FASHIONFEB.28.2018

冬→春 スイッチ着回し28DAYS 2月4週目

「着映えするトレンドコーデ」をテーマに着回す連載企画。 4週目は春の鉄板アウター“Gジャン”とカラーブロックが新しいプリーツスカートを投入。今年の春はカジュアルからキレイめスタイルまで、着回しの効くプリーツスカートが使えそう!
「着映えするトレンドコーデ」をテーマに着回す連載企画。 4週目は春の鉄板アウター“Gジャン”とカラーブロックが新しいプリーツスカートを投入。今年の春はカジュアルからキレイめスタイルまで、着回しの効くプリーツスカートが使えそう!

ま・ず・は1週目から3週目の着回しアイテムをチェック

か・ら・の持っていればコーデの幅が広がる今週のプラスアイテム

ビッグシルエットGジャン¥11,800/CIAOPANIC(CIAOPANIC 新宿店)
ビッグシルエットGジャン¥11,800/CIAOPANIC(CIAOPANIC 新宿店)

甘過ぎない大人の春カラーコーデに挑戦

腕時計¥22,000/Jouete ハット¥19,000/AULA バッグ¥9,800/フィフティーン ステアーズ バイ ステラハリウッド 新宿ルミネエスト店 黒パンプス¥16,000/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

甘さを抑えたくすみブルーニットと鮮やかなカラーブロックのスカートで、今年っぽい大人の春カラースタイルに挑戦。洋服が華やかな分、小物は黒でまとめてシックに。

2つのアイテムで即完成するヴィンテージスタイル

バッグ¥32,000/MARROW(シック) 黒リボンフラットシューズ¥16,000/タラントン by ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

Gジャンと花柄ワンピ、それぞれがヴィンテージ風だから相性抜群。大人だけど少女のような可愛らしい雰囲気も忘れたくない。足元はヒールでキメ過ぎず、ぺたんこ靴で大人の余裕を見せて。

トレンチコートから覗くカラープリーツスカートが旬

パールネックレス¥9,300/ステラハリウッド チェーンバッグ¥7,990、パンプス¥9,990/ともにZARA(ZARA JAPAN)

トレンチの袖をロールアップするだけで、グッと軽やかな印象に。チラ見えするプリーツスカートでレディ度アップ。トレンチとスカートが主役だからインナーはスタンダードな白ニットで抜け感を。

Gジャンのボタンを閉めてトップス感覚で着てみるのもあり

サングラス¥30,000/BURBERRY(バーバリー アイウェア) バイカラーバッグ¥7,400/SMIR NASLI 白スニーカー¥5,800/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)

同じ色味のGジャンとデニムを合わせればセットアップ風な着こなしが完成。難しく感じるデニムonデニムもジャケットを羽織ってしまえば取り入れやすいかも。チェック柄ジャケットの知的さでカジュアルさも中和。

濃いブルーのワントーンでスタイルアップが実現

シルバーピアス¥3,500/SMIR NASLI バッグ¥27,000/ステラハリウッド 赤フラットシューズ¥12,500/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

濃いブルーとネイビーの同色でつくるワントーンコーデ。ゆったりシルエットのGジャンも、プリーツの縦ライン効果でシャープな印象に。キレイめプリーツもGジャンを羽織れば気負わないオシャレの完成。

アウターを重ねた濃淡でコーデにメリハリを

白バッグ¥25,000/アディナ ミューズ(ADINA MUSE SHIBUYA) グレーパンプス¥8,900/PIC&PAY(ジョージ・グロリアインターナショナル)

白タートル×ワイドパンツのいつものコーデが垢抜けて見えるのは、アウターの重ね着のおかげ。淡い色のコートに濃いGジャンをインして、コーデにメリハリをプラス。小物はコートのカラーと合わせて控えめに。

直球キレイめコーデは小物でエッジを効かせて

シルバーピアス¥3,200/フィフティーン ステアーズ バイ ステラハリウッド 新宿ルミネエスト店 シルバーバッグ¥13,500/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) 黒ブーツ¥33,000/FABIO RUSCONI(MIDWEST)

ジャケット×プリーツスカートの直球キレイめスタイル。インナーは今年っぽくレーストップスでレディに。黒+シルバー小物でコーデにひとくせ効かせて、オシャレ度アップ。

Photographer:Ikkei Teranaka(ADDICT_CASE)
Stylist:Saki Yamaguchi
Editer&Writer:Naoko Hirose
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。