ENTERTAINMENT
SEP.23.2020

富田望生の父親は生まれる前に亡くなった?母親や出身校、結婚相手も

富田望生の父親は生まれる前に亡くなった?母親や出身校、結婚相手も 富田望生の父親は生まれる前に亡くなった?母親や出身校、結婚相手も

名脇役女優として独自のポジションを築いている富田望生(とみたみう)さん。東日本大震災で被災し東京に越してきた過去が有名ですが、父親のエピソードに衝撃が走ったこともあります。今回は富田望生さんの家族や出身校、結婚情報などをご紹介します。

富田望生のプロフィール

 

■プロフィール
名前:富田望生(とみたみう)
生年月日:2000年2月25日
出身地:日本・福島県いわき市
主な出演作:ドラマ『ブスの瞳に恋してる 2019 the voice』(2019年)、映画『私がモテてどうすんだ』(2020年)など
事務所:テアトルアカデミー→ジャパン・ミュージックエンターテインメント

富田望生さんは小学5年生の時に東日本大震災を経験し、東京に上京することになりました。上京後、心のバランスが崩れてしまった富田望生さんは、テアトルアカデミーの広告を見て運命を感じ、女優になろうと決意。事務所に入り、様々な作品でエキストラを経験しました。

2015年、オーディションを勝ち抜いて映画『ソロモンの偽証』に出演し、メインキャストの1人を演じました。これ以降、映画やドラマで主要なキャラを演じる機会が増えていき、世間に名前が浸透していきます。

富田望生さんは2019年のドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』で注目を集め、同年放送の『妄想エレベーター』でドラマ初主演を務めました。

同年4月からは雑誌『UP to boy』で連載企画「女友撮」を持ち、カメラマンとして親しい友人達を撮影していきました。2020年4月からは『ヒルナンデス!』の木曜レギュラーになり、富田望生さんは女優として活躍の場を広げていっています。

富田望生の出身校は?

 

富田望生さんは福島県いわき市出身の女優です。
小学5年生の時に東日本大震災を経験し、東京に上京しましたが、これまでにどこの学校に通っていたのでしょうか。

■小学校:いわき市立郷ヶ丘小学校
富田望生さんは小学3年生の時からピアノを習い始め、将来はピアノの先生になりたいと思っていました。福島にいた当時、富田望生さんは憧れていた先生がおり、高校・大学とその先生と同じ所に通いたいと考えていました。しかし、震災を機に東京に上京することになり、ピアノも先生からも離れてしまうことになりました。

■中学校:不明

■高校:不明

富田望生さんがどのタイミングで東京に上京したかはわかっていません。そのこともあり、出身中学校や高校がわかっていません。

東京に上京した富田望生さんは、大好きなピアノを習い始めるも、先生が変わったこともあり長続きしませんでした。また、東京の学校に馴染めず、スカートを短くしたり、学校に反抗的な態度を取ったりなど荒れた学校生活を送っていたそうです。

そんな時にテアトルアカデミーの広告を見つけて、富田望生さんは女優になる決心をしました。また当時、東京に馴れなかった富田望生さんは、地元の友人が頑張っていることを知って、自分も好きなことに打ち込んで頑張ろうと思ったみたいですよ。

■大学:通っていない
富田望生さんは女優を志したこともあり、大学には進学していません。

富田望生の家族構成は?

 

2020年9月、バラエティ特番『両親ラブストーリー~オヤコイ』で富田望生さんの両親の恋愛ドラマが放送されました。

9月17日の放送で両親が交際するまで、9月22日の放送でその続きと両親に訪れる悲劇が描かれました。

実は、富田望生さんの父親は、富田望生さんが生まれる前に亡くなっています。
ここでは、富田望生さんの両親についてみていきましょう。

富田望生の家族構成【1】父親

富田望生さんはTV番組を通して、父親が生まれる前に亡くなっていることを告白しています。

亡くなった日は、富田望生さんが生まれる5ヶ月前。
富田望生さんの誕生日である2000年2月25日は、父親の月命日のようです。

富田望生さんは父親似の子供だったようで、母親は「パパにそっくりの望生に逢えたことが人生一番の喜びです」と話しています。

なぜ富田望生さんの父親が亡くなってしまったのか詳しい原因はわかっていません。ネット上では病気説が出ていますが、真実かどうか不明です。

富田望生さんは父親に会ったことはありませんが、母親からどんな人物だったか聞かされており、将来は「父みたいな人と結婚したい」と思っているそうです。
また、「母の娘で、父の娘で私はよかった、父の顔で母の生き方で私は幸せ」とブログで綴っていたことがあります。

富田望生の家族構成【2】母親

富田望生さんは母子家庭の環境で育ちました。
母親は福島県内のホテルで働いており、ホテルマネージャーだったと言われています。

しかし、東日本大震災が起きた影響で、富田望生さんの母親が働いていたホテルは福島第一原発所から35km圏内にあったため、働けなくなってしまいます。そのため、母親は東京の系列ホテルに移動することになり、富田望生さんと共に上京することになりました。

東京行きの新幹線に乗っていた際、地元の友達やピアノの先生から離れたくなかった富田望生さんは「東京になんか行きたくない。今からでも福島に戻ろうよ」と言い、母親を困らせてしまったことがあるそうです。

富田望生さんは女手一つで育ててくれた母親に対し、「どんなに仕事で忙しくてもご飯を一緒に食べれなくても必ずご飯を作ってくれた」と感謝しており、自分も料理をするようになって母親の愛情を身にしみて感じるようになったと言います。

また、富田望生さんは父親がいない中、母親と2人で暮らしていたこともあり、とても仲が良い親子関係みたいですよ。富田望生さんは「父が生まれる前に亡くなっておりまして、母と2人で頑張ってきたのでこれからも支えあいながら生きていきたい」と思っているようです。

富田望生は昔、痩せていた?

 

富田望生さんはぽっちゃりした女優のイメージが強いですが、昔は痩せていました。
なぜ体重が増量してしまったのかというと、役作りが関係しているみたいです。

富田望生さんは2015年に公開された映画『ソロモンの偽証』のオーディションに参加して合格した際、監督から「2ヶ月で20kg太ってください」と指示されたそうです。

当時中学生だった富田望生さんは体重増量に対して抵抗がなく、むしろ自分が演じる浅井松子役に魅力を感じ、その子になるために太る決心をしたそうです。

富田望生さんは2ヶ月間で20kg太るため、ひたすら食べまくったそうです。撮影中も食事が用意されていて監督が「松子、食え」と言ってきたのだとか。また、母親も協力して料理をたくさん作ってくれて、地元のお米や野菜の煮物など美味しく食べながら頑張ったようです。

最終的にお餅と団子が太り、特に寝る前に食べると確実に太ると気づいた富田望生さんは、無我夢中で食べ続け、15kgの増量に成功したみたいです。

富田望生さんは『ソロモンの偽証』以降、「体重を維持するのに食べ続けるのは体に悪いかも」と思い、食生活を元に戻したところ、7kg〜10kg減って痩せたのですが、仕事が減ってしまったそうです。

映画を機にぽっちゃりキャラの女優というイメージがついた富田望生さんは、仕事のことを考えて体重をキープすることに決めたみたいですね。

最近は、ぽっちゃりキャラの役が増えて、唯一無二の女優として大活躍中です。

富田望生はバイクに乗れる?

 

富田望生さんは、2020年のドラマ『美食探偵 明智五郎』でかっこいいバイク姿を披露しています。

富田望生さんはドラマで主人公の相棒である小林苺(演:小芝風花/こしば ふうか)の親友役である桃子役を演じています。

とある放送回で、富田望生さん演じる桃子は赤いライダースジャケット姿で苺の前に登場し、バイクの後ろに乗せて爆走するシーンが描かれていました。

また、第4話では餃子柄の服装を着た桃子が主人公の明智五郎(演:中村倫也/なかむらともや)の前にバイクで現れて「乗んなっ」とかっこよく決めるシーンも放送されました。

どちらも富田望生さんのバイク姿が決まっていたこともあり、SNSで反響を呼んだみたいです。

いつ富田望生さんがバイクの免許を取得したかは不明ですが、2018年7月頃に車の免許を取得したとインスタグラムのストーリーで報告していたことがあります。

富田望生はダンスの腕前がすごい?

 

富田望生さんはダンスの腕前が高いことで知られています。
得意なスポーツがダンスということもあり、複数の作品でキレキレのダンスを披露しています。

2017年公開の映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』では、ぽっちゃり体型ながらもキレキレのダンスを見せ、注目を集めました。

映画で演じた東多恵子というキャラは、裏設定が渡辺直美(わたなべなおみ)さんに憧れているだったようで、富田望生さんは役作りのために渡辺直美さんのダンスを見て勉強したそうです。そして、映画では当初予定していた振り付けではなく、渡辺直美さん風の振り付けに変更したいと申し出たと言います。

映画で共演した女優の山崎紘菜(やまざきひろな)さんは、富田望生さんのダンスを「うちのいビヨンセ」と紹介していたことがあります。

また、2019年に上映された舞台『フラガール dance for smile』では、フラダンスにも挑戦していて、持ち前のダンスセンスを披露しています。

富田望生さんのダンスのキレ具合を見てみたい方は、映画や舞台のDVDをチェックしてみてください。

富田望生は結婚してる?

 

ネット上で「富田望生」と検索すると「結婚」というワードが表示されることがありますが、富田望生さんは結婚しているのでしょうか。

現在、富田望生さんは結婚していません。
ですが、過去の出演作で結婚したことがあることがわかりました。

富田望生さんは2019年に放送された連続テレビ小説『なつぞら』で居村(門倉)良子役を演じ、俳優の板橋駿谷(いたばししゅんや)さんが演じた同級生の門倉努と結婚。3人の子供に恵まれました。

その影響もあり、富田望生さんの結婚相手として板橋駿谷さんの名前が上がるようになってしまったみたいですね。

また、富田望生さんは2019年のドラマ『ブスの瞳に恋してる 2019 the voice』で、ウェディングドレス姿を披露したこともあります。

女優の富田望生さんについてご紹介しました。生まれる前に父親が亡くなってしまい、母親と2人で暮らしてきた富田望生さんは、震災で被災して東京に上京しました。その後、事務所の広告を見つけて女優になり、ぽっちゃりキャラで多くの作品に出演。最近はバラエティ番組にも挑戦し、多くの人に愛される女優にまで成長しました。今後、富田望生さんがどんな活躍を見せてくれるのか、将来が楽しみですね。