FASHION
MAY.20.2020

気温16度の日の服装は?最高・最低気温別コーデやおすすめアウター

気温16度の日の服装は?最高・最低気温別コーデやおすすめアウター 気温16度の日の服装は?最高・最低気温別コーデやおすすめアウター

ちょっと肌寒さを感じる春や秋の気温16度の日はどんな服装がちょうどいい?何を着ようか迷う気温16度にぴったりな服装を季節別にご紹介。最高気温や最低気温、どんなアウターが気温16度に最適なのかチェックしましょう。

【目次】

気温が16度の日には何を着る?

コーディネート

だいたい春先や秋口の気温が16度くらい。
3月の「まだちょっと寒いかな」11月の「そろそろ寒くなってきたな」という時期の気温です。また、4月や5月にも肌寒い日には気温16度の日もあります。

■気温16度にちょうどいい服装
・長袖のシャツやTシャツにカーディガンや薄手のコートをプラス
・シャツとセーターの重ね着
・ニットアンサンブル

気温が16度の時期は朝晩の最低気温が低めなので、朝から出かける日や夜まで外出している時には寒さ対策をしっかりしておくことが大切です。

気温16度の服装<春>トレンチコートを羽織って

トレンチコートコーデ

冬コートを仕舞って春コートが登場する気温16度の時期。トレンチコートは通勤などの「きちんとStyle」から休日の「カジュアルStyle」まで幅広く活躍します。

お日様が気持ち良い晴れた日は、日差しで少し暖かさも感じます。そんな時にはインナーはニットではなくカットソーがちょうど良いですね。

Tシャツとデニムのシンプルコーデもトレンチコートで大人っぽさUP。

気温16度の服装<春>デニムジャケットをパーカーにON

デニムジャケットコーデ

暖かくなってきた春とはいえ、屋外に長くいるとだんだん冷えてきます。

最高気温が16度の頃に遊びに行くなら、重ね着で温度調節ができるようにしておくのがおすすめです。パーカーの上にデニムジャケットを羽織った着こなしで、おしゃれ&防寒バッチリです。

春っぽさを出したいから、スニーカーにはフットカバーを合わせてくるぶしの肌を見せるのがポイントです。

気温16度の服装<春>スウェットでカジュアルに

スウェットコーデ

最低気温が16度くらいだと、Tシャツでは寒いけれどアウターは要らないかな?という感じがします。

そんな時のカジュアルコーデにちょうど良いのがスウェットです。程よい保温性があるけれど綿素材なのでモコモコした感じにならないのが春らしくて良いですね。

気温16度の服装<秋>秋色デニムジャケットコーデ

デニムジャケットコーデ

すっかり秋らしくなってきたね……と思うのが気温16度の頃。

デニムジャケットはブラウンや黒など秋らしい色と合わせて着こなしましょう。インナーは長袖のカットソーや薄手のニットが良いですね。

室内でデニムジャケットを脱ぐこともあるので、脱いでもおしゃれなコーディネートで出かけましょう。

気温16度の服装<秋>もこもこボアブルゾン

ボアブルゾンコーデ

寒くなったら着ようと思っていた秋アウターの出番がやってくるのが気温16度。

もこもことしたボア素材やファーなどの起毛感のある素材がかわいく見える季節の始まりです。

厚手にニットなど分厚いものともこもこアウターを合わせるのはまだ早いので、薄手のニットやカットソー素材のワンピースなどの上に羽織るとちょうど良さそうですね。

気温16度の服装<秋>ジャケットでかっこよく

チェック柄ジャケットコーデ

ウールのコートにはまだちょっと早いかな、という気温16度。春コートを再登場させるという手もありますが、せっかくだから秋から冬を先取るようなアウターをチョイスしたいですよね。

秋色のチェック柄ジャケットはハイゲージのニットやショートブーツといった秋らしいアイテムとのコーディネートがお似合い!

最高気温が16度の場合の服装【1】春にも秋にも活躍するマウンテンパーカーを羽織って

マウンテンパーカー

最高気温が16度なのは、東京の場合は3月中旬~4月上旬頃、11月中旬~12月初旬頃の気温です。

最低気温は10度を下回ることが多いので、アウターは必須。しかし、インナーにニットや厚手のスウェットなどを着れば、ウールコートやダウンなどではなく、トレンチコートやデニムジャケットなどのライトアウターで十分。風が強い場合に備えてストールやマフラーがあると安心です。

春と秋のどちらでも使いやすいのがマウンテンパーカー。スポーティーでコーデに抜け感を演出できます。春ならカゴバッグや白のインナーを合わせれば、季節感のある爽やかなコーデに仕上がりますよ。

最高気温が16度の場合の服装【2】ライダースジャケットでサロペットをクールに

ライダースジャケット

大人かわいいサロペット。合わせるアイテムによっては子供っぽくなりかねませんが、辛口アウターのライダースを羽織ればほどよくハードさが加わって大人の女性のコーデになります。

最高気温が16度なら、インナーはニットを。タートルニットなら首元まで覆われるので薄手でも温かく感じられますよ。

最高気温が16度の場合の服装【3】キルティングジャケットで春先の寒さをカバー

キルティングジャケット

もうウールのコートやダウンは脱ぎたくなる3月。しかし、最高気温が16度ならまだ風の冷たさを感じます。そんなときは薄手なのに温かいキルティングジャケットでしっかり防寒しつつ春らしいコーデに。足元もブーツなら、足先から来る冷えの対策もできますよ。

最低気温が16度の場合の服装【1】ミリタリーシャツを羽織りものに

ミリタリーシャツ

最低気温が16度なのは、東京の場合は4月下旬~5月中旬頃、9月下旬~10月中旬頃です。日中は25度前後になることもあるものの、朝晩は肌寒く感じるので調節できるように薄手の羽織りものがあるとよいでしょう。

カジュアルなミリタリーシャツは今の気分にマッチ。暑くなって脱いでもかさばらないので荷物にならない点も便利です。晴れた日ならインナーは半袖でもよいでしょう。

最低気温が16度の場合の服装【2】カーディガンは薄手のものを

カーディガン

肌寒く感じるときの羽織りものとして活躍してくれるカーディガン。最低気温16度の日なら、薄手のものを選びましょう。コーデの差し色に鮮やかなカラーを取り入れるのもおすすめです。

最低気温が16度の場合の服装【3】長袖シャツなら+ストールでも十分

ストール

最低気温16度なら、長袖シャツや薄手の長袖カットソー一枚でもちょうどよく過ごせます。朝晩の冷え込みに備えるならストールを持参して、寒さを感じたらサッと羽織るとよいでしょう。チェック柄のストールならコーデのアクセントになりますね。

アイテム別・気温16度の服装【1】ニットはラテ配色でトレンドライクに

ニット

秋冬の定番トップスであるニット。今シーズン着るなら、アイボリーやベージュなどのニットにブラウンのボトムスを合わせたラテ配色がおすすめ。手持ちのアイテムも今っぽく仕上がりますよ。

アイテム別・気温16度の服装【2】スカートはテイストミックスに

プリーツスカート

繊細な印象のプリーツスカートはフェミニンなアイテム。ブラウスやきれいめニットで甘く仕上げるのではなく、スウェットでカジュアル感をプラスしてテイストミックスにするのが旬コーデのコツ。足元にはトレンドアイテムのビットローファーを投入しています。

アイテム別・気温16度の服装【3】ワンピースはレイヤードで新鮮な印象に

ニットワンピース

コーデがマンネリ化しやすいワンピース。変化を付けるならレギンスやスキニーデニムなどをレイヤードしてこなれた印象に。ニット帽などの小物でアクセントを付けるのも、気温16度の日には防寒にもなっていいですね。

アイテム別・気温16度の服装【4】CPOジャケットで最旬コーデに

CPOジャケット

2019秋のアウターとして人気になっているのがCPOジャケット。気温16度ならインナーは厚手のスウェットやニットを選びましょう。オーバーサイズのCPOジャケットならボリューム感のあるインナーでももたつかずに着られますよ。上半身がボリューミーな分、ボトムスは黒スキニーですっきりとまとめてバランスよく。

アイテム別・気温16度の服装【5】ボアコートでベーシックアイテムをアップデート

ボアコート

トレンドが続いているボアアウター。ベーシックな黒ニットにスキニーデニムを合わせたコーデも、ボアコートを羽織るだけで今っぽく仕上がります。気温16度ならインナーのニットは薄手でOK。

アイテム別・気温16度の服装【6】トレンチコートをブルー系でまとめて爽やかに

ネイビーのトレンチコート

気温16度の定番アウター、トレンチコート。ネイビーのトレンチコートにはブルーのマルチストライプのスカートを合わせて、爽やかな配色に。軽やかに仕上げたい春先におすすめのコーデです。

足元も同じブルー系で統一感を出しつつ、ビビッドなロイヤルブルーでアクセントを付けています。

アイテム別・気温16度の服装【7】紺ブレザーはほどよくカジュアルダウン

紺ブレ

簡単にきちんと感を作ってくれて、通勤に活躍する紺ブレザー。マニッシュなアイテムですが、腕まくりをして手首見せをすると女性らしく着こなせますよ。

インナーはボーダー、パンツはカーキでカジュアル感をプラスすると、今っぽく仕上がります。バッグは明るめカラーで抜け感を。

アイテム別・気温16度の服装【8】ニットカーディガンでこなれた雰囲気に

ニットカーディガン

トレンチコートやテーラードジャケットよりもラフな雰囲気で羽織れるニットカーディガン。リラックスした気分で過ごしたいオフの日にはぴったり。

白のプルオーバーにスキニーデニム、そしてベージュのニットカーディガンといずれもシンプルなアイテムなので、バッグにはバンダナをプラス。動きが出てさりげないアクセントになりますよ。

アイテム別・気温16度の服装【9】ミリタリージャケットはドット柄ワンピースを合わせて甘辛ミックスに

ミリタリージャケット

カジュアル感が今っぽくて人気のミリタリージャケット。ドット柄ワンピースに羽織れば、甘さをほどよく抑えてくれます。小物はドットの黒に合わせてバッグもスニーカーも黒で統一して、まとまり感のあるコーデに。

アイテム別・気温16度の服装【10】ライダースジャケットは小物で柔らかい雰囲気をプラス

ライダースジャケット

ハードな印象のライダースジャケットですが、合わせるアイテムによっては優しい雰囲気も作れます。例えば、インナーにボーダーカットソー、ボトムスにチノスカートを合わせれば、ナチュラルな雰囲気がプラスされます。

さらにバッグはフリンジ付きのバケツ型を選べば、揺れるフリンジや丸みを帯びた形が柔らかい印象に。キャスケットも加えてどこか遊び心を感じるようなコーデに仕上げています。

アイテム別・気温16度の服装【11】スウェットは花柄スカートで大人カジュアルに

スウェット

エフォートレスな雰囲気が簡単に作れる、ドロップショルダーのスウェット。ラフな雰囲気なので、ボトムスには大ぶりの花柄が大人っぽいプリーツスカートを合わせて大人カジュアルに。

春に着るなら、小物は白スニーカーやカゴバッグで爽やかさやナチュラル感を演出して季節感をプラス。

アイテム別・気温16度の服装【12】タイトスカートでシンプルカジュアルに

タイトスカート

ベージュのビッグシルエットのニットにデニムタイトスカートを合わせたシンプルコーデ。ニット×デニムでも、タイトスカートだと大人っぽい印象に。カジュアルなコーデにあえてチェーンのショルダーバッグを合わせてリッチ感をプラス。

アイテム別・気温16度の服装【13】フレアパンツはグリーンで人と差のつくコーデに

フレアパンツ

人気が高まっているフレアパンツ。トレンドカラーのグリーンを選べば、人と被らないコーデが作れます。グリーンでもくすんだ色味のものなら、グレー感覚で使えますよ。

トップスはキーネックのケーブルニットに白カットソーをレイヤードしてとことんトレンドライクに。

アイテム別・気温16度の服装【14】シャツワンピースはレイヤードスタイルでトレンド感と温度調節を両立

シャツワンピース

一枚でも羽織ものとしても活躍するシャツワンピース。気温16度で着るには少し寒いものの、中にカットソーをプラスしたり、デニムを重ねたりしたレイヤードスタイルなら春先でも着られます。春はかごバッグを選べば小物で季節感を出せますよ。

【番外編】気温16度の服装<メンズ>シャツを使ってさわやかに

デニムジャケットコーデ

まだちょっと肌寒いけれど、冬っぽいのはもう飽きてきた春の気温16度の頃。デニムジャケットのインナーにカジュアルシャツを合わせて春っぽさをUPすると素敵です。

袖口をあげて手首を見せることでこなれ感が出て、より春らしくなりますね。

【番外編】気温16度の服装<メンズ>インナーにタートルを合わせて

セットアップコーデ

おしゃれをして出かけたい秋。セットアップの中をTシャツからタートルネックニットにアップデートして、季節感を出してみてはいかがでしょうか。

オフホワイトのタートルネックは温かみがあり、顔映りも明るくなるのでダークめなグレーのジャケットにぴったりです。

【番外編】気温16度の服装<子供>Tシャツやシャツに軽めの羽織を

パーカーコーデ

季節の変わり目は幼稚園や保育園に通うお子さんに何を着せれば良いのか迷いますよね。

園庭や公園での外遊びの際に寒くないかな?体を動かして暑くなるかな?とちょうど良い服装を決めるのはとても難しいです。

薄手過ぎても寒いし、着すぎると動きにくかったり汗をかいて後から寒くなります。そのため、Tシャツやシャツに軽めの羽織を一枚プラスするくらいがちょうど良さそうです。

パーカーやウィンドブレイカーなどさっと羽織れて脱げるようなものがあると良いですね。

【D.fesense /ディーフェセンス】ジップパーカ / ¥4,212

春や秋の気温16度のシーズンは、おしゃれとともに寒さ対策も大事になる時期。春っぽい服装にし過ぎて寒くなったり、秋から冬を意識して暑くなってしまわないように、その日その日ちょうど良い服装を選びたいですね。また、天候によっても体感気温が変わる時期でもあります。冷たい雨が降っているときは体が冷えないように気をつけた服装がベターです。