ENTERTAINMENT
OCT.21.2020

上白石萌音の高校や大学はどこ?気になる偏差値や家族、現在など

上白石萌音の高校や大学はどこ?気になる偏差値や家族、現在など 上白石萌音の高校や大学はどこ?気になる偏差値や家族、現在など

若手女優としてとても注目されている上白石萌音(かみしらいしもね)さん。明るくてキュートな笑顔が魅力的ですよね。そんな彼女は頭もいいという噂です。そこで今回は、上白石萌音さんの大学や偏差値などについて調べてみました。

上白石萌音さんとは?

 

■プロフィール
名前:上白石萌音(かみしらいしもね)さん
生年月日:1998年1月27日
血液型:AB型
出身地:鹿児島県鹿児島市
所属事務所:東宝芸能

若手女優として注目されている上白石萌音さんは、ブレイク女優としても名を挙げるほど、今世間が見ている女優さんの一人ではないでしょうか。

くりっとした大きな目元ときゅっと上がった口角が特徴で、いつも明るいイメージがありますよね。
今回は、頭がいいと噂されている上白石萌音さんの高校や大学についてご紹介することはもちろん、家族構成、性格、デビューのきっかけなどについてもご紹介しますよ。

上白石萌音さんの家族構成

 

上白石萌音さんは、お父さん、お母さん、2歳下の妹さんの4人家族です。

ご両親はなんと学校の先生なのだとか!
父親は社会科、母親は音楽の先生だったそうですがピアノの先生になったそうですよ。

ご両親揃って学校の先生だったなんてすごいですよね。
これだけでも上白石萌音さんは頭がいいのではないかと思ってしまいますが、教師のご両親ということで厳しさもあったのかもしれません。

そして妹さんといえば、テレビでも話題になっているかと思いますがあの上白石萌歌(かみしらいしもか)さんです。
上白石萌音さんと同じように女優や歌手、モデルとして活動されています。

妹の上白石萌歌さんとは所属事務所が同じであることや上京してきていることからか一緒に住んでいるそうですよ。
歌が大好きな姉妹で、料理を一緒に作ったりして楽しんでいるそう。
とても仲がいい姉妹であることが伺えますね。

上白石萌音さんの性格

 

上白石萌音さんは、演技力にも歌唱力にも優れている女優さんですよね。
それだけでも素晴らしいのですが、さらにすごいのは周囲からも“性格がとてもいい”といわれていることです。

マネージャー曰く、普段から人の愚痴や悪口を言わないのだとか。
とある撮影のワンシーンで相手を罵倒することがあった際は、全身に蕁麻疹が出てしまったこともあるそうです。

心からキレイな女性なのでしょう。

また、仕草や言葉遣いなどがとても丁寧なイメージもありますよね。
これは普段から身についていないとできないことですから、教師だった母親の教えなのでしょうか。

常に謙虚で低姿勢な姿に好印象を抱く方もたくさんいるようです。
また、7年以上使っている愛用品があるなど、物を大切にするところからも性格の良さが伺えます。

上白石萌音さんの芸能界入りのきっかけ

 

子供の頃から歌ったり踊ったりすることが大好きだった上白石萌音さんは、母親の勧めで小学校1年生の頃から鹿児島市内のミュージカルスクール「マリアミュージカルアカデミー」に通い始めたそうです。

そして中学1年の時にミュージカルスクールの先生に勧められ、受験した2011年の第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』にて審査員特別賞を受賞し、グランプリを受賞した2歳下の妹・上白石萌歌さんとともに東宝芸能に所属することになったそう。

2011年9月にHOME MADE 家族「スターとライン」のPVに妹の上白石萌歌さんとともに出演し、映像作品に初出演します。
同年11月にはNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』の最終回でドラマデビューを果たしているんです。

その後の2020年2月には、5歳のときに観て「わたしがやりたいことはこれなんだ!」と魂が震えた『美女と野獣』を歌うことができたことに喜びを伝えていました。
小さい頃からの夢を着実に叶えていく上白石萌音さんはすごいですね。

上白石萌音さんの代表作

 

2011年から活動している上白石萌音さんですが、すでにさまざまな作品に出演されています。
これまでどのような作品に出演したのでしょうか。
代表作を振り返ってみましょう。

■ドラマ
『江〜姫たちの戦国〜』(2011年)
『ホクサイと飯さえあれば』
『ガタの国から』(2017年)
『陸王』(2017年)
『西郷どん』(2018年)
『記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜』シリーズ(2019年/2020年)
『恋はつづくよどこまでも』(2020年)

■映画
『舞妓はレディ』(2014年)
『ちはやふる』シリーズ(2016年/2018年)
『溺れるナイフ』(2016年)
『羊と鋼の森』(2018年)
『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(2019年)
『スタートアップ・ガールズ』(2019年)

■劇場アニメ
『おおかみこどもの雨と雪』(2012年)
『君の名は。』(2016年)
『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』(2017年)
『天気の子』(2019年)

■舞台
『奇跡の人』(2011年)
『みえない雲』(2014年)
ミュージカル『 赤毛のアン』(2015年)
Disney on CLASSIC Premium『美女と野獣』イン・コンサート(2020年)

上白石萌音さんといえば、『君の名は。』で見せた透明感のある声と伸びやかな歌唱力ですよね。
ですがその前にも『おおかみこどもの雨と雪』で声優デビューしていたようです。

上白石萌音さんは頭がいい?

 

可愛くて性格が良くて、演技も歌も魅力的な上白石萌音さん。
十分完璧な女性に見えるのですが、どうやら上白石萌音さんのすごいところはまだあるようです。

今、上白石萌音さんの学歴が高学歴だと話題になっているのだとか!

先ほどお話したように、上白石萌音さんのご両親は教師でしたよね。
やはり英才教育を受けていたのでしょうか。

上白石萌音さんの高校

 

中学時代は鹿児島から東京まで通いつつ仕事をこなしていたといわれている上白石萌音さん。
高校生になるときには東京のとある高校へ進学したそうですが、どのような高校だったのでしょうか。

どうやら実践学園高校というところのようです。
偏差値は特別進学コースで61、文理進学コースで58だそうで、偏差値は高いランクといっていいでしょう。

上白石萌音さんは出身校を明かしていませんが、この高校に在籍していた情報が多数存在します。
ただ、どちらに在籍していたかまではわかっていません。

上白石萌音さんの大学

 

大学はどこに行ったのでしょうか。
大学に関しても上白石萌音さんは公表していないのですが、明治大学 国際日本学部に通っていたという噂が広がっています。

偏差値は58〜60のやや難関というランクなんだそう。
国際日本学部では日本を国際的な観点から見ることで、世界に通用する人材を育てるという信念を持っている学部になっているようです。

■大学が判明したきっかけは?
上白石萌音さんが明治大学に通っていると広まったのは、明治大学に在学中であることが複数投稿されていたり、ロックバンド「DISH//」の矢部昌暉(やべまさき)さんが明治大学に通っていることを公表されたことがきっかけのようです。

ただ、矢部昌暉さんが暴露したのではなく、明治大学に入学することを報告した際にファンの方からコメントで「上白石萌音さんと同じですね」と書き込みがあったようですね。
矢部昌暉さんは上白石萌音さんと面識もなく、大学で会ったこともないそうです。

■卒業はした?
どこの大学かは明かされていませんが、上白石萌音さん曰く大学にも週5日きちんと通っていたのだとか。
とても楽しかったようで授業中に寝ている人を見ると「おもしろいからちゃんと聞けばいいのに、もったいないな」と感じていたそう。

このことからきちんと卒業されているように見えますが、上白石萌音さんが大学を卒業したのかどうかといった情報も入っていないようで、今後真相が明かされるかもしれないのでチェックしていきたいですね。

上白石萌音さんは英語がペラペラだった!

 

上白石萌音さんの高校や大学の真相は定かではないものの、英語ができることでも有名です。

上白石萌音さんが通っていたとされている明治大学の国際日本学部では、英語教育に力を入れており、就職率も高いことで人気の学部となっています。
ここでの勉強で英語力を身につけたのではないでしょうか。

また、上白石萌音さんは幼少期に海外で暮らしていたこともあるようですので、そのころから英語はペラペラのようですね。

さらに詳しく見てみると、幼少期に暮らしていた先はメキシコなのだとか。
教師である父親がメキシコで日本語を教えていたそうです。

その経験もあってか上白石萌音さんはスペイン語も話せるのだとか!
なんと英検2級に加えて、スペイン語検定6級も持っているそうで、3か国語を話せるということになりますね。
本当にすごいです。

上白石萌音さんの魅力は美文字にもあり!

 

上白石萌音さんの魅力は、性格の良さだけでなく勉強熱心なところなども挙げられるのですが、もうひとつ注目してほしい部分があります。
それは、美文字です。

上白石萌音さんのインスタではちょこちょこ手書きのお手紙がアップされているんです。

その字がとてもキレイだと話題に!
何かあると手書きでファンにメッセージを送っているそうで、優しさや温かさを感じることができます。

上白石萌音さんは頭がいいだけじゃなくて歌も上手

 

上白石萌音さんの魅力として忘れられないのが、やはり歌ではないでしょうか。
『君の名は。』で披露した歌声によって一気に知名度を上げましたよね。

実は、上白石萌音さんは歌手デビューに向けて映画『舞妓はレディ』の直後から仮歌としてさまざまなジャンルの楽曲のレコーディングを始めていたそう。
2015年より『The Favorite Songs』と題したワンカット長回し、アカペラによるMVを自身の公式YouTubeチャンネルで公開しています。

そして同年秋より東京都内のライブハウスにてライブ活動を開始したそう。
2016年10月に自身がヒロイン役を演じた劇場アニメ『君の名は。』の主題歌「なんでもないや(movie ver.)」など、名作映画の主題歌・挿入歌を集めたカバーミニアルバム『chouchou』をリリースして、歌手デビューを果たしました。

2020年8月26日には、初のオリジナルフルアルバム『note』が発売されたばかりです。
ぜひ聴いてみてくださいね。

上白石萌音さんの家族や大学などについてご紹介させていただきました。女優や歌手としてはもちろん、一人の女性としてもステキな上白石萌音さん。これからのご活躍にも目が離せないですね!