MAR.11.2020

女性教師の理想的な服装は?校種や季節別のおすすめと注意点

女性教師の理想的な服装は?校種や季節別のおすすめと注意点 女性教師の理想的な服装は?校種や季節別のおすすめと注意点

生徒の模範となるべき教師には、どんな服装がふさわしいのか気になるところ。家庭訪問や授業参観、懇談会などで保護者と関わる機会もありますし、周囲の目を意識しても、きちんと感のある服装が好ましいのは言うまでもありません。そこで今回は、教師におすすめの服装を18パターン厳選してご紹介します!

教師の服装に求められるのはこれ!まずは基本をチェック

 

とーこさん(@toooooko_99)がシェアした投稿 -

女性教員は比較的服装の自由度が高い分、毎日のコーデにお悩みではないかと思います。

教師の服装に求められるのは、何といっても「清潔感」や「きちんと感」。常識の範囲内ならおしゃれを楽しんでも良いのですが、生徒の模範となる「教師」として、分別のある服装が好ましいと言えます。

そこで今回は、教師におすすめの服装を18パターン厳選してご紹介します!マナーを守りつつもおしゃれを意識したコーディネートとはどのようなものなのか、ここで一気にチェックしましょう。

教師の服装【1】春はカーディガンが大活躍!おすすめコーデはこちら

カーディガンを使った教師の服装

春の教師のコーディネートには、「カーディガン」が大活躍!肌寒い季節、中にはパーカーやフリースを羽織る方も多く見られますが、これらはラフな印象が強いため避けましょう。

カーディガンならきれいめな雰囲気に仕上がるため、きちんと感が要される教師の服装にぴったりです。

教師の服装では、インナーはベーシックなデザインかつシンプルなカラーのものがマスト。ボトムスはスカートでもパンツでも構いませんが、品のあるものを選びましょう。露出が多い過激なものや、カジュアル過ぎるものは避けるべきです。

教師の服装【2】夏は涼しげに!ユニクロのTシャツが使える

ユニクロのTシャツを使った教師の服装

暑い夏は、リネンパンツを使った涼しげなコーディネートで乗り切りましょう。Tシャツ×パンツの組み合わせだとカジュアルになりがちですが、それぞれ品よく見えるアイテムを選べばOK!

Tシャツはハリがあり、コンパクトできちんと感のあるものを。パンツはデニムを避け、ウエストリボンがついていたりと上品なものを選んでください。

教師の毎日コーデには、ユニクロのTシャツが大活躍!例えば「クルーネックT」なら、しっかりとした素材感と品のあるストレートシルエットできれいめな印象が強いため、教師の服装にぴったりです。一枚で品よく着られるクルーネックTを、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

UNIQLO クルーネックT(半袖) / ¥1,080

教師の服装【3】秋はモノトーンに!落ち着きのあるコーデが好印象

ギンガムチェックパンツ

秋は、落ち着いたトーンのコーデがトレンド。そこでおすすめは、全身を「モノトーン」で仕上げたスタイリングです。

例えば、ギンガムチェックのパンツに無地の白トップスを合わせて、黒カーディガンを羽織ったシンプルなコーディネート。柄物パンツは子供っぽく見えやすいものの、全体をモノトーンでまとめることにより、大人っぽい印象に仕上がります。

柄物のパンツを履く場合には、足元はヒールの低いパンプスを選びましょう。スニーカーだと、いくら落ち着いたトーンでまとめていても幼く見えてしまいます。白ソックスをプラスするとトレンドライクな足元に仕上がりますよ。

教師の服装【4】冬の校内ではロングカーデが活躍!シャツとの重ね着で暖かく

ロングカーディガンを使った教師の服装

冬の校内では、アウターを脱ぐのが常識。そこで防寒、おしゃれ、きちんと感を全て叶えるのが「ロングカーディガン」を取り入れた着こなしです。

羽織るだけでもスッキリとした縦のラインを作ることができ、品のある印象に仕上がります。さらに細見え効果も期待できるため、体型カバーにもぴったりです。

インナーには、かっちりとした「シャツ」をチョイスして、フォーマルな印象の強いコーディネートに。カーディガンを腕まくりしてシャツの裾を出し、一回折り曲げるとこなれ感のあるおしゃれな着こなしが叶います。パンツは、ぴたっとしたスキニータイプ、もしくはスーツがおすすめです。

教師の服装【5】小学校なら動きやすさを大切に!かつ清潔感も重要

 

500flowerさん(@500_flower)がシェアした投稿 -

小学校教師なら、生徒と一緒になってアクティビティをする機会が多いため「動きやすさ」を重視したコーデに仕上げましょう。とは言え生徒の保護者と関わる機会もあるので、「清潔感」のあるきれいめなスタイリングに仕上げなければなりません。

そこで、トップスは袖部分にゆとりがあるものを。カラーは清楚な印象の「白」が理想的ですが、低学年を担当していると汚れる可能性もあるため、黒や茶、グレーでも良いでしょう。シルエットが綺麗なハイウエストパンツにインして、きれいめなコーデに仕上げてください!

教師の服装【6】中学校は校則を意識したきちんと感のあるコーデに

ツートーンにまとめた教師の服装

中学校教師なら、何より「きちんと感」のある服装に仕上げるのが重要。思春期の生徒たちの服装を指導する立場ですので、模範となるような厳かな雰囲気のコーデが求められるのです。

教師が派手な服装をしていたら、生徒たちに示しがつきません。とは言え、普段からスーツを着用する必要はなく、カッチリとした服装を心掛ければ良いでしょう。

おすすめは、ブラックとベージュのツートーンでまとめた、きちんと感のあるスタイリング。ベーシックな黒トップスに、アンクル丈のベージュのテーパードパンツをあわせて、スタイリッシュなコーデに仕上げてください。

教師の服装【7】高校なら華やかに!唯一おしゃれができる校種

おしゃれなカットソーを使った教師の服装

規則が緩く、かつ保護者との関わりもグッと減る高校教師なら、おしゃれを楽しんでOKです!社会人としての分別のある服装であれば、好きなスタイルで問題ありません。あくまでも「きれいめ」にまとめるのは絶対条件ですが、思い思いにおしゃれなファッションを楽しんでください!

例えば、デザイン性の高いブラウスを主役としたコーデで、やり過ぎ感のないおしゃれなスタイリングに。ボトムスはパンツでもスカートでも問題ありませんので、TPOに合わせて選ぶと良いでしょう。

生徒に「あの先生はおしゃれ」だと思わせることができれば、親しまれること間違いありません。

教師の服装【8】スカートもOK!露出が少なければ問題なし

ミディ丈スカートを使った教師の服装

これまではパンツスタイルを主にご紹介してきましたが、もちろんスカートもOKです。露出の少ないもの、膝下の長さのもの、ひらひらとしていないものを選べば、十分に教師にふさわしいきちんと感のあるコーデに仕上がります。授業参観や懇談会なら、きれいめなスカートスタイルで普段より華やかな雰囲気を演出しましょう!

スカートに合わせるトップスは、「ブラウス」や「シャツ」がおすすめ。女性らしいスカートスタイルには、清楚なトップスが相性抜群です。また、スカートで少しでも脚を出す場合には、ストッキングを履くのが社会人としてのマナーです。

教師の服装【9】ジャージはアリ?なし?ラフすぎるファッションはどうなの?

アディダスのジャージを使った教師の服装

体を動かしたり、汚れるたりする機会が多いと、「ジャージ」が最も都合が良い服装だと感じることだと思います。

しかし、運動会の時期を例外として、一日中ジャージで過ごすのは避けましょう。あまりにもラフすぎますし、「教師」としての威厳を示すことができません。

もちろん、体を動かすシーンや、種植えや土づくりのように汚れる恐れがあるシーンでは、ジャージがベター。汚れを気にしていては、授業に集中することはできません。その際には、面倒かもしれませんがその都度ジャージに着替えましょう。

シーン別・教師の服装【1】入学式には明るいカラーのスーツを

スーツ

お祝いの式典である入学式。服装も白やベージュなどの明るいカラーのスーツを選んで、祝福と歓迎の気持ちを表すようにしましょう。足元はヒールが高過ぎないパンプスを。アクセサリーは、コサージュやブローチで胸元を華やかにしたり、上品なパールのネックレスを付けたりするのが一般的です。

新任で「リクルートスーツしか持っていない」という場合は新しく購入を。入学式は毎年行われる行事なので、長く活躍してくれますよ。

シーン別・教師の服装【2】授業参観にはきちんと感の高いスーツで

スーツ

保護者を迎えて授業を行う授業参観。授業参観後に保護者懇談会が行われることも多いので、きちんと感のあるスーツを着ましょう。おしゃれであるかどうかよりも、TPOをわきまえることができて頼りがいのある先生であるように見られることが、保護者からの信頼を築くためには重要です。

テーラードジャケットとひざ丈のスカートのセットアップなら、流行に左右されずに長く使えますよ。インナーはシンプルで胸元の開きが広くないものを選びましょう。アクセサリーも控えめに。

シーン別・教師の服装【3】遠足には動きやすいスウェット×パンツで

スウェット

たくさん歩く遠足では、動きやすい服装であることが大前提。しかし、授業の一環でもあるので、ラフ過ぎるコーデはNGです。トップスは伸縮性があって着心地のよいスウェットやカットソーを。ビッグシルエットのものはトレンドではありますがだらしなく見えがちなので、ボトムスにインしましょう。

ボトムスはスカートやショートパンツは避け、歩きやすいパンツを。ジャージやデニムは教師の服装としてはカジュアル過ぎてふさわしくないとされているので、他の先生達も多く履いている場合を除いて避けるのが無難です。

シーン別・教師の服装【4】学校説明会はスーツがマスト

スーツ

始業式・終業式を含む式典や、家庭訪問など保護者の目に触れる機会にはスーツを着ることが求められます。学校説明会も保護者の前に出ることになるので、スーツを着るようにしましょう。ダークカラーのパンツスーツなら、クールで落ち着いた雰囲気に見せることができますよ。優しげに見せたい場合は、ベージュやライトグレーなどベーシックでありつつ柔らかい色味のものを選びましょう。

シーン別・教師の服装【5】運動会・球技大会は上下ジャージでもOK

ジャージ

普段の授業や保護者や来客と会うようなシーンでは、基本的にはジャージはNG。しかし、上下ジャージでもかまわないのが運動会や球技大会のようにスポーツを行う行事の場合。このときは、動きやすさや汚れてもよい服装であることが求められるので、このような行事でもスーツを着ていると逆に場違いになってしまいます。足元もスニーカーがベストです。

シーン別・教師の服装【6】修学旅行にはプルオーバー×ワイドパンツで爽やかカジュアルに

ワイドパンツ

服装の自由度が高いのが修学旅行。しかし、あくまで引率なので派手過ぎたり露出が多かったりする服装は避けましょう。また、スカートよりも動きやすいパンツの方がよいでしょう。

例えば、ワイドパンツに白のプルオーバーを合わせれば、明るい雰囲気の爽やかなカジュアルコーデに。チェックポイントで長時間立っていることもあるので、足元はヒールの低い履きなれたパンプスか、スニーカーがよいでしょう。

シーン別・教師の服装【7】文化祭にはほどよくきちんと感のあるコーデに

シャツ

運動会ほどではなくても、動き回ることが多い文化祭。動きやすいパンツスタイルがおすすめです。しかし、保護者も訪れるのできちんと感はキープしたコーデを目指しましょう。センタープレスパンツに白シャツを合わせたオフィスカジュアルのようなコーデなら、動きやすさもきちんと感も両立できますよ。

シーン別・教師の服装【8】三者面談はジャケット着用で

スーツ

生徒の進路や成績について保護者や生徒と話す三者面談。保護者に会うので、やはりスーツを着るのが基本です。生徒の将来に関わる話をするので、こちらも真剣に考えているということが伝わるような服装を心掛けましょう。ノーカラーのジャケットにタックの入ったブラウスを合わせると、きちんと感が高いのに女性らしい柔らかさを残したコーデに仕上がります。

シーン別・教師の服装【9】卒業式にはブラックフォーマルを

ブラックフォーマル

同じ式典でも入学式と異なり、卒業式ではブラックフォーマルを着るのが一般的です。保護者の場合は、ネイビーやチャコールグレーのようにダークカラーのスーツを着ることもありますが、教師の服装としては礼服としてブラックフォーマルを着ます。

ブラックフォーマルはお葬式や法事などの弔事にも着るので、喪服のように見せないためにはインナーにフリルブラウスやボウタイブラウスを選んだり、コサージュを付けたりして華やかさをプラスするのがポイントになります。

なお、ブラックフォーマルは黒の深みがリクルートスーツとは異なるので、同じ黒のスーツでも代用することはできないので注意しましょう。他の先生方はブラックフォーマルを着ていることが多いので、並んだときに差が目立ってしまいます。

また、卒業生の担任を持っていた場合は袴を着ることもあります。この場合は、生徒よりも派手にならないように色無地や訪問着に単色の袴を合わせるようにしましょう。大学の卒業式のような袴はNGです。

いかがでしたか?今回は、教師にふさわしい服装を18パターン厳選してご紹介しました。教師の服装に求められるのは、「きちんと感」と「清潔感」。校種によっては動きやすさ等も必要ですが、この2つを基本とすれば失敗することはまずありません。ぜひ参考にして、教師にふさわしい服装に仕上げてください!