TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

映画『南瓜とマヨネーズ』-臼田あさ美さん・太賀さんインタビュー

漫画家・魚喃キリコの代表作『南瓜とマヨネーズ』。恋愛漫画の金字塔として愛され続ける今作品の実写化は、原作ファンも納得のキャスティングとして話題に。恋人役を演じた臼田あさ美さん×太賀さんに、作品の魅力からお互いの印象までインタビュー。撮影中の仲睦まじいお二人の姿も、とっても印象的でした。


INFORMATION

映画『南瓜とマヨネーズ』

11月11日(土)より新宿武蔵野館 ほか全国ロードショー

ライブハウスで働くツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人でミュージシャンのせいいち(太賀)との生活のため、夜は秘密でキャバクラで働き稼いでいた。そこで愛人契約を客から持ちかけられる。愛人の存在を知ったせいいちは、働き出すことに。ツチダが以前のようにライブハウスのみで働きだした矢先、忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と再会。ハギオとの関係にのめり込み、2つの恋に揺れる。

監督・脚本:冨永昌敬
原作:魚喃キリコ『南瓜とマヨネーズ』(祥伝社フィールコミックス)
出演:臼田あさ美、太賀、光石研、オダギリジョーほか
配給:S・D・P
© 魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会
公式HP:http://kabomayo.com/


“ツチダの献身的な姿勢というか愛情。
「こんな人が居てくれたらなぁ」と
自分も思うことはあります。(太賀)”

——お二人がこの作品を通して、感じたことはありますか?

臼田あさ美さん(以下、臼田):『わたしたちのこのありふれた平凡は、本当はとてもこわれやすくて、なくさないことは奇跡』。この作品でツチダが発するこの言葉にあるように、これがこの映画のすべてだと思います。なんてことないような毎日のようで、でもすごく特別で……。楽しいことばかりじゃないし嫌な思いもしてるけど、そんな日常さえも、時が経てば尊いものだよっていうメッセージがある。それは、一生懸命生きてた証。役を通じてもそうですが、現場の雰囲気も含め、それはすごく感じました。
太賀さん(以下、太賀):自分の日常から、地続きにある物語だと思っていて。もちろん、やってることとか起こってることはフィクションではあるけど、そこにリアリティーがある。自分が今までやってきたこと、それに対して悩んだり葛藤したり迷ったりしてたことに対する肯定っていうのが、すごくある気がする作品。自分がやってきたことを振り返ってみて“悪くないな”って、改めて思えるような映画になってるのかなと思います。

——『女は過去の恋をひきずらない、なんてウソ』という映画のキャッチフレーズにもなっているこの言葉。お二人はどう思いますか?

臼田:私は、過去の恋っていうのは一つじゃないから。大人になると一つじゃないですよね?(笑) 過去の恋を全て引きずってるか、未練があるか、といったらそうじゃない。だけど、自分が出会ってきた中で惹かれる人は、女性であっても男性であっても、自分の記憶には残るし、それが恋愛じゃなくても、仕事をしていくパートナーとか仲間であってもそう。過去の自分に物凄い刺激や影響を与えた人っていうのは、いつでも蘇ってくると思います。そういう人の存在は消えないし、消せない。
太賀:そうですね。臼田さんの言ってることは、本当に共感できる。恋愛ってことでいうと、女性の気持ちはちょっとわかんないですけど。男は、ひきずるんじゃないですか(笑)。

——太賀さんからみたツチダ、臼田さんからみたせいいちのそれぞれの魅力はどんなところですか?

太賀:自分一人ではなかなかやっていけなかったり、ちょっと立ち止まってしまっている状態の中で、ずっと傍で応援してくれたり支えてくれたりするツチダの献身的な姿勢というか愛情。こんな人が居てくれたらなぁという風に、自分も思うことはありますね。
臼田:せいちゃんは、えーっと、犬みたいなところです(笑)。なんかできたら褒めたくなるし、なんもしなくても近くにいたら安心するし、何かしてくれるっていう期待は持たないんだけど、傍に置いておきたい感覚になる人。だから、犬みたい(笑)。
太賀:わかりやすいっすね〜(笑)。

——普段のお二人は、どんな異性に魅力を感じますか?

太賀:素朴な人は、すごく好きです。こういうの、なんて答えたらいいんだろうな〜(笑)。誠実な人が好きですね、はい。
臼田:お互いに、頑張らなくていい人。頑張らなくていいというとあれですが、例えばお茶飲んでる時に、お茶飲んでるだけでいい人です(笑)。

——臼田さん自身は、せいいちとハギオ、どちらが好みですか?

絶対、せいちゃんもハギオも嫌です(笑)。でもツチダはせいちゃんに対して「お金を稼げ」とか「サラリーマンになれ」とか「安定した職につけ」ってことが望みじゃないっていうのは、私もすごい共感してる。臼田あさ美として、せいちゃんがもし目の前にいたら「せいちゃんにしてほしいのはそういうことじゃなくて、せいちゃんはせいちゃんが思ってるよりも、せいちゃんってすごいんだよ」ってことを伝えたいって思うはず。

——共演されてお互いの印象はいかがですか?

太賀:臼田さんの印象は、柔らかいふんわりした雰囲気を持ってる方なのかなって思ってたんですけど、会ってみるとすごくサバサバしていて、カッコイイ人だなっていう印象です。“あ、この人カッコイイ”って、素直に思える。頼りがいもあって、クレバーな方だなっていう感じがしますね。
臼田:ありがとう。褒めてもらった(笑)。私はあんまり印象が変わらないというか、こう!って決めてた太賀くんの印象はないんですけど。会ってすごい感じたのは、今を生きている人と、すごい昔を生きている人の、両面を持っている人だなって。なんて言えばいいんだろう、冷静と情熱の間って感じですかね?(笑) 今の20代の子って、クールな印象の人が多いと感じることもあるけど、太賀くんは、昔の人に会っているような安心感と、今を生きている今しかない刹那的なものを持ってる感じ、両方ある感じがする。だからおじいちゃんに見える時と、子どもに見える時があるみたいな感覚です。すごい説明が下手ですみません。
太賀:嬉しいです。なんかすごく嬉しいですね。
臼田:難しいですね、太賀くんの説明。向き合う時はとことん向き合って、ここは向き合うべきとこじゃないってところは笑う。その線引きが、信頼できる感じです。


“原作を読んだときから今も変わらないのが
「せいちゃんをなんとかしてあげたい」っていう気持ち。 自分とツチダが、唯一リンクする部分です。(臼田)”

——臼田さんは四年前にツチダの役の話がきて『絶対、私がやるべきだ』と思ったとのことですが、そこまでの情熱が生まれて持続していたのは、なぜですか?

臼田:単純にこの漫画が好きだったし、“やれるかも”“やれないかも”っていう駆け引きみたいな中にいると“やりたい”ってなるんですよ、人ってきっと。思いも募るし、熱も上がるし。それから原作を読んだ時も、脚本を読んだ時も、映画を撮ってる時も、今も変わらないのが“せいちゃんをなんとかしてあげたい”っていう気持ち。やっぱり自分とツチダが、唯一リンクする場所なのかなって思います。

——太賀さんは昨年がデビュー10周年。以前インタビューで「もう少し作品に関わる上でのウエイトが、自分にかかってくる作品がやりたい」と仰っていて。まさに今回の作品は、そういった作品になったのかなと思いました。

太賀:そうですね。冨永監督、甲斐プロデューサー、もちろん臼田さんもそうですが、自分が尊敬できる方たちと一緒に仕事できるっていう時間がすごく濃密で、携われてよかったなと思ってます。さっきの臼田さんの魅力の話に戻るんですが、繊細な部分もあるけど、でも芯がすごく真っ直ぐで、清らかで、ブレない人だなと。その強さがある人だと思っていて。そんな臼田さんが僕の前でしっかりとツチダでいてくれたことが、何より頼もしいし心強くて、だからこそ伸び伸びとせいいちでいられたっていうのもあります。せいいちって、僕の中でちょっとチャレンジングな役だった。ミュージシャンで、こういう恋愛ものをがっつりやるのもなかなかなかったので。そういう意味でも、本当に思い入れ深い作品になってますね。

——たくさんのお話をありがとうございます! 最後に、メッセージをお願いします。

太賀:過ぎていった時間の尊さみたいなものを、どの年代に限らず感じてもらえる作品になってると思います。
臼田:昔を思い出して「イタいな」って思う感覚を肯定してあげようよって思います。その「イタいよ」っていう気持ちがある人にも、観てほしい。その時一生懸命だったことは、物凄くあなたを輝かせてたよって伝えたいです。

臼田あさ美(うすだあさみ)
1984年10月17日生まれ。千葉県出身。モデルとしてデビュー後、女優業を開始。主な映画出演作に、『色即ぜねれいしょん』(2009)、『グッド・ストライプス』(2015)、『愚行録』(2017)などがある。

太賀(たいが)
1993年2月7日生。東京都出身。ドラマ『ゆとりですがなにか』の山岸役で、一躍有名に。主な映画出演作に『アズミ・ハルコは行方不明』(2016)、『追憶』(2017)、『ポンチョに夜明けの風はらませて』(現在公開中)など。2018年5月公開の『海を駆ける』の出演も控える。

(衣装提供)
太賀着用/オーバーリバー(OVERRIVER)
問い合わせ先:
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-51-11
03-6434-9494

Model: Asami Usuda , Taiga
Photographer: Kosuke Nakashima(PEACE MONKEY)
Stylist: Masayo Morikawa(FACTORY 1994)/Asami Usuda ,
DAI ISHII/Taiga
Hair&Make-up: Rumi Hirose/Asami Usuda , MASAKI TAKAHASHI/Taiga
Writer: Noriko Hashimoto

関連キーワード

RECOMMENDこの記事を読んだあなたにオススメ