LIFESTYLEJUL.23.2019

マスクには日焼け止め効果はあるの?気になる効果や選び方をご紹介

美肌や美白を維持する女性にとって天敵となるのが日焼けですよね。外に出る日は、徹底して日焼け止めクリームなどを使っているかと思いますが、実はマスクでも日焼け対策ができると言われているんです。詳しい効果や選び方を見ていきましょう。
美肌や美白を維持する女性にとって天敵となるのが日焼けですよね。外に出る日は、徹底して日焼け止めクリームなどを使っているかと思いますが、実はマスクでも日焼け対策ができると言われているんです。詳しい効果や選び方を見ていきましょう。

日焼け対策はどんなことをしている?

水着姿の女性
シミやそばかすなどを増やし、老化を加速させる原因になる紫外線は女性にとって大敵。
肌を守ろうと、常に日焼け対策をしている女性が多いかと思いますが、皆さんはどのような対策を取り入れていますか?

顔の日焼け対策なら、UVカット効果のある化粧下地やファンデーション、日焼け止めクリームを使ったり、サングラスや帽子をプラスしたりすることが多いですよね。

ですが、日焼けから顔を徹底的に守るのであれば、日傘や帽子だけでなくマスクの着用も有効だと言われています。

マスクにも日焼け防止効果はあるの?

マスクを持つ女性
マスクを着用するのは、風邪対策や花粉対策をするときが多いですよね。
逆に、日差しが強い夏場では暑苦しくなることからマスクの着用を避ける方もいるでしょう。

ですが、日焼けを招く紫外線は、直接上から降り注ぐだけでなく「散乱光」や「反射光」などでさまざまな方向から攻撃してきます。
ですので、帽子や日傘などを取り入れていても、反射光などがあれば下からダメージを与えるのです。

このときマスクを着用していれば、どの角度からでも顔の多くの面積を守ることが期待できます。
とは言っても、普通のマスクでは日焼け対策効果がほとんど無いのも事実。

紫外線には肌の老化を招く「A波」と日焼けを引き起こす「B波」があるのですが、普通のマスクではこの両方を通してしまうのでちゃんとしたUVカットマスクを選ぶ必要があります。

日焼けマスクの仕組みと効果

マスクをした女性とお花
UVカットマスクとは、紫外線防止加工が施されたマスクのことを指します。
紫外線を反射する成分を織り込んだ糸で作られているので、肌に降り注ぐ紫外線を防止してくれるんです。

また、広い範囲を守れるように、普通のマスクよりも大きめに作られていることも特徴のひとつ。
目の下からあごの下はもちろん、顔の横もすっぽり覆ってくれますし、中には首や耳まで覆ってくれるタイプもあります。

パッと見ただけでは、普通のマスクとあまり変わりがないので、いつも通り着用できるのも嬉しいポイントです。
さらに最近では、夏場でも快適にUVカットマスクが着用できるように、速乾性、通気性に優れた息苦しくないマスクなども登場しています。

時間をかけずに顔の日焼けを予防できますし、すっぴん隠しもできる万能さが心強いですね。

日焼け防止&日焼け予防になるマスクの選び方

2枚のマスク
日焼け予防としてUVカットマスクを取り入れるなら、選び方にも注目してみてください。

■利用シーンに合わせて選ぶ
通勤用や職場などで使うなら、普通のマスクに近いタイプがおすすめですが、長時間野外で過ごすようであれば、耳や首の後ろまでしっかりカバーしてくれるタイプのUVカットマスクを選ぶことがおすすめです。

■UVカットマスク効果に注目する
UVカットマスクにも、日焼け止めクリームなどに似た「UPF」が記載されています。
マスクのような繊維製品では、日焼けを防ぐ指数として「紫外線遮蔽率90%」や「UPF値50+」などの数値で表すんです。
日焼け対策をするなら、紫外線遮断率が90%以上、もしくはUPF40~50+のマスクを選ぶといいですよ。

■他の機能性もチェックする
UVカット効果の高いマスクを選ぶことが大前提ですが、最近ではさまざまな機能に優れたマスクがどんどん出てきているので、より自分が求めるものに合うUVカットマスクを探してみましょう。
速乾性や通気性に優れているもの、かいた汗を乾きやすくしてくれるもの、花粉などをブロックするフィルター付きのもの、メイクが崩れにくいものなど、UVカット効果にプラスαの効果があるマスクを見つけて、過ごしやすいようにしてくださいね。

日焼け防止マスクを使用するときの注意点

サングラスをかけた女性
UVカットマスクを着用しても、顔全体に日焼け止めクリームやUVカット効果のある化粧下地を必ず塗るようにしましょう。

UVカットマスクでは覆える範囲が限られてしまいます。
ですので、おでこや目元周りが日焼けしたり、油断するとマスクの日焼け跡がついてしまう可能性も!

「マスクを着用しているから大丈夫」と油断せず、マスクで覆えていない部分の日焼け対策もしっかり行ってくださいね。

そして塗るタイプやスプレータイプの日焼け止めは、2~3時間おきにつけ直すことも大切です。
マスクによる日焼け防止効果や選び方をご紹介させていただきました。使い捨てタイプのもの、繰り返し使えるものもあるので、自分のライフスタイルに合ったUVカットマスクを選んでいきたいですね。紫外線は一年中降り注ぎ、じわじわと肌にダメージを与えていくので、マスクで徹底的に顔をガードしていきましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック