジースリラードラマです。

アン・ボヒョンさんは、キム・ソジンと同じ建築会社で働く課長のソ・ドギュン役を演じています。ソ・ドギュンは、社内で円滑に進んでいた素人のプロジェクトに突如発生した亀裂に気づき、予測不明なストーリーに拍車をかける重要な役でもあります。

他にも、キム・ソジンの妻であるカン・ヒョンチェ役にナム・ギュリさん、3年ぶりにドラマ復帰を果たすカン・スンユン(강승윤)さんがキャスティングされて放送前から話題を集めています。

アン・ボヒョンさんの次回作も期待大ですね。また違った一面が見れることでしょう。ぜひ、放送開始したら『カイロス』も視聴してみてください。

アン・ボヒョンの性格は?

 

アン・ボヒョンさんは、自身の性格についてインタビューで「ドラマ『彼女の私生活』で演じたナム・ウンギ役と実際の性格がほとんど一致するほどシンクロ率が高い」と話していました。

そして「ドラマ初盤にはキャラクターを掴まなければならないという圧迫があったけど、運技を演技するのはとても楽だった。私もウンギのように多情多感ではないが、ぶっきらぼうな態度を取りながらも気遣うツンデレだから」と明かしています。

アン・ボヒョンさんの性格が知りたい方は、2019年放送のドラマ『彼女の私生活』をチェックするのがいいかもしれませんね。

また、バラエティ番組『私は一人で暮らす』に出演した際、日常生活でアクティブな様子を見せていました。「キャンプや自転車、バイクに乗ることが好きで、釣りにも行きます。それが私の唯一の楽しみです」と話しており、アウトドア派であることがわかりますね。

アン・ボヒョンさんは、意外と細やかな性格でもあるそうですよ。

アン・ボヒョンの親友は?

 

アン・ボヒョンさんには芸能界に親友がいるそうです。
その人物がモデルで俳優のキム・ウビン(김우빈)さんです。

■プロフィール

名前:キム・ウビン
生年月日:1989年7月16日
血液型:B型
身長:187cm

キム・ウビンさんは2008年からモデルとしての活動をスタートさせ、2011年のスペシャルドラマ『ホワイトクリスマス』で俳優デビューしました。

2人の出会いは、アン・ボヒョンさんが高校3年生の時に参加した大学のモデル学科体験プログラム。その際、1歳年下だったキム・ウビンさんに出会ったようです。

そして、アン・ボヒョンさんとキム・ウビンさんは同じモデル学校に進学。モデル活動を通して仲を深め、親友になったみたいですよ。

同じ学校に通っていた際、アン・ボヒョンさんはこれまでボクシングしかしてこなかったためか、ジャージしか持っていなかったそうです。その姿を見て、キム・ウビンさんは服を貸してあげたこともあるそう。

ある時、キム・ウビンさんから借りた服で舞台に上がったこともあったみたいです。その他、アン・ボヒョンさんは学校の様々な行事でキム・ウビンさんに助けられたとされています。

しかし、2017年5月にキム・ウビンさんは鼻咽頭がんと診断されてしまいます。一時期芸能界を離れて闘病生活をしていましたが、2019年12月に完全復帰し芸能界に戻ることが発表されました。

親友のアン・ボヒョンさんも、キム・ウビンさんの復帰を心から喜んだことでしょう。いつか2人の共演作を見てみたいですね。

アン・ボヒョンに熱愛彼女はいる?

 

イケメン俳優となると彼女の噂があってもおかしくないですよね。
アン・ボヒョンさんはこれまでに熱愛報道はあったのでしょうか。

しかし、調べてみても特に熱愛報道されたことはないことがわかりました。

学生時代はボクシングに明け暮れていたアン・ボヒョンさんは、恋愛する時間がなかったようです。

しかし、インタビューで「実は恋愛経験はあまりない。一人の女性と何年も長く付き合った。そのため、痛みもあった」と明かしているので、いつかのタイミングで彼女と付き合っていたことが判明しています。

そんなアン・ボヒョンさんですが、一度だけ「彼女ではないか?」と噂された女性がいます。
その女性は、女優のユン・ソヒさんです。

■プロフィール

名前:ユン・ソヒ
生年月日:1993年5月7日
血液型:B型
身長:168cm

アン・ボヒョンさんとユン・ソヒさんは、2016年放送の番組『芝居が終わったあと』で共演しています。

『芝居が終わったあと』とは、恋愛観察バラエティとドラマが同時に進行する新感覚さで話題になった作品です。

ドラマの発表会でアン・ボヒョンさんが「8部作が残念と思うほど知らないうちに作品に情が移っていた。作品が終わったけども共演者と連絡を取っている」と話し、ユン・ソヒさんの様子をチラチラと伺っていたようです。

また、ユン・ソヒさんも「撮影がもっと長ければよかった」と話していたので、もしや2人は付き合っているのではないかと思われたみたいです。

しかし、アン・ボヒョンさんとユン・ソヒさんの熱愛説は報道されたこともないので、真実はわかっていません。

アン・ボヒョンさんは2020年3月放送のバラエティ番組『ナ ホンジャ サンダ』に出演した際、「現在彼女はいない」と答えているので、もしユン・ソヒさんと付き合っていたとしてもだいぶ前に別れていたことがわかります。

アン・ボヒョンの好きなタイプは?

 

アン・ボヒョンさんは、2020年3月時点では”彼女はいない”と断言していますが、どんな女性がタイプなのか気になりますよね。

2019年にインタビューで恋愛について聞かれた際「ドラマ『彼女の私生活』で演じたキャラクターに似ている所もあれば違う所もある」と言い、「一目惚れするよりも、長い間見守ってくれた人と猪突的な告白よりは、お互いに心を確認する過程が必要だ」と話しています。

アン・ボヒョンさんは、自身の性格についても2019年放送のドラマ『彼女の私生活』で演じたナム・ウンギに似ていると話していたので、恋愛観も通ずるところがあるのかもしれませんね。

具体的に好きた女性のタイプを聞かれたアン・ボヒョンさんは、

・自分がしていることに熱情的な方が好き
・自分の両親によくできる人
・根気のある女性

と明かしています。しかし、アン・ボヒョンさんは、インタビューの時期によって毎回好きなタイプが変わる方で知られています。
もしかすると今後、違うタイプの女性が好きになる可能性もありますね。

ちなみに、アン・ボヒョンさんは恋愛については「オールインするタイプ」みたいですよ。

アン・ボヒョンは兵役してる?

 

韓国の男性は兵役の義務があり、芸能人であろうと約1年半〜2年にわたり入隊しなければなりません。
19歳になる年に兵役判定の検査を受け、判定結果の区分により、現役・補佐役・第二国民役・兵役免除者・再検査対象者に分けられます。

現役か補佐役の場合は、満20歳〜28歳の誕生日を迎えるまでに入隊しなければならない決まりです。

アン・ボヒョンさんは1988年生まれなので、2020年時点で30歳を超えています。そのため、兵役対象年齢は過ぎているので、すでに義務を終えていることがわかります。

実際、アン・ボヒョンさんは大学在学中に入隊していたようです。

兵役期間中は、陸軍本部儀仗隊に入隊し、その中でも身長が185cm以上の人しか入れない部隊で服務していたと言われています。中学生の時からボクシングで激しいトレーニングを積んできたためか、軍生活はそこまで辛くなかったと明かしています。

そして、除隊した今でも、同じ部隊で苦楽を共にした9人の仲間とは仲良しで、アン・ボヒョンさんが出演した2016年公開の映画『ヒヤ』も一緒に観に行ったみたいですよ。

ちなみに、兵役中に親友であるキム・ウビンさんが面会に来てくれたことがあるとのことで「キム・ウビンは私が入隊した時に唯一面会に来てくれた友達」と明かしています。

アン・ボヒョンはインスタグラムをやってる?

 

アン・ボヒョンさんは、2015年8月6日から公式インスタグラムを開設しています。

撮影中のオフショットや共演者との写真、プライベートショットなどかっこいいアン・ボヒョンさんが見放題です!

なかには、鍛え抜かれたアン・ボヒョンさんの美ボディも拝めますよ。綺麗に割れた腹筋が素敵なので要チェックです。

インスタグラムの更新頻度も高いので、ぜひフォローしてみてはいかがでしょうか。

アン・ボヒョンはYouTubeをやってる?

 

アン・ボヒョンさんは、公式YouTubeも開設しています。

チャンネル登録者数は27万人越え。まだまだ増えていくことでしょう。

YouTubeでは、プライベートな雰囲気が感じられる素の状態が見れます。ファンにはたまらないですね。

しかし、話している言葉もテロップも韓国語なので、韓国語がわからないと内容が伝わらないかもしれません。

アン・ボヒョンさんのYouTubeを理解するために韓国語を勉強するのもいいですね。トレーニング動画や質問コーナーなどいろんな企画動画がアップされていますよ。

『梨泰院クラス』で注目を集めたアン・ボヒョンさんについてご紹介しました。学生時代はボクシングに精を出し、大学生の時にモデルとして華々しくデビューを飾ったアン・ボヒョンさん。俳優としても着実に演技力を磨いていき、韓国や日本でも評価される俳優へと成長しました。現在、イケメンなアン・ボヒョンさんに彼女はいないとされていますが、今後素敵な女性が現れる日が来るかもしれませんね。これからもアン・ボヒョンさんの活躍に目が離せません。ぜひ、アン・ボヒョンさんの公式インスタグラムやYouTubeもチェックしてみてください。