FASHIONMAR.20.2019

5月に着るおすすめの服装!地域別・気温別の大人女子的コーデ9選

大型連休のゴールデンウィークがある5月は日本各地に旅行に行かれる方が多く、その旅行先で着る最適な服装が気になりますよね。そこで今回は5月に着るおすすめの服装を地域別・気温別にご紹介します。旅行にお出掛け前の服装選びにぜひご活用ください。
大型連休のゴールデンウィークがある5月は日本各地に旅行に行かれる方が多く、その旅行先で着る最適な服装が気になりますよね。そこで今回は5月に着るおすすめの服装を地域別・気温別にご紹介します。旅行にお出掛け前の服装選びにぜひご活用ください。

5月の服装選びのポイント:初夏並みに暖かい日がある一方で寒暖の差もあり

 
5月は昼間は初夏並みに暖かくなりますが、春らしく寒暖の差があるので朝晩は冷えることもある時期。ただ、やはり新緑の季節に映えるきれい色のアイテムや軽やかな生地感のアイテムを着てお出掛けしたいですよね。

北海道ではやっと桜が咲いてアウターは厚手のトレンチコート程度で過ごせるようになります。一方東京や大阪は、長袖のシャツや軽い羽織りもので過ごせて、日によっては半袖のアイテムでもOKです。南の沖縄では半袖やノースリーブのアイテムで過ごせます。

ここからは、地域別のおすすめの服装をコーデをピックアップしてご紹介します。ぜひ旅行する際のアイテム選びやコーディネートの参考にしてください。

5月の北海道におすすめの服装【1】朝晩の気温が10度を下回るGWの時期は、長袖トップス×春アウターのレイヤードコーデで

5月の北海道コーデ
北海道(札幌)の5月の平均気温は13度前後。GWなどの上旬の昼間の気温は15度前後。朝晩の気温は10度を下回るので、長袖トップスにはトレンチコートなどのしっかりした生地感のライトアウターを重ねるレイヤードコーデが最適です。

ただ寒がりな方だと防寒が足りない場合もあるので、コットンニットなどもう一枚重ねるアイテムがあると安心です。

5月の北海道におすすめの服装【2】昼間の気温が30度近くまで上がる中旬以降は薄手のシャツや半袖TでもOK!

5月の北海道コーデ
北海道の5月も中旬以降になると昼間の気温が30度近くまで上がる日があります。そんな日は薄手のシャツや半袖TシャツでもOKです。

白シャツにきれい色のイエローフレアスカートを合わせたコーデは、そんな暖かい春の日のぴったりのコーデ。ただ、そんな日でも夜は10度前後まで気温が下がるので、厚手のデニムジャケットなどのアウターを持参しておきましょう。

5月の東京におすすめの服装【1】雨が降ったり曇りの日は気温が15度前後の日も。春アウターがバッグにあると安心

5月の東京におすすめのコーデ
東京の5月の平均気温は20度前後。昼間の気温が30度近くまで上がる日がありますが、朝晩は10度前後まで下がる日もあって寒暖の差が大きい時期です。

特に雨が降ったり曇りの日は、昼間の気温も15度前後までしか上がらなかったりするので、春アウターでもしっかりした生地感のものをバッグに入れておくと安心です。

コットンでもしっかりした生地感のジャケットは、まさにそんな気温の日に最適なアウター。暖かい日はインのアイテムを薄手のタンクに変えて体温調節をするのがおすすめです。

5月の東京におすすめの服装【2】昼間の気温が20度前後の日は長袖シャツが着回しも効いて便利

5月の東京におすすめのコーデ
東京の5月の中旬頃は昼間の気温が20度前後なので、長袖シャツが着回しも効いておすすめのアイテム。昼間はタンクの上に羽織ったり、夜になって少し肌寒くなったらフロントのボタンを留めてシャツとして着たりして、着こなしに幅があって便利です。

メンズライクなチェックのシャツは、マキシ丈のスカートに合わせて甘辛コーデにまとめて。着回しが効いてハンサムに着こなせるシャツは、この時期何かと便利なので旅行にもおすすめです。

5月の東京におすすめの服装【3】昼間の気温が30度近くまで上がる日は半袖ブラウスでも過ごせる!

 
東京の5月は昼間の気温が30度近くまで上がる夏日もあります。そんな日は薄手の半袖ブラウスでも過ごせます。

白の半袖ブラウスには春の日差しに映えるライラックカラーのパンツを合わせて。バッグにもワンポイントになるイエローカラーのものをプラスした、春らしいきれい色のカラーコーデです。

5月の大阪におすすめの服装【1】昼間の気温が20度前後の日は淡色ニットが体感的にも◎

 
大阪の5月の平均気温は20度前後。昼間の気温が30度近くまで上がる日がありますが、朝晩の気温が10度近くまで下がる日もあるので寒暖の差に対応できる服装を準備して旅行に行きましょう。

昼間の気温が20度前後の日は、淡色のニットが春の雰囲気にも映えて体感的にも◎。ボトムも淡色パンツを合わせて女性らしい柔らかい雰囲気のワントーンコーデに。かごバッグやサンダルといった夏アイテムが、コーデに抜け感をプラスしています。

5月の大阪におすすめの服装【2】ぽかぽか陽気の晴れた日は一枚で様になるトップスを

5月の大阪におすすめのコーデ
大阪の5月のぽかぽか陽気で晴れた日には、Tシャツやカットソーとボトムを合わせるコーデで過ごせます。そんな日のカットソーは、ロング丈でワンピのように着られる一枚で様になるものが便利です。

白のロング丈カットソー×白のマキシ丈フレアスカートのワントーンコーデは、ワンツーコーデでもデザインされておしゃれ見えするカットソーのおかげでさびしく見えません。

5月の沖縄におすすめの服装【1】昼間の気温が30度を超える日はキャミなどの暑さをしのげる服装を

5月の沖縄コーデ
沖縄(那覇)の5月の平均気温は26度前後。昼間の気温は30度近くまで上がり、下旬には30度を上回ります。朝晩もほとんどの日が20度以上の気温になります。ただ、ゴールデンウィークが終わると、沖縄は梅雨入りするので雨の日が増えます。この時期に沖縄に行かれる方は、雨具や濡れてもいい服装を準備して旅行に出掛けましょう。

気温が30度を超える日はトップスはキャミや半袖のアイテム一枚でOK。小物もかごバッグやサンダルなどの夏小物がマッチします。

5月の沖縄におすすめの服装【2】梅雨時期でも晴れた日は紫外線対策を。サングラスや日焼け止めがマスト

5月の沖縄コーデ
沖縄の5月はGW以降は梅雨時期に突入しますが、晴れた日は紫外線が強いのでサングラスや帽子などの日よけになるグッズや日焼け止めがマストアイテムです。

さらっと一枚で着られるのに様になるワンピはこの時期の沖縄旅行に最適。サングラスは日よけだけでなく、シンプルワンピのいいアクセントになるのでおすすめの旅行アイテムです。
5月は初夏並みに気温が上がって暖かくなる一方で、朝晩の気温が下がって肌寒い日もある春らしい時期です。地域によっても気温や最適な服装が違うので、ゴールデンウィークなどに旅行に行かれる方は、旅行先の情報を事前にチェックして最適な服装を選びましょう。今回ご紹介したおすすめの服装もぜひ参考にしてください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAPR.12.2019

佐野ひなこが着る♡
初夏を先取る「プロポ」の
フェミニンコーデ6style