FASHION
MAY.18.2020

5月に着るおすすめの服装!地域別・気温別の大人女子的コーデ27選

5月に着るおすすめの服装!地域別・気温別の大人女子的コーデ27選 5月に着るおすすめの服装!地域別・気温別の大人女子的コーデ27選

大型連休のゴールデンウィークがある5月は日本各地に旅行に行かれる方が多く、その旅行先で着る最適な服装が気になりますよね。そこで今回は5月に着るおすすめの服装を地域別・気温別にご紹介します。旅行にお出掛け前の服装選びにぜひご活用ください。

【目次】

5月の服装選びのポイント:初夏並みに暖かい日がある一方で寒暖の差もあり

 

5月は昼間は初夏並みに暖かくなりますが、春らしく寒暖の差があるので朝晩は冷えることもある時期。ただ、やはり新緑の季節に映えるきれい色のアイテムや軽やかな生地感のアイテムを着てお出掛けしたいですよね。

北海道ではやっと桜が咲いてアウターは厚手のトレンチコート程度で過ごせるようになります。一方東京や大阪は、長袖のシャツや軽い羽織りもので過ごせて、日によっては半袖のアイテムでもOKです。南の沖縄では半袖やノースリーブのアイテムで過ごせます。

ここからは、地域別のおすすめの服装をコーデをピックアップしてご紹介します。ぜひ旅行する際のアイテム選びやコーディネートの参考にしてください。

5月の北海道におすすめの服装【1】朝晩の気温が10度を下回るGWの時期は、長袖トップス×春アウターのレイヤードコーデで

5月の北海道コーデ

北海道(札幌)の5月の平均気温は13度前後。GWなどの上旬の昼間の気温は15度前後。朝晩の気温は10度を下回るので、長袖トップスにはトレンチコートなどのしっかりした生地感のライトアウターを重ねるレイヤードコーデが最適です。

ただ寒がりな方だと防寒が足りない場合もあるので、コットンニットなどもう一枚重ねるアイテムがあると安心です。

5月の北海道におすすめの服装【2】昼間の気温が30度近くまで上がる中旬以降は薄手のシャツや半袖TでもOK!

5月の北海道コーデ

北海道の5月も中旬以降になると昼間の気温が30度近くまで上がる日があります。そんな日は薄手のシャツや半袖TシャツでもOKです。

白シャツにきれい色のイエローフレアスカートを合わせたコーデは、そんな暖かい春の日のぴったりのコーデ。ただ、そんな日でも夜は10度前後まで気温が下がるので、厚手のデニムジャケットなどのアウターを持参しておきましょう。

5月の東京におすすめの服装【1】雨が降ったりくもりの日は気温が15度前後の日も。春アウターがバッグにあると安心

5月の東京におすすめのコーデ

東京の5月の平均気温は20度前後。昼間の気温が30度近くまで上がる日がありますが、朝晩は10度前後まで下がる日もあって寒暖の差が大きい時期です。

特に雨が降ったりくもりの日は、昼間の気温も15度前後までしか上がらなかったりするので、春アウターでもしっかりした生地感のものをバッグに入れておくと安心です。

コットンでもしっかりした生地感のジャケットは、まさにそんな気温の日に最適なアウター。暖かい日はインのアイテムを薄手のタンクに変えて体温調節をするのがおすすめです。

5月の東京におすすめの服装【2】昼間の気温が20度前後の日は長袖シャツが着回しも効いて便利

 

東京の5月の中旬頃は昼間の気温が20度前後なので、長袖シャツが着回しも効いておすすめのアイテム。昼間はタンクの上に羽織ったり、夜になって少し肌寒くなったらフロントのボタンを留めてシャツとして着たりして、着こなしに幅があって便利です。

ピンクでも落ち着いた色味のシャツは、甘すぎないように白のパンツに合わせてマニッシュにまとめて。着回しが効いてハンサムに着こなせるシャツは、この時期何かと便利なので旅行にもおすすめです。

5月の東京におすすめの服装【3】昼間の気温が30度近くまで上がる日は半袖ブラウスでも過ごせる!

 

東京の5月は昼間の気温が30度近くまで上がる夏日もあります。そんな日は薄手の半袖ブラウスでも過ごせます。

白の半袖ブラウスには春の日差しに映えるライラックカラーのパンツを合わせて。バッグにもワンポイントになるイエローカラーのものをプラスした、春らしいきれい色のカラーコーデです。

5月の大阪におすすめの服装【1】昼間の気温が20度前後の日は淡色ニットが体感的にも◎

 

大阪の5月の平均気温は20度前後。昼間の気温が30度近くまで上がる日がありますが、朝晩の気温が10度近くまで下がる日もあるので寒暖の差に対応できる服装を準備して旅行に行きましょう。

昼間の気温が20度前後の日は、淡色のニットが春の雰囲気にも映えて体感的にも◎。ボトムも淡色パンツを合わせて女性らしい柔らかい雰囲気のワントーンコーデに。かごバッグやサンダルといった夏アイテムが、コーデに抜け感をプラスしています。

5月の大阪におすすめの服装【2】ぽかぽか陽気の晴れた日は一枚で様になるトップスを

5月の大阪におすすめのコーデ

大阪の5月のぽかぽか陽気で晴れた日には、Tシャツやカットソーとボトムを合わせるコーデで過ごせます。そんな日のカットソーは、ロング丈でワンピのように着られる一枚で様になるものが便利です。

白のロング丈カットソー×白のマキシ丈フレアスカートのワントーンコーデは、ワンツーコーデでもデザインされておしゃれ見えするカットソーのおかげでさびしく見えません。

5月の沖縄におすすめの服装【1】昼間の気温が30度を超える日はキャミなどの暑さをしのげる服装を

5月の沖縄コーデ

沖縄(那覇)の5月の平均気温は26度前後。昼間の気温は30度近くまで上がり、下旬には30度を上回ります。朝晩もほとんどの日が20度以上の気温になります。ただ、ゴールデンウィークが終わると、沖縄は梅雨入りするので雨の日が増えます。この時期に沖縄に行かれる方は、雨具や濡れてもいい服装を準備して旅行に出掛けましょう。

気温が30度を超える日はトップスはキャミや半袖のアイテム一枚でOK。小物もかごバッグやサンダルなどの夏小物がマッチします。

5月の沖縄におすすめの服装【2】梅雨時期でも晴れた日は紫外線対策を。サングラスや日焼け止めがマスト

5月の沖縄コーデ

沖縄の5月はGW以降は梅雨時期に突入しますが、晴れた日は紫外線が強いのでサングラスや帽子などの日よけになるグッズや日焼け止めがマストアイテムです。

さらっと一枚で着られるのに様になるワンピはこの時期の沖縄旅行に最適。サングラスは日よけだけでなく、シンプルワンピのいいアクセントになるのでおすすめの旅行アイテムです。

5月の服装におすすめのトップス【1】ボーダーカットソーでカジュアルに

カットソー

ナチュラル感も着心地も5月にぴったりのボーダーカットソー。パンツにもスカートにも合わせやすい着回し力も魅力です。

少し肌寒く感じる日もある5月上旬には、Gジャンやマウンテンパーカーなどのライトアウターを羽織るとちょうどいいコーデに。初夏の陽気のような5月下旬には5分袖や半袖でワンツーコーデを楽しむこともできます。

5月の服装におすすめのトップス【2】長袖ブラウスできれいめに

ブラウス

通勤やデートなど、ちょっときれいめにしたいときに便利なのが、ブラウス。薄手で涼しい素材のものが多いので、5月なら長袖のものがよいでしょう。

通勤ならテーパードパンツやフレアスカートを合わせてきちんと感をキープし、デートは甘くなり過ぎないようにカジュアルなデニムを合わせるのがおすすめです。

5月の服装におすすめのトップス【3】サマーニットなら半袖でもちょうどいい体感に

サマーニット

Tシャツよりも厚手のサマーニットなら、5月でも着られます。5月上旬なら7分袖、5月中旬や下旬なら5分袖や半袖で快適に過ごせるでしょう。風があると少し肌寒く感じることもあるので、薄手のストールやカーディガン、シャツなどの羽織ものを持っていくと安心ですよ。

5月の服装におすすめのボトムス【1】半端丈パンツで抜け感を

半端丈パンツ

季節感を演出しつつ、抜け感も出せるのが半端丈パンツ。5月にぴったりのボトムスです。ベーシックカラーのものを選ぶと、スニーカーを合わせればショッピングや女子会、パンプスやローファーを合わせれば通勤にと抜群の着回し力を発揮してくれますよ。

5月の服装におすすめのボトムス【2】マキシスカートでトレンドライクに

マキシスカート

トレンドが続いているロング丈のスカートは5月にも活躍。プリーツスカートや小花柄スカートはフェミニンな印象なので、トップスは甘めのものではなくTシャツやミリタリーシャツなどカジュアルなものを合わせてバランスを取りましょう。ロング丈なら、日焼け止め無しで紫外線対策もできるのも手軽でいいですね。

5月の服装におすすめのボトムス【3】ワイドパンツで夏まで着回し

ワイドパンツ

カジュアル感がかわいいワイドパンツは薄手のものなら5月だけでなく夏にも履けて、長い期間楽しむことができます。ストライプ柄なら初夏らしい爽やかな雰囲気に。ピクニックやバーベキューなどのアウトドアシーンにもマッチしそうですね。

5月の服装に最適な足元コーデ【1】スニーカーはマストアイテム

スニーカー

今っぽい足元を演出してくれるスニーカーは、5月の気候にもぴったり。スカートにもパンツにも合うので、一足は欲しいアイテムです。黒のワンピースに黒のスニーカー、などモノトーンでまとめるとカジュアルなのにシックで洗練された印象に仕上がりますよ。

5月の服装に最適な足元コーデ【2】バレエシューズ

バレエシューズ

ピクニックや旅行など行楽シーズンの5月。スニーカーよりも大人っぽく見せたい人におすすめなのが、バレエシューズです。ヒールのあるパンプスよりもエフォートレスでこなれた雰囲気を演出することができます。

ロング丈のワンピースに合わせて大人かわいく、ボーダーカットソーと合わせてフレンチマリンに、とコーデするアイテムによって色々なスタイルを楽しめます。トレンドのレギンスとの相性もいいですよ。

5月の服装に最適な足元コーデ【3】サンダルもソックスを履けばOK

サンダル

夏のアイテムのイメージが強いサンダル。素足で履くと少し寒いかもしれませんが、ソックスをコーデすれば5月でも履けます。お気に入りのサンダルを長いシーズン使えるのは嬉しいですよね。合わせるソックスによって雰囲気を変えられるのも魅力です。

晴れの日の5月の服装【1】カットワークレースブラウスで爽やかに

カットワークレースブラウス

ガーリーなカットワークレースブラウス。涼しげに見えるので、初夏の陽気となる5月の晴れた日にはぴったり。コットンの風合いがナチュラルな印象で、ピクニックやバーベキューなどのアウトドアシーンでも活躍してくれます。

清楚で女性らしいアイテムなのでデートにもおすすめ。ロマンティックな雰囲気なので、ボトムスはカジュアルなワーク素材のロングスカートで甘さを調節しましょう。

晴れの日の5月の服装【2】ミントグリーンのサロペットで最旬コーデ

サロペット

大人かわいいアイテムとして人気のサロペット。肩紐が細いものや落ち感のある生地のものを選ぶと大人の女性の雰囲気が加わり、子供っぽくならずに着こなせますよ。

トレンドを意識するなら、カラーはミントグリーンを。爽やかなカラーなので、5月の日差しの中で映えます。インナーにはメローデザインと透け感がフェミニンな印象のニットを選んで、さらに女性らしい着こなしに。

晴れの日の5月の服装【3】シャツワンピース一枚でコーデいらず

シャツワンピース

前を開けて羽織ったり、パンツやレギンスをレイヤードしたりして着こなしの幅を広げられるシャツワンピース。5月の晴れた日なら潔く一枚で着てみましょう。コーデ不要で、忙しい朝にも便利。

小物はオフホワイトで統一して、黒のマキシ丈ワンピースを軽やかに見せています。ネットバッグの抜け感もポイント。

くもりの日の5月の服装【1】きれい色カットソーで春コーデに

カットソー

ピンクがかったパープルが春らしいカットソー。晴れた日に比べて気温があまり上がりにくいくもりの日には、インナーにさらにTシャツをプラス。ボトムスの白とリンクさせてまとまり感のあるコーデに。

くもりの日の5月の服装【2】プリントTシャツにワンピースを羽織って

ワンピース

肌寒さを感じることもあるくもりの日には、軽めの羽織りものがあると安心。そんなときに活躍してくれるのが、シャツワンピースです。前を開けて羽織れば、トレンチコートやデニムジャケットなどよりも薄手のアウターとして使えます。爽やかな水色を選べば、くもりの日でも春気分に。

くもりの日の5月の服装【3】ワンピースをレイヤードスタイルで

https://wear.jp/inokana111/16565741/

気温があまり上がらないくもりの日なら、ワンピースにはパンツをレイヤード。温度調節になるだけでなく、着こなしが今っぽくなりますよ。レイヤードするパンツはフレアシルエットのものを選べば、より旬な印象に。

雨の日の5月の服装【1】トレンチコートで肌寒さをカバー

トレンチコート

春のライトアウターとして定番アイテムのトレンチコート。水に強いので、5月の雨の日に活躍してくれます。インナーにはバンドカラーのシャツを。ベーシックに着られる白シャツですが、トレンドのバンドカラーを選ぶことでアップデートできますよ。

また、雨の日はヒールは避けてフラットシューズやスニーカーで滑りにくいようにしましょう。ビットローファーなら足元からトレンド感を演出できますよ。

雨の日の5月の服装【2】マウンテンパーカーできれいめカジュアルに

マウンテンパーカー

元々アウトドアアイテムのマウンテンパーカーも雨に強いライトアウター。畳めばコンパクトになるので脱いでも荷物になりにくく、気温の変化にも対応しやすいのも魅力。

スポーティーな印象で羽織るだけで今っぽい印象になるので、シンプルでベーシックな白の無地Tシャツに黒スキニーを合わせたコーデもトレンドライクに。黒スキニーは裾が広がっていない分雨に濡れにくく、泥ハネしても目立ちにくいので雨の日のボトムスとしては最適。

雨の日の5月の服装【3】レインシューズが一足あれば便利

レインパンプス

激しい雨だと、スニーカーやフラットシューズでは雨が染み込んできてしまうことも。5月の雨の日は気温もそれほど上がらないので、足先が濡れてしまうと冷えて不快になってしまいます。

そんな事態に備えて、レインシューズがあると安心。パンプスやバレエシューズのデザインのものならきれいめに履けるので通勤にも使えますよ。

5月は初夏並みに気温が上がって暖かくなる一方で、朝晩の気温が下がって肌寒い日もある春らしい時期です。地域によっても気温や最適な服装が違うので、ゴールデンウィークなどに旅行に行かれる方は、旅行先の情報を事前にチェックして最適な服装を選びましょう。今回ご紹介したおすすめの服装もぜひ参考にしてください。