FASHIONAUG.30.2019

29度の服装をマスター!レディースのおすすめコーディネート19選

夏も本番を迎えた頃、気温29度を記録する日も珍しくありません。少し動いただけでも汗が滲むこの季節、どのような着こなしなら快適に過ごすことができるのでしょうか。そこで今回は、気温29度におすすめのコーディネートをご紹介します!
夏も本番を迎えた頃、気温29度を記録する日も珍しくありません。少し動いただけでも汗が滲むこの季節、どのような着こなしなら快適に過ごすことができるのでしょうか。そこで今回は、気温29度におすすめのコーディネートをご紹介します!

29度の服装はこれで決まり!暑い日にぴったりの着こなしをチェックしよう

レースブラウスを使った29度の服装
いよいよ夏も本番を迎えた頃、「29度」くらいの暑い日々が続きます。もちろん春でも、最高気温が29度まで上がる夏日を観測する日もそう珍しくはありません。そこで、熱中症の危険も感じられる29度の日には服装選びが難しいかと思いますが、実際のところどのようなファッションがふさわしいのでしょうか。

今回は、気温29度におすすめの服装を9パターンピックアップしてご紹介します!オトナ女子にぴったりのスタイルを厳選しつつ、おしゃれな着こなしのポイントまで徹底解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

29度の服装【1】春の朝晩は肌寒い!軽めの羽織りものも用意して

シャツを使った29度の服装
地域によっては、春でも日中に気温29度を記録することがあります。ただしこの季節、日中は暑くても朝晩は一気に冷え込むため、夏本番の装いにまとめるのは避けましょう。例えば薄着をしつつも軽めの羽織りものを用意して、気温の変化に対応できるよう心がけてください。

タンクトップにリブニットパンツで軽やかなスタイルには、薄手のシャツを羽織ってあげるとOK。ワイドパンツで重心を下に持ってきている分、上半身はコンパクトにまとめると、スタイルアップを狙うことが可能です。シャツは前だけウエストインして、こなれた雰囲気を演出しましょう!

29度の服装【2】ノースリーブニットで涼しげなスタイルに

ノースリーブニットを使った29度の服装
夏の暑い日には、ノースリーブニットを1枚でさらっときこなすのもOK。涼やかな夏の装いで、暑い日を快適に過ごしましょう。ただしスリーブレスで肌の露出をする分、その他は露出を控えめにして、やりすぎ感のないヘルシーな肌見せを目指してください。

爽やかなくすみグリーンのノースリーブニットには、ベージュのワイドパンツを合わせて優しげな印象に。さらに首元にはスカーフをプラスすると、さりげなく露出を抑えつつ、上品な雰囲気を演出できるのでおすすめです。

29度の服装【3】シアーなシースルーアイテムで夏らしい装いに

シースルースカートを使った29度の服装
暑い夏にぴったりの素材といえば、ズバリ「シースルー」!透け感のあるシアーなシースルーアイテムは、夏らしく爽やかでも清楚感があり、品良く見せてくれるところがポイントです。暑い日には、見た目も着心地も涼やかなシースルーアイテムで、軽やかにまとめてみませんか?

シースルーによる肌の露出感に抵抗がある方は、さりげなく透け感を取り入れられるものを。例えば、裾部分がシースルーとなったマキシ丈スカートなら、上品なエアリー感で問題なく着こなすことができるでしょう。また、エレガントな花柄スカートには、あえてカジュアルなTシャツを合わせてこなれた雰囲気に。

29度の服装【4】タンクトップにシャツワンピをさらっと羽織って

シャツワンピを使った29度の服装
できる限り薄着をしたけど露出は控えたい、そんなあなたは軽めの羽織りものをプラスするとOK。例えば肌の露出には、薄手の「シャツワンピ」をガウン代わりにさらっと羽織り、きちんと見えを狙ってみてはいかがでしょうか。

白のタンクトップに、ベージュのリブワイドパンツを合わせたコーディネート。これだけだとリラックス感が強いものの、ナチュラルな風合いのロングシャツワンピを羽織るだけで、こなれた雰囲気の大人ファッションが叶います。さらに足元はサンダル、カバンはクリアバッグで、とことん涼しげにまとめて。

29度の服装【5】ティアードブラウスで軽やかに見せて

ティアードノースリーブを使った29度の服装
この季節におすすめしたいのが、「ティアードブラウス」です。そもそもティアードとは、ギャザーやフリルを何段も切り替えたデザイン。ふんわりとしているため涼やかに着こなせる上に、さらっと着こなすだけで美しいシルエットが完成することから、今オトナ女子の間でも話題のアイテムです。

広がりがあってボリューミーな、ベージュのノースリーブティアードブラウスを主役としたコーディネート。ブラウスはコットンやリネン素材だと、暑い日でも快適に着こなせるのでおすすめです。さらにボトムスは、ホワイトのタイトスカートをチョイスし、清楚かつ女性らしい雰囲気にまとめましょう。

29度の服装【6】ワンショルトップスでハンサムレディに

ワンショルトップスを使った29度の服装
2019年最も注目されていると言っても過言ではないアイテムが、ズバリ「ワンショルダートップス」!その名の通りどちらか一方の肩のみを露出させるトップスで、ヘルシーに肌見せが叶うことから、オフショルに次ぎ話題を呼んでいるのです。

特に暑い日には、ワンショルダーのタンクトップで大胆に肌見せ!ボトムスは、ややゆとりのあるテーパードシルエットのデニムパンツをチョイスして、『デキる女』風のこなれ感を演出しましょう。さらに首元にはスカーフをオンすると、大胆な肌見せも品良く見えるのでおすすめです。

29度の服装【7】オーバーサイズTでリラックス感を

Tシャツを使った29度の服装
さらにこの季節におすすめしたいのが、「オーバーサイズ」のTシャツ。ゆとりがあるため爽やかな風をふわっと含むことができ、夏でも涼しく快適に過ごすことができるのです。さらに、今っぽいゆるっとしたシルエットが完成するため、いつものカジュアルコーデをアップデートさせたい方にもおすすめできます。

グレーのバックプリントTシャツには、薄色のデニムスキニーパンツを合わせて、とことんカジュアルな装いに。Tシャツがゆったりとしている分、ボトムスは極力タイトなものをチョイスして、メリハリのあるシルエットを作り上げましょう。そうすることにより、カジュアルながらも華奢な女性らしさを演出することができるのです。

29度の服装【8】リネン素材で暑い夏でも快適に過ごそう

リネンスカートを使った29度の服装
暑い日に注目すべきは、お洋服のデザインだけではありません。この季節に大切なのは、第一に「素材選び」と言っても過言ではないでしょう。例えば夏素材として一般的な「リネン」は、水分や汗を素早く吸い取り、発散させることができる優秀な素材。さらにさらっとした肌触りで肌に優しく、着心地の良さが抜群であるところも魅力的です。

例えば、リネンシャツやリネンのタイトスカートを使って、夏にぴったりの涼しげな装いに。インナーは白のタンクトップをチョイスして、清涼感を引き立てると良いでしょう。足元はフラットなサンダルで、抜け感をプラスするとおしゃれ。

29度の服装【9】長袖なら透け感のあるサマーニットを

デニムパンツを使った29度の服装
「長袖を涼しげに着こなしたい!」とお望みの女性におすすめしたいのが、「サマーニット」です。サマーニットとは、その名の通り夏に着用することを目的としたニットで、綿や麻素材を使用することで通気性・吸水性・肌触りを叶えたもの。ニットとはいえど薄手で軽いため、夏でも暑苦しく見えないところも嬉しいポイントです。

透け感のある長袖のサマーニットには、タンクトップを仕込んであげるとOK。さりげなく肌感を演出することができるため、大胆な肌見せに抵抗をお持ちの方にもおすすめの着こなしです。ボトムスはカジュアルなデニムパンツを合わせて、色っぽさを抑えると大人の着こなしが叶うでしょう。

最高気温29度の服装:薄手の羽織りもので温度調節を

タンクトップ
最高気温29度の日、というのは大体5月や9月頃の気温です。日中は暑くても朝晩は肌寒く感じることもあります。そのため、温度調節ができる薄手の羽織りものがあると便利。

トレンド感を意識するなら、シャツを前開きにして羽織るのがおすすめ。こなれた雰囲気を出せますよ。

最低気温29度の服装:風通しのよいワンピースで涼しく

ワンピース
最低気温が29度の日、というのは8月の中でも特に暑い日です。日中も酷暑になることが多いので、涼しく感じられる服装であることが大事です。

ゆったりとしたシルエットのワンピースは体を締め付ける箇所がなく、風通しがよいので猛暑日にはぴったり。さらにノースリーブのものを選び、足元もサンダルをチョイスして、少しでも涼しく過ごせるようにしましょう。

天気別・気温29度の服装【1】晴れの日は日差し対策が必要

ワンピース
気温29度で晴れた日は、気温の高さだけでなく日差しの強さに対する対策も必要です。黒やネイビーなどのダークカラーだと、太陽の熱を吸収してしまうので、白や薄いベージュなどの明るいカラーを選ぶようにしましょう。

また、ストローハットやキャップなどの帽子も日差しを避けるには効果的。コーデのアクセントにもなりますよ。

天気別・気温29度の服装【2】曇りの日は五分袖シャツでもOK

ブラウス
きつい日差しがない曇りの日は、気温29度でも比較的快適に過ごしやすいもの。電車内やオフィスでは冷房が効いていて肌寒く感じることもあるので、半袖ではなく五分袖を選ぶとちょうどよいでしょう。

足元もソックスをプラスして、ファッションのポイントにしつつ、足先の冷え対策を。

天気別・気温29度の服装【3】雨の日は黒のクロップドパンツで泥ハネ対策を

クロップドパンツ
激しく降ることも多い、気温29度の日の雨。ボトムスに泥ハネをしてしまうと、一日ブルーになってしまうので、裾が汚れにくいクロップド丈のパンツがおすすめです。また、万一泥ハネしても汚れが目立ちにくいダークカラーを選ぶのもポイントです。

アイテム別・気温29度の服装【1】スカートはマキシ丈で日差しをカット

マキシスカート
トレンドが続いているロング丈スカートは、着心地は涼しいのに日差しも遮ってくれる優れもの。リネン素材のものなら、見た目にも涼しく、夏らしいリラックス感もあります。茶系でまとめたり、レオパード柄の小物をプラスしたりすれば、そろそろ秋っぽいコーデを楽しみたくなる夏の終わりにもぴったりです。

アイテム別・気温29度の服装【2】パンツはワイドパンツなら履き心地快適

ワイドパンツ
気温29度の日は、スキニーなどぴったりしたシルエットのパンツを選ぶと汗で肌に張り付いて不快に感じることも。ワイドパンツなら、風通しがよく涼しく履けるので、履き心地も快適です。足元もサンダルで涼やかに。

アイテム別・気温29度の服装【3】ワンピースはレイヤードで変化を付けて

ワンピース
涼しく着られるけど、コーデがいつも同じ印象になりがちなワンピース。マンネリが気になるなら、キャミワンピースにタンクトップをレイヤードしたスタイルにトライしてみましょう。タンクトップの色を変えたり、タンクトップからTシャツに変えたりすることで変化を楽しめますよ。

アイテム別・気温29度の服装【4】シンプルなTシャツはボトムスでアクセントを付けて

Tシャツ
シンプルな白のTシャツは、どんなボトムスにも合わせやすく、着回し力は抜群のアイテム。しかし、その分人と被りやすかったり、ありがちなコーデになったりすることも。人と差をつけるなら、個性派ボトムスを投入してみましょう。黒のアシンメトリースカートなら、印象的なのにモノトーンコーデでシックな雰囲気にまとまります。

アイテム別・気温29度の服装【5】シャツは柄物を選んでアクセントに

シャツ
気温29度のときの羽織りものとして活躍するシャツ。花柄やボタニカル柄などの柄ものを選べば、コーデのアクセントになります。白×白のコーデに羽織れば、差し色にもなります。
いかがでしたか?今回は、気温29度の日におすすめのコーディネートを一挙ご紹介しました。29度にもなると、少し動くだけでも汗ばむくらいで、熱中症の危険性も一気に上がります。したがって、洋服の素材にもこだわりつつ風通しの良い涼しげな着こなしにまとめ、夏らしい清涼感のあるファッションを心がけてください。ぜひ参考にして、気温29度の日もおしゃれに快適なコーデを楽しんでください!
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック