FEB.11.2020

金髪に合わせる眉毛とは?おすすめの眉毛の描き方や脱色方法をご紹介

金髪に合わせる眉毛とは?おすすめの眉毛の描き方や脱色方法をご紹介 金髪に合わせる眉毛とは?おすすめの眉毛の描き方や脱色方法をご紹介

金髪ヘアに合わせる眉毛は、どんな色がいいのか悩みますよね。脱色したらいいのか、かなり明るい色にした方がいいのか、メイクのやり方も難しいです。金髪に似合う眉毛を描くコツや、正しい描き方についてご紹介します。

金髪に似合わない眉毛とは?

 

髪を金髪にしたら、悩むのが眉毛の色です。眉毛が浮いてしまうNGな描き方についてご紹介します。

■ダークブラウン系
髪を金髪にしているのに、眉毛はそのまま、暗めのブラウン系で仕上げるのはNGです。眉毛ばかりが目立ってしまうため、浮いて見えてしまいます。暗めの眉毛でも似合う人はいますが、顔の印象がはっきりしている人や、メイクがかなり濃い人以外はあまり似合いません。

■同じくらいの金色眉毛
髪の色と同じくらいの金髪眉毛にしてしまうと、ヤンキーのように見えてしまいます。髪より眉毛のトーンを明るくするのは基本だといわれていますが、金髪の場合はNG。眉毛ばかりが浮いてしまい、古臭い印象になりやすいです。

金髪に合わせる眉毛のポイント

 

金髪に合わせる眉毛のポイントについてご紹介します。

■黒の要素を無くす
まず大切なことは、地毛の眉毛の色の主張を無くすことです。地眉の色が少しでも目立ってしまうと、不自然な印象になりやすいです。眉マスカラや脱色などで元の眉毛の色素を抜くことで、眉毛ばかりが悪目立ちすることが無くなりますよ。

■髪の色素に色を合わせる
金髪にも、いろいろなカラーがあります。イエロー系の金髪やアッシュ系、ピンク系など、それぞれ違いがあります。髪のベースのカラーに合わせた眉毛を作ると、自然な印象になりやすいです。イエローならイエローブラウン、アッシュならアッシュブラウン、ピンクならピンクブラウンです。

ここで違う色味を重ねてしまうと、眉毛だけ浮いた印象になりやすいので注意しましょう。

■ふんわり仕上げる
金髪の眉毛をきれいに仕上げるためには、ふんわりと仕上げるのが大切です。できれば、パウダーメインで仕上げて眉マスカラをするのが1番自然です。ペンシルを使う場合は、足りない部分にのみ使うようにして、パウダーでふんわり仕上げるようにしましょう。

金髪に合わせる眉毛の描き方

 

金髪に合わせる眉毛の描き方について、ご紹介します。

■最初に眉マスカラをしておく
眉毛がもともとしっかり生えているという人は、自眉のまま描き進めていくと、イマイチ完成形の眉毛がつかめないことが多いです。そのため、1番最初に眉マスカラをして、ある程度色味を整えておくといいでしょう。眉マスカラの色は、髪の色に近いカラーのもので、明るめのものを選ぶようにしましょう。

眉マスカラは液を乗せすぎると固まってしまうので、余分な液をしっかり取り除いてから眉毛に乗せるようにしましょう。

■アイブロウパウダーで形を描く
アイブロウパウダーを使って、眉毛の形を描いていきましょう。アイブロウパウダーの中のミディアムブラウンを使い、ふんわりと仕上げていきます。どうしても形が取れない場合は、ペンシルを使ってもOKです。明るすぎない髪の色よりもワントーン暗めのカラーを選ぶといいでしょう。

ペンシルでしっかり描いてしまうと、眉の印象が強くなってしまうので、ペンシルを使うのは最小限の場所に留めるのがおすすめです。

■色が足りない部分を埋めていく
ある程度眉毛の形ができあがったら、色が足りない部分をパウダーで埋めていきます。眉毛は眉頭から眉尻にかけてグラデーションになるように描きます。眉頭の方にはあまり色を乗せずに、眉尻にかけて暗くなっていくように色を調整して描くようにしましょう。

アイブロウパウダーは色の調整がしやすいというメリットもありますよ。最後にスクリューブラシでしっかりなじませて、完成です。

金髪に合わせる眉毛の脱色方法

 

金髪の眉毛が不自然になってしまう場合、眉毛を脱色するという方法もあります。正しい眉毛の脱色方法についてご紹介します。

■清潔な状態で行う
眉毛の脱色をする時は、洗顔をしたきれいな状態で行います。メイクや皮脂汚れがあるときれいに脱毛できないことがあるので、注意しましょう。

■眉毛の周りを保護する
眉毛を脱色する時は、眉毛の周りを保護してから行いましょう。ほとんどの脱色剤は眉毛用に作られているわけではないので、刺激が強すぎることがあります。眉毛の周りをクリームなどで保護して、肌を労わるようにしましょう。

■綿棒で塗っていく
眉毛に脱色剤を乗せていきます。綿棒を使って少量ずつ取り、眉毛に乗せていきましょう。たっぷり塗ることが大切ですが、1回でたっぷり乗せようとするのではなく、少量ずつ重ねていくことが重要です。1度で乗せてしまうと、顔に垂れてしまう可能性があるからです。両方の眉毛をまんべんなく乗せていきましょう。

■コットンを重ねた状態で放置する
眉毛に脱色剤を乗せたら、コットンを乗せた状態で放置します。コットンを乗せることで、時間を置いている時に顔に垂れてくることを防ぎます。放置時間は人によって異なりますが、10分くらいで様子を見て、どれくらい抜けてるかチェックしましょう。

■目に入らないように流す
しっかり色が抜けたら、目に入らないように流していきます。コットンである程度脱色剤を拭き取ってから、優しく水で流していきましょう。絶対に目には入らないように気をつけてください。

金髪に合わせる眉毛についてご紹介しました。いつも通りの眉毛にしてしまうと、眉毛ばかりが浮いてしまいます。それを防ぐためにも、髪色に合ったコスメを揃えてメイクすることをおすすめします。