FASHIONOCT.22.2018

色黒さんに似合う色をマスターしよう!肌色にマッチするコーデ18選

色黒だと、洋服を着ても肌の色が浮いて見えたり、全体のトーンが暗く見えてしまったりと、コーデにお悩みの方も多いことでしょう。そこで、色黒に似合う色をチェックして、小麦肌を活かしたおしゃれなファッションを手に入れませんか?今回は色黒さんに似合う色を解説した上で、おすすめのコーディネートまで一挙ご紹介します!
色黒だと、洋服を着ても肌の色が浮いて見えたり、全体のトーンが暗く見えてしまったりと、コーデにお悩みの方も多いことでしょう。そこで、色黒に似合う色をチェックして、小麦肌を活かしたおしゃれなファッションを手に入れませんか?今回は色黒さんに似合う色を解説した上で、おすすめのコーディネートまで一挙ご紹介します!

色黒さんに似合う色って何?まずは基本をチェックしよう

 
まずはじめに、自分に似合う色は、肌の黒さ(白さ)のみから判断できるわけではありません。肌の色だけではなく、瞳の色、髪の色も判断材料になるのです!つまり、肌が黒い人は誰しもがこの色が似合う、というわけではなく、「似合う色」も「似合わない色」も千差万別で、一人一人異なると言えます。

そこで、似合う色の判断材料となるのが「パーソナルカラー」。このパーソナルカラーは「春」「夏」「秋」「冬」の4つのタイプに分けられ、それぞれに似合う色調があります。つまり、まずはあなたがどのタイプなのかを知らなければ、似合う色を見つけることはできません。

■パーソナルカラー「春」(スプリングタイプ)
イエローベースの明るい身体色。可愛らしい雰囲気で若々しく見える。

■パーソナルカラー「夏」(サマータイプ)
ブルーベースのやわらかな身体色。上品でエレガントな印象。

■パーソナルカラー「秋」(オータムタイプ)
イエローベースのくすんだ身体色。大人っぽい雰囲気。

■パーソナルカラー「冬」(ウィンタータイプ)
ブルーベースの鮮やかな身体色。クールで独特の存在感。

簡単にご紹介すると、パーソナルカラーはこのように分けられます。自己診断も可能ですので、ぜひこの機会に試してみてください!もしくは、本格的な診断ならサロンやコスメショップなどで受診可能です。

色黒に似合うコーデ【1】「春」なら明度の高い黄色スカートで華やかに

色黒に似合う黄色スカートコーデ
パーソナルカラー「春」の色黒さんには、黄みを帯びた、明度が高い爽やかな色調がお似合い。そこでおすすめは、鮮やかな「黄色スカート」を主役にしたコーディネートです!色黒でもスプリングタイプなら、明るい雰囲気を持っているため、明度の高い黄色スカートで印象をより引き立ててあげましょう。

スカートが鮮やかで存在感がある分、トップスはダークトーンかつベーシックなタイプを合わせると良いでしょう。バッグやパンプスもトップスの色に統一すると、黄色スカートの印象が際立ち、より肌の色に合うコーデに仕上げることができます。

色黒に似合うコーデ【2】「春」は鮮やかなグリーンも!ワンピを一枚で着こなそう

色黒に似合うグリーンワンピコーデ
パーソナルカラー「春」の色黒さんは、澄んだグリーンも似合います。存在感のあるカラーでも、明るい身体色とマッチして顔色をよく見せることができるのです!そこでおすすめは、「グリーンのワンピース」を主役としたコーデ。コーデの主役級の色鮮やかなワンピを、一枚でさらっと着てみてはいかがでしょうか。

さらに、グリーンと相性の良い明るい「オレンジ」のバッグを取り入れると、よりおしゃれな印象に。緑の穏やかな印象に、活発さを加えることができ、ワンランク上のスタイリングに仕上がります。

色黒に似合うコーデ【3】「夏」なら少しくすんだ色を!落ち着気のあるコーデに

色黒に似合うくすみブルートップスのコーデ
パーソナルカラー「夏」には、青みを帯びていながらも明度の高い、穏やかな色調が相性抜群。特に色黒さんには、明度が高くともややくすんだような、落ち着きのあるカラーがお似合いです。そこでおすすめは、「くすみブルー」のシャツを主役としたコーデ。明度が高くとも肌の色が浮くことなく、大人っぽい印象に仕上がります。

パンツは、同系色のネイビーのテーパードパンツでとことん上品な印象に。パンプスはあえて「ホワイト」のものをチョイスして、アクセントを加えても良いでしょう。白なら明度の高いくすみブルーとうまくバランスがとれ、変に目立つ心配はありません。

色黒に似合うコーデ【4】「夏」はベージュもOK!透明感が出る優秀カラー

色黒に似合うベージュニットコーデ
パーソナルカラー「夏」の色黒さんは、爽やかで涼しげなカラーがお似合いです。中でも「ライトベージュ」なら、エレガントかつ上品なスタイルに仕上がるのでおすすめ!明るめなベージュなら、なんと顔の透明感が上がってすっきりと見せることもできるのです。

そこで、例えば「ベージュトップス」を主役とし、「黒パンツ」で地味な中間色を取り入れることによって、メリハリのあるコーデに仕上げることが可能です。地味な印象になるのを避けたい場合は、柄物アイテムを一点投入して、アクセントを加えると良いでしょう。

色黒に似合うコーデ【5】「秋」はオレンジのアクセントを!色味が強いとなお良し

色黒に似合うオレンジキャップコーデ
パーソナルカラー「秋」の色黒さんには、色味が強く、くすんだトーンのカラーがよく似合います。特におすすめなのが、黄み寄りのくすみがかった色調。そこで、くすんだ濃いオレンジの「キャップ」をコーデのアクセントに取り入れてみてはいかがでしょうか。

デニムシャツと今流行りのスリットレギンスで大人カジュアルな着こなしに、オレンジのキャップをオン。これだけでも一気にコーデが華やかな印象に仕上がり、おしゃれ度がアップすると言っても過言ではありません。オレンジは存在感がありますが、ヘルシーな肌の色と絶妙にマッチして、ワンランク上のスタイリングに。

色黒に似合うコーデ【6】「秋」はディープな紫も相性抜群!深みのあるスタイルに

色黒に似合うパープルワンピコーデ
さらに、パーソナルカラー「秋」の色黒さんには、ディープな紫も相性抜群!イエローベースだと青みの強い紫は苦手なのですが、赤みがあり、かつ明るすぎず暗すぎずの鮮やかなパープルならよく似合います。

そこでおすすめは、「パープルのTシャツワンピ」を主役としたコーディネートです!大胆に鮮やかな紫を纏っても違和感なく、肌の色にマッチして悪目立ちすることはありません。ロングワンピにはあえてレオパード柄のロングスカートを重ねてあげて、縦のラインを強調し、スタイルアップを狙うと良いでしょう。

色黒に似合うコーデ【7】「冬」ははっきりとした青みのある色を大胆に取り入れて

 
パーソナルカラー「冬」の色黒さんは、青みを帯び、かつ明度が高いはっきりとした色調が似合います。ブルー系はもちろんのこと、青みがかったパープルや青みピンクなどをうまく着こなすことが可能です。

そこでおすすめは、パープル寄りの「ピンクスカート」を主役としたコーディネート。美人度の高い、パキッとした色合いのピンクスカートは、ウィンタータイプの透明感のある肌に馴染み、より顔色を明るく見せることができます。トップスもダークパープルで、統一感のあるコーデに仕上げてみてはいかがでしょうか。

色黒に似合うコーデ【8】「冬」はモノトーンも難なく着こなす!おすすめスタイルはこちら

色黒に似合うモノトーンコーデ
なんと、パーソナルカラー「冬」の色黒さんなら、無彩色である「モノトーン」も難なく着こなすことが可能!色黒さんは、黒を着るとダークな印象になりやすいため避けがちなのですが、実はウィンタータイプの方には相性抜群のカラーなのです。全身黒コーデもキマると言われているのが、こちらのタイプです。

そこでおすすめは、全身モノトーンでまとめた落ち着きのあるコーディネート。モノトーンでも鮮やかに感じるように、素材感やアイテムの組み合わせに気をつけると、より良いコーデに仕上がります。さらに、インナーに白を持ってくることにより、モノトーンの地味な印象を払拭することができるのでおすすめです。

色黒に似合うコーデ【9】白コーデに挑戦するなら!優しい色味のものを

色黒に似合うオフホワイトトップスコーデ
「肌が黒いから、白アイテムを身につけられない……」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。確かに白を身につけると肌の黒さが際立ち、浮いて見える場合があります。そんな悩める色黒さんでも、パキッとした白ではなく優しい色味であれば、問題なく着こなすことが可能です!

例えば、陶器のような白で、ホワイトに比べると優しげな印象を持つ「オフホワイト」。やわらかな風合いのオフホワイトなら、黒い肌にも馴染むのでおすすめです。もしくは、黄みがかった温かみのある白「アイボリー」も、肌馴染みが良く違和感なく着こなすことができるでしょう。

色黒に似合うコーデ【10】「春」におすすめのビビッドカラーは朱色がかった赤

ビビッドな赤のトップス×デニム
■色黒さんにはビビッドカラーが似合う
パーソナルカラーに関わりなく、色黒さんに一般的に似合うのは原色のような鮮やかなカラーです。反対に、パステルカラーやヌーディーな色味は肌と明度の差が付いてしまったりぼやけた印象になってしまったりするので、着こなしにくいでしょう。

例えば、朱色がかったビビッドな赤のトップスは、黄味がかった色味のため「春」の色黒さんにぴったり。主役級のインパクトがあるので、ボトムスはデニムなどベーシックにまとめましょう。小物も色味を抑えるとごちゃごちゃした印象になりません。

色黒に似合うコーデ【11】「夏」におすすめのビビッドカラーは青みパープル

青みパープル
「夏」の色黒さんに似合うのはビビッドカラーの中でも青みがかった色。例えば青よりのパープルなら、「夏」の肌を引き立ててくれます。

くせが強いカラーのように思いがちですが、色の力が強い分、アイテムはシンプルなものを選べばそれほど着こなしが難しいわけではありません。カジュアルな印象がありますが、ボトムスや小物はきれいめなものでまとめると大人っぽく着られますよ。

色黒に似合うコーデ【12】「秋」におすすめのビビッドカラーはマスタードイエロー

マスタードイエロー
「秋」の色黒さんには、少しくすんだビビッドカラーがおすすめ。イエローならクリアなレモンイエローよりもマスタードイエローが似合います。ニュアンスがあるので、色味自体がおしゃれな印象を与えてくれます。

マスタードイエローのゆるっとしたロング丈のニットは、細ベルトでウエストマークするとスタイルアップ効果が。ウエストが絞られているので、ワイドパンツを合わせてもすっきり見えます。

色黒に似合うコーデ【13】「冬」におすすめのビビッドカラーはシアンブルー

シアンブルー
「冬」の色黒さんには、クリアで澄んだ色味が似合います。例えば、青ならくすみのないシアンブルー。「冬」の持つクールな雰囲気にぴったりです。

シンプルなデザインのニットでも、サイドラインが入ったパンツを合わせればスポーツMIXで今っぽい雰囲気に。ドロップショルダーもトレンド感を演出してくれます。

色黒に似合うコーデ【14】「春」におすすめの肌見せはオフホワイトのオフショルダー

オフホワイトのオフショルダー
■色黒さんは肌見せをしてもヘルシー
健康的な肌色の色黒さん。肌見せファッションでもセクシー過ぎず、いやらしくなく着こなせます。

例えば、「春」の色黒さんならオフホワイトのオフショルダーがおすすめ。黄味がかった肌にオフホワイトが好相性です。

色黒に似合うコーデ【15】「夏」におすすめの肌見せはネイビーのタンクトップ

ネイビーのタンクトップ
「夏」の色黒さんに似合うのが、少しくすんだネイビー。肌見せをしても知的な印象に仕上がります。

色黒に似合うコーデ【16】「秋」におすすめの肌見せはテラコッタのレーストップス

テラコッタのレーストップス
「秋」の色黒さんによく似合うテラコッタ。くすみカラーは肌見せをしても元々それほど色っぽい印象にならないので、肌見せに抵抗がある人でもチャレンジしやすいでしょう。

色黒に似合うコーデ【17】「冬」におすすめの肌見せは黒のキャミソール

黒のキャミソール
セクシーなイメージもある黒のレースキャミソールですが、クールな雰囲気の「冬」ならいやらしくならずに着こなすことができます。はっきりとした黒が似合うのも「冬」の色黒さんならでは。

色黒に似合うコーデ【18】アクセサリーはゴールドがお似合い

ゴールド
コーデに欠かせないアクセサリー。色黒さんに似合うのはゴールドです。華やかな雰囲気が色黒さんの肌を引き立ててくれます。シルバーは肌になじまないので、おすすめできません。
いかがでしたか?今回は、色黒さんに似合うコーディネートを18パターン厳選してご紹介しました。色黒だからこれが似合う、というのは厳密に言うと間違いであり、色黒でもそれぞれに似合う色が存在します。したがって、ぜひこの機会にパーソナルカラーをチェックして、あなたに本当に合ったカラーを見つけてください!
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。