FASHIONNOV.18.2018

地域別・気温別の12月の服装!冬本番のおすすめファッションコーデ

冬本番の12月。ワードローブの主役として厚手のコートやニット、防寒小物が日々活躍する時期になります。とはいっても、地域によっては服装の雰囲気はがらっと変わります。そこで今回は、12月に最適な服装を地域別と気温別にわけてご紹介します。
冬本番の12月。ワードローブの主役として厚手のコートやニット、防寒小物が日々活躍する時期になります。とはいっても、地域によっては服装の雰囲気はがらっと変わります。そこで今回は、12月に最適な服装を地域別と気温別にわけてご紹介します。

東京の12月の気温と服装選びのポイント

 
12月の服装は冬本番ということで全国的に寒く、コートやニット、ブーツなどの防寒小物が手放せない時期です。とはいっても、北海道と東京、沖縄とでは服装の雰囲気や選ぶアイテムも変わります。そこで今回は、地域別・気温別でおすすめの服装をご紹介していきます。

まずは、服装選びで重要な気温から。地域は東京からご紹介します。

【東京の12月の気温】

2017年12月の東京の気温は平均気温6.6度、最高気温16度、最低気温-0.2度。降水量は月の合計が15mmなので、雨はほとんど降っていません。雪もまだほとんど降っていませんでした。(気象庁調べ)

12月の初旬は最高気温が10度を上回り、最低気温が5度前後の日が多いのですが、中旬以降になると、最低気温が0度前後の日が多くなります。そんな気温で推移するこの時期の東京では、どんな服装選びが最適なのでしょうか。ポイントをまとめてみました。

【東京の12月の服装選びのポイント】

■アウターは冬用の厚手のものを
最高気温が10度を上回る月の上旬の昼間は、ウールコートやニットアウターでも対応できます。最高気温が10度を下回り、最低気温が0度前後まで下がる日は、ダウンコートやミドルレイヤーのアイテムを重ねるなどの工夫が必要になります。

■アンダーウェアは高機能インナーがマストアイテム
ヒートテックなどの高機能インナーはもはや冬のマストアイテムに。

■ニットはカシミヤなど保温性が高いものを
冬はアイテムを重ねるので、着膨れするのが悩みの一つ。カシミヤニットは薄手なのに保温性が高いので着やせが叶うアイテムです。

■防寒小物が活躍
昼間が暖かくても夕方から一気に気温が下がる日もあるので、ストールや帽子、手袋といった防寒小物は必ずバッグに常備しておきましょう。

■靴下やタイツは厚手のものを
最低気温が0度前後まで下がる日は、靴下やタイツも冬用の厚手のものにチェンジしましょう。

東京の12月の服装【1】最高気温が10度以上の日:ニットにウールコートを羽織って

 
最高気温が10度以上で最低気温が5度前後までしか下がらない日は、ニット×デニムにウールコートを羽織るコーデで対応できます。

白のアラン編みのタートルニットに、黒のチェスターコートを羽織ったコーデ。シンプルなモノトーンコーデでも、ニットがアラン編みだとポイントになって大人可愛い印象に。

東京の12月の服装【2】最高気温が10度以下の日①:アウターをダウンコートにチェンジ

 
最高気温が10度を下回る日は最適気温も0度前後まで下がるので、アウターをウールコートからダウンコートにチェンジ。小物にもニット帽を投入してしっかり防寒を。真冬のコートコーデはカラーコーデを楽しむことが難しいので、チラッと見えるニットのカラーが重要です。

ネイビーのダウンコートを使ったコーデにニットのイエローを効かせて。鮮やかな発色のイエローは、沈みがちな色みの冬コーデを明るく元気な印象にしてくれます。

東京の12月の服装【3】最高気温が10度以下の日②:ディズニーコーデはコートからカラーニットをのぞかせて

 
ディズニーの冬シーズンは魅力的なイベントが多く、何度行っても楽しい時期ですが、パーク内はとても寒いのでしっかり防寒をして行きましょう。特にクリスマスや年越しイベントがある12月下旬は雪が降る可能性も高くなります。

デニムコーデにダウンコートを羽織ってフロントを閉めれば、しっかり防寒できて◎。襟元からのぞくニットのカラーを明るい印象のものにすることで、ディズニーにマッチするコーデになります。

北海道の12月の気温と服装選びのポイント

12月の北海道コーデ
12月の北海道は昼間でも氷点下の真冬日の気温になるので、東京の同じ時期の冬支度では対応ができない寒さです。ここでは、そんな北海道の気温と服装選びのポイントをご紹介します。

【北海道の12月の気温】

2017年12月の北海道の気温は平均気温-2度、最高気温8.8度、最低気温-9度。雪がほとんどの日で降っています。(観測地点は札幌。気象庁調べ)

12月の初旬から0度を下回る真冬日の気温が続きます。雪が降る日がほとんどなので、雪対策の服装選びはマストになります。そんな気温で推移するこの時期の北海道の服装選びのポイントをまとめてみました。

【北海道の12月の服装選びのポイント】

■アウターはダウンなど本格的なものを
連日平均気温が氷点下の日が続くので、アウターはダウンコートなどの冷気をシャットダウンしてくれるものがマスト。フードがついていると雪除けにもなります。コートの丈は長いものが◎。

■冷気が侵入する隙間を作らない装備を
首元にマフラー、手元に手袋、足元に厚手の靴下を着用することで、冷気の侵入を防げます。

■ニットの重ね着もあり
ニットにニットを重ねる重ね着もあり。ミドルレイヤーの保温性を高めるのがポイント。

■高機能インナーや防寒小物を駆使して
高機能インナーはマストで、重ねるのもありです。雪で髪が濡れると一気に体感が下がるので、ニット帽も必ずかぶりましょう。

■靴は雪対応のものを
靴は雪の上を歩いても滑らないものがマスト。スノーブーツなどのソールが雨や雪ですべらない仕様のものを履きましょう。

北海道の12月の服装【1】最高気温が0度以上の日:昼間のお出かけならスカートでもOK!

12月の北海道におすすめの服装
最高気温が氷点下じゃない日は、パンツ以外のファッションも楽しめます。とはいってもレギンスやタイツ、靴下の重ね履きなどしっかり足元の防寒対策をしましょう。ショート丈のダウンには、ロングニットを重ねて冷えやすい腰回りをカバーすると◎。

北海道の12月の服装【2】最高気温が氷点下の日:完全装備で冷気をシャットダウンして

12月の北海道におすすめの服装
最高気温が氷点下の日は、ボトムはパンツをはいて完全装備をしましょう。トップスの重ね着は当然ですが、ロング丈を選んで腰回りを温めると体感が違います。コートは必ずお尻が隠れる丈のものを選びましょう。パンツの下はタイツやレギンスの重ね履きを。

沖縄の12月の気温と服装選びのポイント

冬の沖縄コーデ
12月の沖縄は平均気温が15度を越えるので東京に比べてもかなり暖かい気温です。ただ、冷たい海風が吹いたり寒波もあるので、Tシャツだけで過ごすのは難しそうです。ここでは、そんな沖縄の気温と服装選びのポイントをご紹介します。

【沖縄の12月の気温】

2017年12月の沖縄の気温は平均気温18度、最高気温25.5度、最低気温13.1度。降水量は月の合計が50.5mmと少なく、雨対策は必要なさそうです。(観測地点は那覇。気象庁調べ)

12月の気温は月を通して温暖で暖かいのですが、冷たい海風が吹く時もあるので、羽織りなどの防寒アイテムは必ず持参しましょう。そんなこの時期の沖縄の服装選びのポイントをまとめてみました。

【沖縄の12月の服装選びのポイント】

■基本はTシャツや長袖トップスで
日中は20度まで気温が上がる日が多いのでTシャツで過ごせる日も多く、少し気温が下がる日のために長袖トップスも必ず持参しましょう。

■羽織りや巻き物などは必ず
海風が吹いて体感が下がる日もあります。必ず羽織や巻き物などの防寒アイテムは持参しましょう。

沖縄の12月の服装【1】最低気温が15度以上の日:キャミにはシャツを羽織り代わりに

12月の沖縄におすすめの服装
12月の沖縄の服装はTシャツなどの半袖トップスで過ごせる日も多く、キャミでもOKな気温の日もあります。ただ、海風が吹くと体感が下がって寒く感じるので、シャツをライトアウター代わりに羽織るコーデが最適です。

沖縄の12月の服装【2】最低気温が15度以下の日:ミリタリージャケットなどのライトアウターを

12月の沖縄におすすめの服装
最高気温が20度前後の日でも、最低気温が15度を下回ったり風が強い日は、ライトアウターがマストです。ミリタリージャケットは、程良い厚みがあって風はシャットダウンしてくれるので、この時期の沖縄に最適なアウター。ウインドブレーカーなどでポケッタブルなアイテムも携帯に便利でおすすめです。
12月と言っても、北の北海道と南の沖縄では服装が大きく違ってきます。さらに、上旬に比べて下旬は気温が下がるので、アウターをより厚手のものにしたりする必要もあります。旅行に行かれる方は、事前に気温を必ずチェックして最適な服装選びをしましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。