FASHIONNOV.22.2018

水色と合う色のカラーコーデ集!きれいめスタイルを格上げする配色のコツ

春夏らしい爽やかコーデはもちろん、秋冬の重い色みのコーデにも軽さをプラスしてくれる水色。きれいめスタイルに積極的に取り入れたい色ですが、何色と合わせればいいのでしょうか。そこで今回は、水色に合う色を使ったコーデをセレクトしました。水色を使ったコーデで悩んでいる方はぜひチェックしてください。
春夏らしい爽やかコーデはもちろん、秋冬の重い色みのコーデにも軽さをプラスしてくれる水色。きれいめスタイルに積極的に取り入れたい色ですが、何色と合わせればいいのでしょうか。そこで今回は、水色に合う色を使ったコーデをセレクトしました。水色を使ったコーデで悩んでいる方はぜひチェックしてください。

水色の爽やかさを生かした配色コーデ

 

Deuxieme Classeさん(@deuxiemeclasse)がシェアした投稿 -

水色はその爽やかさで、カジュアルスタイルにもきれいめスタイルにも使えるカラーです。そのテイストを生かしたコーデ作りをしたいところですが、何色と合わせればいいのでしょうか。

■ベーシックカラーとは相性良し
黒・白といったベーシックカラーとは問題なく合います。ただ、合わせ方次第では子供っぽくなってしまう可能性も。シルエットやデザインといった、色以外のポイントも押さえる必要があります。

■大人っぽい配色とは?
大人女子としては、大人っぽい配色でおしゃれな着こなしをしたいところ。水色の爽やかさを生かしつつ、大人っぽくなる配色とは、何色との合わせなのでしょうか。

以上のポイントを具体的にコーデを使ってご紹介します。

水色と合う色を使ったコーデ【1】春夏の黒との組み合わせは黒の分量を少なめに

 

Nagi◡̈*さん(@nagina001)がシェアした投稿 -

春夏は水色が映えるシーズン。水色の爽やかさを主役にしたコーデ作りがおすすめです。黒とは相性のいい色合わせですが、春夏のコーデで黒の分量が多いと、水色の魅力が半減してしまいます。

水色のきれいなパンツが主役のコーデでは、黒のトップスはパンツにインして分量を少なめに。ドロップショルダーや背中が開いたデザインのトップスや、ヌーディなサンダルは抜け感を演出。水色のパンツのテイストを邪魔しない配慮が効いています。

水色と合う色を使ったコーデ【2】春夏の明るい日差しに映える空色×白

 

cancam_fashionさん(@cancam_fashion)がシェアした投稿 -

春夏の明るい空の色のような水色は、雲のような白ともちろん相性抜群です。明るい日差しに映えて、好感度の高い爽やかコーデになります。白のワンピースは、空色をはじめシルバーなどのペールトーンを合わせて。

水色と合う色を使ったコーデ【3】水色とベスト配色なのはネイビー

 

COCOさん(@rococo39)がシェアした投稿 -

水色の女性らしくて爽やかなスカートに、大人なネイビーのニットを合わせた大人女子にぴったりなカラーコーデ。水色とネイビーの組み合わせは、休日のカジュアルスタイルはもちろん、オフィススタイルにもおすすめの配色です。

ネイビーのニットの柔らかい素材感が、水色スカートの優しい雰囲気にマッチして、フェミニンなカラーコーデに。

水色と合う色を使ったコーデ【4】上品な印象のベージュとの色合わせ

 

大日方久美子さん(@kumi511976)がシェアした投稿 -

上品な印象をあたえたい時におすすめなのが、水色×ベージュの色合わせ。ベージュを合わせることで、水色のメリハリや優しい色みが際立つのと同時に、ベージュの柔らかさも引き立ちます。

水色のシャツと白のパンツのコーデには、その爽やかさを邪魔しない柔らかな色みのベージュのコートを。大人っぽい上品なカラーコーデです。

水色と合う色を使ったコーデ【5】春夏は水色×ブラウンでワンツーコーデ

 

Ayaさん(@aya_green1010)がシェアした投稿 -

水色を使った大人っぽい色合わせなら、ブラウンとの色合わせがおすすめです。春夏らしいアースカラーのブラウンは、青みが薄い水色デニムと相性抜群。春夏のワンツーコーデで大人っぽい女性らしさを表現するのにおすすめの配色です。

このコーデは黒と同じくブラウンの分量がポイントです。ブラウンのトップスはインして、水色デニムはワイドデニムで逆に分量を増やして。

水色と合う色を使ったコーデ【6】トップスは濃い水色×ボトムは薄い水色の冬の爽やかコーデ

 
重くてダークな色味になりがちな秋冬のカラーコーデ。休日くらいは気分転換で明るいカラーが着たくなりますよね。かといって、全身に黄色や赤を着るのは派手過ぎます。水色の濃淡のワントーンコーデなら、爽やかな冬の装いに。

このコーデのポイントは小物の色使い。ブラウン系でまとめて、大人っぽいリッチなニュアンスをプラスして。ハットやブーツでマニッシュなテイストをプラスするのも◎。

水色と合う色を使ったコーデ【7】水色はグレーの差し色にベスト配色

水色のパンツのコーデ
優しい色みのグレーざっくりニットに似合う爽やかな水色パンツ。冬の終わりに、待ち遠しい春の気分を先取りするのにぴったりなアイテムです。ざっくりニットを主役にする時は、パンツは細身のタイプを選んで。ベージュのパンプスが、女っぽい上品さをプラスしています。

水色と合う色を使ったコーデ【8】水色×レザーの黒で冬の甘辛MIXコーデ

 

makiさん(@mtmmaki)がシェアした投稿 -

水色が爽やかなプリーツスカートと、辛口の黒のライダースを合わせたコーデ。冬の甘辛MIXコーデに、爽やかなテイストをプラスできる水色は重宝するカラーです。ライダース以外の小物も黒で揃えて、水色のスカートを際立たせるのがポイントです。

水色と合う色を使ったコーデ【9】晴れた冬の日は水色×白で

 

cancam_fashionさん(@cancam_fashion)がシェアした投稿 -

冬晴れの休日には、明るい色が着たくなりますよね。そんな日のコートは水色のボアコートを選んで。ボア素材特有の暖かそうなモコモコしたルックスと、インの白ワントーンコーデが大人可愛い雰囲気を作っています。

水色と合う色を使ったコーデ【10】ダークグリーンで大人っぽく

ダークグリーン×水色
同じ寒色系で相性がいいのがダークグリーン。水色を大人っぽく見せてくれます。Vネックニットならよりクールな印象に。小物は茶系で柔らかさをプラスすると、女性らしく着こなせます。

水色と合う色を使ったコーデ【11】トップスも足元も黒でまとめて水色のスカートを主役に

黒×水色
パッと目を引く鮮やかな水色のスカートは主役級のアイテム。トップスも靴も黒で統一して、スカートのきれいな色を引き立たせましょう。首元にスカーフをプラスすると目線が上に上がるので、黒の分量が多くても重たい印象になりません。バッグは巾着型のショルダーでさりげないトレンド感を。

水色と合う色を使ったコーデ【12】くすんだ水色×グレーでシックに

くすんだ水色×グレー
水色の中でもくすんだ色味のものはどんなシーンでも使いやすいカラー。フェミニンなプリーツスカートは、グレーのMA-1で外したコーデもおすすめです。配色が大人っぽいので、カジュアルアイテムを取り入れても、きれい目な印象に仕上がります。

水色と合う色を使ったコーデ【13】ブラウンと合わせて知的に

ブラウン×水色
重くなりがちな冬のコーデに明るさを加えてくれる水色のコート。ブラウンのタートルを首元から覗かせれば、インパクトのあるコートもどこか知的な印象に。配色だけで、洗練された雰囲気になります。

水色と合う色を使ったコーデ【14】インディゴブルーで大人カジュアルに

インディゴブルー×水色
インディゴブルーのデニムと白ニットの間から水色のシャツをチラ見せ。ニット×デニムの定番コーデにカジュアルなアクセントを作れます。青系のグラデーションで、冬の爽やかな大人カジュアルコーデの完成です。

水色と合う色を使ったコーデ【15】ネイビーとグレーで上品に

ネイビー×グレー
涼しげで上品なカラーリングになるのが水色×ネイビー×グレー。それぞれがお互いに相性がいいカラーなので、すっきりとまとまり感のある着こなしになります。ラウンド型のショルダーバッグを合わせると、かわいらしさと柔らかさをプラスできますよ。

水色と合う色を使ったコーデ【16】ピンクはポイント使いでバランスよく

ピンク×水色
キュートで華やかな印象になるピンクは、水色との相性もいいカラー。ただトップスとボトムスを水色×ピンクにすると、子供っぽくなったり派手になったりしておしゃれ上級者向けの配色になることも。水色にピンクを合わせるなら、小物でアクセント的に取り入れるのがおすすめです。パステルピンクではなくフューシャピンクのようにパキっとした色味のピンクを選ぶと、ピンクでも大人っぽいイメージになりますよ。

水色と合う色を使ったコーデ【17】白×グレーの差し色に

白×グレー×水色
ベーシックカラーで作る、グレーのニット×白パンツのシンプルコーデ。どちらも水色と相性がいいカラーなので、水色のバッグを差し色に使ってもバッグだけ浮いて見えることなく、全体になじませつつ明るさをプラスできます。モノトーンコーデが何だか物足りない、というときに水色の小物を加えてみましょう。

水色と合う色を使ったコーデ【18】水色デニムの足元をイエローで印象的に

水色×イエロー
水色を使ったコーデにプラスするとこなれて見えるのがイエロー。イエローを着慣れていない場合は、靴やバッグなど面積の小さいものからトライするのがおすすめです。足元にプラスするだけで、おしゃれなカラーリングになります。

水色と合う色を使ったコーデ【19】小物を水色とパープルにして新鮮な印象に

水色とパープル
相性がいい水色とパープルですが、どちらも目を引くカラーなので、まずは小物で取り入れてみましょう。ブルーやグレーなど、どちらの色にもなじむようなアイテムに合わせると、奇抜な印象にならずに新鮮さを感じさせることができますよ。
爽やかな雰囲気を作ってくれる水色ですが、季節に応じてコーデ作りのポイントがあります。そんなポイントをおさえながら、大人っぽくおしゃれに着こなしたいですよね。今回ご紹介したコーデで気に入った配色や水色の使い方があれば、ぜひ日頃のコーデ作りに取り入れてみてください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。