FASHION
NOV.02.2020

茶色に合う色は?茶色と相性抜群のカラーでシックな大人コーデ

茶色に合う色は?茶色と相性抜群のカラーでシックな大人コーデ 茶色に合う色は?茶色と相性抜群のカラーでシックな大人コーデ

自然界にも多く存在する”茶色”は、毎日の着こなしに使いやすいベーシックカラーです。優しくシックな茶色は、くすんだ色が着たくなる秋冬にもぴったりの色です。ここでは、茶色に合う色のおしゃれな着こなしをチェックしていきましょう。

【目次】

シックで優しいベイクドカラー!茶色に合う色は?

 

コーデを優しく印象づけてくれる茶色は、どんな色とも合わせやすいベーシックカラーです。木の幹や土の色を思わせる身近な”茶色”は、優しくぬくもりのある色。クールなブラックや清楚なネイビー、上品なグレーと比べても、茶色は見る人に安心感を与える色です。

茶色と言っても、黄みがかったキャメル、オレンジに近いテラコッタ、パープルに近いバーガンディ、黒に近いこげ茶など様々。

ここでご紹介するおしゃれな茶色コーデを参考に、茶色に合う色とあなた好みの茶色を見つけてみてくださいね。

茶色に合う色で作るコーデをご紹介!

茶色に合う色で作るコーデ【1】白やベージュで茶色を明るく着こなす

茶色コーデ

茶色にドット柄が個性的なパンツの存在感を、白とベージュが引き立てたコーデ。どんな色とも好相性の白や、優しく明るい印象のベージュは茶色とも好相性です。

茶色のパンツとべっ甲カラーのクリアバッグに、白ブラウスとベージュのパンプスで明るく爽やかな印象に仕上げています。

茶色に合う色で作るコーデ【2】ブラックコーデの差し色に!

 

シャープな印象のブラックセットアップを、茶色系の小物で優しげな印象に。茶色の中でも、黄色みのあるキャメルや赤みのあるテラコッタは、ダークトーンの着こなしのアクセントにもぴったりです。

明るい色と合わせれば引き締め色になり、ダークトーンの服と合わせればコーデのアクセントになる茶色。合わせる色によって表情を変えるのも、茶色の魅力と言えるでしょう。

茶色に合う色で作るコーデ【3】茶色とグレーの相性が抜群

 

優しくぬくもりのある茶色と、上品な印象のグレーも好相性。ベーシックカラー同士の組み合わせなので、シックな着こなしが好きな人にもおすすめの色合わせです。

トレンドのグレンチェックスカートに、秋らしい茶色のニットで、秋のシックなスカートコーデが完成!

茶色に合う色で作るコーデ【4】カーキ×茶色の渋色同士も好相性

茶色コーデ

カーキと茶色は、どちらもくすんだシックな色合いが魅力のベーシックカラー。どちらも色合わせしやすい色ですが、カーキ×茶色の組み合わせも好相性です。

シックな配色のカジュアルコーデには、華奢なパンプスでワンポイントの女性らしさをプラスして、こなれ感たっぷりの着こなしに。

茶色に合う色で作るコーデ【5】元気なレッドを優しい印象に仕上げる

 

見栄える元気色、レッドのハイネックニットが主役のコーデ。印象的なカラーアイテムを、ファージャケットとハットの茶色が優しく着こなしに馴染ませています。

主張の強いレッドですが、茶色と合わせることでレッドの色の強さが中和されますね。

茶色に合う色で作るコーデ【6】マスタードと茶色の秋色コーデ

茶色コーデ

茶色とマスタードのカラーコーデは、秋に挑戦したい色合わせ。深みと渋みのある色合わせが、秋にぴったりですね。

あたたかみのあるグレーのファージャケットを羽織れば、シーズンライクな秋コーデが完成!足元にはメタリックカラーのバレエシューズをONして、トレンドライクに。

茶色に合う色で作るコーデ【7】緑と茶色のアースカラーで着こなす夏コーデ

 

グリーンは、今季押さえておきたいトレンドカラー!森を思わせる緑と茶色の組み合わせは、人の気持ちを和ませる色使いです。

着る人だけでなく会う人の気持ちも穏やかな気持ちにさせてくれる、万人受けする色合わせとも言えるでしょう。

茶色に合う色で作るコーデ【8】パステルカラーの優しさを茶色が引き立てる

茶色コーデ

シックな茶色の深みを明るくトーンアップしてくれる、淡い色合いのパステルカラーも茶色と好相性です。ぼんやりとしがちなパステルカラーの着こなしを、茶色が程よく引き締めてくれます。

茶色に合う色で作るコーデ【9】実は好相性!パープル×茶色のこっくり色同士

茶色コーデ

今季のトレンドカラー、パープルも茶色と好相性の色です。茶色とパープルの深みのある色合わせは、秋冬の着こなしにもぴったり。

どちらも落ち着いた印象の色なので、シックで大人っぽい印象の着こなしが叶います。

茶色に合う色で作るコーデ【10】茶色とピンクもおしゃれ!ピンクの甘さを茶色がトーンダウン

茶色コーデ

女性らしいピンクにも、茶色が合います。ピンクの甘さを、シックな茶色が上品に引き立てます。

ピンクに合わせる茶色は、黒に近いこげ茶やパープルに近いバーガンディが好相性です。

茶色に合う色で作るコーデ【11】トップスの青がアクセント!茶色のパンツに合う服

茶色コーデ

キャメルのワイドパンツに、爽やかな青のトレーナーが差し色になったカジュアルコーデ。青のトレーナーとキャメルのパンツの間に、ストライプシャツの色のクッションを入れて、コーデを上手にまとめています。

茶色に合う色で作るコーデ【12】黒×茶色で大人っぽくシックに

茶色×黒コーデ

落ち着いた雰囲気でシックな印象になる黒×茶色のコーデ。明るい茶色ならカジュアルに、こげ茶なら大人っぽくクールに、と合わせる茶色のトーンによってもイメージが変わります。

暗めの茶色と合わせる場合は重い印象になりがちなので、小物で明るい色みを取り入れましょう。

茶色に合う色で作るコーデ【13】ブルーを合わせれば洗練された印象に

ブルー

黒よりも優しく女性らしい印象になるのがブルー。洗練された印象の配色なので、色の組み合わせだけでこなれた雰囲気を演出できます。

靴とバッグもブラウン系の色味で統一してすっきりと。ヘアバンドをプラスすれば、明るさと動きが加わり、重くなりがちなダークカラー同士のコーデを軽やかに見せてくれます。

茶色に合う色で作るコーデ【14】イエローで人と差の付くスタイルに

イエロー

パッと目を引く鮮やかなイエロー。秋冬のコーデに明るさをプラスしてくれます。

茶色と相性がよいのは、レモンイエローのようにクリアな色よりも、少しくすんだカラー。主張が強いので、小物は色みを抑えてくどくならないようにしましょう。トレンドのフロントボタンが付いたフレアスカートなら、簡単に旬コーデが叶います。

茶色に合う色で作るコーデ【15】インディゴブルーでカジュアルに

インディゴブルー

茶色はデニムとの相性もバッチリ。デニムは少しルーズなシルエットを選べば、今っぽいラフさが出ます。色落ちの無いものならカジュアルになり過ぎず、上品に履けます。

ふわふわ感がかわいいシャギーニットは短め丈で、ボトムスのハイウエストのデザインが活きます。

茶色に合う色で作るコーデ【16】グレージュで柔らかい雰囲気に

グレージュ

グレーとベージュの中間のような色みのグレージュ。ニュアンスがあり、柔らかな雰囲気になります。

明るい茶色やこげ茶などどんな茶色とも合わせられますが、一番相性がいいのがスモーキーな茶色。グレーがかった色みがグレージュと自然になじみます。優しい印象に仕上がりますが、ぼやけた感じにしないために小物は黒で全体を引き締めましょう。

茶色に合う色で作るコーデ【17】ブルーグリーンで印象的に

ブルーグリーン

大人っぽい鮮やかカラーのブルーグリーン。ミディ丈のフレアスカートで取り入れればコーデの主役になります。

寒色系なので、あえて温かみのある茶色を合わせるとメリハリが付いてこなれ感のある配色に仕上がりますよ。

茶色に合う色で作るコーデ【18】ベージュのレーススカートでフェミニンに

ベージュ

茶色によくなじむベージュ。トレンドが続いているレースタイトスカートで取り入れれば、フェミニンでエレガントなコーデに。足元は黒で引き締めつつ、バッグは白で軽さをプラス。

茶色に合う色で作るコーデ【19】オレンジ×茶色で温かみのある配色に

オレンジ×茶色

アクティブで明るい印象を与えてくれるオレンジ。茶色と合わせれば落ち着いた雰囲気が加わるので、鮮やかカラーが苦手な人でも着こなしやすくなります。

子供っぽくなることもあるチェック柄スカートはタイトスカートを選べば、大人女子にぴったり。

茶色に合う色で作るコーデ【20】白×ベージュ×茶色でグラデーションコーデに

グラデーションコーデ

ファー付きバッグやコートで作る冬の茶系グラデーションコーデ。トップスと靴はこげ茶、バッグはマロンブラウン、コートはベージュ、ボトムスは白、ときれいなグラデーションになっています。

茶系のグラデーションコーデは大人っぽく上品で、モノトーンコーデよりも温かみがあるのが特徴。白の分量を多くすると、爽やかな印象になります。

茶色のワントーンコーデのポイントは?

茶色のワントーンコーデ【1】オールブラウンで潔く

オールブラウン

茶色のワンピースに茶色のバッグ、茶色のブーツと全て茶色で揃えたオールブラウンコーデ。茶色一色でも、柔らかな生地感のシフォンワンピースにかっちり感のあるレザー、と質感が異なるアイテムを合わせているので、メリハリのついた印象に仕上がっています。

茶色のワントーンコーデ【2】ニュアンスの違うブラウンで茶色×茶色に

ワントーンコーデ

茶色のニットに茶色のパンツを合わせたコーデ。同じ茶色でも、トップスは赤みを帯びた茶色で、ボトムスはダークブラウンとニュアンスが異なっているので、のっぺりとした印象になっていません。

茶色と相性のいい赤のバレエシューズをさりげない差し色に。白のソックスをチラ見せしているのがポイントです。

茶色のワントーンコーデ【3】ペイズリー柄スカートをコーデの主役に

柄スカート

茶色のワントーンコーデに簡単にメリハリを付けてくれるのが、柄スカート。印象的なペイズリー柄スカートも、茶色を選べば柔らかく優しい雰囲気になります。

バングルも茶色を選んで統一感のあるコーデに。足元はゴールドのバレエシューズでメタリックな質感をアクセントにしています。

茶色のワントーンコーデ【4】茶色のグラデーションでカフェラテ配色に

カフェラテ配色

ブラウンのワンピースにモカベージュのマフラー、キャメルのショルダーと全て茶系でまとめたコーデ。茶系のグラデーションで、トレンドのカフェラテ配色に仕上げています。ソックスや時計など少しだけ黒を取り入れるのが、全体の印象を引き締めるコツ。

茶色のワントーンコーデ【5】茶系コーデでカジュアルスタイルに上品さをプラス

茶系コーデ

スウェットワンピースにレギンスをレイヤードしたカジュアルなコーデも、茶系でまとめればどこか上品で優しげな印象に。バッグはモスグリーンを選んで、アースカラーで統一しています。

【シーン別】茶色に合う色で作るコーデ

シーン別・茶色に合う色で作るコーデ【1】オフィスには×ベージュできれいめに

コート

オフィスにぴったりの上品なコーデが簡単に作れる茶色×ベージュの組み合わせ。動くたびに裾が揺れるプリーツスカートはフェミニンな印象なので、トップスはシンプルなタートルニットで甘さを控えめに。

シーン別・茶色に合う色で作るコーデ【2】デートには×白で清楚な雰囲気に

ワンピース

茶色に軽さを出してくれる白。茶色×白は清楚で上品な雰囲気を作ってくれるので、デートには最適。

デートでもちょっとカジュアルに仕上げるのが今の気分なので、ドロップショルダーのワッフルワンピースをチョイス。花柄の茶色のスカートをレイヤードして、華やかさと今っぽさをプラスしています。

シーン別・茶色に合う色で作るコーデ【3】女子会には×レオパード柄でトレンドを意識

レオパード

旬のレオパード柄は、茶色との相性も抜群。トレンドを意識したい女子会にはぴったりです。白Tシャツにざっくり編みのニットカーディガンを羽織ってエフォートレスな雰囲気に仕上げているのも、女子会コーデのポイント。

シーン別・茶色に合う色で作るコーデ【4】カフェには×黒でリラックスコーデを引き締め

ワンピース

カフェでゆっくり過ごす日には、リラックスして着られる茶色のワンピースを。ニットやブーツで黒を取り入れれば、全体の印象がほどよく引き締まります。バッグは茶色のファーバッグで秋冬らしさを演出。

シーン別・茶色に合う色で作るコーデ【5】ショッピングには×オフホワイトのCPOジャケットで最旬スタイルに

CPOジャケット

気に入るアイテムを探すために歩き回るショッピングの日には、たくさん歩いても疲れないようにパンツ×スニーカーで。ショップを回るならトレンドもしっかり取り入れたいので、アウターはCPOジャケットを。アイテム自体が旬なだけでなく、茶色×オフホワイトのカフェラテ配色で今っぽく仕上げられます。

シーン別・茶色に合う色で作るコーデ【6】紅葉デートではゆるっと可愛い茶色ニット×レオパードスカート

 

秋には紅葉を見に出かける方も多いですよね。秋に大活躍する茶色のニットは何着持っていても着回しができるので重宝します◎。
ゆるっとしたシルエットのVネックのニットには、インナーに黒のニットを合わせて防寒対策もバッチリ。
スカートにはレオパード柄を持ってきて、おしゃれでありながらシックで落ち着いた雰囲気に。

シーン別・茶色に合う色で作るコーデ【7】茶色のニットセットアップ×白のコーデで図書館へ

 

読書の秋には普段は行かない図書館に行くのも良いですね。ニットのセットアップなら動きやすい上に暖かいので寒い日も安心です。

茶色のセットアップだけだと物足りないので、ニットの下に白のシャツを着てコーデのアクセントに。足元のトレンドの白のブーツで合わせれば、茶色×白の組み合わせが絶妙なコーデに仕上がります。

【季節別】茶色に合う色で作るコーデ

春の茶色に合う色で作るコーデ【1】×黒をボーダーで軽やかに

茶色のワンピース

大人っぽいけれど重い印象にもなりやすいダークブラウン×黒の組み合わせ。春なら軽やかになるように、白を取り入れられるボーダー柄を合わせて。ボーダーのカジュアルな雰囲気が春の茶色×黒を明るく見せてくれます。腕まくりをして手首見せをするのもポイント。

春の茶色に合う色で作るコーデ【2】×グレーを素材感でナチュラルに

グレーのガウン

落ち着いた印象の茶色×グレー。春に着るなら、麻混の素材でナチュラルな雰囲気に。インナーに白を使うのも春らしい爽やかさを加えるコツです。春の定番アイテムのかごバッグも投入して、小物にも季節感を。

夏の茶色に合う色で作るコーデ【1】×オフホワイトで見た目にも涼しげに

シャツ

透け感が夏らしい涼しげな雰囲気を作ってくれる、オフホワイトのシャツ。開襟のデザインやとろみ感が今っぽさを演出してくれています。

茶色はインナーとバッグでポイント使いに。大人っぽいナチュラルな夏コーデに仕上がります。

夏の茶色に合う色で作るコーデ【2】×インディゴブルーでシンプルカジュアルに

茶色のTシャツ

ドロップショルダーとビッグシルエットが旬な印象の茶色のTシャツ。インディゴブルーのデニムとのワンツーコーデでシンプルカジュアルに。

小物は全て茶色と相性抜群のベージュで統一しています。キャップとスポーツサンダルでスポーティーな雰囲気をプラスしてトレンドライクに。

秋の茶色に合う色で作るコーデ【1】×オレンジのチェック柄スカートで大人かわいく

オレンジのスカート

秋に温かみのある差し色になってくれるオレンジ。チェック柄のプリーツスカートだと「子供っぽくなりそう」と思う人もいるかもしれませんが、茶色のニットと合わせれば落ち着いたコーデに仕上がりますよ。

ざっくり編まれたニットカーディガンを羽織って、ほっこりとしたリラックス感のある雰囲気に。白のソックスがさりげないのに今っぽいアクセントになっています。

秋の茶色に合う色で作るコーデ【2】モノトーンのレオパード柄スカートをレイヤードして最旬コーデに

茶色のニットワンピース

リボンベルトでウエストマークできて、フェミニンに着られる茶色のニットワンピース。今っぽく仕上げるならレオパード柄のロングスカートをレイヤード。柄物ですが白も黒も茶色と相性がいいので、しっくりなじみます。トレンドとなっているレオパード柄はモノトーンだとコーデに取り入れやすいですよ。

小物もきれいめにまとめて、秋のデートにぴったりのコーデに。

秋の茶色に合う色で作るコーデ【3】×ベージュのノーカラーコートで抜け感のある通勤コーデに

ノーカラーコート

茶色のニットに茶色のスカートを合わせた、ワンカラーコーデ。ハイウエストのタイトスカートにニットをインすれば、足長効果抜群でスタイルアップして見えます。

アウターはベージュのノーカラーコートでこなれた雰囲気に。きちんと感もあるので、通勤にも最適です。パイソン柄のバッグで、同系色でまとめつつクールなアクセントをプラスしています。

冬の茶色に合う色で作るコーデ【1】ノルディック柄ニットをマスタードイエローで明るい雰囲気に

ノルディック柄ニット

トレンドアイテムとなっているノルディック柄ニット。マスタードイエローのニットスカートを合わせれば、明るい雰囲気の冬コーデに。暗くなりがちな冬のファッションの印象を変えてくれます。

足元は人気が再燃しているロングブーツを。茶色のシンプルなブーツならどんなスカートにも合わせやすいですよ。

冬の茶色に合う色で作るコーデ【2】クリスマスはオフホワイトやベージュできれいめに

ベージュのコート

街も華やぐクリスマス。オフホワイトやベージュなどのナチュラルなカラーと茶色を合わせたコーデなら、緑×赤のクリスマスカラーにもなじみます。顔周りに明るい色味を持ってくることで、夜のイルミネーションを見に行くときにも顔が暗く沈まないコーデになりますよ。小物はファーバッグでクリスマスらしい華やかさをプラスしましょう。

【年代別】茶色に合う色で作るコーデ

20代の茶色に合う色で作るコーデ【1】×オフホワイト・ベージュで柔らかく

 

茶色のスウェットは、抜け感があるアイテム。カジュアルで親しみやすい雰囲気で、ナチュラルな印象を与えます。

20代は、茶色のスウェットにオフホワイトのパンツやベージュのベレー帽を合わせて柔らかいイメージの服装に仕上げるのがおすすめ。ゆったりとしたシルエットのアイテムを組み合わせれば、抜け感のある旬のコーデができあがります。

ゴールドのアクセサリーなどをアクセントにすると、適度に華やかさもプラスできます。

20代の茶色に合う色で作るコーデ【2】×インディゴブルー・ネイビーで都会的に

 

茶色のTシャツは、デニムなどを使ったデイリーコーデに取り入れやすいアイテム。大きくキャラクターがプリントされたものを選ぶと、20代の若さを引き立てるコーデになります。

ダークブラウンのキャラクターTシャツを主役にした服装は、インディゴブルーのデニムやネイビーのヘアアクセサリーをコーディネートすると都会的になります。寒色系のシックな色は知的でクールなので、キャラクターの可愛さを適度に和らげてくれるでしょう。

20代の茶色に合う色で作るコーデ【3】×黒でモダンに

 

茶色のタートルネックトップスは、オン・オフ問わず使える万能アイテム。どんな色のアイテムともマッチするので、1枚持っておくとさまざまなシーンで役立ちます。

20代は、ベーシックな茶色のタートルネックと黒のプリーツスカートでモダンなスタイルに仕上げましょう。トップスをスカートにインすると、ウエスト周りが引き締まってスタイルアップ効果も期待できます。

赤リップなど、はっきりとした色のメイクを合わせれば、ミステリアスで存在感のある女性になれるでしょう。

30代の茶色に合う色で作るコーデ【1】×ミントグリーンで上品に

 

緑は茶色と合う色のひとつ。黒×緑は、ナチュラルで落ち着いた大人にぴったりの配色です。なかでも、トレンドのミントグリーンは茶色と相性が抜群。女性らしく華があり、着る人の魅力を引き立てます。

ダークブラウンのトップスにミントグリーンのスカートをコーディネートすると、仕事やちょっとしたお出かけにもOKの上品なコーデのできあがり。コントラストの効いた配色ニットを選べば、シンプルながらも色で魅了するおしゃれ上級者のファッションに仕上がります。

30代の茶色に合う色で作るコーデ【2】×ライトブルーで大人カジュアル

 

茶色のジャケットは、30代の女性が持つ大人の魅力を輝かせるアイテム。きれいめコーデはもちろんカジュアルなコーデを格上げしたいときにも役立ちます。

茶色のジャケットと同系色のインナーを合わせたコーデをライトブルーのデニムで外すと、大人カジュアルな雰囲気に。ベルボトムやローファーなどを使うと、スタイリッシュな服装が完成します。

クロップド丈のボトムで足首を見せれば、落ち着いた茶色をメインに使ったコーデでも重く見えません。

30代の茶色に合う色で作るコーデ【3】×オレンジで明るく

 

軽やかな素材でできたブラウンのパンツは、ナチュラルなイメージ。穿き心地が良いので、リラックスしたいオフの日におすすめです。

そんな茶色のパンツには、オレンジのニットベストを組み合わせるのがぴったり。茶色の落ち着いた雰囲気にオレンジの明るさやフレッシュさがプラスされて、いきいきとしたコーデになります。

30代になると鮮やかな色の服を着ることに抵抗を感じる人も多いですが、茶色と合わせれば派手になりすぎず、大人っぽい配色に仕上がります。

40代の茶色に合う色で作るコーデ【1】×マスタードイエローでこっくりカラーコーデ

 

スタンダードな茶色のシャツは、40代女性のコーデで大活躍するベーシックなアイテム。ゆったりとしたシルエットなら、体型をカバーしながらこなれ感を演出できます。

こっくりとしたダークブラウンのシャツとマスタードイエローを使った服装は、若々しいイメージ。マスタードイエローは、一般的な黄色よりも落ち着いていて深みのあるため、40代の女性でもコーデに使いやすいです。

ベージュのサンダルのフラットサンダルを穿けば、大人の余裕を演出できます。

40代の茶色に合う色で作るコーデ【2】×ネイビー・白でさわやかに

 

茶色とネイビーの配色ニットは、知的で上品な雰囲気。40代の女性にふさわしい洗練された印象です。

茶色×ネイビーのニットに、白のパンツをコーディネートすると、さわやかさがプラスされてエレガントに見えます。長めのネックレスなど、アクセサリーをポイントにすると、コーデが格上げされるでしょう。

40代の茶色に合う色で作るコーデ【3】×パープルで華やかに

 

茶色のジャケットは、ナチュラルで優しいイメージのアイテム。経験を積んだ40代女性の落ち着いた印象を引き立てます。同系色のスカートやインナーを組み合わせれば、柔らかく親しみやすいコーデになるでしょう。

周りの人と差をつけたいなら、目を引くパープルのスカーフなどをアクセントにするのがおすすめ。ベーシックな茶色をメインにした服装に鮮やかなパープルを足すと、華やかさがプラスされてワンランク上のコーデが完成します。

茶色に合う色と、おしゃれな茶色コーデをご紹介しました。白や黒・カーキなどのベーシックカラーだけでなく、様々な有彩色とも好相性の茶色。優しくあたたかみのある着こなしが叶う茶色を上手に使って、大人のおしゃれを楽しみましょう!