TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

【種類別】イヤーカフの付け方。痛くならない&落ちにくい付け方は?

ピアスの穴がなくてもOKでイヤリングよりも広い範囲に付けられる「イヤーカフ」の付け方をご紹介します。イヤーカフを使う際によくある「痛くなる」「無くしちゃう」というお悩みについてもチェックしていきましょう。

イヤーカフの付け方がわからない!

イヤーカフとは、耳の縁に挟んでつけるアクセサリー。小さなピアスやイヤリングのようなタイプのものから、華やかなジュエリーや花を使ったものなど様々なタイプがあります。

ピアスのように穴を開ける必要がないので、色々な場所に気軽に付けられておしゃれのポイントに活躍します。

そんなイヤーカフですが、デザインの種類が多くて付け方がわからない!という人も少なくありません。コツを掴めば意外と簡単に付けることができるイヤーカフ。上手に付けるポイントを見ていきましょう。

種類別イヤーカフの付け方①リング

リングタイプのイヤーカフはピアスのようにさりげなく付けられて、他のアクセサリーとの重ね付けにもぴったり!

■挟む付け方
1. 耳の上の方を引っ張って伸ばす
2. 引っ張った耳の薄い部分にイヤーカフを差し込む
3. 好みの場所までイヤーカフを滑らせて移動させる

外すときも付けるときと同じく耳を引っ張って、イヤーカフを滑らせて外します。耳の厚みに合わせて広げたり縮めたりして、付けたい場所にちょうど良いサイズに調節しましょう。

種類別イヤーカフの付け方②三角

シャープな印象で女性だけでなくおしゃれメンズからも人気がある三角形のイヤーカフ。

■三角のイヤーカフの付け方ポイント
挟むタイプと似ていますが、三角のタイプは下から上に滑らせる方が付けやすい場合があります。
耳たぶを引っ張って薄い部分に差し込み、付けたい場所まで滑らせていきましょう。

樹脂でできていたり、がっしりとした三角のイヤーカフスだとサイズを広げることが出来ないことも。その場合は、耳の形に合わせて付ける位置を決めるようにします。

ミックスカラートライアングルイヤーカフ
¥1,000

販売サイトをチェック

種類別イヤーカフの付け方③引っ掛ける

耳の後ろから花やパールなどを見せるイヤーカフはインパクト大!

■華やかイヤーカフの付け方
フック状になっているので、耳の後ろから引っ掛けるようにして使います。片耳にだけ付けることでよりドラマチックな印象を作ることが出来ます。

黒いあじさいのイヤーカフ
¥7,128

販売サイトをチェック

痛くなりにくい&落ちにくいイヤーカフの付け方コツ

耳に挟むイヤーカフは長い時間つけていると、耳が痛くなる!いつの間にかどこかに落とした!という場合があります。

せっかくのイヤーピアスが原因で耳が痛くなったら付けるのが嫌になりますよね。また、お気に入りのイヤーピアスが無くなったらショックです。


■耳が痛くなりにくい付け方

耳が痛くなる原因の一つは付け方にあります。
・耳の端につけている
・耳の厚みに合わないイヤーピアスをつけている

イヤーピアスは耳の内側の軟骨部分に引っ掛けるようなイメージで挟むと痛くなりにくく、耳たぶにピアスのようにつけると痛くなりやすいので要注意です。

また、シリコンカバーを付けることで耳への負担を減らすことが出来ます。シリコンカバー付きのイヤーピアスを選んだり、シリコンカバーを別に購入して取り付ければ優しいつけ心地に。


■無くしにくい付け方

正しく付ければ簡単には外れないイヤーピアス。耳が痛くなりにくい付け方を意識することで、自然と無くしにくくなります。

特に無くしやすいのが耳の下の方に付ける場合。そんなときも、耳の厚みの差がある部分を使って付けるようにすれば、耳に引っかかってくれるので取れにくく無くしにくくなります。

スター イヤーカフ
¥6,480

販売サイトをチェック

イヤーカフに似ている「イヤークリップ」の付け方

イヤーカフと似た感じで、耳の色々な場所に付けることができるアクセサリーに「イヤークリップ」があります。

大ぶりなデザインのものや個性的なデザインのものも多く、おしゃれに差をつけることが出来ます。

付け方は名前の通り、クリップになっているので耳に挟むだけ。手軽に使えるのが魅力です。

グリッタースウィングパールイヤーカフ
¥3,888

販売サイトをチェック

イヤーカフの付け方に意味はある?

 

stradaest_yuiさん(@stradaest_yui)がシェアした投稿 -

体に身につけるアクセサリーには、付ける場所などによって意味が変わる場合があります。イヤーカフに関しては特に決まりはないのですが、一番近い「ピアス」を参考にするのがおすすめです。

両耳に一つづつの場合は特別な意味は持ちませんが、片耳づつの時に左右でその意味が変わってきます。

■ピアスを付ける場所によって変わる意味:レディース
右→優しさ、成人女性である証
左→女性同性愛者

■ピアスを付ける場所によって変わる意味:メンズ
右→男性同性愛者
左→勇気、男性としての誇りの証

ピアスやイヤーカフは一つだけを付けるとは限りません。日本では奇数の方が偶数よりも良いと言われるので、意味を重視したい方の耳を奇数個、反対側を偶数個付けるようにします。

ちなみに海外では全く逆で偶数の方が良いと言われるため、ピアスなどの数も偶数個付けた方の耳の意味が優先されます。


気軽に取り入れられるおしゃれアイテムであるイヤーカフ。買ったけれど結局付け方がよくわからない……なんてことになってはもったいないですよね。付け方のコツをマスターして、イヤーカフを使ったおしゃれを楽しみましょう。

RECOMMEND

これを読んだあなたにオススメ