FASHION
2021.06.21

ワンピースの種類一覧!シルエットやデザイン別の特徴を解説

ワンピースの種類一覧!シルエットやデザイン別の特徴を解説 ワンピースの種類一覧!シルエットやデザイン別の特徴を解説

季節関係なく、一年中活躍するワンピース。実は、ワンピースには様々な種類があります。丈感、デザイン、シルエットなど、それぞれのワンピースの名称や特徴をチェックして、自分に似合うワンピースを見つけましょう。

ワンピースにはたくさん種類がある!

黄色のワンピース

ドレスアップしたい時、コーディネートいらずで手軽におしゃれがしたい時、涼しげな格好がいい時など、さまざまなシーンで活躍するワンピースにはいろいろな種類があります。

・着丈
・デザイン
・シルエット

などによって分けられるワンピースの種類をまとめてご紹介していきます!
ワンピースの上手な着こなし方や自分に似合うワンピースの見つけ方、おすすめコーデをチェックしてみましょう。

【着丈別】ワンピースの種類4選

着丈別ワンピースの種類①マキシワンピース

マキシワンピース

くるぶしが隠れるくらいの丈のワンピースをマキシワンピース、もしくはロングワンピースと呼びます。

リゾートっぽい柄物やコットンやリネン素材のものなど、カジュアルに着こなせるものが人気。特に夏のコーディネートに活躍します。

着丈別ワンピースの種類②ミモレ丈ワンピース

ミモレ丈ワンピース

ひざ下の半端丈のものが、ミモレ丈ワンピースです。

パンプスやサンダル、ブーツ、スニーカーなど足元のコーディネートがしやすく、おめかしコーデからデイリーカジュアルまで対応する使いやすいワンピースです。

着丈別ワンピースの種類③膝丈ワンピース

ひざ丈ワンピース

膝がちょうど隠れるくらいから膝の頭が見えるくらいの着丈を、膝丈ワンピースと呼びます。

きちんとした印象の着こなしに使えるワンピースが多く、通勤服やきれいめデート服、お呼ばれ服などにおすすめです。

着丈別ワンピースの種類④ミニワンピース

ミニワンピース

短め丈のミニワンピースは、キュートな雰囲気のものや女っぽさのあるものなどさまざまなタイプがあります。

脚の露出が多いので、ブーツやタイツなどとのコーディネートもおすすめです。

【デザイン別】ワンピースの種類7選

次に、デザイン別のワンピースの種類を紹介していきます。

デザイン別ワンピースの種類①キャミソールワンピース

キャミソールワンピース

肩紐が細いキャミソールのようなデザインのワンピースは「キャミソールワンピース」と呼ばれます。1枚で夏らしく、Tシャツを重ね着をして春っぽく、など着回し力があるアイテムです。

デザイン別ワンピースの種類②ジャンパースカート

ジャンパースカート

上下が繋がったジャンプスーツのボトムがスカートになっているのが、ジャンパースカート。

ミニ丈やミモレ丈など色々な丈があり、丈によって雰囲気が異なります。夏場はノースリーブトップスやTシャツと合わせて、少し肌寒くなったらカットソーなどと重ね着してカジュアルに着こなすのが一般的です。

デザイン別ワンピースの種類③チュニックワンピース

チュニックワンピース

Tシャツが長くなったような丈のものをチュニック、ワンピースとしても1枚で着られるくらいの長さのものをチュニックワンピースと呼びます。

ウエストに絞りがなく、ストンとまっすぐなシルエットやAラインに広がるチュニックワンピースは、パンツやレギンスなどと重ねて着こなすとおしゃれに見えますよ。

デザイン別ワンピースの種類④シャツワンピース

シャツワンピース

シャツが長くなったデザインのシャツワンピースは、前がボタンで開いて羽織ることができるタイプの他、かぶるようなデザインのものもあります。

襟がついていることでシャキッとして、甘さ控えめな雰囲気に。また、レギュラーカラーの他スタンドカラーやノーカラーのシャツワンピースもあります。

デザイン別ワンピースの種類⑤カシュクールワンピース

カシュクールワンピース

前の部分がクロスして重なっているデザインのものを、カシュクールワンピースと呼びます。

ウエスト部分で縫い付けられている物のほか、ウエストでリボンで縛って固定をするラップスカートのようなデザインのものもあります。

デザイン別ワンピースの種類⑥ティアードワンピース

ティアードワンピース

ギャザーやフリルが段々になっているティアードワンピースは、存在感がありかわいい雰囲気が魅力。

大人っぽいロング丈のティアードワンピースは、夏だけでなくデニムジャケットなど羽織りものをプラスして春や秋にも活躍します。

デザイン別ワンピースの種類⑦トレンチワンピース

トレンチワンピース

トレンチワンピースとは、トレンチコートのデザインを取り入れたワンピースのこと。ボタンやベルトが特に特徴的です。

袖があるもの以外にも、ノースリーブタイプなどもあります。ノースリーブの場合、何かを羽織ったりインナーと重ね着したりと着こなすことが多いでしょう。

【シルエット別】ワンピースの種類4選

次に、シルエット別のワンピースの種類を紹介します。

シルエット別ワンピースの種類①Aラインワンピース

Aラインワンピース

まさに「A」のシルエットのように裾に向かって広がっているものをAラインワンピースと呼びます。

ハリのある生地だとボリュームが出ますが、落ち感のある生地だとそこまでボリュームは出ません。動いた時にひらりと動く感じが女性らしいのが特徴です。

シルエット別ワンピースの種類②テントラインワンピース

テントラインワンピース

Aラインよりもさらに広く、まるで三角形のテントのようなシルエットになるのがテントラインワンピースです。

トップスはコンパクトめで、ジャケットやカーディガンなどを羽織っても素敵ですよ。

シルエット別ワンピースの種類③タイトワンピース

タイトワンピース

体のラインに沿うようにタイトなシルエットで作られているのがタイトワンピース。レディライクでおしゃれな雰囲気が出ることが特徴です。

大人っぽさを出したいときや色気を演出したいときにはタイトワンピースがぴったりです。

シルエット別ワンピースの種類④コクーンワンピース

コクーンワンピース

全体に丸みがあり、裾に向かってキュッと細くなるコクーンシルエットのワンピース。

立体的なシルエットを活かすハリのある生地を使ったものが多いです。

【素材別】ワンピースの種類5選

次は、素材別のワンピースの種類を紹介します。

素材別ワンピースの種類①リネンワンピース

リネンワンピース

リネン(麻)でできたワンピースは、通気性や吸水性に優れているのが魅力。汗をかいたり、濡れたりしても蒸れず、乾きも早いです。春夏のコーデで活躍する種類だと思われることが多いですが、意外と保温性にも優れているので、コーデ次第では秋や冬も着られるでしょう。

柔らかい肌触りで、特徴的な風合いを楽しめるのもリネンワンピースの特徴。ナチュラルな印象なので、カジュアルなシーンに向いています。

素材別ワンピースの種類②コットンワンピース

コットンワンピース

コットン(綿)のワンピースは、通気性と吸水性に優れていて、熱が逃げにくいです。気温に関わらず快適に過ごせるため、ベーシックカラーのコットンワンピースならオールシーズン着られます。

また、コットンワンピースは肌触りに優れているのも特徴です。柔らかくて刺激が少ないので、肌が敏感な人にもおすすめです。

素材別ワンピースの種類③デニムワンピース

デニムワンピース

デニムは、綿(コットン)をあや織りしてできた厚手の生地です。カジュアルな印象が強い生地の種類なので、デニムワンピースはデイリーシーンに向いています。

また、季節を問わず着られることもデニムワンピースが人気の理由です。インナーやアウターを工夫すれば、暑い季節でも寒い季節でも快適なコーデを作れます。

素材別ワンピースの種類④ポリエステルワンピース

ポリエステルワンピース

ポリエステルは樹脂や石油を化学的に合成して作った素材です。吸湿性や吸水性は低いですが、速乾性には優れています。

また、シワができにくいのもポリエステルの特徴です。他の種類と比べて丈夫で軽く、扱いやすいため、ポリエステルワンピースは普段使いに適しています。

さらに、ポリエステルは形状記憶性が高いです。そのため、プリーツワンピースなどにはポリエステルが使われます。

素材別ワンピースの種類⑤ニットワンピース

ニットワンピース

ニットは、1本の糸で編まれた生地です。使われる糸の種類はウールやカシミヤ、アクリルなどさまざまで、それぞれ保温性や見た目の印象が違います。

ニットワンピースの魅力は、着心地の良さと暖かさです。フィット感があるものが多く、適度にボディラインが出るため、男性ウケも期待できます。

厚手のケーブル編みやさわやかなワッフル編みなど、編み方の種類もさまざまなので、多彩なラインナップから好みに合うものを見つけられます。

ワンピースのおすすめコーデ14選

最後に、ワンピースを使ったおすすめのコーディネートを紹介します。気になるワンピースがないか、ぜひチェックしてみてくださいね。

ワンピースの種類別のおすすめコーデ①リゾートにもぴったりのマキシワンピースコーデ

マキシワンピース

風通しがよく足元まで覆ってくれるマキシワンピースは夏にぴったり。重たくなりがちなブラックも、軽やかな素材のマキシワンピースであれば暑い時期でも着こなせます。

ストロー素材のバッグを合わせて季節感を出すのもおすすめです。

ワンピースの種類別のおすすめコーデ②ニットワンピースでキュートに

ニットワンピース

かわいらしい雰囲気を演出したいときにはニットワンピースが最適。淡い色味のものを選べばよりかわいらしさが出ます。ベルトでウエストマークをしてほどよいアクセントをプラスするのもおすすめです。

ワンピースの種類別のおすすめコーデ③ミニ丈ワンピースはデニムパンツをレイヤード

ミニ丈ワンピース

1枚そのままでもボトムスとレイヤードしても楽しめるミニ丈ワンピース。コーディネートの幅が広がるのが魅力です。デニムとレイヤードすれば、あっという間にカジュアルスタイルが完成。ギャザーがついているワンピースはトレンド感も演出できます。

ワンピースの種類別のおすすめコーデ④肌寒い時期のキャミソールワンピースはニットを羽織って

キャミソールワンピース

春夏のイメージが強いキャミソールワンピースですが、アウターを羽織ったりインナーを厚手のものにしたり、ニットカーディガンを肩掛けしたりすることによって少し肌寒い時期でも着こなすことが可能です。

より冬場に着るのであれば、足元もブーツにするなど変化を加えましょう。

ワンピースの種類別のおすすめコーデ⑤ジャンパースカートをスポーツMIXで

ジャンパースカート

着こなし次第では子どもっぽく見えてしまいがちなジャンパースカートですが、キャップを合わせてスポーツMIXで着こなすことで、大人カジュアルスタイルに仕上がります。

落ち着いた色味を選ぶことでまとまりあるコーディネートになるでしょう。

ワンピースの種類別のおすすめコーデ⑥シンプルスタイルにはシャツワンピースをオン

シャツワンピース

1枚でもサラッと羽織りものとしても使えるシャツワンピース。キャミソールとシンプルなパンツの着こなしもシャツワンピースもシャツワンピースを重ねることでおしゃれに決まります。シアー素材のものを選べばトレンド感も出ます。

ワンピースの種類別のおすすめコーデ⑦カシュクールワンピースをデニムとのレイヤードでカジュアルダウン

カシュクールワンピース

レディライクな雰囲気を演出できるカシュクールワンピース。パンプスなどと合わせてきれいめに着こなすのもいいですが、デニムとレイヤードするとカジュアルさをプラスできます。カジュアルダウンすることでコーディネートの幅が広がるでしょう。

ワンピースの種類別のおすすめコーデ⑧ボリュームたっぷりのAラインワンピースでエレガントに

Aラインワンピース

ボリュームのあるロングのAラインワンピースは、落ち着いた大人な印象を作れます。スクエアネックのものを選べばデコルテがきれいに見え、エレガントで柔らかい雰囲気を演出できるでしょう。

ワンピースの種類別のおすすめコーデ⑨短め丈のニットワンピースはデニム合わせで着こなしやすく

ニットワンピース

短め丈のニットワンピースは、デニムと合わせることでおしゃれに着こなせます。1枚で着るとセクシーすぎる雰囲気になりますが、デニムと一緒に着用することで大人カジュアルに仕上げられるでしょう。

ワンピースの種類別のおすすめコーデ⑩ミモレ丈ワンピースはパンプス合わせで上品に

ミモレ丈ワンピース

ひざ下のミモレ丈ワンピースは、きれいめなイメージを作ってくれるアイテム。フレアタイプのミモレ丈ワンピースをチョイスすればフェミニンな雰囲気を演出できます。

そんなきれいめアイテムにはパンプスを合わせて上品に仕上げるのがおすすめ。ウエストマークできるワンピースであれば、スタイルアップも叶うでしょう。

ワンピースの種類別のおすすめコーデ⑪ティアードワンピースは上半身をコンパクトに

ティアードワンピース

ティアードワンピースは、裾に向かってふんわりと広がるシルエットが魅力。下半身にボリュームが出る分、上半身はコンパクトにまとめた方がきれいなバランスに見えるので、ティアードワンピースに何かインナーを重ねる場合は、シンプルなシルエットのものを選ぶようにしましょう。

鮮やかなイエローのティアードワンピースには、細かいボーダーのシンプルなトップスをチョイス。爽やかで夏らしいコーデに仕上がります。

ワンピースの種類別のおすすめコーデ⑫コクーンワンピースは1枚でシンプルに

コクーンワンピース

シルエットが特徴的なコクーンワンピースは、あえて1枚でシンプルに着こなすのがおすすめ。真ん中が風船のように膨らんでいるので、その他とは違うデザイン性を存分に楽しみましょう。

足元はトレンドのグルカサンダルを合わせておしゃれに。ブラックで統一すると、かわいさを残しつつもシックでセンスのあるコーディネートになるでしょう。

ワンピースの種類別のおすすめコーデ⑬トレンチワンピースはシンプルなアイテムと合わせるのがコツ

トレンチワンピース

トレンチのディティールを取り入れたトレンチワンピースは、さまざまな形やデザインで作られているため、一概に雰囲気が決まっていないのが特徴。とはいえ、トレンチコートのようなデザインが主役級であるため、メインになるようにコーディネートを組むのがおすすめ。

他のアイテムはシンプルにまとめるなど、上手にバランスを取るように意識するといいでしょう。

ワンピースの種類別のおすすめコーデ⑭チュニックワンピースはワイドパンツでラフに

チュニックワンピース

Tシャツがロング丈になったようなデザインのチュニックワンピースは、パンツとレイヤードしたスタイルがおすすめ。ゆとりのあるカラーパンツと合わせると、パンツが差し色になりおしゃれに決まります。ラフさの中にセンスが光る着こなしができるでしょう。

たくさんの種類があるワンピース。それぞれ特徴があり、おめかししたい時はもちろん普段のおしゃれにも大活躍してくれます。1枚でサマになるワンピースで気軽におしゃれを楽しみましょう!

related articles