FASHION
2021.09.27

気温17度の服装は?ポイントと最低・最高気温・雨の日のおすすめ春秋コーデ23選を紹介

気温17度の服装は?ポイントと最低・最高気温・雨の日のおすすめ春秋コーデ23選を紹介 気温17度の服装は?ポイントと最低・最高気温・雨の日のおすすめ春秋コーデ23選を紹介

17度といえば春や秋の季節の変わり目の気温。この時期は服装に迷う時期でもあります。晴れた日、曇りの日、雨の日と天気によって違う17度にぴったりな服装について見ていきましょう。春と秋、季節別の最適な服装も合わせてチェック!

気温17度のときの服装は?コーデを決める3つのポイント

洋服を選ぶ女性

春や秋の気温が17度になるような日は、どんな服装がベストなのか迷いますよね。まずはコーデを決める3つのポイントをご紹介します。

ポイント①|気温17度は最高気温?それとも最低気温?

17度といっても、最高気温か最低気温かでコーディネートは異なります。

季節の変わり目で、朝晩は寒いけれど昼間は気温が上がって17度に届くという場合や、最低気温が17度で日中はかなり暖かく気温が上がる……などいろいろなパターンが考えられるといえるでしょう。

最高気温の場合は朝晩は肌寒さを感じる場合があるのでアウターを持っておきたいところ。最低気温の場合は暑さを感じた時に調節できるように工夫しましょう。

ポイント②|アウターで温度調節を

気温17度は厚手のトップス1枚でも過ごせる季節ですが、アウターで温度調節をするのがおすすめ。

日によっては風が強かったり日差しが無かったりすると少し寒く感じることもあるので、シャツや薄手のカーディガン、ストールなどの羽織ものがあると安心です。

ただ最低気温が17度の日は、日中は20度を超えることも多く、日差しが当たると暖かいので、インナーは薄手のシャツやブラウス、半袖のTシャツでOK。アウターも薄手のものを選ぶようにしましょう。

ポイント③|天候もチェック

気温17度の日の中でも天候をチェックするのをお忘れなく。というのも、天候が良い日だとそうでもないけれど雨の17度だと結構寒く感じる……など天気によっても服装は変わってくるからです。雨の日は足元のチョイスを工夫するだけではなく、寒さを感じがちなのでしっかりと羽織りを持っておくようにしましょう。

気温17度のときのおすすめのアイテム・アウターは?

洋服を選ぶ女性

では、続いては気温17度の日のおすすめアイテムやアウターをご紹介します。最高気温・最低気温に分けてお伝えするのでぜひ参考にしてくださいね。

最低気温17度のときのおすすめアイテム・アウター

・長袖トップス×薄手の羽織り
・パーカー
・シャツワンピース
・カットソー
・リネンシャツ
・ブラウス

最高気温17度のときのおすすめアイテム・アウター

・デニムジャケット
・マウンテンパーカー
・トレンチコート
・ミリタリージャケット
・ライダース
・ボアコート
・ニットカーディガン

春夏 × 気温17度のおすすめの服装・コーデ

まずは、気温17度の春夏にぴったりのコーディネートをご紹介します。

春夏の気温17度コーデ【1】薄手のワンピースにニットカーディガンを羽織って

ニットカーディガン

昼間は暖かくても、朝夕は肌寒くなりやすい最高気温17度の日。軽めのアウターは必須です。日中はアウターいらずでも、日が暮れる夕方から夜には肌寒くなるので、バッグにカーディガンなどを入れて出かけましょう。ビッグシルエットのニットカーディガンは、さらっと羽織れて気温17度の日にはぴったり。

さらりと着られる薄手のワンピースに重ねてトレンドライクな着こなしに。温かさも増すので、薄手でも寒く感じずに過ごせますよ。

春夏の気温17度コーデ【2】アクティブに動く日にはパーカーを

パーカー

アクティブに過ごす休日には動きづらいアウターは着たくない……という人におすすめなのがパーカーです。

シンプルな裏毛パーカーやメンズサイズのゆったりパーカーを着れば、華奢に見えも実現。17度の気温におすすめです。

春夏の気温17度コーデ【3】ギンガムチェックで春めいた印象に

ギンガムチェック

トレンドが継続しているチェック柄。春なら爽やかな印象のギンガムチェックがおすすめです。春らしいイエローのトップスと合わせることで、花見やピクニックにぴったりのコーデに。春らしい軽やかさを感じられるでしょう。

春夏の気温17度コーデ【4】リネンシャツで爽やかに

リネンシャツ

ナチュラルな質感で、春夏に活躍するリネンシャツ。爽やかな雰囲気を出してくれます。

デニムを合わせて思いっきりカジュアルに仕上げるのがおすすめ。さらに小物にカゴバッグやフラットサンダルを選ぶことでこなれ感を演出できます。

春夏の気温17度コーデ【5】春色のミントグリーンで季節感とトレンド感を演出

スカート

トレンドカラーになっているミントグリーン。くすんだ色味のものならかわいらしくなり過ぎず、大人女子にも使いやすいですよ。春らしいカラーでコーデに取り入れるだけで季節感を出せるのも魅力。

気温17度なら、フレアスカートにブラウスを合わせて。白×ミントグリーンで春らしいカラーコーデになります。小物はダークブラウンを選んで、全体の印象を引き締めています。

春夏の気温17度コーデ【6】デニム×シャツでブルー系のコーデに

ストライプシャツ

爽やかで春に使いやすい、ブルーデニム。ブルーのストライプシャツを合わせてまとまり感のあるコーデに。いずれもブルー系ですが、色のニュアンスや質感が違うのでのっぺりした印象になっていません。シャツワンピースを羽織りとして使うのもおすすめの時期です。

春夏の気温17度コーデ【7】ニットワンピースにパンツをレイヤード

ニットワンピース

ニットワンピースにパンツをレイヤードしたトレンド感あるコーデ。気温17度の春の日はベージュのワンピースで軽やかな印象に。パンツの色を変えることでコーディネートの引き締め具合を調節できます。

春夏の気温17度コーデ【8】ボタニカル柄ワンピースにはリネンジャケットを

リネンジャケット

春から夏にかけて使いやすい、ボタニカル柄のワンピース。気温17度ならジャケットを羽織って温度調節を。リネンジャケットなら春らしく軽やかに使えますよ。

春夏の気温17度コーデ【9】サロペットで大人かわいく

サロペット

カジュアル感がキュートなサロペット。子供っぽくならないためには、使う色数を抑えて。例えば白×グリーンなら、春らしい柔らかな雰囲気を作りつつ、洗練された大人かわいいコーデに。小物のダークカラーがコーデのアクセントになっています。

春夏の気温17度コーデ【10】ミリタリージャケットでベーシックアイテムを今っぽく

ミリタリージャケット

カジュアルで今っぽい印象を作りやすいミリタリージャケット。ブラックのワンピースというベーシックなアイテムにさらっと羽織るだけでコーデをアップデートできますよ。

秋冬 × 気温17度のおすすめの服装・コーデ

続いて、秋冬の気温17度の日にぴったりのコーディネートをご紹介します。

秋冬の気温17度コーデ【1】ジャケットを使って

ジャケット

夏から秋に向かう17度の時期は、重ね着をして秋らしさを出したくなります。ホワイトのデニムジャケットであれば軽やかさも出ておすすめ。

ジャケットに袖を通すのはまだ暑いかも……という時は肩掛けにしてもいいでしょう。

秋冬の気温17度コーデ【2】秋色を意識して

スカート

「寒い」とまではいかないけれど、本格的な秋のおしゃれを楽しみたいのが気温17度の頃。

そんな時期は、ジャケットを羽織らなくてもおしゃれに決まる着こなしがおすすめ。色使いや小物合わせで秋らしさを演出すれば無理せず秋コーデでお出かけできそうですね。

秋冬の気温17度コーデ【3】秋の通勤はダブルジャケットでマニッシュに

ジャケット

カジュアルなアイテムもかちっとした雰囲気に変えてくれるテーラードジャケット。中でもダブルになっていたり金ボタンがついていたり、とクラシカルでマニッシュなデザインのものが、今の気分にはマッチします。

柔らかい印象を加えてくれるキャメルのジャケットにはブラウンのトップスを合わせて秋らしいカラーリングに仕上げましょう。

秋冬の気温17度コーデ【4】秋のデートはラテカラーでかわいらしく

スカート

気温17度の秋のデートはほどよく心地よさを感じる気候。ニット1枚でお出かけするのもいいでしょう。

デートの際はブラウンのトップスにベージュのスカートを合わせたラテカラーでまとめてみて。フェミニンさと大人っぽさを両立できます。

秋冬の気温17度コーデ【5】女子会にはフーディーでトレンドライクに

フーディー

特にトレンド感を意識したい女子会。旬アイテムのフーディーとプリーツスカートの組み合わせなら、間違いのない女子会コーデに。ボトムスにはグリーンを取り入れてトレンドライクに仕上げています。

秋冬の気温17度コーデ【6】カフェで過ごす日はスウェットワンピースでリラックス

スウェットワンピース

カフェでゆっくり過ごす日には、着心地のいいスウェットワンピースでリラックスコーデを。インナーにカットソーを仕込めば少し肌寒さを感じる日でもワンピース一枚で過ごせるでしょう。

秋冬の気温17度コーデ【7】ボアジャケットは薄手のインナーと合わせて

ボアジャケット

ふわもこ感がかわいいボアジャケット。トレンドアイテムなので、羽織るだけで旬な印象を作れます。

温かいので、インナーによっては初冬まで使うことができます。気温17度ならインナーはTシャツやカットソー、薄手のワンピースを合わせるとちょうどよく過ごせますよ。

秋冬の気温17度コーデ【8】ライダースジャケットで甘辛MIXコーデに

ライダース

クールな印象のライダースジャケット。冷たい風をしっかり防いでくれるので、風が強い日でも寒く感じずに過ごせます。プリーツワンピースと合わせれば、甘辛バランスのいいMIXコーデに仕上がりますよ。

小物をライダースに合わせて黒で統一しているので、まとまり感があります。

秋冬の気温17度コーデ【9】薄手トップスにはノーカラーコートをプラス

ノーカラーコート

気温17度なら薄手のニットなどのトップス一枚だと、冷え込みがちな朝や夜には寒く感じてしまうのでアウターが必要。ノーカラーコートを合わせて、大人のきれいめカジュアルに仕上げましょう。

秋冬の気温17度コーデ【10】カットソーにはニットベストをレイヤード

ニットベスト

トレンドコーデとなっているニットベストのレイヤード。気温17度には一枚だと寒く感じてしまうカットソーも、ニットベストをプラスすればまだまだ活躍してくれます。チェック柄スカートを合わせて季節感のあるコーディネートを組むのがいいでしょう。

雨・曇りの日の気温17度の服装・コーデ

ここからは、雨や曇りの17度の日に合うコーディネートをご紹介します。

雨・曇りの日の気温17度コーデ【1】ナイロンジャケットをオン

ナイロンジャケット

水に強いナイロンジャケットは気温17度の雨の日にぴったり。きれいめに着こなしたい場合はパンツと撥水加工されているパンプスを合わせるとバランスが取れます。

ボトムスは淡い色味は避けた方が安心ですが、もし履くようであれば裾が短めのものをチョイスするのがおすすめです。

雨・曇りの日の気温17度コーデ【2】マウンテンパーカーで大人カジュアルに

マウンテンパーカー

濡れても気になりにくいマウンテンパーカーも、雨の日に活躍してくれる一着。カジュアルなアイテムなので、広がらないシルエットのワンピースとブーツを合わせて大人っぽく仕上げるのがおすすめです。

雨・曇りの日の気温17度コーデ【3】カーディガンを羽織って寒さ対策を

カーディガン

同じ17度でも、雨のせいで肌寒さを感じることもあるため、トップス1枚よりもカーディガンを羽織ったコーディネートの方が安心です。ロングブーツであれば足元の濡れも気になりません。

気温が17度の時期は最高気温が17度でも最低気温が7度くらいになる日もあって、意外と寒い!下着、インナー、アウターの3種類で調整をして、快適でおしゃれな着こなしを目指しましょう。

related articles