FASHION
MAY.14.2020

ネイビーに合う色は?紺と相性のいい10カラーとコーデ36選

ネイビーに合う色は?紺と相性のいい10カラーとコーデ36選 ネイビーに合う色は?紺と相性のいい10カラーとコーデ36選

ベーシックで大人っぽい印象のネイビーに合う色は?どんな色と合わせるのがおしゃれに決まるのか、おすすめの配色をご紹介。ネイビーコーデに合う靴も合わせてチェック。爽やかに合わせたい夏や秋冬も活躍するネイビーをもっとおしゃれに楽しみましょう!

【目次】

ネイビーに合う色が知りたい!おすすめの10カラー

ネイビートップスコーデ

黒・白・ベージュと並んでベーシックカラーの代表格とも言えるネイビー。そんなネイビーに合う色はたくさんあります。

ファッションで取り入れると、引き締め効果やきちんと感を引き出せるネイビーですが、コーデが重たく見えてしまうことも。

洋服はもちろん、インテリアでも人気のネイビーの印象は…

・トラッド
・マリン
・上品
・大人っぽい

と全体的に落ち着いたイメージがあるのではないでしょうか。今回は、ネイビーをコーデで取り入れる際におすすめの配色をチェックしていきます。ネイビーのイメージに合うおしゃれなカラーコーディネートをマスターしていきましょう。

ネイビーに合う色1. 白

ネイビーと白のコーディネート

定番中の定番の配色、ネイビー×白
制服やユニフォームでもよくある配色なので、きちんとした印象にしたい時にもおすすめです。

また、ボトムがネイビーでトップスが白というのがよくあるパターンですが、反対にボトムを白でトップスをネイビーにすると雰囲気が変わります。

重くなってしまいがちなネイビーですが、白と合わせることで一気に爽やかで軽い印象に。特に春夏にチャレンジしたくなる配色ですが、素材感に工夫を持たせれば、秋冬でも取り入れやすいカラーコーディネートです。

ネイビーに合う色2. ブルー

ネイビー×ブルー スカートコーデ

同系色でまとめるコーディネートはすっきりと綺麗な印象に。ブルーと言っても濃淡で印象をガラッと変えられるので、その日の気分で違う濃度のブルーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ネイビーに明るいブルー系を合わせれば、色の違いがハッキリと出てキリッとした着こなしが完成します。また、濃い色のブルーを合わせれば、コーディネートに統一感が出ておしゃれ上級者のような着こなしに。

ネイビー×ブルーは、甘さを抑えた大人っぽいコーデを目指したい時におすすめです。

ネイビーに合う色3. ベージュ

ネイビートップスコーデ

アースカラー系との相性がいいネイビーは、ベージュのような温かみのあるカラーともバッチリ合います。

薄いサンドベージュからカーキに近いベージュまで色々なベージュと着こなすことができます。特に、チノパンやチノスカートのベージュと合わせると、カジュアルな中にエレガントさが加わって大人女子にぴったり

女の子らしく、可愛らしく取り入れたいのであれば、ネイビー×ベージュは鉄板です。

ネイビーに合う色4. 黒

ネイビースカートコーデ

ネイビー×黒は重たい印象になってしまい、合わないと思われがち。しかし、ネイビーと黒のコーディネートは、きちんと見せたい時や大人っぽい雰囲気にしたい時にぴったりの色合わせです。

キレイめアイテムを使った着こなしはもちろん、カジュアルアイテムを使ったコーデも女性らしく決まります。

ネイビーを黒と合わせる際にはほど良い肌見せを心がけましょう。3つの首(首、手首、足首)を出すと抜け感を作れるので、重たい印象になることなくネイビー×黒のコーディネートが楽しめます。

ネイビーに合う色5. ブラウン

ネイビースカートコーデ

ネイビー×ブラウンは重ための色同士ですが、品良く着こなせるので、大人っぽい印象や、きちんとした印象に見せたいときにおすすめの組み合わせです。

秋らしさを感じさせる夏の終わりにぴったりのこちらの配色。秋冬に、ネイビーのコートにブラウンのニットを合わせる…というような使い方もおしゃれです。

素材や形でフェミニンに仕上げることもできるので、ネイビー×ブラウンはデートのときにもチャレンジしたいカラーコンビネーションです。レースやチュニックなど、女性らしいものを取り入れてみましょう。

ネイビーに合う色6. グレー

ネイビースカートコーデ

メンズライクな配色のネイビーとグレーは、女性らしさを感じさせるアイテムを使った着こなしに取り入れるのがおすすめです。

また、ベーシックカラー同士の色合わせなので、地味にならないようにアクセサリーや小物を使ってアクセントをプラスするとよりおしゃれ感がUPします。

さらに、ネイビー×グレーはどちらも落ち着いた色なので、ビジネスシーンでも大活躍。どちらのカラーをトップスに持って着てもきちんと感が出るので、1枚ずつアイテムを持っていると便利ですよ。

ネイビーに合う色7. グリーン

ネイビー×グリーンコーデ

ブルー系とグリーン系は色相的に隣り合う色なので相性も良いです。そのため、ネイビーとグリーン系も好相性。明るめグリーンのほか、モスグリーンやカーキもおすすめです。

グリーン系はいつも黒や白、グレーと合わせているという人はぜひネイビーもトライしてみてください。アイテム次第では品良くもカジュアルにも着こなせる万能な組み合わせですよ。

ネイビーに合う色8. 赤

ネイビースカートコーデ

デニムをはじめとしたネイビーと赤の組み合わせはとってもキュート。さらに白を加えてトリコロールカラーにしても素敵です。

ネイビーのボトムに赤トップスを合わせても、ネイビーコーデの差し色にストールや靴、バッグなどの小物で赤を取り入れてもいいですね。

ネイビーに合う色9. イエロー

ネイビーパンツコーデ

ブルー系の反対色はイエローやオレンジ。ネイビーを使ったメリハリの効いたおしゃれにはイエローが活躍してくれます。

ネイビーの差し色にイエローをプラスしても、イエローの締め色にネイビーをプラスしてもとってもかわいく仕上がります。取り入れ方次第で様々なテイストを楽しむことができそうですね。

ネイビーに合う色10. ボーダーなどの柄物

ネイビーパンツコーデ

ベーシックなネイビーのボトムに柄物を合わせる着こなし、特にボーダーはマリンな雰囲気にぴったりです。

そのほかにも、ドット、ストライプ、花柄など様々な柄物と合わせてネイビーのコーディネートを楽しんでみてください。

ネイビーのパンツに合う靴の色

カジュアルVer.

ネイビーパンツコーデ

デニムのようなカジュアルなネイビーのパンツに合わせたい靴の色は…

・赤
・白
・黒
・グレー
・ベージュやキャメル

スニーカー、フラットシューズ、サンダルなどのカジュアルなアイテムに取り入れるとさらにおしゃれ度がUPすること間違いなし!

大人っぽいネイビーのコーディネートをカジュアルダウンさせたいのであれば、大人っぽい靴に差し色として上記のようなカラーを取り入れてみるといいですね。

キレイめVer.

ネイビーパンツコーデ

大人っぽいキレイめテイストのネイビーのパンツに合わせたい靴は…

・ゴールドやシルバー
・黒
・ベージュやモカ
・赤

レザーのパンプスやブーツのようなきちんとしたアイテムに上記のカラーを取り入れると、足元に少し華やかさをプラスすることができ、女性らしくまとまります。

ネイビーに合う色で作るおしゃれコーデ

1. ネイビー×黒

ネイビー×黒

きれいめな印象のネイビーワンピースに黒のリブレギンスを合わせてカジュアルダウン。ネイビー×黒は大人っぽい組み合わせなので、ゆるっとしたシルエットのワンピースやカジュアルなリブレギンスでも女性らしい印象に仕上がります。

パンプスやバッグも黒で揃えれば、統一感が出てすっきりまとめられます。
遊び心や軽さを出したい時は、ワンポイントにストロー素材のアイテムを取り入れてみるのも◎。

2. ターコイズブルー×ネイビー×白

ターコイズブルー×ネイビー×白

上品なイメージのネイビーは、ターコイズブルーのように鮮やかなカラーもきれいめな印象にすることができます。どちらもブルー系なので相性も抜群。パンツはクロップド丈で涼しげにして夏っぽさを演出してみてはいかがでしょうか。

エスニックな印象のターコイズをコーディネートする際は、存在感のある大ぶりなアクセサリーやベルトをポイントに持ってきましょう。鮮やかなカラーに負けないアクセサリーがアクセントになって目を引くコーデに仕上がります。

3. 白×ネイビー×黒

白×ネイビー×黒

白×ネイビーは清楚な印象の組み合わせ。

爽やかになり過ぎてしまいがちな白×ネイビーのコーディネートには、小物は黒を採用して締めて上げることで全体的にまとまりのあるスタイリングに仕上がります。靴、アクセサリー、バッグに締め色を取り入れてみましょう。

4. 白×ネイビー×キャメル

白×ネイビー×キャメル

上品で落ち着いた印象のあるベージュのトップスはネイビーのデニムと合わせると程よくきれいめな大人カジュアルなコーディネートに。写真のような7分丈のオフィスライクなトップスにすれば、ラフなビジネスシーンでも通用するスタイリングになります。

5. ネイビー×ブラック×グレー

ネイビー×ブラック×グレー

ボリューム感のあるネイビーのトップスにブラックのパンツを合わせて引き締め、グレーのバッグを合わせるとこなれ感が演出できます。

春夏は薄めのネイビーを、秋冬は深めネイビーを使用すると季節感が出ておしゃれに仕上がりますよ。

6. ベージュ×ネイビー×グレー

ベージュ×ネイビー×グレー

ベージュのベレー帽をプラスすれば、重たくなりがちな配色に軽さが出ます。目線も上にすることで、スタイルアップ効果も期待できます。

柔らかいカラーのベージュとベイビーを合わせる際には、細かい花柄のものを選んでとことんフェミニンなコーディネートにしてみてください。

7. ブラウン×ネイビー×ベージュ×黒

ブラウン×ネイビー×ベージュ×黒

寒色であるネイビーに温かみを加えるブラウン。ここに小物でベージュや白など明るい色をプラスすれば、コーデが重たくならずに、バランスよく仕上げられます。ベーシックカラー同士なので、色をたくさん使ってもごちゃごちゃした印象にはなりません。

8. イエロー×ネイビー×グレー×ベージュ

イエロー×ネイビー×グレー×ベージュ

意外に相性がいいのが、補色のイエロー。お互いを引き立て合って、鮮やかなのに奇抜さを感じさせないカラーコーディネートができます。

トップスにきれいなイエローを持ってきたら、小物の色味は少し抑えて、グレーやベージュなどの淡くて優しい印象のベーシックカラーを選ぶとよいでしょう。モノトーンよりもコントラストが付かないので、きつい雰囲気になりません。どちらもネイビーだけでなく、イエローとも相性がよいカラーです。

9. 赤×ネイビー×黒×グレー

赤×ネイビー×黒×グレー

派手なイメージの赤ですが、ネイビーと合わせれば、上品な雰囲気のコーデにすることもできます。「合わせにくそう」とチャレンジしにくく感じる場合は、少しくすんだレンガ色を選べばトライしやすいですよ。

イエロー×ネイビー同様、色のインパクトが強いので、小物やアクセサリーの色味は抑えるとバランスがよくなります。ネイビーと相性のよいグレーや黒がおすすめです。

10. ネイビー×ベージュ×黒

ネイビーのトップス

きれいめにもカジュアルにも着こなせて着回し力が高い、ネイビーのトップス。袖はシースルーなので、ボトムス次第ではとても品のあるコーディネートになります。

ベージュパンツを合わせれば、通勤にも対応できるきちんと感のあるコーデに。小物は黒でまとめて引き締まりのある印象にスタイリングしてみましょう。

11. ネイビー×白×黒

ネイビー×白×黒

春や秋の羽織りものとして活躍するマウンテンパーカー。スポーティーな雰囲気が今の気分にマッチしますが、上品な印象があるネイビーならカジュアルになり過ぎずに着られます。

黒の小花柄スカートとの相性もよく、インナーを白のロゴTシャツにすればカジュアルとフェミニンのバランスのよいコーデに。小物もスカートやロゴに合わせて黒で統一して洗練された印象に。

12. ネイビー×ネイビー×黒×白

ネイビーのスカート

ブラックのトップスにネイビーのスカートを合わせたガークカラーコーデ。アクセントにドット柄のスカーフを巻いて上げることで重た過ぎない印象に。

トップスもボトムスもダークカラーなので、ある程度肌見せをすることで抜け感が出ます。

13. 赤×ネイビー×ベージュ×黒

赤いストール

赤×ネイビーのチェック柄は定番の組み合わせ。大胆にスカートにチェックを持ってくれば、それだけでおしゃれな雰囲気に。そのほかのアイテムをブラックにすることで、かわいすぎない甘辛なコーディネートになります。

14. ネイビー×白×グレー×黒

ネイビーのジャケット

ブラックのジャケットは、さらっと羽織るだけで通勤に欲しいきちんと感を作ってくれます。インナーは優しい雰囲気のオフホワイトのニットで、クール過ぎないオフィスコーデに。ボトムスにデニムを持ってくれば、ラフなオフィスカジュアルスタイルにぴったりです。

15. 白×ボーダー×ネイビー

ボアジャケット

トレンドが続いているボアジャケット。ふわもこ感のかわいさが引き立つ白のボアジャケットは冬にぴったりです。インナーにボーダーカットソーを合わせてボトムスはネイビーにすれば冬マリンスタイルに。重たくなりがちな冬のコーデが軽やかに仕上がります。

16. ベージュ×ネイビー×グレー

ネイビーのワンピース

ネイビーのワンピースにヒールを合わせず、ベージュのサンダルでカジュアルダウンさせることで涼し気なおしゃれ夏コーデが完成。

ここではストロー系のかごバックなどを持たず、グレーのバーキン型アイテムを取り入れることで、高級感がぐっとアップします。

上品さとラフさが共存したコーディネートに仕上げたいときにおすすめの配色ですよ。

17. 黒×ネイビー×白×ベージュ

ネイビーのブラウス

ネイビーのブラウスは黒のパンツと合わせて上品に着こなすのがオトナ女子。小物も黒で統一して、レディなコーディネートにしていきましょう。首元のさりげない白いパールがアクセントになり、フェミニンな印象もプラスしてくれています。

18. ネイビー×シルバー×白

ネイビーのドレス

品良く見えるネイビーは結婚式のドレスのカラーとしても最適。レースが美しいドレスにシルバーのクラッチバッグを合わせれば、華やかな装いになりますよ。グレーに近いシルバーはネイビーとの相性もよく、ドレスになじんでくれます。

パンプスとネックレスは白で統一してまとまり感のあるコーデに。ドレススタイルのときは、色をあまりたくさん使わないのがきれいにまとめるポイントです。

季節別ネイビーに合う色で作るおすすめコーデ

春コーデ1. ネイビー×白×グリーン

トレンチコート

ネイビー×グリーンのチェックスカートは冬から春にかけて活躍してくれること間違いなしのアイテム。暖かいけど、まだ少し肌寒い季節にぴったりです。

小物は黒で揃えつつも、重い印象になってしまわないようにトップスには白を持ってくることで、一気に明るい印象にしてくれます。

春コーデ2. ネイビー×ボーダー×ベージュ

ロングカーディガン

ネイビーのボーダーTシャツでマリンな雰囲気に。他のアイテムはベージュでまとめて、ナチュラルなカラーリングにすることで、マリンなコーディネートをすっきりとした大人カジュアルな着こなしに。

ボトムスはイージーパンツでほどよくリラックス感をプラス。小物をかっちりとしたバッグやパンプスにすれば、通勤にも対応できるマルチな場面で活躍してくれるコーディネートに。

春コーデ3. ネイビー×黒×ベージュ

ネイビーのトップス

ネイビーのストライプカットソーはオフィスカジュアルにも最適なファッションアイテム。Vネックが首元をきれいに見せてくれるので、女性らしいフォルムを生み出してくれます。

ボトムスにベージュのラフなショートパンツを合わせることで、きちんと感を残しつつ、カジュアルなコーディネートにしてくれます。旅行先でリラックスしたいけど、きれいめな雰囲気も残したいときにおすすめです。

夏コーデ1. 白×ネイビー

ネイビーのスカート

ネイビーのワンピースに白のラインが映えるワンピース。切り返しがなく、リラックスしたデザインは気分もリラックスするので、バケーションにぴったり。旅行先ではもちろん、海や川でのレジャーでもゆっくりと過ごせそうなアイテムです。

夏コーデ2. ネイビー×白×ブルー

ネイビー×白×ブルー

ブルーのレーストップスで華やかさとガーリーさを取り入れつつ、ネイビーのパンツを合わせて甘くなりすぎないコーデに仕上げています。

ここにホワイトのパンプスとクラッチバッグをプラスすることで、夏の爽やかコーデの出来上がり。

ビジネスシーンはもちろん、結婚式の二次会にも着ていけるバランスの良い色合いです。

秋コーデ1. ネイビー×黒

ネイビーのジャケット

知的に見えるネイビーのジャケットは、お仕事のシーンで大活躍すること間違いなし。他のアイテムを全て黒でまとめれば、シックで大人っぽい秋コーデになります。

すべてダークカラーのコーディネートで重く見えがち。そんなときは、腕まくりをして手首見せをしたり、クロップド丈のパンツで足首見せをしたりすることで抜け感を作れば、すっきりとした印象で着こなせますよ。足元はビットローファーでトレンド感を演出しつつ、マニッシュな雰囲気に仕上げています。

秋コーデ2. ネイビー×ブラウン

ネイビーのニット

シンプルでカジュアルにも、きれいめにも着やすいネイビーのニット。ブラウンのフレアスカートを合わせれば、フェミニンなコーディネートにも使えちゃいます。

小物はネイビーともブラウンとも相性がいいベージュを選んで、まとまり感を作っています。

冬コーデ1. ネイビー×白×黒

ネイビー×白×黒

秋から春まで着られる、ネイビーのキャミワンピ。冬に着るなら、白のトップスをレイヤードすると暖かさもおしゃれもどちらも手に入ります。

明るいカラーを顔周りに持ってくることで、顔色がパッと明るく見えるのはもちろん、視線も上に上がってバランスがよく見えます。小物は黒でまとめて、落ち着いた大人の雰囲気に。デートにも対応できる、女性らしい冬のコーディネートに仕上がります。

冬コーデ2. ネイビー×白×ブルー

ネイビー×白のニット

ネイビーと白の大きめのボーダーならば、秋冬のインナーコーデで使用しても夏のマリンコーデのようにはなりません。

ベルスリーブ型のトップスには、デニムでタイトに締めるのがおすすめ。スタイリッシュに決まり、コーデのバランスがよくなります。

トップスに使用したホワイトで足元もまとめると、統一感が出るのでおすすめです。

アウターを羽織るなら、カーキやベージュのボアコートや、ライダースなどもおしゃれに仕上がるでしょう。

シーン別・ネイビーに合う色で作るコーデ9選

1.通勤にはネイビー×グレーで落ち着いた雰囲気に

ネイビーのレーストップス

上品な中に華やかさや女性らしさもあるレーストップス。グレーのスーツのインナーとして合わせれば、パンツスーツにフェミニンさをプラスできますよ。小物は黒で揃えて、きちんと感のある通勤コーデに仕上げています。

2.デートにはネイビー×ベージュで上品カジュアルに

ワンピース

ほどよくリラックス感のあるウエストシャーリングのワンピース。シンプルなので、合わせるアイテムによってきれいめにもカジュアルにも印象を変えられます。

デートなら、ベージュのバッグを合わせて上品配色に。足元はシルバーのサンダルにすることで、カジュアルダウンしすぎず、どんなお店にも行けるカチッと感も兼ね備えつつ、歩きやすくて遠出にも対応できる欲張りコーデに仕上がります。

3.女子会にはネイビー×グリーンでトレンドライクに

ネイビー×グリーンのスカート

ネイビー×グリーンのボリューム感があるチェックのスカートに白のタイトなトップスを合わせることで、上下のバランスが取れたコーデ。

足元には白のスニーカーを合わせることで、ガーリーになりすぎず、ラフでもおしゃれに見せたい女子会にぴったり。

黒のキャップとバッグで全体の印象をしめることで、更にオシャレ度が増しますね。

オールシーズン真似しやすそうなコーデです。

4.ショッピングはネイビー×ベージュ×黒の歩きやすいコーデに

ネイビー×ベージュ×黒のらくちんコーデ

ショッピングの日は、足元はお店を巡ってたくさん歩いても疲れないスニーカーがおすすめ。ネイビーのデニムに黒のスニーカーを合わせれば、足元から軽やかになりますよね。

ベージュのトップスに濃淡の違うオーバーサイズのトレンチコートを羽織れば、トレンド最前線のコーデになりますよ。

お買い物のときはできるだけ荷物も少なくしたいでしょうから、バッグは小ぶりの手持ちバッグをチョイス。足元のスニーカーと同じ黒でそろえると、統一感がアップします。

5.バーベキューにはネイビー×ブルーで爽やかカジュアルに

ネイビーのTシャツ

アウトドアレジャーの代表とも言えるバーベキューはラフなコーディネートで楽しみたい!そんなときはネイビーのTシャツに色落ちデニムを合わせれば、爽やかかつアクティブな印象に。

足元は定番のスニーカーで動きやすさをプラスして。白をチョイスすれば、清涼感が増し、バーベキューにぴったりなコーデになりますよ。

6.ピクニックにはネイビー×ボーダーでマリンコーデに

ボーダーTシャツ

ピクニックにはボーダー×ネイビーで、爽やかなマリンコーデに。

いろいろな場所に座ったりすることがあるピクニックには、デニムがおすすめ。

「たくさん歩くことを想定して、履物はヒールを避けるためにスニーカにするとカジュアルになりすぎてしまう…」というあなたには、フラットシューズの濃い色のアイテムがベター。

カジュアルになりすぎない、オシャレ女子のピクニックコーデの完成です!

7.カフェでゆっくりする日はネイビー×ブラウンのリラックスコーデに

ブラウンのスウェット

カフェでのんびりと過ごすなら、着心地のよいコーデに。

ブラウンのオーバーサイズスウェットにネイビーのデニムで上下のバランスをしっかりとれば、気が抜けすぎた印象を与えずおしゃれに決まります。

髪の毛はふんわり巻いて、足元はオックスフォードシューズを合わせるとマニッシュな印象に仕上がりますよ。

8.レストランディナーにはブルー×ネイビーできれいめに

ネイビーのスカート

きちんと感がほしいレストランディナー。ネイビーのタイトスカートにブルーのブラウスを合わせてきれいめな大人コーデに。Vラインでデコルテが出るので、大ぶりなネックレスで首元が寂しく見えてしまわないようバランスを取りましょう。

9.旅行にはグレー×ネイビーで着回ししやすいコーデに

ネイビーのスカート

ボトムスは着回すことも多い旅行中のコーデ。ネイビーのデニムスカートならいろいろなカラーのトップスと相性がいいので、着回し力は抜群。

靴や小物はブラウン系でそろえることで、トップスの自由度も高まりますね。

もっとおしゃれにネイビーを着こなそう!

ネイビーは合わせやすい色なだけに、結局無難に落ち着いちゃう…ということも少なくありません。ベーシックカラーのネイビーはどんな色とコーディネートを組んでも失敗が少ないため、様々なカラーとの組み合わせにチャレンジしてみましょう。配色やアクセサリーなどの小物使いを工夫して、もっとおしゃれにネイビーを着こなしちゃいましょう!