FASHION
JUN.19.2020

水色と合う色のコーデ集!きれいめスタイルを格上げするコーデ37選

水色と合う色のコーデ集!きれいめスタイルを格上げするコーデ37選 水色と合う色のコーデ集!きれいめスタイルを格上げするコーデ37選

春夏らしい爽やかコーデや秋冬の重い色みのコーデにも軽さをプラスしてくれる水色。きれいめスタイルに積極的に取り入れたい水色ですが、何色と合わせればいいのでしょうか。そこで今回は、水色に合う色を使ったコーデをセレクトしました。

【目次】

水色の爽やかさを生かした配色コーデ

 

Deuxieme Classeさん(@deuxiemeclasse)がシェアした投稿 -

水色はその爽やかさで、カジュアルスタイルにもきれいめスタイルにも使えるカラーです。そのテイストを生かしたコーデ作りをしたいところですが、何色と合わせればいいのでしょうか。

■ベーシックカラーとは相性良し
黒・白といったベーシックカラーとは問題なく合います。ただ、合わせ方次第では子供っぽくなってしまう可能性も。シルエットやデザインといった、色以外のポイントも押さえる必要があります。

■大人っぽい配色とは?
大人女子としては、大人っぽい配色でおしゃれな着こなしをしたいところ。水色の爽やかさを生かしつつ、大人っぽくなる配色とは、何色との合わせなのでしょうか。

■水色と合わない色は?
水色と合わない色は、ピンクや黄色などです。特にピンクの中でも色味の濃いマゼンタピンクは合わないので気をつけましょう。

以上のポイントを具体的にコーデを使ってご紹介します。

水色と合う色を使ったコーデ19選

水色と合う色を使ったコーデ【1】春夏の黒との組み合わせは黒の分量を少なめに

 

Nagi◡̈*さん(@nagina001)がシェアした投稿 -

春夏は水色が映えるシーズン。水色の爽やかさを主役にしたコーデ作りがおすすめです。黒とは相性のいい色合わせですが、春夏のコーデで黒の分量が多いと、水色の魅力が半減してしまいます。

水色のきれいなパンツが主役のコーデでは、黒のトップスはパンツにインして分量を少なめに。ドロップショルダーや背中が開いたデザインのトップスや、ヌーディなサンダルは抜け感を演出。水色のパンツのテイストを邪魔しない配慮が効いています。

水色と合う色を使ったコーデ【2】春夏の明るい日差しに映える空色×白

 

cancam_fashionさん(@cancam_fashion)がシェアした投稿 -

春夏の明るい空の色のような水色は、雲のような白ともちろん相性抜群です。明るい日差しに映えて、好感度の高い爽やかコーデになります。白のワンピースは、空色をはじめシルバーなどのペールトーンを合わせて。

水色と合う色を使ったコーデ【3】水色とベスト配色なのはネイビー

 

COCOさん(@rococo39)がシェアした投稿 -

水色の女性らしくて爽やかなスカートに、大人なネイビーのニットを合わせた大人女子にぴったりなカラーコーデ。水色とネイビーの組み合わせは、休日のカジュアルスタイルはもちろん、オフィススタイルにもおすすめの配色です。

ネイビーのニットの柔らかい素材感が、水色スカートの優しい雰囲気にマッチして、フェミニンなカラーコーデに。

水色と合う色を使ったコーデ【4】上品な印象のベージュとの色合わせ

 

大日方久美子さん(@kumi511976)がシェアした投稿 -

上品な印象をあたえたい時におすすめなのが、水色×ベージュの色合わせ。ベージュを合わせることで、水色のメリハリや優しい色みが際立つのと同時に、ベージュの柔らかさも引き立ちます。

水色のシャツと白のパンツのコーデには、その爽やかさを邪魔しない柔らかな色みのベージュのコートを。大人っぽい上品なカラーコーデです。

水色と合う色を使ったコーデ【5】春夏は水色×ブラウンでワンツーコーデ

 

Ayaさん(@aya_green1010)がシェアした投稿 -

水色を使った大人っぽい色合わせなら、ブラウンとの色合わせがおすすめです。春夏らしいアースカラーのブラウンは、青みが薄い水色デニムと相性抜群。春夏のワンツーコーデで大人っぽい女性らしさを表現するのにおすすめの配色です。

このコーデは黒と同じくブラウンの分量がポイントです。ブラウンのトップスはインして、水色デニムはワイドデニムで逆に分量を増やして。

水色と合う色を使ったコーデ【6】トップスは濃い水色×ボトムは薄い水色の冬の爽やかコーデ

 

重くてダークな色味になりがちな秋冬のカラーコーデ。休日くらいは気分転換で明るいカラーが着たくなりますよね。かといって、全身に黄色や赤を着るのは派手過ぎます。水色の濃淡のワントーンコーデなら、爽やかな冬の装いに。

このコーデのポイントは小物の色使い。ブラウン系でまとめて、大人っぽいリッチなニュアンスをプラスして。ハットやブーツでマニッシュなテイストをプラスするのも◎。

水色と合う色を使ったコーデ【7】水色はグレーの差し色にベスト配色

水色のパンツのコーデ

優しい色みのグレーざっくりニットに似合う爽やかな水色パンツ。冬の終わりに、待ち遠しい春の気分を先取りするのにぴったりなアイテムです。ざっくりニットを主役にする時は、パンツは細身のタイプを選んで。ベージュのパンプスが、女っぽい上品さをプラスしています。

水色と合う色を使ったコーデ【8】水色×レザーの黒で冬の甘辛MIXコーデ

 

makiさん(@mtmmaki)がシェアした投稿 -

水色が爽やかなプリーツスカートと、辛口の黒のライダースを合わせたコーデ。冬の甘辛MIXコーデに、爽やかなテイストをプラスできる水色は重宝するカラーです。ライダース以外の小物も黒で揃えて、水色のスカートを際立たせるのがポイントです。

水色と合う色を使ったコーデ【9】晴れた冬の日は水色×白で

 

cancam_fashionさん(@cancam_fashion)がシェアした投稿 -

冬晴れの休日には、明るい色が着たくなりますよね。そんな日のコートは水色のボアコートを選んで。ボア素材特有の暖かそうなモコモコしたルックスと、インの白ワントーンコーデが大人可愛い雰囲気を作っています。

水色と合う色を使ったコーデ【10】ダークグリーンで大人っぽく

ダークグリーン×水色

同じ寒色系で相性がいいのがダークグリーン。水色を大人っぽく見せてくれます。Vネックニットならよりクールな印象に。小物は茶系で柔らかさをプラスすると、女性らしく着こなせます。

水色と合う色を使ったコーデ【11】トップスも足元も黒でまとめて水色のスカートを主役に

黒×水色

パッと目を引く鮮やかな水色のスカートは主役級のアイテム。トップスも靴も黒で統一して、スカートのきれいな色を引き立たせましょう。首元にスカーフをプラスすると目線が上に上がるので、黒の分量が多くても重たい印象になりません。バッグは巾着型のショルダーでさりげないトレンド感を。

水色と合う色を使ったコーデ【12】くすんだ水色×グレーでシックに

くすんだ水色×グレー

水色の中でもくすんだ色味のものはどんなシーンでも使いやすいカラー。フェミニンなプリーツスカートは、グレーのMA-1で外したコーデもおすすめです。配色が大人っぽいので、カジュアルアイテムを取り入れても、きれい目な印象に仕上がります。

水色と合う色を使ったコーデ【13】ブラウンと合わせて知的に

ブラウン×水色

重くなりがちな冬のコーデに明るさを加えてくれる水色のコート。ブラウンのタートルを首元から覗かせれば、インパクトのあるコートもどこか知的な印象に。配色だけで、洗練された雰囲気になります。

水色と合う色を使ったコーデ【14】インディゴブルーで大人カジュアルに

インディゴブルー×水色

インディゴブルーのデニムと白ニットの間から水色のシャツをチラ見せ。ニット×デニムの定番コーデにカジュアルなアクセントを作れます。青系のグラデーションで、冬の爽やかな大人カジュアルコーデの完成です。

水色と合う色を使ったコーデ【15】ネイビーとグレーで上品に

ネイビー×グレー

涼しげで上品なカラーリングになるのが水色×ネイビー×グレー。それぞれがお互いに相性がいいカラーなので、すっきりとまとまり感のある着こなしになります。ラウンド型のショルダーバッグを合わせると、かわいらしさと柔らかさをプラスできますよ。

水色と合う色を使ったコーデ【16】ピンクはポイント使いでバランスよく

ピンク×水色

キュートで華やかな印象になるピンクは、水色との相性もいいカラー。ただトップスとボトムスを水色×ピンクにすると、子供っぽくなったり派手になったりしておしゃれ上級者向けの配色になることも。水色にピンクを合わせるなら、小物でアクセント的に取り入れるのがおすすめです。パステルピンクではなくフューシャピンクのようにパキっとした色味のピンクを選ぶと、ピンクでも大人っぽいイメージになりますよ。

水色と合う色を使ったコーデ【17】白×グレーの差し色に

白×グレー×水色

ベーシックカラーで作る、グレーのニット×白パンツのシンプルコーデ。どちらも水色と相性がいいカラーなので、水色のバッグを差し色に使ってもバッグだけ浮いて見えることなく、全体になじませつつ明るさをプラスできます。モノトーンコーデが何だか物足りない、というときに水色の小物を加えてみましょう。

水色と合う色を使ったコーデ【18】水色デニムの足元をイエローで印象的に

水色×イエロー

水色を使ったコーデにプラスするとこなれて見えるのがイエロー。イエローを着慣れていない場合は、靴やバッグなど面積の小さいものからトライするのがおすすめです。足元にプラスするだけで、おしゃれなカラーリングになります。

水色と合う色を使ったコーデ【19】小物を水色とパープルにして新鮮な印象に

水色とパープル

相性がいい水色とパープルですが、どちらも目を引くカラーなので、まずは小物で取り入れてみましょう。ブルーやグレーなど、どちらの色にもなじむようなアイテムに合わせると、奇抜な印象にならずに新鮮さを感じさせることができますよ。

【シーン別】水色に合う色で作るコーデ9選

シーン別・水色に合う色で作るコーデ【1】通勤にはネイビーのパンツできれいめに

ネイビーのパンツ

水色と同じブルー系で、まとまり感のあるコーデができるネイビー。知的で上品な印象もあるので、通勤にはぴったりです。

オーバーサイズ気味でカジュアル感のある水色のニットにはセンタープレスのネイビーのパンツを合わせて、通勤コーデに欲しいきちんと感をプラス。小物は黒で揃えて、全体の印象を引き締めています。

シーン別・水色に合う色で作るコーデ【2】デートには×ライトベージュで優し気な雰囲気に

スカート

リラックス感のある、ビッグシルエットのカーディガン。デートでも張り切り過ぎない雰囲気が今の気分にマッチします。ボトムスには白に近いライトベージュのプリーツスカートで、淡い色味同士のコーデに。女性らしい柔らかな印象を色で作ることができます。

シーン別・水色に合う色で作るコーデ【3】女子会には×ミントグリーンでトレンドライクに

ミントグリーン

トレンドカラーとなっているミントグリーンは、水色とトーンが同じなので相性は抜群。どちらも甘めのカラーなので、女子会ならスウェットやデニムなどのカジュアル感のあるアイテムを選びましょう。小物はボディバッグやキャップでスポーツMIXに。

シーン別・水色に合う色で作るコーデ【4】ピクニックにはモノトーン合わせで水色トップスを主役に

パーカー

ピクニック気分を上げてくれる、きれいな水色のパーカー。黒スキニーや黒の小物でパーカーが主役になるコーデに。白シャツをレイヤードすれば、旬な印象の着こなしになりますよ。足元にも白ソックスをプラスして、こなれた印象に。

シーン別・水色に合う色で作るコーデ【5】バーベキューには×ブラウンで洗練されたカジュアルコーデに

バーベキュー

都会的な印象を作れる水色×ブラウンの組み合わせ。デニムやビッグシルエットのシャツで取り入れれば、カジュアルなのに洗練された雰囲気のコーデに仕上がります。ブラウンは汚れが目立ちにくいので、バーベキューにおすすめのカラーです。

シーン別・水色に合う色で作るコーデ【6】ショッピングにはCPOジャケットでトレンドを意識

CPOジャケット

人気が続いているCPOジャケット。水色なら人と差の付くコーデが可能です。くすんだ色味のものなら、カラーアウターでも着回ししやすいですよ。

インナーも濃さの違う水色を合わせて、水色のグラデーションがきれいなコーデに。ボトムスにはくすみカラーと相性のいいグレーを選んでいます。

シーン別・水色に合う色で作るコーデ【7】カフェにはデニムシャツのワンピースを羽織りものに

デニムシャツ

ゆったりと過ごしたいカフェでは、コーデもリラックス感を意識。ベージュのカットソーに黒スキニーを合わせたベーシックなコーデに、デニムシャツワンピースの羽織りものでカジュアル感をプラスしています。ベージュも黒も水色と相性がいいので、まとまり感があるコーデに。

シーン別・水色に合う色で作るコーデ【8】ホームパーティーには水色×水色のワンカラーコーデで印象的に

水色のトップス

ホームパーティーなら、お店でのランチや飲み会よりもラフな雰囲気に。スウェット×デニムのコーデなら、料理を運んだりお皿を下げたりなどの手伝いもしやすいですよ。アイテム自体がカジュアルなので、水色×水色のワンカラーコーデでおしゃれ度をアップしています。

シーン別・水色に合う色で作るコーデ【9】旅行にはニットパンツで歩きやすく

ニットパンツ

観光スポットをアクティブに巡る旅行なら、歩きやすさが重要に。伸縮性があって動きやすいニットパンツに足元はスニーカーなら、長時間歩き回っても疲れにくいですよ。

白のニットパンツに水色のスウェットを合わせれば、きれいめカジュアルなコーデに。旅行の気分も盛り上げてくれそうです。

年代別・水色に合う色で作るコーデ9選

20代の水色に合う色で作るコーデ【1】シャーベットカラーのシアーシャツで最旬コーデに

シアーシャツ

トレンドになっているシャーベットカラーは、水色とトーンが近く相性は抜群。旬アイテムのシアーシャツで取り入れれば、定番デニムを今っぽくアップデートできます。ボトムスがカジュアルなので、淡い色同士の組み合わせでも甘くなり過ぎないコーデに仕上がっています。

20代の水色に合う色で作るコーデ【2】小花柄ワンピースをメッシュパンプスでナチュラルかわいく

ワンピース

くすんだ色味が今っぽい、水色の小花柄ワンピース。ほどよくフェミニンでデートにもぴったりです。

淡いベージュのメッシュパンプスやかごバッグを合わせればナチュラルな印象に。爽やかで夏らしさを感じさせてくれます。

20代の水色に合う色で作るコーデ【3】フレアパンツをレーストップスでレディライクに

レーストップス

人気が高まっているフレアシルエットのパンツ。水色のものを選びレーストップスを合わせれば、パンツスタイルでも女性らしい印象に。白のレーストップスは水色と相性がいいだけでなく、顔周りを華やかに演出してくれるのも魅力。

30代の水色に合う色で作るコーデ【1】ネイビーのジャケットで知的な印象に

ネイビーのジャケット

羽織るだけできちんと感を高めてくれるネイビーのジャケット。同じ青系なので、水色と合わせるとまとまり感のある印象になります。ネイビーは知的な雰囲気を作ってくれるカラーなので、お仕事コーデとして最適です。

30代の水色に合う色で作るコーデ【2】ビッグシャツで大人カジュアルに

ビッグシャツ

簡単に今っぽい雰囲気が作れるビッグシルエットのシャツ。水色と相性の良いベージュを合わせればラフになり過ぎず、きれいめカジュアルが楽しめます。小物は黒で統一すれば、全体の印象が引き締まります。

30代の水色に合う色で作るコーデ【3】デニムスカートに白Tシャツで爽やかコーデに

デニムスカート

デニムスカートに白Tシャツを合わせた、白×水色の爽やかなコーデ。トップスもボトムスもベーシックなアイテムですが、ハットやサークル型のかごバッグなど小物にこだわることでおしゃれ度がアップ。足元はビーチサンダルで抜け感のあるコーデに。

40代の水色に合う色で作るコーデ【1】ティアードブラウスで大人かわいく

ティアードブラウス

ふんわりと広がる裾がかわいらしい雰囲気を作ってくれるティアードブラウス。気になる腰回りも自然にカバーしてくれます。くすんだベージュなら水色との相性もよく、旬な印象に仕上がります。

40代の水色に合う色で作るコーデ【2】ストライプシャツで爽やかカジュアルに

ストライプシャツ

爽やかな印象の水色のストライプシャツ。縦のラインが上半身をすっきりと見せてくれるのも魅力です。引き締まって見えるインディゴブルーのデニムにタックインすれば、よりスタイルアップすることができますよ。小物は全てベージュで統一して、まとまり感を演出しています。

40代の水色に合う色で作るコーデ【3】シャツワンピースを羽織りものに

シャツワンピース

一枚でも羽織りものとしても活躍する、水色のシャツワンピース。くすんだ色味の水色なので、グレーのパンツとよく合います。

トップスは無地の白タンクトップでシンプルに。ビーズトートバッグがこなれた雰囲気を作っています。

爽やかな雰囲気を作ってくれる水色ですが、季節に応じてコーデ作りのポイントがあります。そんなポイントをおさえながら、大人っぽくおしゃれに着こなしたいですよね。今回ご紹介したコーデで気に入った配色や水色の使い方があれば、ぜひ日頃のコーデ作りに取り入れてみてください。