TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

「映画 鋼の錬金術師」
-本田翼さんインタビュー

映画『鋼の錬金術師』 本田翼さんインタビュー

モデル・タレントのみならず、女優としての輝きを増す本田翼さん。そんな彼女が国民的人気コミックを実写化した、映画『鋼の錬金術師』でヒロイン・ウィンリィ役を熱演。本作の見どころや主演・山田涼介さんとの撮影エピソードを語っていただきました。 TOPLOGユーザーに向けて、“マイブームファッション”と、この秋冬におすすめのファッションアドバイスも!


INFORMATION

鋼の錬金術師

映画『鋼の錬金術師』

12月1日(金)より全国ロードショー

幼くして天才的才能を持つエドと弟アルは、亡くなった母にもう一度会いたいと禁忌(きんき)の「人体錬成」に挑んだ。しかし、結果は失敗。“錬金術とは等価交換である――”その容赦ない鉄則は、エドの左脚と、アルの身体すべてを奪い去った。瀕死のエドは、自らの右腕と引き換えに弟の魂をなんとか引き戻し、近くにあった鎧に定着させた。

多くを失ったエドだが、諦めはしなかった。アルを元の身体に戻す。そう決心し、鋼(はがね)の義肢、オートメイル(機械鎧)をつけた身で、史上最年少の国家錬金術師「鋼の錬金術師」になった。兄は、自分が巻き込んでしまった弟のために。そして弟は、命を捨てる覚悟で自分の魂を錬成してくれた兄のために。絶対の絆で結ばれた兄弟は、失った身体を取り戻すため、カギとなる伝説の「賢者の石」を求めて旅に出る。

支え励ましてくれる人々との出会い。二人の前に現れる謎多きホムンクルス(人造人間)たち。その先に待ち受ける驚愕の真実。そして兄弟は再び、「人間の命とは何なのか──」という命題と向き合うことになる。どんな困難が待ち受けていようとも、エドとアルは前へと進む。すべてを圧倒する愛と信頼、そして兄弟の絆を懸けた、超ド級の冒険が今、始まる!


監督:曽利文彦
原作:荒川 弘(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
出演:山田涼介、本田 翼、ディーン・フジオカ、大泉 洋(特別出演)、佐藤隆太/小日向文世/松雪泰子 ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

“子供のころから大ファンだった作品。
実写化ならではの迫力と
登場人物の絆を見てほしいです”

子供のころから大ファンだった作品

—映画の見どころを教えてください

主人公・エドワード(山田涼介さん)とアルフォンスの兄弟の絆が見どころではあるんですが、登場人物、みんなに絆があって。私が演じたウィンリィと、幼なじみのエド、アルとの絆、ロイ・マスタング(ディーン・フジオカさん)とヒューズ(佐藤隆太さん)にも絆がある。みんなのつながりが大きなカギになってくるので、そこかなと思います。

―ヒロイン「ウィンリィ」の役作りで意識したことは?

原作を小学生のときから読んでいたので、ウィンリィ役のお話が来たときは「私で大丈夫かな?」と不安が残る部分もありましたが、アニメも観ていたので、ウィンリィの明るくてサバサバしている性格や、エドとアルをいつも叱っている幼なじみの関係性もわかっていたので、ウィンリィのイメージ自体はできていました。映画のストーリーは暗い部分もあるので、役として作品を明るく照らせる存在であることを意識しました。

―「ウィンリィ」と本田さんとの共通点はありますか?

明るいところ(笑)。曽利監督とも「ウィンリィが出てくるところは明るくしよう!」というイメージが一致していました。

“ハガレン”ファン同士ですぐ意気投合

―主演の山田涼介さんとの現場の雰囲気はいかがでしたか?

山田君ももともと原作のファンで、撮影の合間には「今回登場していないキャラクターを実写化するなら誰?」と一緒に空想したりしてました。年齢も近いですし、原作を読んでいた時期も一緒で、“ハガレン”ファン同士ですぐ意気投合できました。すごく芯がある方だと思います。

―イタリアでの撮影について教えてください。

イタリアのトスカーナ地方で撮影していたんですが、とてもきれいな街で。汽車に乗っているシーンでは、窓から見る景色や空気感、空の明るさもすごくきれいで。クランクインがイタリアだったのですが、ハガレンの原作もヨーロッパっぽい雰囲気のファンタジーなので、クランクインで最初に世界観をつかめたのは大きかったです。

ハガレンの原作もヨーロッパっぽい雰囲気のファンタジー

―本作はCGも話題ですが、完成作をみてCGで驚いたところは?

アクションシーンがほとんどCGなので、スケールの大きさに素直に感動しました。山田君もアクションの撮影がすごく大変そうで、私は「がんばれ、がんばれ」と。(鎧姿の)アルフォンスもCGなので、完成作で、画面にいるところを見たときにあらためて大きさを感じたり、CGが完成して初めてわかるシーンもあるので「こんなふうになるんだ!」と。日本の映画じゃないみたいでした。

—撮影でがんばったところは?

エド、アルの兄弟ゲンカのシーンですね。ウィンリィも含めて3人の関係性がよくわかるシーンなので本当にがんばったところです。

—撮影のときは、CGのアルはいないんですよね?

はい。アルはCGなので、「この辺を見て」と言われて演技するんですが、アルは大きいから上の方を見ないといけないのに、撮影の最初は、反射的にアルの声優さんの方を見てしまうこともあったりもして。CGの撮影では、想像力が鍛えられました。

—マンガを実写化したことにより、魅力が増したところは?

キメラなど、CGのキャラクターは、本当にゾッとしますし、生々しさが増したと思います。ロイ・マスタングの炎のシーンは、実際に炎で見ると存在感がすごくあって。アクションシーンも迫力が増していますし、スケールがアップしていると思います。

“いま、好きなブランドはZARA。
マイブームファッションはシャツ!”

いま、好きなブランドはZARA

—TOPLOGユーザーに向けて、ファッションについても教えてください。プライベートファッションで、好きなブランドは?

最近、“ザラジョ”という言葉を聞いて、2・3年ぶりにお店に行ったら、すごくかわいくて。お店ではニーハイブーツを買ったんですけど、それも履きやすくて使いやすい!アイテムの種類も多いですし、アクセサリーとかの小物もめっちゃかわいい!!と、改めてZARAを見直しました。

—今年の秋冬に注目しているファッションアイテムは?

シャツをよく買っています。今日も私服はシャツなんですけど、オーバーサイズ目のシャツをワンピース風に着て、ニーハイを合わせるファッションがマイブームです。

—シャツでおすすめのコーディネートはありますか?

オフの日は、最近はちょっと股上浅めの細いスキニーを履くのが好きで、シャツをインして、サスペンダーを肩にかけずにたらしたりしています。このコーデでカジュアルになりすぎる人は、サスペンダーはしないで、首元にスカーフを巻いておしゃれ感を出したりとか。シャツにアイテムをプラスしていくのが好きです。

オーバーサイズ目のシャツをワンピース風に

—本田さんのインスタではLOEWEを着た大人っぽいスタイルが新鮮でした。これから挑戦したいファッションは?

LOEWEの服は、(オフショルダーで)肩が空いていたんですけど、そういう服をサラっと着られるようになりたいですし、そういう女性像に憧れています。25歳になったので、セクシーまでいかず、健康的なイメージで、ちょっとずつ大人っぽくなっていきたいという気持ちはあります。

—とてもスリムですが、スタイルをキープするコツは?

この仕事をはじめて、TVに出たり見られることが増えてから、キュッとひきしまったんですけど、気になるときは3日間夕食を抜くと一気に落ちます。普段も、週の2日間は夕飯を食べないようにしてキープしています。よく夕飯を食べずに寝たりしてるんですけど、ジムに通ったりとか、運動が苦手なので(笑)、自分には合っているかな。

—本作もイタリアでの撮影でしたが、海外でのロケや飛行機での移動するときに、スキンケアで気をつけていることは?

飛行機での移動は乾燥するので、シートマスクは必須アイテムです。アイクリームを目元に塗ってからマスクをしていますね。アイクリームに限らず、乳液でもいいと思うんですけど、私は笑う撮影が多くて、目の周りが本当に乾燥するので、目の周りは本当に気をつけています。あとは口元も気をつけているかな。シワの原因になるので、表情で動くパーツの保湿に気をつけています。

—忙しいスケジュールのなかでも、元気いっぱいなのが素敵ですが、どうやってエネルギーチャージしていますか?

自分流にストレスとの向き合い方を見つけていて、週2回ぐらい「今日は疲れてるな」と感じた日はしっかりお家でリラックスするようにしてコントロールしています。

—最後に、TOPLOGの読者に向けて、メッセージをお願いします

シャツのコーデはすごくかわいいのでおすすめです。冬になったらニットを重ねてもいいと思います。楽しんでオシャレしていきましょう!

シャツのコーデはすごくかわいいのでおすすめ

本田翼(ほんだつばさ)
1992年6月27日生まれ。東京都出身。O型。『non-no』モデルをはじめ、多くの雑誌、CMで活躍。昨年は主演映画『少女』、映画『土竜の唄 香港狂騒曲』、日本テレビ系ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」、本年は日本テレビ系ドラマ「奥様は、取り扱い注意」、TBS系ドラマ「わにとかげぎす」など、話題作に出演。

Model: Tsubasa Honda
Photographer: Yuiko Yamaguchi(Mediajo)
Writer: Sachie Ito(Mediajo)

関連キーワード

RECOMMENDこの記事を読んだあなたにオススメ