FASHION
AUG.03.2020

ネイビーに合う色は?紺と相性のいい10カラーとコーデ45選

ネイビーに合う色は?紺と相性のいい10カラーとコーデ45選 ネイビーに合う色は?紺と相性のいい10カラーとコーデ45選

ベーシックで大人っぽい印象のネイビーに合う色は?どんな色と合わせるのがおしゃれに決まるのか、おすすめの配色をご紹介。ネイビーコーデに合う靴も合わせてチェック。爽やかに合わせたい夏や秋冬も活躍するネイビーをもっとおしゃれに楽しみましょう!

【目次】

ネイビーに合う色が知りたい!おすすめの10カラー

ネイビートップスコーデ

黒・白・ベージュと並んでベーシックカラーの代表格とも言えるネイビー。そんなネイビーに合う色はたくさんあります。

ファッションで取り入れると、引き締め効果やきちんと感を引き出せるネイビーですが、コーデが重たく見えてしまうことも。

洋服はもちろん、インテリアでも人気のネイビーの印象は…

・トラッド
・マリン
・上品
・大人っぽい

と全体的に落ち着いたイメージがあるのではないでしょうか。今回は、ネイビーをコーデで取り入れる際におすすめの配色をチェックしていきます。ネイビーのイメージに合うおしゃれなカラーコーディネートをマスターしていきましょう。

ネイビーに合う色1. 白

ネイビーと白のコーディネート

定番中の定番の配色、ネイビー×白
制服やユニフォームでもよくある配色なので、きちんとした印象にしたい時にもおすすめです。

また、ボトムがネイビーでトップスが白というのがよくあるパターンですが、反対にボトムを白でトップスをネイビーにすると雰囲気が変わります。

重くなってしまいがちなネイビーですが、白と合わせることで一気に爽やかで軽い印象に。特に春夏にチャレンジしたくなる配色ですが、素材感に工夫を持たせれば、秋冬でも取り入れやすいカラーコーディネートです。

ネイビーに合う色2. ブルー

ネイビー×ブルーコーデ

同系色でまとめるコーディネートはすっきりと綺麗な印象に。ブルーと言っても濃淡で印象をガラッと変えられるので、その日の気分で違う濃度のブルーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ネイビーに明るいブルー系を合わせれば、色の違いがハッキリと出てキリッとした着こなしが完成します。また、濃い色のブルーを合わせれば、コーディネートに統一感が出ておしゃれ上級者のような着こなしに。

ネイビー×ブルーは、甘さを抑えた大人っぽいコーデを目指したい時におすすめです。

ネイビーに合う色3. ベージュ

ネイビー×ベージュコーデ

アースカラー系との相性がいいネイビーは、ベージュのような温かみのあるカラーともバッチリ合います。

薄いサンドベージュからカーキに近いベージュまで色々なベージュと着こなすことができます。特に、チノパンやチノスカートのベージュと合わせると、カジュアルな中にエレガントさが加わって大人女子にぴったり

女の子らしく、可愛らしく取り入れたいのであれば、ネイビー×ベージュは鉄板です。

ネイビーに合う色4. 黒

ネイビースカートコーデ

ネイビー×黒は重たい印象になってしまい、合わないと思われがち。しかし、ネイビーと黒のコーディネートは、きちんと見せたい時や大人っぽい雰囲気にしたい時にぴったりの色合わせです。

キレイめアイテムを使った着こなしはもちろん、カジュアルアイテムを使ったコーデも女性らしく決まります。

ネイビーを黒と合わせる際にはほど良い肌見せを心がけましょう。3つの首(首、手首、足首)を出すと抜け感を作れるので、重たい印象になることなくネイビー×黒のコーディネートが楽しめます。

ネイビーに合う色5. ブラウン

ネイビー×ブラウンコーデ

ネイビー×ブラウンは重ための色同士ですが、品良く着こなせるので、大人っぽい印象や、きちんとした印象に見せたいときにおすすめの組み合わせです。

秋らしさを感じさせる夏の終わりにぴったりのこちらの配色。秋冬に、ネイビーのコートにブラウンのニットを合わせる…というような使い方もおしゃれです。

素材や形でフェミニンに仕上げることもできるので、ネイビー×ブラウンはデートのときにもチャレンジしたいカラーコンビネーションです。

ネイビーに合う色6. グレー

ネイビー×グレーコーデ

メンズライクな配色のネイビーとグレーは、女性らしさを感じさせるアイテムを使った着こなしに取り入れるのがおすすめです。

また、ベーシックカラー同士の色合わせなので、地味にならないようにアクセサリーや小物を使ってアクセントをプラスするとよりおしゃれ感がUPします。

さらに、ネイビー×グレーはどちらも落ち着いた色なので、ビジネスシーンでも大活躍。どちらのカラーをトップスに持って着てもきちんと感が出るので、1枚ずつアイテムを持っていると便利ですよ。

ネイビーに合う色7. グリーン

ネイビー×グリーンコーデ

ブルー系とグリーン系は色相的に隣り合う色なので相性も良いです。そのため、ネイビーとグリーン系も好相性。明るめグリーンのほか、モスグリーンやカーキもおすすめです。

グリーン系はいつも黒や白、グレーと合わせているという人はぜひネイビーもトライしてみてください。アイテム次第では品良くもカジュアルにも着こなせる万能な組み合わせですよ。

ネイビーに合う色8. 赤

ネイビー×赤コーデ

デニムをはじめとしたネイビーと赤の組み合わせはとってもキュート。さらに白を加えてトリコロールカラーにしても素敵です。

ネイビーのボトムに赤トップスを合わせても、ネイビーコーデの差し色にストールや靴、バッグなどの小物で赤を取り入れてもいいですね。

ネイビーに合う色9. イエロー

ネイビー×イエローコーデ

ブルー系の反対色はイエローやオレンジ。ネイビーを使ったメリハリの効いたおしゃれにはイエローが活躍してくれます。

ネイビーの差し色にイエローをプラスしても、イエローの締め色にネイビーをプラスしてもとってもかわいく仕上がります。取り入れ方次第で様々なテイストを楽しむことができそうですね。

ネイビーに合う色10. ボーダーなどの柄物

ネイビー×ボーダーコーデ

ベーシックなネイビーのボトムに柄物を合わせる着こなし、特にボーダーはマリンな雰囲気にぴったりです。

そのほかにも、ドット、ストライプ、花柄など様々な柄物と合わせてネイビーのコーディネートを楽しんでみてください。

ネイビーのパンツに合う靴の色

カジュアルVer.

ネイビーパンツに合う靴のコーデ

デニムのようなカジュアルなネイビーのパンツに合わせたい靴の色は…

・赤
・白
・黒
・グレー
・ベージュやキャメル

スニーカー、フラットシューズ、サンダルなどのカジュアルなアイテムに取り入れるとさらにおしゃれ度がUPすること間違いなし!

大人っぽいネイビーのコーディネートをカジュアルダウンさせたいのであれば、大人っぽい靴に差し色として上記のようなカラーを取り入れてみるといいですね。

キレイめVer.

ネイビーパンツコーデ

大人っぽいキレイめテイストのネイビーのパンツに合わせたい靴は…

・ゴールドやシルバー
・黒
・ベージュやモカ
・赤

レザーのパンプスやブーツのようなきちんとしたアイテムに上記のカラーを取り入れると、足元に少し華やかさをプラスすることができ、女性らしくまとまります。

ネイビーに合う色で作るおしゃれコーデ

1. ネイビー×黒

ネイビー×黒

きれいめな印象のネイビーワンピースに黒のリブレギンスを合わせてカジュアルダウン。ネイビー×黒は大人っぽい組み合わせなので、ゆるっとしたシルエットのワンピースやカジュアルなリブレギンスでも女性らしい印象に仕上がります。

パンプスやバッグも黒で揃えれば、統一感が出てすっきりまとめられます。2色だけで作る、都会的な雰囲気のコーデです。

2. ターコイズブルー×ネイビー×白

ターコイズブルー×ネイビー×白

上品なイメージのネイビー。ターコイズブルーのように鮮やかなカラーもきれいめな印象にすることができます。どちらもブルー系なので相性も抜群です。パンツはクロップド丈で涼しげにして夏っぽさを演出。

足元は白のサンダルを合わせれば、抜け感が出ます。同じく白のベルトでウエストマークするのも、コーデをきれいにまとめるポイントです。爽やかな配色で夏にぴったりのカラーコーディネートです。

3. 白×ネイビー×黒

白×ネイビー×黒

白×ネイビーは清楚な印象の組み合わせ。光沢感のあるネイビーのパンツととろみ感のある白のブラウスを合わせれば、オフィスにぴったりのきちんと感のあるコーデが完成します。

リボンベルトでレディライクにしつつも、ブラウスの柄をピンストライプにすることでマニッシュな雰囲気も加わり、甘さを調節できます。足元は黒のポインテッドトゥパンプスで引き締めましょう。

4. 白×ネイビー×キャメル

白×ネイビー×キャメル

同じ白トップス×ネイビーパンツでも生地の質感が変わるだけでまた違った印象に仕上がります。トップスはTシャツ、パンツはチノ素材にすれば爽やかなリラックスコーデになります。海へのドライブなどにいいカジュアル感ですね。

キャメルのバッグとサンダルを合わせれば、温かみがプラスされます。シンプルで洗練された印象のコーデです。

5. ネイビー×オフホワイト×グレー

ネイビー×オフホワイト×グレー

ネイビーに合わせるのを白ではなくオフホワイトにすると、秋冬でも爽やか過ぎません。ネイビー・オフホワイト共に相性がいいグレーのバッグはファーで季節感をプラス。ちょっと大きめサイズを選べば、ほどよいカジュアル感が出ます。足元はネイビーで統一感を出します。

ニットの袖を少しまくると、こなれ感が出ます。手首を見せることで女性らしさもアップしますよ。ブレスレットや時計でアクセサリー使いも楽しみたいですね。

6. ベージュ×ネイビー×グレー

ベージュ×ネイビー×グレー

知的な印象に見せてくれるネイビー×グレー。ダークカラー同士で少しマニッシュな印象にもなります。パンツはテーパードシルエットを選べばトレンド感が加わります。ニットを少しだけインしてラフに着こなせば、こなれた印象になります。

ベージュのベレー帽をプラスすれば、重たくなりがちな配色に軽さが出ます。目線も上にすることで、スタイルアップ効果もありますよ。

足元はスニーカーを合わせて、いい子過ぎないカジュアル感がかわいいコーデに仕上げます。黒のコンバースは、スニーカーの中でも特にきれいめコーデに合わせやすいので、上品な印象のネイビーの服との相性がよいアイテムです。

7. ブラウン×ネイビー×ベージュ×黒

ブラウン×ネイビー×ベージュ×黒

寒色であるネイビーに温かみを加えるブラウン。ここに小物でベージュや白など明るい色をプラスすれば、コーデが重たくならずに、バランスよく仕上げられます。ベーシックカラー同士なので、色をたくさん使ってもごちゃごちゃした印象にはなりません。

足元は黒のバレエシューズに白のくるぶし丈ソックスを合わせれば、ガーリーな印象になります。

8. イエロー×ネイビー×グレー×ベージュ

イエロー×ネイビー×グレー×ベージュ

意外に相性がいいのが、補色のイエロー。お互いを引き立て合って、鮮やかなのに奇抜さを感じさせないカラーコーディネートができます。

トップスにきれいなイエローを持ってきたら、小物の色味は少し抑えて、グレーやベージュなどの淡くて優しい印象のベーシックカラーを選ぶとよいでしょう。モノトーンよりもコントラストが付かないので、きつい雰囲気になりません。どちらもネイビーだけでなく、イエローとも相性がよいカラーです。

9. 赤×ネイビー×黒×グレー

赤×ネイビー×黒×グレー

派手なイメージの赤ですが、ネイビーと合わせれば、上品な雰囲気のコーデにすることもできます。「合わせにくそう」とチャレンジしにくく感じる場合は、少しくすんだレンガ色を選べばトライしやすいですよ。

イエロー×ネイビー同様、色のインパクトが強いので、小物の色味は抑えるとバランスがよくなります。ネイビーと相性のよいグレーや黒がおすすめです。まん丸のグレンチェックのバッグは少しクラシカルな印象をプラスしてくれます。

10. ネイビー×ベージュ×黒

ネイビー×ベージュ×黒

きれいめにもカジュアルにも着こなせて着回し力が高い、Vネックのネイビーニット。シンプルながらドロップショルダーやボリューム感のある袖など旬のディテールが詰まっています。

ベージュのチェックパンツを合わせれば、通勤にも対応できるきちんと感のあるコーデに。バッグやパンプスもきれいめにまとめています。

11. ネイビー×白×黒

ネイビー×白×黒

春や秋の羽織りものとして活躍するマウンテンパーカー。スポーティーな雰囲気が今の気分にマッチしますが、上品な印象があるネイビーならカジュアルになり過ぎずに着られます。

黒の小花柄スカートとの相性もよく、インナーを白のロゴTシャツにすればカジュアルとフェミニンのバランスのよいコーデに。小物もスカートやロゴに合わせて黒で統一して洗練された印象に。

12. ネイビー×ネイビー×黒×白

ネイビー×ネイビー×黒×白

ダークネイビーのタートルネックニットに、ネイビーのチェックプリーツスカートを合わせたネイビー×ネイビーのコーデ。同じネイビーですが、スカートがチェック柄なのでほどよく変化を付けられています。

トップスもボトムスもダークカラーなので、重たい印象にならないように足元は白で抜け感を出しています。

13. 赤×ネイビー×ベージュ×黒

赤×ネイビー×ベージュ×黒

ネイビーのニットにベージュのパンツを合わせたシンプルカジュアルコーデ。無難な印象にならないように、赤のチェック柄マフラーを差し色に。目線が上に行くことでスタイルアップして見える効果もありますよ。

小物はかっちりした印象のショルダーバッグを合わせて、カジュアル感を抑えています。

14. ネイビー×白×グレー×黒

ネイビー×白×グレー×黒

知的な印象のネイビーのジャケットは、さらっと羽織るだけで通勤に欲しいきちんと感を作ってくれます。インナーは優しい雰囲気のオフホワイトのニットで、クール過ぎないオフィスコーデに。ボトムスのグレーも明るい色味で柔らかい生地感なので、パンツスタイルでもどこかフェミニンな印象に仕上がっています。

15. 白×ボーダー×ネイビー

ボアジャケット

トレンドが続いているボアジャケット。ふわもこ感のかわいさが引き立つ白のボアジャケットは冬にぴったりです。インナーにボーダーカットソーを合わせてボトムスはネイビーにすれば冬マリンスタイルに。重たくなりがちな冬のコーデが軽やかに仕上がります。

16. ベージュ×ネイビー×グレー

ベージュ×ネイビー×グレー

大人かわいいネイビーのチェック柄パンツ。ベージュのケーブルニットを合わせてシンプルなワンツーコーデにすることで、柄物のボトムスも着こなしやすくなります。

首周りにはボリューミーなベージュのスヌードをプラス。コーデのアクセントになってくれて、小顔効果もありますよ。足元はベージュがかったグレーのパンプスを合わせて、チェック柄パンツを子供っぽく見せないようにまとめています。

17. 黒×ネイビー×白×ベージュ

黒×ネイビー×白×ベージュ

黒のパーカーはネイビーのストライプシャツをレイヤードさせれば、爽やかなカジュアルスタイルに。使ったアイテムはいずれもメンズライクですが、腕まくりをしたりパンツは半端丈にしたりすることでほどよく肌見せをして、女性らしさをキープしています。

18. ネイビー×シルバー×白

ネイビー×シルバー×白

品良く見えるネイビーは結婚式のドレスのカラーとしても最適。レースが美しいドレスにシルバーのクラッチバッグを合わせれば、華やかな装いになりますよ。グレーに近いシルバーはネイビーとの相性もよく、ドレスになじんでくれます。

パンプスとネックレスは白で統一してまとまり感のあるコーデに。ドレススタイルのときは、色をあまりたくさん使わないのがきれいにまとめるポイントです。

【季節別】ネイビーに合う色で作るおすすめコーデ

春コーデ1. ネイビー×白×グリーン

ネイビー×白×グリーン

春にも秋にも使えるネイビーのトレンチコート。定番アウターですが、グリーンのスカートを合わせれば、ありがちではない春コーデに。トップスのフーディーとスニーカーを白でリンクさせているので、統一感が生まれていますね。

バッグはかごバッグを選んで、小物で春を感じさせています。ネイビーのリボンをプラスして、キュートなアクセントに。

春コーデ2. ネイビー×ボーダー×ベージュ

ネイビー×ボーダー×ベージュ

ボーダーカットソーにネイビーのロングカーディガンを合わせて、マリンな雰囲気に。他のアイテムはベージュでまとめて、ナチュラルなカラーリングでまとめています。

ボトムスはイージーパンツでほどよくリラックス感をプラス。小物はかっちりしたバッグやパンプスを合わせれば通勤にも対応できます。

春コーデ3. ネイビー×黒×ベージュ

ネイビー×黒×ベージュ

大人かわいく着られる、マドラスチェックのノースリーブトップス。黒のカーディガンを羽織れば、甘さを抑えて落ち着いた雰囲気で着られますよ。

夏が近づきつつある頃なら、ボトムスはリネンワイドパンツを合わせて見た目にも爽やかで着心地のいいコーデに。ラフなカゴバッグとヌーディーなサンダルで夏の気分を小物で先取りしています。

夏コーデ1. 白×ネイビー

白×ネイビー

スリーストライプがスポーティーなネイビーのスカート。夏に履くなら、他のアイテムを白でまとめて涼しげで爽やかなコーデに。トップスはパフスリーブのデザインのものを合わせて、スポーティーなスカートを女性らしく着こなしています。

夏コーデ2. ネイビー×白×ブルー

ネイビー×白×ブルー

ネイビーのシャツワンピースの前を開けて、こなれ感のある羽織りものに。ワイドシルエットのデニムやゆるっとした白Tシャツを合わせて、夏らしいコーデに仕上げています。長く垂らしたベルトがコーデのアクセントに。足元もスポーツサンダルで今っぽくカジュアルに仕上げています。

秋コーデ1. ネイビー×黒

ネイビー×黒

知的に見えるネイビーのジャケットは、お仕事シーンでは大活躍。他のアイテムを全て黒でまとめれば、シックで大人っぽい秋コーデに。

全てダークカラーのコーデですが、腕まくりをして手首見せをしたり、クロップド丈のパンツで足首見せをしたりすることで抜け感を作れば、重たい印象にならずに着こなせますよ。足元はビットローファーでトレンド感を演出しつつ、マニッシュな雰囲気に仕上げています。

秋コーデ2. ネイビー×ブラウン

ネイビー×ブラウン

シンプルでカジュアルにもきれいめにも着やすいネイビーのニット。ブラウンのフレアスカートを合わせて、フェミニンなコーデに。小物はネイビーともブラウンとも相性がいいベージュを選んで、まとまり感を作っています。

冬コーデ1. ネイビー×白×黒

ネイビー×白×黒

秋から春まで着られる、スウェード素材の長袖ワンピース。冬に着るなら、タートルネックニットをレイヤードして暖かく。明るいカラーを顔周りに持ってくることで、視線も上に上がってバランスがよく見えますよ。小物は黒でまとめて、落ち着いた大人の雰囲気に。デートにも対応できる、女性らしい冬のコーデです。

冬コーデ2. ネイビー×白×ブルー

ネイビー×白×ブルー

ネイビーのニットにデニムを合わせたベーシックなコーデ。白Tシャツをレイヤードして、ニットの裾からチラ見せするだけで旬な印象に変わります。重くなりがちな冬のコーデに明るさもプラスしてくれますよ。足元は黒パンプスでレディライクに。

【シーン別】ネイビーに合う色で作るコーデ

1.通勤にはネイビー×グレーで落ち着いた雰囲気に

ネイビー×グレー

上品な中に華やかさや女性らしさもあるレーストップス。グレーのスーツのインナーとして合わせれば、パンツスーツにフェミニンさをプラスできますよ。小物は黒で揃えて、きちんと感のある通勤コーデに仕上げています。

2.デートにはネイビー×ベージュで上品カジュアルに

ネイビー×ベージュ

ほどよくリラックス感のあるウエストシャーリングのワンピース。シンプルなので、合わせるアイテムによってきれいめにもカジュアルにも印象を変えられます。

デートなら、ベージュのバッグを合わせて上品配色に。足元は白のスニーカーで今っぽいカジュアル感をプラスすると、肩の力の抜けたデートコーデになりますよ。

3.女子会にはネイビー×グリーンでトレンドライクに

ネイビー×グリーン

ヴィンテージ感があってこなれた雰囲気のネイビーのロゴプリントスウェット。ラフなグリーンのサテンマキシスカートを合わせて、カジュアル過ぎないコーデに。白のカットソーをレイヤードするのも、トレンドライクに見せるポイントです。トレンド感を意識したい女子会にはぴったりのコーデに。

4.ショッピングはネイビー×ベージュ×黒の歩きやすいコーデに

ネイビー×ベージュ×黒のらくちんコーデ

ショッピングの日は、足元はお店を巡ってたくさん歩いても疲れないスニーカーがおすすめ。ネイビーのデニムスカートに白のスニーカーを合わせれば、足元から軽やかさが漂う爽やかなコーデに。

ドロップショルダーのビッグシルエットのベージュニットは、ゆったりとした着心地で試着のときも着替えやすく、ショッピングの日には最適。バッグは大き目の黒リュックでカジュアルに仕上げています。

5.バーベキューにはネイビー×ブルーで爽やかカジュアルに

ネイビー×ブルー

ラフな服装で楽しみたいバーべキュー。ネイビーのTシャツに色落ちデニムを合わせれば、爽やかな配色のバーベキューコーデに。足元はトレンドアイテムのスポーツサンダルでさりげなく旬な雰囲気をプラスしています。

6.ピクニックにはネイビー×ボーダーでマリンコーデに

ネイビー×ボーダー

ピクニックにはボーダー×ネイビーで、爽やかなマリンコーデに。ベージュのシャツワンピースの前を開けて、ライトなコート代わりにしています。同じくベージュのベレー帽をプラスすれば、視線が上がってスタイルアップができますよ。

7.カフェでゆっくりする日はネイビー×ブラウンのリラックスコーデに

ネイビー×ブラウン

カフェでのんびりと過ごすなら、着心地のよいコーデに。ブラウンのスウェットにネイビーのプリーツスカートを合わせれば洗練された印象の配色になり、リラックスして着られるのに手抜き感が無くなりますよ。スニーカーもブラウンを選んでまとまり感を出しています。

8.レストランディナーにはブルー×ネイビーできれいめに

ブルー×ネイビー

きちんと感がほしいレストランディナー。ネイビーのタイトスカートにブルーのニットを合わせてきれいめな大人コーデに。ニットがシンプルなので、顔周りが寂しくならないようにネックレスや大ぶりのピアスをプラスしています。足元はポインテッドトゥのパンプスで大人の女性を演出。

9.旅行にはグレー×ネイビーで着回ししやすいコーデに

グレー×ネイビー

ボトムスは着回すことも多い旅行中のコーデ。ネイビーのフレアスカートなら色々なトップスと相性がいいので、着回し力は抜群。秋の旅行ならグレーのタートルニットにCPOジャケットを羽織って、旬な印象のコーデに。

【年代別】ネイビーに合う色で作るコーデ

20代のネイビーに合う色で作るコーデ【1】ネイビー×ベージュ

ネイビー×ベージュ

トレンドになっているバンドカラーシャツ。一枚で着るのはもちろん、羽織りものとしても活躍します。ルーズなシルエットも今っぽい印象。

ワンピースに羽織れば、マンネリ化しがちなワンピースのコーデに変化を付けられますよ。ベージュのワンピースにネイビーのシャツで、きれいめカジュアルなコーデに。足元はフラットなサンダルで抜け感を出しています。

20代のネイビーに合う色で作るコーデ【2】ネイビー×白

ネイビー×白

大人かわいく着られるジャンパースカート。ネイビーなら子供っぽくならずに着こなせますよ。

白のボリュームスリーブブラウスを合わせてガーリーに。甘くなり過ぎないよう、小物はキャンバストートやスリッポンでラフな雰囲気をプラスしています。

20代のネイビーに合う色で作るコーデ【3】ネイビー×赤

ネイビー×赤

大人っぽい赤のオフショルダートップス。印象的なアイテムですが、上品なネイビーのタイトスカートを合わせれば、セクシーになり過ぎないコーデに。バッグは人気が高まっているバンブーハンドルのトートで、さりげなくトレンド感を。

30代のネイビーに合う色で作るコーデ【1】ネイビー×ネイビー

ネイビー×ネイビー

ネイビー×ネイビーのワンカラーコーデ。スカートがペイズリー柄なので、ワンカラーでも単調になりません。トレンド柄のペイズリーは、柄物をあまり着ない人にはなかなかチャレンジしにくいかもしれませんが、落ち着いた雰囲気で着られるネイビーならコーデに取り入れやすいですよ。

上下ともにダークカラーなので、足元はオフホワイトで軽やかに仕上げています。

30代のネイビーに合う色で作るコーデ【2】ネイビー×黒

ネイビー×黒

ギャザースカートがふんわり広がる、タンクワンピース。甘めのアイテムなので、ゆったりシルエットのネイビーシャツを羽織ってカジュアルダウン。腕まくりをして手首見せをすると、女性らしさを残せますよ。バングルをプラスして細部まで抜かりなく。

30代のネイビーに合う色で作るコーデ【3】ネイビー×白

ネイビー×白

きれいめにもカジュアルにも使いやすい、ネイビーのドット柄フレアスカート。開襟のブラウスと白ソックスを合わせてクラシカルな印象に。ブラウスの袖がガーリーな印象なので、足元はマニッシュなビットローファーで甘さのバランスを取っています。

40代のネイビーに合う色で作るコーデ【1】ネイビー×ブルー

ネイビー×ブルー

ネイビーのパーカーにデニムスカートを合わせたベーシックなカジュアルコーデ。ティアードスカートのふわっと広がる裾がコーデに動きを付けてくれているので、シンプルなアイテム同士のコーデでも無難な印象になっていません。インナーのボーダーカットソーは細めのボーダーなので、カジュアルになり過ぎず落ち着いた雰囲気に仕上がっています。

40代のネイビーに合う色で作るコーデ【2】ネイビー×ブルー×白

ネイビー×ブルー×白

ブルーのTシャツにネイビーのロングシャツを羽織り、白のパンツを合わせた爽やかな組み合わせ。Tシャツのブルーのくすみ感が、今っぽい印象を与えてくれています。

足元はパイソン柄パンプスで辛口なアクセントをプラスし、ただ爽やかなだけではないコーデに仕上げています。パンツのロールアップもこなれ感を作るポイント。

40代のネイビーに合う色で作るコーデ【3】ネイビー×白×黒

ネイビー×白×黒

パッと目を引く、レオパード柄のワンピース。上品なネイビーのカーディガンを羽織れば、レオパード柄の華やかさがほどよく抑えられてデートやレストランなどにも対応できるきれいめなコーデに。ロングカーディガンならレオパード柄の面積が少なくなるので、着こなしやすさがアップしますよ。小物はベージュ系で揃えて統一感を出しています。

ネイビーは合わせやすい色なだけに、結局無難に落ち着いちゃう……ということも少なくありません。色合わせやアクセサリーなどの小物使いを工夫して、もっとおしゃれにネイビーを着こなしちゃいましょう!