ENTERTAINMENTOCT.05.2018

<吉沢 亮インタビュー>
10/5(金)公開!映画『あのコの、トリコ。』

小学館「Sho-Comi」で連載された大ヒットコミック『あのコの、トリコ。』が、10/5(金)実写映画化!ヒロインのために少しずつ変わっていく地味で冴えない主人公・鈴木 頼(より)を演じる吉沢 亮さんにお話を伺いました。
 

映画『あのコの、トリコ。』
10月5日(金)より全国ロードショー

田舎で暮らしていた地味で冴えない男子高校生・頼(より)が、東京の芸能コースがある高校に転入し、大好きなあのコ・雫(しずく)のためにカッコいい男子へと変わっていく―。頼、雫、そして昴(すばる)の幼なじみ3人の、恋と夢を追いかけるシンデレラ♡ラブストーリー。

監督:宮脇 亮
脚本:浅野妙子
原作:白石ユキ「あのコの、トリコ。」(小学館 Sho-Comi フラワーコミックス刊)
出演:吉沢 亮、新木優子、杉野遥亮、水上剣星、大幡しえり、内田理央、古坂大魔王/高島礼子(友情出演)/岸谷五朗ほか
音楽: 吉俣 良
主題歌:「トリコ」Nissy(西島隆弘)
配給:ショウゲート
ⓒ2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会
映画『あのコの、トリコ。』公式HP
映画『あのコの、トリコ。』公式Twitter

―今回の作品は芸能界を舞台に繰り広げられるラブストーリーですよね。

そうですね。芸能界の裏側を忠実に描いている部分もあって、「わかるな」ってところもたくさんありました、役作りという点では、そもそも根暗というかちょっと暗いテイストって演じた経験があったんです。もちろん同じように演じたわけではないけれど、そんなに苦労はせず意外とすんなり役を受け入れられました。

―男性でありながら「美しい顔」と評されることも多い吉沢さんですが、今回は地味で冴えないメガネ男子を見事に演じきっていました。

バッグの持ち方やメガネ、髪型の感じも含めて表面的な『暗さ』にはこだわりました。衣装合わせのときに監督さんと、メイクさんも含めてじっくり話しましたね。髪の毛もツヤっぽい質感ではなく、ザラっとした、パサパサに見えるワックスを使ったり。メガネの形も最終的には原作に近い形になったんですが、いろんな種類を試してどれが頼っぽいか相談したり、けっこうこだわった部分です。

―監督の宮脇さんは今作が映画初監督だったそうですが、撮影中は監督とよく話をされましたか?

やりたいことを明確に伝えてくださる監督でした。普段あまりないくらい話し込んだ印象があります。本読みのときに監督から「ワンシーンごとの頼の成長が見たい」と言われて。シーンの始まりから終わりの間で、心情の変化をしっかり見せたいと。全体の流れもあるけれど、ひとつひとつの切り取られたシーンの中でも動きをしっかり見せる。そういう作り方ってなかなかないし、楽しい作業でした。

―撮影はストーリーの流れ通りには進まないもの。少しずつカッコよさが増していく頼を演じるのは難しかったのでは?

それは監督と相談しながらでしたけど、けっこう緻密に意識しながら演じてました。この前にこういうことがあったから今の頼の気持ちはこうだろう、とか内面の変化は細かく意識しました。

―共演者にはヒロイン役の新木優子さん、ライバル役の杉野遥亮さんなど同世代の方が多かったと思いますが、現場の雰囲気はいかがでしたか?

本当にクラスメイトみたいな雰囲気で休憩中にみんなでトランプしたり…。撮影後に一度3人でご飯に行きました。同世代が多くて現場も明るかったです。

―「とくにここを見て欲しい」という点はどこでしょう?

やっぱり頼の成長かな。顔つきとかを含め、冴えない頼がだんだん変わっていく姿。最初は雫(編集部注:新木優子さん演じる頼が思い寄せるヒロイン)のためにやっていたけれど、だんだん自分がやりたかったことだと気づいて、最後には自分の夢になっていく。その心情の変化は自分なりにとても丁寧に演じた部分なので、それが伝われば嬉しいです!

―原作は少女漫画ですが撮影前にお読みになりましたか?

読みました。ビジュアルとかで助けられる部分もあるので、原作は読むことが多いんです。基本的には台本に書いてあることしかやらないんですけど、原作のファンがいて原作あっての映画化なので、原作のビジュアルなどを無視しすぎるのもいけないかなぁと思うんですよね。

―原作を読んだ人ならご存知かと思いますが、少女マンガでありながら、頼を軸に物語が動いていくんですよね。

そういう意味ではちょっと珍しい気がします。少女マンガで、男子目線で物語が進んでいくのって。普通の少女マンガだったら、昴(編集部注:杉野遥亮さん演じる頼のライバル)みたいなカッコイイ男子を見ているヒロインの目線で進んでいくから。よくある少女マンガの男の子のように、ただカッコイイ部分だけを見るんじゃなく、泥臭い部分を含めて、彼の一生懸命さとか人間性を見ていただけたら嬉しいな。それは雫も昴も同じで、ただの恋愛映画ではなく、夢を追いかける3人の必死さみたいなものも出ている作品です。

―TOPLOG読者が気になることをお聞きします。頼くんは幼い頃から一途に、明るくて可愛い雫ちゃんを思い続けていますが、吉沢さんはどんな女性に惹かれますか?

雫みたいなタイプは普通に好きになりそうですよね。感情がわかりやすい人がいいなと思います。雫みたいに悲しいは悲しい、嬉しいは嬉しいって、言葉で伝えてくれたり態度に出す人のほうが可愛いなと思います。僕がそういうタイプじゃないんで。ウジウジタイプだから引っ張ってくれる人じゃないと、笑。だから、雫に惹かれる頼の気持ちはわかりますね。

―2018年はいくつものドラマや映画でお見かけしますが、気持ちや役の切り替えはどうしているのでしょうか?

マイルールってわけじゃないんですけど、絶対いつも使っているバッグの中に、今やっているものを全部入れるんです。今日はこの現場だからこの台本を持っていく、ではなくて。撮影中だったりこれから始まるなど進行中のものを全部入れて、終わったものから出していく。クランクアップした瞬間に出す! 昔からそうで、それが切り替えになるのかな。「これだけあるんだからちゃんとやれよ」って自分に対してのプレッシャーでもあるのかなぁ。

―最後に『あのコの、トリコ。』の見どころを教えてください!

ラブストリーのキュンキュンや、3人の成長や、夢に向かってキラキラしている姿を見ていただいて、あとは頼か昴か? 雫の気持ちになって観て楽しんでください。

吉沢 亮(よしざわ りょう)

1994年2月1日生まれ。2009年に行われた「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で特別賞を受賞し、デビュー。「仮面ライダーフォーゼ」シリーズ(11-12年)で仮面ライダーメテオ/朔田流星役を演じ注目を浴び、その後多くのテレビドラマ、映画に出演。2018年は本作を入れて8本の映画に出演、19年は、NHK連続テレビ小説「なつぞら」への出演も決定しているなど今最も勢いのある若手俳優である。

Photographer:Makoto Okada
Stylist:aisuke Araki
Hair&makeup:Masanori Kobayashi (SHIMA)
Writer: Mie Arisumi

RELATED ARTICLES

FASHIONSEP.11.2018

愛甲千笑美が着こなす プロポの秋新作コーデ6♥︎

FASHIONSEP.03.2018

この秋まっ先に手に入れたいマストハブ小物6選

夏も終盤にさしかかり、そろそろ気になるのは秋のコーディネート。今までの雰囲気を手早く気軽にアップデートするなら、まずは小物からチェンジを! この秋ならではの絶対押さえておきたい旬な小物6選を、モデルのNikiとともにご紹介します。