FASHIONAUG.26.2018

10月に最適な服装とは?大人女子におすすめの秋コーデやマストアイテム

夏が終わって秋本番の10月は、一年で一番おしゃれを楽しむ絶好の時期。それと同時に、気温の変化も激しいので、朝何を着たらいいか悩む時期でもあります。そこで今回は、10月におすすめの服装をコーデを使ってご紹介します。気温の変化に対応してくれる、この時期に必須のアイテムもご紹介するので参考にしてください。
夏が終わって秋本番の10月は、一年で一番おしゃれを楽しむ絶好の時期。それと同時に、気温の変化も激しいので、朝何を着たらいいか悩む時期でもあります。そこで今回は、10月におすすめの服装をコーデを使ってご紹介します。気温の変化に対応してくれる、この時期に必須のアイテムもご紹介するので参考にしてください。

おしゃれが楽しい秋本番の10月の気温と服装

枯葉を手に持つ女性
おしゃれが楽しい秋本番の10月。クローゼットにも徐々に秋物が増えてきます。ニットが着たいけれど、まだまだ暑い日もあって半袖を着る日もちらほら。

そんな10月のコーデ作りは楽しい半面、頭を悩ませますよね。10月の服装を考える上で重要な気温は何度位なのでしょうか?


■10月の気温(2017年/東京)

最低気温が下旬に10.3度、最高気温が中旬に28.0度(気象庁調べ)と、1ヵ月の中でも20度近い温度の幅がある10月。

1日の中でも10度近く気温が変化する日が多く見られます。上旬と下旬を比べても温度差がかなりあるので、1ヵ月の中でも服装選びが変わってきます。

気温がかなり変化する10月。そんな温度差に対応できる服装選びが必要になります。今回ご紹介するコーデは、10月の服装選びに最適なコーデや使えるアイテムを使ったコーデです。ぜひ参考にしてください。

10月上旬に最適な服装【1】ニットノースリーブ×秋色のタイトロングスカート

 

TOMOさん(@nicoco121)がシェアした投稿 -

平均気温が20度前後の10月上旬。昼間は25度近くまで気温が上がるので、半袖トップスで過ごせる日も多いです。朝晩は15度を下回る日もあるので、羽織りものを持っておくと安心です。

ニット素材ならノースリーブでもOK。暑がりさんはちょうど良いかもしれません。カーキのコーデュロイ素材のロングタイトスカートは、秋を感じる色や素材感がこの時期にぴったり。冷える足元はブーツが◎。

10月上旬に最適な服装【2】半袖トップス×ベロア生地のフレアロングスカート

 

@bibi_mama_がシェアした投稿 -

10月上旬の20度前後の日に最適な半袖トップスには、素材で秋を感じるベロア生地のフレアロングスカートをコーディネート。鮮やかなパープルカラーのスカートは、素材感や濃い色で秋の季節感を感じます。

レオパード柄のクラッチバッグも秋にぴったりの小物。この時期からファー素材が徐々に活躍し始めます。朝晩の冷え対策にトレンチコートを持参して。

10月上旬に最適な服装【3】シャツワンピース×秋冬素材のワイドパンツ

シャツワンピースを着た女性
10月上旬のアウターは厚手のものだとまだ暑いので、シャツワンピースをアウター代わりに着るのがおすすめです。秋冬素材のワイドパンツやブーツで季節感を演出しながらも、シャツの襟を抜いたり、腕まくりで手首を見せて抜け感を出すのが今の気分。

ヘアアレンジは、ハーフアップにして顔周りをすっきりさせ抜け感を演出して。秋冬でもどこかに軽さを出して、抜け感を作るのがおしゃれ見えするポイントです。

10月中旬に最適な服装【1】暖かい日は半袖白T×チェックストール

 
中旬でも30度近くまで気温が上がる日がある10月。そんな日のトップスは半袖の白Tシャツでもちょうど良いくらいです。朝晩そんなに気温が下がらなくても、気分的にアウターやストールは持っておきたいものです。

チェックのストールは柄も秋気分を表現できて◎。気軽にバッグに入れておけるので、この時期のマストアイテムの一つ。色々なスタイルに合うストールを常備しておきたいですね。

10月中旬に最適な服装【2】タートルネックニット×トレンチコート

 

mayuさん(@mmmcoco07)がシェアした投稿 -

15度前後で推移する気温の10月中旬には、コートを着る日も出てきます。秋冬大活躍のタートルネックのニットも登場。厚手のコートを着るほどでもない日には、トレンチコートが活躍。薄手のニットとトレンチコートは、この時期にぴったりのコーデです。

肌寒い程度の時期のカラーコーデは、重くない白と薄ベージュを重ねるコーデが◎。クロップド丈のデニムで、素足にパンプスでもOKな気温です。

10月中旬に最適な服装【3】淡い色トップス×グレンチェックのワイドパンツ

 

@__sacchan_がシェアした投稿 -

10月中旬に最適な長袖トップスにグレンチェックのワイドパンツを合わせて。グレンチェックは秋らしいのと同時にトレンドの柄です。

秋冬素材のスエードのバッグを斜め掛けして、小物で季節感やトレンドを取り入れるのが、おしゃれ見えのポイントの一つです。

10月下旬に最適な服装【1】シンプルカジュアルコーデ×ロングニットガウン

 

Nagi◡̈*さん(@nagina001)がシェアした投稿 -

最高気温が25度くらいまで上がる日があるものの、最低気温が10度まで下がる10月下旬は、本格的に秋の装いに変わってきます。そんな時期に着るニットアウターは、ロングニットガウンのようなしっかりした編み目で防寒をきちんとしてくれるものが最適です。

Tシャツとデニムのコーデの上にガウンを羽織るリラックススタイルは、休日にぴったりのコーデ。秋色のキャメルのガウンは、オールブラックやカラーコーデにも合うので、ニットアウターにぴったりのカラーです。

10月下旬に最適な服装【2】ボアブルゾン×あったかストール

 

cancam_fashionさん(@cancam_fashion)がシェアした投稿 -

秋冬に人気のボアアイテムは、カラーによっては子どもっぽくなってしまいます。ブラックなら、カジュアルなモノトーンスタイルを大人っぽくまとめてくれるので◎。

本格的に寒くなる前のボアアイテムはショート丈でOK。朝晩は10度近くまで気温が下がるので、首元に防寒のマフラーを持っておくのがおすすめです。

10月下旬に最適な服装【3】カシミアニット×ウールコート

 

makiさん(@mtmmaki)がシェアした投稿 -

最高気温が15度くらいまでしか上がらない日は、防寒のできるコートが必要になります。インにもカシミアニットを入れて、本格的な寒さ対策を。

カシミアニットは薄手でもしっかり暖かいので、この時期に1枚で着ぶくれなく着れて重宝します。

足元もタイツが必要になる時期。グレータイツは大人っぽくておしゃれ見えするので、黒タイツと共に常備しておきたい足元の防寒アイテムです。
今回は、秋本番の10月に最適な服装を、おすすめのコーデやアイテムを交えてご紹介しました。おしゃれなニットや秋小物をコーデするのが楽しい時期ですが、気温の変化が激しいので何を着たらいいのかわからなくて困ります。今回ご紹介したコーデやアイテムを、コーデ作りの参考にしていただいて、ぜひ取り入れてみてください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHIONAUG.13.2018

Nikiが着こなす KUTEAの極上シンプル

BEAUTYAUG.24.2018

人気ヘアメイク相場清志さん厳選!2018秋のツヤ肌ベースメイクアイテム

ビューティシーンをリードする人気メイクアップアーティストが、今シーズンのマストバイコスメを厳選する連載企画。今回は、リッチなツヤ肌を実現するためのベースメイクアイテムをセレクト♪