FASHIONAUG.06.2018

水色と合う色のカラーコーデ集!きれいめスタイルを格上げする配色のコツ

春夏らしい爽やかコーデはもちろん、秋冬の重い色みのコーデにも軽さをプラスしてくれる水色。きれいめスタイルに積極的に取り入れたい色ですが、何色と合わせればいいのでしょうか。そこで今回は、水色に合う色を使ったコーデをセレクトしました。水色を使ったコーデで悩んでいる方はぜひチェックしてください。
春夏らしい爽やかコーデはもちろん、秋冬の重い色みのコーデにも軽さをプラスしてくれる水色。きれいめスタイルに積極的に取り入れたい色ですが、何色と合わせればいいのでしょうか。そこで今回は、水色に合う色を使ったコーデをセレクトしました。水色を使ったコーデで悩んでいる方はぜひチェックしてください。

水色の爽やかさを生かした配色コーデ

 

Deuxieme Classeさん(@deuxiemeclasse)がシェアした投稿 -

水色はその爽やかさで、カジュアルスタイルにもきれいめスタイルにも使えるカラーです。そのテイストを生かしたコーデ作りをしたいところですが、何色と合わせればいいのでしょうか。

■ベーシックカラーとは相性良し
黒・白といったベーシックカラーとは問題なく合います。ただ、合わせ方次第では子供っぽくなってしまう可能性も。シルエットやデザインといった、色以外のポイントも押さえる必要があります。

■大人っぽい配色とは?
大人女子としては、大人っぽい配色でおしゃれな着こなしをしたいところ。水色の爽やかさを生かしつつ、大人っぽくなる配色とは、何色との合わせなのでしょうか。

以上のポイントを具体的にコーデを使ってご紹介します。

水色と合う色を使ったコーデ【1】春夏の黒との組み合わせは黒の分量を少なめに

 

Nagi◡̈*さん(@nagina001)がシェアした投稿 -

春夏は水色が映えるシーズン。水色の爽やかさを主役にしたコーデ作りがおすすめです。黒とは相性のいい色合わせですが、春夏のコーデで黒の分量が多いと、水色の魅力が半減してしまいます。

水色のきれいなパンツが主役のコーデでは、黒のトップスはパンツにインして分量を少なめに。ドロップショルダーや背中が開いたデザインのトップスや、ヌーディなサンダルは抜け感を演出。水色のパンツのテイストを邪魔しない配慮が効いています。

水色と合う色を使ったコーデ【2】春夏の明るい日差しに映える空色×白

 

cancam_fashionさん(@cancam_fashion)がシェアした投稿 -

春夏の明るい空の色のような水色は、雲のような白ともちろん相性抜群です。明るい日差しに映えて、好感度の高い爽やかコーデになります。白のワンピースは、空色をはじめシルバーなどのペールトーンを合わせて。

水色と合う色を使ったコーデ【3】水色とベスト配色なのはネイビー

 

COCOさん(@rococo39)がシェアした投稿 -

水色の女性らしくて爽やかなスカートに、大人なネイビーのニットを合わせた大人女子にぴったりなカラーコーデ。水色とネイビーの組み合わせは、休日のカジュアルスタイルはもちろん、オフィススタイルにもおすすめの配色です。

ネイビーのニットの柔らかい素材感が、水色スカートの優しい雰囲気にマッチして、フェミニンなカラーコーデに。

水色と合う色を使ったコーデ【4】上品な印象のベージュとの色合わせ

 

大日方久美子さん(@kumi511976)がシェアした投稿 -

上品な印象をあたえたい時におすすめなのが、水色×ベージュの色合わせ。ベージュを合わせることで、水色のメリハリや優しい色みが際立つのと同時に、ベージュの柔らかさも引き立ちます。

水色のシャツと白のパンツのコーデには、その爽やかさを邪魔しない柔らかな色みのベージュのコートを。大人っぽい上品なカラーコーデです。

水色と合う色を使ったコーデ【5】春夏は水色×ブラウンでワンツーコーデ

 

Ayaさん(@aya_green1010)がシェアした投稿 -

水色を使った大人っぽい色合わせなら、ブラウンとの色合わせがおすすめです。春夏らしいアースカラーのブラウンは、青みが薄い水色デニムと相性抜群。春夏のワンツーコーデで大人っぽい女性らしさを表現するのにおすすめの配色です。

このコーデは黒と同じくブラウンの分量がポイントです。ブラウンのトップスはインして、水色デニムはワイドデニムで逆に分量を増やして。

水色と合う色を使ったコーデ【6】トップスは濃い水色×ボトムは薄い水色の冬の爽やかコーデ

 
重くてダークな色味になりがちな秋冬のカラーコーデ。休日くらいは気分転換で明るいカラーが着たくなりますよね。かといって、全身に黄色や赤を着るのは派手過ぎます。水色の濃淡のワントーンコーデなら、爽やかな冬の装いに。

このコーデのポイントは小物の色使い。ブラウン系でまとめて、大人っぽいリッチなニュアンスをプラスして。ハットやブーツでマニッシュなテイストをプラスするのも◎。

水色と合う色を使ったコーデ【7】水色はグレーの差し色にベスト配色

水色のパンツのコーデ
優しい色みのグレーざっくりニットに似合う爽やかな水色パンツ。冬の終わりに、待ち遠しい春の気分を先取りするのにぴったりなアイテムです。ざっくりニットを主役にする時は、パンツは細身のタイプを選んで。ベージュのパンプスが、女っぽい上品さをプラスしています。

水色と合う色を使ったコーデ【8】水色×レザーの黒で冬の甘辛MIXコーデ

 

makiさん(@mtmmaki)がシェアした投稿 -

水色が爽やかなプリーツスカートと、辛口の黒のライダースを合わせたコーデ。冬の甘辛MIXコーデに、爽やかなテイストをプラスできる水色は重宝するカラーです。ライダース以外の小物も黒で揃えて、水色のスカートを際立たせるのがポイントです。

水色と合う色を使ったコーデ【9】晴れた冬の日は水色×白で

 

cancam_fashionさん(@cancam_fashion)がシェアした投稿 -

冬晴れの休日には、明るい色が着たくなりますよね。そんな日のコートは水色のボアコートを選んで。ボア素材特有の暖かそうなモコモコしたルックスと、インの白ワントーンコーデが大人可愛い雰囲気を作っています。
爽やかな雰囲気を作ってくれる水色ですが、季節に応じてコーデ作りのポイントがあります。そんなポイントをおさえながら、大人っぽくおしゃれに着こなしたいですよね。今回ご紹介したコーデで気に入った配色や水色の使い方があれば、ぜひ日頃のコーデ作りに取り入れてみてください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRSEP.11.2018

愛甲千笑美が着こなす プロポの秋新作コーデ6♥︎

FASHIONSEP.03.2018

この秋まっ先に手に入れたいマストハブ小物6選

夏も終盤にさしかかり、そろそろ気になるのは秋のコーディネート。今までの雰囲気を手早く気軽にアップデートするなら、まずは小物からチェンジを! この秋ならではの絶対押さえておきたい旬な小物6選を、モデルのNikiとともにご紹介します。