FASHION
JUN.18.2020

気温30度の日の服装は?真夏日の大人女子的おしゃれコーデ18選

気温30度の日の服装は?真夏日の大人女子的おしゃれコーデ18選 気温30度の日の服装は?真夏日の大人女子的おしゃれコーデ18選

気温30度の真夏日は、着心地も見た目も涼しいのはもちろんおしゃれでいたいのが大人女子。ただ毎日暑いとついついおしゃれがおろそかになってしまいますよね。そこで今回は、気温30度の日におすすめのシンプルでおしゃれな服装をご紹介します。

【目次】

気温30度の日の服装選びのポイントをコーデを使ってご紹介!

 

真夏日と呼ばれる気温30度が続く時期は、暑さでおしゃれがおろそかになってしまいがち。ついついコーデが単調になって、毎日のスタイリングがマンネリになってしまいます。

そこで今回は、気温30度の真夏日でも大人女子らしいおしゃれが叶う着こなしをご紹介します。どの着こなしもシンプルなのにおしゃれで涼しげな夏コーデばかり。ぜひ真夏日のコーデの参考にしてください。

まずは、気温30度の日の服装選びのポイントを、着ていて涼しいのにおしゃれ見えするアイテムに注目してご紹介します。

気温30度の日におすすめの服装をチェック!

気温30度の日におすすめの服装【1】アイテム選びのポイント:リネンアイテム①春から真夏の羽織りに大活躍するリネンシャツ

気温30度の日におすすめの服装

気温30度の日は、着ていて涼しくて汗をかいてもさらりとした着心地の素材のものが着たくなりますよね。リネンは通気性が良くて汗をかいても肌に張りつかないので真夏日に最適な素材です。

白タンク×リネンのベージュショートパンツにベージュのリネンシャツを羽織ったコーデは、白×ベージュのワントーンの配色やリネンの素材感が見た目から涼しげ。夏気分なメッシュバッグで清涼感をさらにプラス。

気温30度の日におすすめの服装【2】アイテム選びのポイント:リネンアイテム②リネンスカートはタイトシルエットで女っぽく

気温30度の日におすすめの服装

真夏のリネン素材ボトムの定番といえばリネンパンツですが、ネクストアイテムとして注目したいのがリネンスカート。

タイトなロングリネンスカートは涼やかさにプラスして女っぽさも演出してくれて、大人女子の真夏日コーデにぴったり。肌見せタンクや透け感のある羽織りもので白を重ねる、暑苦しくないレイヤードコーデがおしゃれな印象に。

気温30度の日におすすめの服装【3】アイテム選びのポイント:さま見えトップス①可愛げフリルトップスは黒で大人っぽく

 

気温30度の真夏日は単調なワンツーコーデで着こなしがさびしい印象になりがち。そんな日には、コーデの主役になるさま見えトップスがあると便利です。

フリルを大胆にあしらった大人可愛いノースリーブトップスも、黒なら甘さを中和して大人っぽく着られます。ボトムはシンプルな黒スキニーを合わせてトップスを引き立てて。真夏のオールブラックは、腕や足元をヘルシーに露出して抜け感を作るのがポイントです。

気温30度の日におすすめの服装【4】アイテム選びのポイント:さま見えトップス②秋の30度の日は長袖シャツを袖まくりで

 

9月や10月の気温30度の日は、秋アイテムを使った暑さをしのげる着こなしを。爽やかなストライプ柄の長袖シャツはトップスとしても羽織りとしても使えて、春から秋まで活躍してくれるアイテムです。気温30度の日は胸元を開けたり袖をまくったりして涼しげなスタイリングを。

気温30度の日におすすめの服装【5】アイテム選びのポイント:涼感ワンピを主役に①涼しくて着ていて楽な白のシャツワンピを一枚で

 

気温30度の真夏日が続くと、暑くてコーデを考えるのも億劫になってしまいます。そんな日は一枚でコーデが完成してさまになるワンピースが便利。

白のシャツワンピは、ストンとしたシルエットが着ていて楽ちんで涼しいのが真夏日に嬉しいポイント。グリーンやブラウンを添える大人の小物使いでおしゃれ感がぐっとアップします。

気温30度の日におすすめの服装【6】アイテム選びのポイント:涼感ワンピを主役に②Tシャツワンピは大人のニュアンスカラーを

気温30度の日におすすめの服装

夏は一枚で着たりパンツやレギンスと合わせる旬コーデでおしゃれに決まるTシャツワンピが活躍。大人が着るならロング丈のものやニュアンスカラーのもので人と差がつくコーデを。

チャコールグレーのロングTシャツワンピは、ニュアンスのある色合いや丈感が大人のリラックスコーデにぴったり。柄パンツの鮮やかなイエローやナチュラルな素材感の小物使いが、真夏日に似合う涼感をプラスしてくれます。

気温30度の日におすすめの服装【7】真夏の定番アイテムを使ったコーデ①:白の半袖Tシャツ×デニムは小物を効かせておしゃれ感をアップ

 

夏のヘビロテアイテムの一つが白の半袖Tシャツ。デニムに合わせるコーデは定番ですが、シンプル過ぎてコーデがさびしい印象になることも。

白のシンプルTシャツに色落ち感やサイドに入ったラインがおしゃれなデニムを合わせたコーデは、白×ライトブルーの涼しげ配色で夏らしい着こなしに。ベージュのメッシュバッグやビーサンを足すことでコーデのおしゃれ感がアップして、大人っぽくまとまります。

気温30度の日におすすめの服装【8】真夏の定番アイテムを使ったコーデ②:日焼けとオフィスの冷房対策にはUVカーディガン!

気温30度の日におすすめの服装

気温30度の真夏日はオフィスの冷房もしっかり効いているので、一日内勤だと羽織るものが欠かせません。そんな日はバッグに冷房対策のカーディガンを忍ばせて出勤しましょう。

UVカット機能付きで日焼け対策も兼ねるなら、白のカーディガンで涼やかに大人っぽく。

気温30度の日におすすめの服装【9】真夏の定番アイテムを使ったコーデ③:最高気温が30度の日は5分袖Tシャツがおすすめ

気温30度の日におすすめの服装

同じ気温が30度の日でも最高気温が30度の日なら、朝晩は気温が下がってノースリーブやキャミソールだと肌寒さを感じることがあります。

そんな日におすすめなのが5分袖Tシャツ。ゆるっとしたサイズ感のブラウンTシャツに柔らかい素材感のベージュパンツを合わせたコーデは、ニュアンスのある配色や抜け感のあるサイズ感が旬な雰囲気。肌の露出をおさえたアイテムで、気温差のある微妙な真夏の日が快適に過ごせます。

最高気温30度の日におすすめの服装をチェック!

最高気温30度の日におすすめの服装【1】アイテム選びのポイント:ノースリーブで涼しく

 

最高気温30度の真夏日は、暑さ対策できる服装を選ぶのがポイント。ノースリーブや袖口が広いTシャツなどで熱がこもらないようにしましょう。素材は、通気性の良いリネンやレーヨンが最適です。汗をかいてもベタつかないので、暑い日でも快適に過ごせます。

ピンクのノースリーブを着るなら、甘くなりすぎないようにパンツを合わせるのが大人っぽく見せるコツ。スポーティーなパンツを選べば、ヘルシーな服装に仕上がります。

最高気温30度の日におすすめの服装【2】アイテム選びのポイント:涼しげな色を選ぶ

 

最高気温が30度になる暑い日は、なるべく白やパステルカラーなどの明るい色のアイテムを使うのがおすすめです。明るい色の服は熱を吸収しにくいため、涼しいだけでなく熱中症対策にも繋がります。また、グレーなどの濃い色と比べて汗ジミが目立ちにくいのも嬉しいポイントです。

ラベンダーのトップスと白のスカートのコーデは、フェミニンなイメージ。同系色のバッグを持てば、コーデに統一感が出て垢抜けられるでしょう。

最高気温30度の日におすすめの服装【3】アイテム選びのポイント:日焼け対策を忘れずに

 

最高気温30度の日に外出するなら、日焼け対策が必須。帽子やサングラスを使って強い日差しから肌を守りましょう。

暑い時期に定番の麦わら帽子は、通気性が良く、ムレにくいのがメリット。つばが広いものを被ると顔の日焼け対策にも繋がります。髪型が崩れるのが嫌な人は、日傘などを使うのもおすすめです。

また、腕の日焼けが気になる場合は、薄手の羽織ものを取り入れた服装で対策してください。

天気別に気温30度の日の服装をチェック!

気温30度の晴れの日の服装【1】シースルーシャツで日差しを遮る

 

気温30度の晴れの日は、ジリジリと太陽が照り付けます。素肌を出すと、日光が当たって暑いだけでなく、日焼けも気になるでしょう。

そんな時は、シースルーシャツを羽織るのがおすすめです。シャツを1枚羽織れば、肌に直接太陽の光が当たらないので、暑さを軽減できます。

オーバーサイズのシアーシャツとワイドパンツを使った服装はこなれ感が抜群。派手すぎないピンクのシャツを取り入れると、大人可愛い服装になるでしょう。

気温30度の晴れの日の服装【2】寒色系のアイテムで暑さ対策

 

気温30度の晴れの日は、体感温度がかなり高くなることが多いです。黒やネイビー、濃い赤などのアイテムは生地に関わらず熱を吸収して暑いため、寒色系のアイテムで暑さ対策をしましょう。

ミントグリーンのセットアップを主役にした服装は、暑さを感じさせないさわやかな印象。白のサンダルを履くと、気温30度の日にぴったりの涼しさを感じる服装が完成します。セットアップは簡単にコーデを作れるので、時間がない時にもおすすめです。

気温30度の曇りの日の服装【1】ショートパンツでジメジメ予防

 

気温30度の曇りの日は、ジメジメと蒸し暑いことが多いです。蒸し暑さが気になる時は、思い切ってショートパンツを穿きましょう。

大人の女性がショートパンツを使うなら、幼く見えないトップスを選ぶのがポイント。露出が少ないシャツをコーディネートすると、服装のバランスが取れて子供っぽく見えません。

袖が長めのシャツを着るなら、ゆったりとしたシルエットを選べば、汗をかいても張り付かず、不快感がないでしょう。

気温30度の曇りの日の服装【2】レイヤードを楽しむ

 

気温30度の晴れの日は重ね着をするには暑いですが、日が陰っている曇りの日はレイヤードコーデもOK。いろいろなアイテムを組み合わせておしゃれを楽しみましょう。

柄入りのインナーと白ブラウスのレイヤードコーデはガーリーなイメージ。女性らしく、男性ウケを期待できるため、デートの日にも良いでしょう。ボトムスはパンツを選ぶと、可愛くなりすぎず大人っぽい服装を作れます。

落ち着いた色の小物を使えば、コーデを引き締められるでしょう。

気温30度の雨の日の服装【1】オールインワンでリラックス

 

気温30度の雨の日は、天気や気温でなんとなく気分が沈みがち。リラックスできる服装で快適に過ごしましょう。締め付けが少ないオールインワンは疲れにくく、暑い日や雨の日にも最適です。

トレンドのパフスリーブトップスをインナーにすると、オールインワンがメインのシンプルな服装でも手抜きに見えないでしょう。プラットフォームサンダルを履くと、雨の跳ね返りで足が濡れる心配もありません。

気温30度の雨の日の服装【2】レインブーツをおしゃれに取り入れて

気温30度の雨の日の服装

たくさん雨が降っている日は、レインブーツやレインシューズを取り入れるのも良いでしょう。シンプルなものや晴れの日も履けるデザインのものなら、カジュアルになりすぎず、大人っぽい雨の日コーデを作れます。

ベーシックなベージュのワンピースとネイビーのレインブーツを組み合わせた服装はナチュラル。カーディガンを肩からかけたり、クリアバッグをアクセントにしたりすると、おしゃれなコーデが完成します。

気温30度の真夏日は、コーデが単調になって着こなしにマンネリを感じてしまうことも。ただシンプルなコーデでも、アイテム選びやスタイリングを工夫することで十分おしゃれは叶います。気温30度の日を快適に過ごせる服装を選んで、大人女子らしくおしゃれを楽しんでください。