OCT.08.2019

面長におすすめのシェーディングとは?小顔に見せるためのメイク方法

面長におすすめのシェーディングとは?小顔に見せるためのメイク方法 面長におすすめのシェーディングとは?小顔に見せるためのメイク方法

顔の長さが縦に強調されてしまう面長さん。できるだけ小顔に見せたいと思っている人は多いのではないでしょうか?面長を解消するためにはメイクが効果的です。シェーディングを使った面長解消テクニックについてご紹介します。

面長のシェーディングのコツ

 

面長を解消するためのシェーディングのコツについてご紹介します。

■横に広く見せる
面長を解消するためには、横に広く見せなくてはいけません。そのため、横幅に関わる部分にはシェーディングを乗せないようにしましょう。頬骨に沿ってシェーディングを入れてしまうと、さらに縦に長く見えてしまいます。面長を解消するためには、基本的にシェーディングは横に入れることを覚えておきましょう。

■おでことあご先を削る
面長を解消するためには、おでことあご先を削って見せる必要があります。面長の場合、縦の長さを解消して横幅を強調していく必要があります。そのためにはおでことあご先にシェーディングを入れる必要があります。おでこの入れる部分に関しては、生え際に近い部分にナチュラルに入れます。

あご先も濃く入れすぎてしまうと、ヒゲのように見えてしまうので、ナチュラルに入れるようにすることが大切です。

面長さん向けのシェーディングの選び方

 

面長さんにおすすめなシェーディングの選び方についてご紹介します。

■グラデーションしやすいもの
面長さんにおすすめのシェーディングは、グラデーションしやすいものです。面長さんがシェーディングを入れる位置はおでことあご先なので、正面から見て目立ちやすいです。

フェイスラインなどにシェーディングを入れる場合は、少しくらい濃くても目立たないことがほとんどですが、正面から見て目立ちやすい部分に入れる場合は、しっかりなじませる必要があります。

色味を調整しやすいものを選んだ方が、肌になじみやすくなります。

■産毛の色に近いもの
面長さんのシェーディングは、髪の生え際の部分に使います。そのため、できるだけ髪の毛となじみやすいようなカラーを選んだ方が自然な印象に仕上がります。

髪の色や産毛の部分とあまりにも違うカラーを乗せてしまうと、不自然に目立ってしまうので、できるだけ産毛と近いものを選ぶ方法もおすすめです。

面長さん向けシェーディングの入れ方

 

面長さん向けのシェーディングの入れ方について詳しくご紹介します。

■顔に乗せる前に手で色味を確認する
シェーディングを入れる前に、まずは手につけて色味の出具合を調整していきましょう。ブラシに取ってシェーディングをそのまま乗せると、色が出てしまいます。まずは手の甲でどれくらい色味がつくのかを確認してから乗せるようにしましょう。

スティックタイプのシェーディングを使う場合も、スポンジなどに取り手の甲で色味の調整をしてから乗せた方が、自然に仕上がります。スティックタイプの場合は、1本でもグラデーションを作ることができるのでおすすめです。

■色は外側に向かって広げていく
シェーディングを実際に乗せていきましょう。おでこのシェーディングは、生え際ギリギリの部分から髪の毛に向かってぼかしていきます。もっとしっかりシェーディングを入れたいという場合は、少しずつ範囲を広げていきましょう。

あご先に入れる場合も、同じように首の方に向かってなじませていきましょう。少しずつ範囲を広くしていくことで、ナチュラルなグラデーションを作ることができます。

シェーディング以外で小顔にする方法

 

面長さんの場合、シェーディング以外にも他のアイテムを取り入れることによって、より小顔効果を発揮します。シェーディング以外で使える小顔に見せるテクニックをご紹介します。

■チークは横長に入れる
面長さんの場合、頬の余白が縦に目立ってしまうという人も多いかと思います。そんな時は、チークを横長に入れて余白を狭く見せていきましょう。縦に広く入れるのではなく、横に広く入れます。頬の中心部分からこめかみの方向に向かって横にぼかしていきましょう。

■ハイライトも横に丸く入れる
面長さんの場合、ハイライトも横に丸く入れて広く見せていきましょう。チークを入れた少し上の部分に、丸くハイライトを入れるようにしましょう。頬の下に逆三角に入れると、縦に光が入りやすくなるので、横に丸く入れることが大切です。

■ノーズシャドウは必要な部分だけ
面長さんは基本的に縦の線を引かないように工夫する必要があります。鼻を高く見せるためにノーズシャドウを引く人がいますが、縦に直線で引く方法は、面長さんにはNGです。

ノーズシャドウを入れる時は、眉の下の鼻の付け根の部分の三角ゾーンに入れるだけにしましょう。鼻先の形を工夫したいという場合は、鼻の先の部分にだけノーズシャドウを入れて、その他の部分には入れないようにすると、縦のラインが強調されずに、鼻を高く見せることができます。

面長に似合うシェーディングについてご紹介しました。面長さんはかっこよくクールな印象に見られがちで、かわいらしい印象のメイクが似合わないと思っている人も多いです。しかし、縦のラインを強調せずに、横幅を強調することで柔らかい雰囲気のあるメイクに仕上がりますよ。ぜひ試してみてください。