FASHIONNOV.25.2018

1月の服装を徹底解説!寒さに負けないおしゃれコーデ9選

本格的な寒さを迎える、「1月」。しっかりと防寒対策をしつつも、おしゃれなコーディネートを楽しみたいところです。そこで今回は、1月におすすめの服装を9パターン厳選してご紹介します!地域別・気温別のおすすめコーデをチェックしましょう。
本格的な寒さを迎える、「1月」。しっかりと防寒対策をしつつも、おしゃれなコーディネートを楽しみたいところです。そこで今回は、1月におすすめの服装を9パターン厳選してご紹介します!地域別・気温別のおすすめコーデをチェックしましょう。

1月の服装はこれで安心!地域や気温別におすすめコーデを解説

ダッフルコートを使った1月の服装
1月には本格的な寒さを迎え、誰もが防寒対策に力を入れるはず。日本ではどんな地域でも基本的に最高気温は10度以下、そして年によっては1月が1年の中でも最も寒い月であるため、寒さ対策を心掛けつつ日々のコーデを考えなければなりません。

そこで今回は、1月におすすめの服装を9パターン厳選してご紹介します!地域別や気温別でおすすめのコーデを解説しますので、観光地へご旅行の予定がある方もぜひ最後までご覧ください。

1月の服装【1】暖かい沖縄ではカーディガンで秋らしい装いに

カーディガンを使った1月の服装
1月に、沖縄へ観光に出かける方も多いはず。基本的には年中暖かいというイメージを持たれがちな沖縄ですが、1月にもなるとやや肌寒く感じます。統計によると平均気温は17度で最高気温は20度ほどと、比較的過ごしやすい日々が続くのですが、15度を下回る日もありますので、さっと羽織れるアウターを用意しておくと良いでしょう。

イメージとしては、秋や春の服装がベスト。例えば、薄手のTシャツにニットカーディガンを羽織ったような、肌寒さに対応できるコーディネートがおすすめです。沖縄では1月半ばにもなると、陽射しが暖かく感じられ上着なしでも過ごしやすいため、さっと脱ぎ着できるようなアウターが必須です。

1月の服装【2】東京では防寒対策が必須!露出を控えて乾燥対策も忘れずに

ダウンジャケットを使った1月の服装
東京の冬は、5度前後と本格的な寒さを記録するため、しっかりと防寒対策を行いましょう。ダウンジャケットなどの暖かいアウターはもちろん必要ですが、手袋やマフラーなどもあると安心です。そこでダウンジャケットを女性らしく着こなすなら、フレアスカートを合わせてみて。もちろん足元は露出を抑えるために、タイツやレギンス、長めの靴下が必須です。

また、東京の冬は晴れの日が多く過ごしやすいのですが、乾燥しやすいところが注意すべきポイント。 東京へ旅行へ出かける際には、防寒だけではなく乾燥対策も欠かさずに行ってください。肌の露出部分をできる限り減らし、肌の潤いを逃さないように工夫することが乾燥対策において大切です。

1月の服装【3】京都では積雪も珍しくない!足先まで暖かい格好を

ストールを使った1月の服装
1月の京都は寒さが厳しく、山間部や日本海側北部では積雪も見られます。とは言え京都市内の天気は比較的安定しており、晴れの日も多いため、観光に支障をきたすことはないでしょう。平均気温は東京と比べるとやや高く、10度前後。もちろん朝晩は0度近くまで下がりグッと冷え込むため、防寒対策はしっかりと行ってください!

やはり寒い地域で活躍するアウターと言えば、「ダウンジャケット」。きれいめに着こなしたい方は、「UNIQLO」のダウンジャケットのようにコンパクトなサイズ感のものを選ぶと良いでしょう。また、ボトムスを冬素材のものに変えたり、スヌードを首に巻いたりと、冬の装いに仕上げると安心です。

1月の服装【4】パリの朝晩は氷点下にも!日本と変わらず暖かい格好が必須

ニーハイブーツを使った1月の服装
お正月休みを使って、海外へ旅行をする方も多いはず。そこで1月にフランス・パリを訪れる際にも、日本と変わらずにしっかりと防寒対策を行いましょう。パリの1月の平均気温は、5度前後。さらにこの季節は晴天日が少なく、日照時間も短いため、気温よりも寒く感じることもあります。

そこでおすすめのコーディネートは、ロングコートやブーツでしっかりと防寒ができるスタイル。冬のフランスでは鉄板のアイテムですので、これらを使ってコーデを組むと間違いはないでしょう。パリらしくおしゃれな雰囲気に仕上げるなら、モノトーンアイテムでシックなスタイルにまとめてみて。

1月の服装【5】イタリアは真冬の真っ盛り!厚手のコートが必須

ダウンジャケットを使った1月の服装
イタリアの1月は、一年の中で最も寒い月。とは言え地域によって気温に大きな差があり、ミラノやベネチアは最高気温5度前後、フィレンツェやローマ、パレルモは最高気温10〜15度を記録しますので、観光する地域に合わせてコーデを考えてください。また、北イタリアでは朝晩は氷点下を記録し、雪が降ることもしばしばですので、しっかりと着込んで外出しましょう。

1月のイタリアでは、ダウンコートや厚手のコートを羽織っている方がほとんど。したがって、東京の1月の街中と同じような服装で問題ありません。厚手のトップスにダウンジャケット、パンツ、そしてマフラーや手袋で防寒対策を徹底しましょう。

1月の服装【6】気温-5度以下の雪国なら靴まで防寒対策を

 
最低気温-5度以下を記録する雪国では、とにかく防寒対策を徹底して。北海道の最低気温は、札幌や函館では-7度程度、そして旭川では-10度以下を記録します。他の地域とは比べ物にならないほどの本格的な寒さとなっているので、見えない部分でも暖かい格好を心掛けましょう。

北海道では一面が雪景色ですので、スノーブーツは必須。観光で歩き回るのならなおさら、スノーブーツを必ず履きましょう。アウターはフード付きのダウン、インナーは厚手のシャツやニットが望ましいです。また、ヒートテックを重ね着したり、カイロを貼ったりと、内側からも防寒対策を行ってください!

1月の服装【7】最高気温が氷点下ならモッズコートで寒さ知らずの着こなしに

モッズコートを使った1月の服装
最高気温が氷点下なら、先ほどと同じように防寒対策を徹底すべき。例えばアウターはフード付きのモッズコート、足元はスノーブーツなどで、暖かく雪にも対応できる格好を心掛けましょう。トップスは、ニットにインナーを重ね着して、厚着を心掛けて。ボトムスは、雪国では露出を抑えるためにもパンツスタイルが鉄板です。

北海道では外は寒いのですが、室内は暖房が効いていて非常に暖かいです。外と室内の気温差が大きいため、さっと脱ぎ着して体温調節できるような格好がベストだと言えます。しっかりと着込んで厚着をするのは防寒対策に必須ですが、暑いと感じた時に脱げないのも困りものですので、適度な重ね着がマストです。

1月の服装【8】最高気温5度以下ならチェスターコートで暖かくもスタイリッシュに

チェスターコートを使った1月の服装
最高気温が5度以下でも、防寒対策をしながらおしゃれな着こなしに仕上げることが可能です。例えば、厚手のチェスターコートを羽織って洗練された大人の着こなしに。チェスターコートは、カジュアルにもきれいめにも決まる使い勝手の良い冬アウターですので、1着は持っておきたいところです。

インナーはニットトップス、パンツは冬素材のパンツで、とことん暖かく仕上げたコーデ。足元はサイドゴアブーツをチョイスし、ボトムスの裾を入れ込むと足元まで暖かいのでおすすめです。ベレー帽を被り、頭の寒さ対策をしつつもスタイリッシュな雰囲気にまとめてみてはいかがでしょうか。

1月の服装【9】最高気温が10度ならトレンチコートをさらっと着こなして

トレンチコートを使った1月の服装
最高気温が10度なら、トレンチコートをさらりときこなしてみて。トレンチコートは秋冬に活躍するアウターではありますが、10度くらいの気温なら着用しても問題ないでしょう。トレンチコートは、オーバーサイズ気味のものだと一気にトレンド感のあるスタイルに仕上がるのでおすすめです。

ベーシックな無地のニットトップスにワイドパンツで、シンプルながらも洗練されたおしゃれな着こなし。コーデ全体を落ち着いた色味でまとめることにより、冬らしい装いが完成します。足元はコンバースのスニーカーで抜け感を意識し、イマドキのスタイルに仕上げると良いでしょう。
いかがでしたか?今回は、1月におすすめのおしゃれなコーディネートを、地域や気温別に一挙ご紹介しました。比較的暖かい沖縄を除き、地域によって平均気温に若干の差はあるものの、基本の着こなしは変わりありません。厚手インナーに冬アウターを羽織り、露出を抑えて真冬の装いに仕上げてください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。