BEAUTYJUL.31.2019

手の甲の日焼け対策は?日焼けしてしまった場合の対処法もご紹介

顔や腕、足などと比べると見落としてしまいやすいのが手の甲の紫外線対策です。そこで今回は、手の甲の日焼け止め方法や日焼け後のケア方法、おすすめのUV対策アイテムをご紹介します。
顔や腕、足などと比べると見落としてしまいやすいのが手の甲の紫外線対策です。そこで今回は、手の甲の日焼け止め方法や日焼け後のケア方法、おすすめのUV対策アイテムをご紹介します。

手の甲の日焼け対策は必要?

手
顔や腕、足などの日焼け対策は行っている方でも見逃してしまいがちなのが、手の甲の日焼け対策です。

手の甲や手の指は、意外に日焼け対策を行っていない方も珍しくありませんが、手の甲も腕や足、顔などと同様に日焼けによって赤くなったり、黒くなったりすることがありますし、紫外線によるダメージを受けてしまいます。

手の甲に紫外線が当たると、紫外線シミやシワ、くすみなどが増加したり、肌が乾燥してハリやツヤが失われたり、炎症が起きやすくなってしまいます。中には皮膚がんの原因になることもありますので、手の甲の紫外線対策も必要です。

そこで今回は、手の甲の日焼け対策方法やおすすめグッズをご紹介します。

手の甲の日焼け対策【1】UV対策ができるハンドクリームを塗る

手の甲に日焼け止め効果のあるハンドクリームを塗っている女性
手の甲の日焼け止め対策でおすすめしたいのが、UV対策ができるハンドクリームを活用する方法です。

手の甲は水に触れる機会も多いので乾燥しやすいパーツですよね。しかし、UVカット効果のあるハンドクリームを使えば、こまめにハンドケアをしながら紫外線対策ができますよ。

手の甲の紫外線対策に!おすすめ日焼け止めグッズ【1】ALBION(アルビオン)の「スーパー UV カット ハンドプロテクション」

ALBION アルビオン スーパー UV カット ハンドプロテクション
ALBION(アルビオン)の「スーパー UV カット ハンドプロテクション」は、ハンド用の日焼け止めクリームで、紫外線対策をしながら手の甲にうるおいを与えてくれる人気アイテムです。

さらっとしたつけ心地でSPF30、PA++となっています。

手の甲の紫外線対策に!おすすめ日焼け止めグッズ【2】Cle de Peau Beaute(クレ・ド・ポー ボーテ)の「クレームプールレマン」

Cle de Peau Beaute クレ・ド・ポー ボーテ クレームプールレマン
Cle de Peau Beaute(クレ・ド・ポー ボーテ)の「クレームプールレマン」は、保湿成分や美白成分が配合された、なめらかなつけ心地の日焼け対策ができるハンドクリームです。

清潔感のある芍薬や蘭のラグジュアリーな香りが手の甲から香ると、贅沢な気分にさせてくれます。SPF18、PA++となっています。

手の甲の紫外線対策に!おすすめ日焼け止めグッズ【3】DHC「DHC UV ハンドクリーム」

DHC UV ハンドクリーム
リーズナブルにハンドケアと日焼け対策ができるのがDHCの「DHC UV ハンドクリーム」です。

SPF33、PA+++でしっかり紫外線カット効果も高く、すべすべのつやのある手の甲に導いてくれます。
DHC UV ハンドクリーム / ¥918

手の甲の日焼け対策【2】日焼け止めクリームを塗る

手の甲に日焼け止めクリームを塗っている女性
手の甲の紫外線対策として、一般的な日焼け止めクリームを塗るのももちろんおすすめです。

ただし、手を洗ったり物が触れることも多いので、ウォータープルーフタイプのような落ちにくい日焼け止めを使用したいですね。また、日焼け止めクリームの効果は、2時間~3時間程度で薄れてしまいますので、こまめに塗り直しをすることが大切です。

手荒れしやすい方は、うるおい成分が配合されているものや、SPF20〜SPF30程度のあまり強くない日焼け止めクリームを塗りましょう。

また、日焼け止めは、厚く塗りすぎてしまうとべたつきますし、薄く塗りすぎてしまうと効果を発揮しにくくなります。

塗る場所に日焼け止めクリームを置いたら、ムラにならないよう薄くのばすのが上手な日焼け止めの塗り方ですね。シワにも塗り込むようにしましょう。ただし、あまり強く擦ってしまうと肌にダメージが与えられてしまいますので注意したいですね。

手の甲の日焼け対策【3】UVカット効果のある手袋やアームカバーを使用する

手の甲の日焼け止め
手軽に紫外線対策ができるのが、手の甲に手袋を装着して日焼けを防ぐ方法です。手の甲だけを覆うことができるハンドカバーや、腕まで覆うことができるアームカバーもおすすめですよ。ただし、UVカット効果のある手袋やハンドカバー、アームカバーなどを選びましょう。

ゴルフや釣り、レジャーなどでは、水に濡れたり汗で日焼け止めクリームやハンドクリームが落ちてしまうこともありますので、日焼け止めクリームやハンドクリームと併用すると安心ですね。

物をつかんだりスマホを操作しやすいのは、指が覆われていないアイテムですが、その分日焼け止めできる範囲は狭くなります。運転や物を掴む場合は、滑り止めが付いているものを選ぶのがおすすめですよ。

手の甲の紫外線対策に!おすすめ日焼け止めグッズ【4】無印良品「日焼けを防ぐUPF50+アームカバー ネイビー」

無印良品 日焼けを防ぐUPF50+アームカバー ネイビー
無印良品の「日焼けを防ぐUPF50+アームカバー ネイビー」は、腕から指までを覆うことができるアームカバーです。

UPF50+は、紫外線を95%以上カットしてくれるので、リーズナブルな価格で手の甲の日焼け止めができるアイテムです。
無印良品 日焼けを防ぐUPF50+アームカバー ネイビー / ¥1,490

手の甲が日焼けしてしまった後のケア

手の甲の日焼け後のケア
手の甲の日焼け対策を忘れてしまったり、日焼け対策が不十分でうっかり日焼けしてしまった場合は、紫外線のダメージを軽減するようなハンドケアをしましょう。

手の甲が日焼けしてしまって赤くなっている場合や、ヒリヒリと痛い場合は、まずは肌をクールダウンさせましょう。保冷剤や氷をタオルでくるんで手の甲に当て、冷やしましょう。

その後は、美白成分や抗炎症成分の入った化粧水でうるおいを補給しましょう。コットンに化粧水を浸みこませ、5分程度パックするのもおすすめです。

その後はハンドクリームでうるおいが逃げないように蓋をしてあげましょう。
手の甲の日焼け対策には、うるおいをプラスできるUVカット効果のあるハンドクリームや日焼け止めクリームを活用するのがおすすめです。紫外線のダメージは気づかないうちに蓄積していきますので、しっかり日焼けしないように注意したいですね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.10.2019

クールなゆるカジが定番。
マギーのおすすめ私服コーデ