BEAUTY
APR.24.2020

眉毛を生やす方法とは?眉毛の重要性や眉毛を生やすための整え方

眉毛を生やす方法とは?眉毛の重要性や眉毛を生やすための整え方 眉毛を生やす方法とは?眉毛の重要性や眉毛を生やすための整え方

眉毛を抜きすぎてなかなか生えてこなくて悩んでいませんか?眉毛が生えてこないと、メイクの幅も狭くなってしまいます。眉毛を生やすにはどんな方法が最適なのでしょうか?眉毛の重要性や眉毛を生やすためのコツについてご紹介します。

【目次】

眉毛が生えなくなる原因

 

眉毛が生えてこなくなる原因についてご紹介します。

抜きすぎ

眉毛が生えてこなくなる原因でもっとも多いのが、抜きすぎです。思春期の頃眉毛が太いのが嫌で、何度も何度も抜きすぎていた経験がある人は、その後毛が生えてこなくなることがあります。

毛抜きを使って眉毛を抜くということは、毛穴に対して刺激を与えていることになります。程度に抜いている場合はまた生えてくることもありますが、頻繁に毛抜きを使って抜いていれば、毛を作り出す毛母細胞自体を傷つけてしまいます。

定期的に刺激を与え続けていることにより、毛母細胞が弱ってくることで毛が生えてこなくなります。この場合は毛を抜きすぎて毛根が使い物にならなくなった状態なので、生えてくる望みは薄いです。

メイクによる刺激

次にメイクによる刺激が原因となるケースもあります。毛が生えてくるということは、健康的な肌の状態であることが絶対条件になります。しかし、肌が敏感になっていたり乾燥していたりする状態が続くことで、毛が生えにくくなる環境ができあがってしまっているかもしれません。

アイブロウなどのメイクはもちろん、スキンケアによる刺激も考えられます。クレンジングや洗顔、スクラブなどの角質ケアのしすぎにより肌が弱ることがあります。

これに気づかずに延々とそのケアを続けていってしまっては、肌の状態は悪化するばかりです。その上に毎日アイブロウを使ってメイクをしていれば、肌に対して刺激になり、毛が表面に出てこない埋没毛状態になってしまいます。

血行不良

眉毛が生えてこない原因は、血行不良が原因となっているケースもあります。眉毛は健康的な土台がないと生えてきません。血の巡りが悪く栄養が行き届かないような状態の肌では、健康的な眉毛が生えてきません。

冷え性だったり運動不足だったりすると、血行不良になりやすいです。

毛穴の詰まり

眉毛は毛穴の詰まりが原因で生えてこなくなることもあります。アイブロウやファンデーションなどのメイクの汚れが詰まっていて、それを取り除くケアをしていない場合に起こることがあります。

鼻の角栓が気になってケアする人はいますが、眉毛も油分が多いものが乗っていれば皮脂と混ざって詰まりやすくなることがあります。

眉毛の重要性とは

 

眉毛はメイクにおいてどれくらい重要なのでしょうか?眉毛が薄いことのデメリットについてご紹介します。

印象の8割は眉毛で決まる

眉毛は顔の印象の8割を決めるといわれています。メイク全体をきれいに仕上げたとしても、眉毛がきれいに仕上がっていないだけで雑な印象に見えがちです。逆を言えば眉毛をしっかりきれいに仕上げるだけで、顔全体の印象がよく見えるということになります。

眉毛を描くだけで一気にメイクをしている感が強くなり、他の部分が薄くてもきちんと感が出やすくなります。どんなにメイクが苦手でも眉毛がしっかり整ってさえいれば、それだけでも十分印象がよくなるというわけです。

知的で芯のある印象を作りにくい

しっかりとした眉毛は、知的で芯のある印象を作り出すのに欠かせないパーツです。面接やビジネスの分野において、濃くてしっかりしている眉毛は、好印象に見られやすいです。

眉毛が薄いだけで、芯があるように見えずマイナス評価を受けてしまうこともあります。描いた眉毛と実際の眉毛では印象がまったく違ってくるため、できるだけ自分の眉毛を活かしたメイクに仕上げた方が、好印象に見られます。

プライベートのメイクでは困ることがないかもしれませんが、大勢の人に見られたり評価されたりするような場面では不利になることがあります。

古臭い印象になる

眉毛が生えていないことで、古臭い印象になりやすいです。眉毛を抜きまくっていたという人は、ちょうど細眉が流行った時代に整えていたと思います。眉毛は細ければ細い方がいいと思い、抜き続けていくことで本当に生えてこなくなった人はたくさんいると思います。

ただし最近の流行は自眉を活かした太眉です。細眉の時代は邪魔だった眉毛も、今ではおしゃれの必須アイテムとなってきています。どうしても細眉=昔のイメージがあるため、古臭い印象に見られやすいです。

さらに細眉だけでなく明るいカラーリングでの眉毛は、一昔前のメイクに見えてしまいます。

ふんわりとしたメイクしか似合わない

眉毛が薄い人は、基本的に薄いメイクしか似合わなくなってしまいます。眉毛が生えてこない部分にしっかり描いたとしても、やはり自眉との差はなかなか埋まりません。自眉がある人のメイクと比べるとメイクの幅が狭くなります。

特に眉毛がもともと薄くて生えてこなくなった人は、ふんわりとした雰囲気のメイクしか似合わなくなります。ナチュラルに仕上げようと思えば思うほど、太眉や眉尻長めのクールなメイクが不自然な印象になってしまいます。

眉毛を生やす方法

 

ここからは実際に眉毛を生やす方法についてご紹介します。

眉毛を抜かない

眉毛を生やしたいのであれば、まず眉毛を抜くのを禁止するようにしましょう。今まで毛抜きを使って抜いてきたという人は、完全にそれが原因で生えてこなくなってしまっています。

これからもずっと毛抜きを使った整え方を続けていけば、生えてこなくなる部分が増える一方です。まずは今ある眉毛を守るためにも、眉毛を抜かないように心がけていきましょう。

まつげor眉毛美容液を使う

眉毛を生やしたいのであれば、まつげや眉毛の美容液を使うと良いでしょう。眉毛を生やすには、しっかり栄養を与えなくてはいけません。もしかしたら今の状態だと眉毛に栄養が行き渡ってないかもしれないので、集中的にケアできるような美容液を使ってあげるといいでしょう。

眉毛が生えてくる土台を整えたり、眉毛の生まれ変わりをサポートしてあげたりすることで、ハリのある眉毛作りに繋がります。長期的に続けて使用することによって、眉毛にハリやコシが生まれていくので、できるだけ長く使い続けていくことが大切です。

マッサージをする

 

血行不良により生えてきていないケースもあるので、眉毛の部分をマッサージして血行を良くしてあげるようにしましょう。もしかしたら眉毛の周りが凝り固まっているかもしれないので、優しい力で円を描くようにマッサージしていきましょう。

マッサージ以外にも、意識的に眉毛の周りの筋肉を動かしてあげるのも効果的です。目を開ける時に目だけを開けるのではなく、眉毛を使って開けるようにすると、目元がぱっちりする上に、血行を良くすることに繋がります。

また日頃から血行の滞りがないようにするためにも、お風呂に入って体全体を温めることも重要ですよ。

食生活を改善する

眉毛を生やすためには、食生活を改善することも重要になります。眉毛を生やすために重要な栄養素はたくさんありますが、眉毛などの発毛を促進するためには亜鉛が重要になります。

他にも今ある眉毛が抜けるのを予防するためには鉄分やビタミンEが重要になります。タンパク質などの体を作るのに大切な成分はもちろんですが、ビタミンやミネラルなどもしっかり摂って、バランスの良い食生活を心がけましょう。

どうしても生えないならアートメイク

何をやっても眉毛が生えないという人もいるでしょう。抜きすぎてしまった眉毛は、もう毛母細胞自体が機能しなくなっているケースも多く、眉毛が生えてこないこともあります。

いろいろなケア方法を試したけどまったく毛が生えてこなかったという場合には、最終的にアートメイクがおすすめです。何度か重ねて色を乗せることによって、ある程度定着してくれます。アイブロウで眉毛を描くよりも自然で本当に生えているかのように仕上げてくれるので、眉毛が生えてこない人にもおすすめです。

眉毛を生やすための美容液の選び方

 

眉毛が生える環境を整えるためにも、眉毛用の美容液の使用が大切になります。眉毛を生やすための美容液の選び方についてご紹介します。

成分をチェックする

まずはどんな成分が入っているのかをしっかりチェックしましょう。眉毛の為の美容液にはさまざまなものがありますが、医薬部外品か化粧品かで大きな違いがあります。

医薬部外品の場合、実際に発毛効果が認められているような成分が入っています。化粧品の場合は眉毛が生えてくる土台を整えるような成分が入っています。

自分の眉毛のコンディションによって、自分にぴったりな成分が入っているものを選ぶようにしましょう。

副作用がないかチェックする

眉毛美容液やまつげ美容液を使用する場合、副作用がないかどうかチェックしてから購入するようにしましょう。人気のあるまつげ美容液の中には、塗ると色素沈着が起こるものもあります。

それが眉毛に使用する時にも出てくる可能性があるので、注意して使用する必要があります。眉毛美容液を使うのが初めてで不安な場合は、できるだけ化粧品タイプの眉毛美容液から使ってみるのがおすすめです。

塗りやすさをチェック

眉毛美容液を使用する時は、塗りやすさについても確認するようにしましょう。眉毛美容液にはさまざまな形状のものがあります。マスカラのようにブラシがついているタイプのものや、チップになっていて大量に塗れるようなものまであります。

マスカラタイプのものは根元までまんべんなく行き渡りやすいので、時間がない時でも簡単に塗ることができます。チップタイプのものは液含みがいいので、比較的どんな人でも使いやすいです。

速乾性があるかどうかもチェック

眉毛美容液を選ぶ時は、どれくらい乾きやすいものなのかもチェックするようにしましょう。眉毛美容液を使用する頻度は、朝晩2回だという人もいると思います。スキンケアの延長として、同じ頻度で使用するのが1番ですが、朝使用する際はその後すぐにメイクをしなくてはいけない人もいると思います。

眉毛美容液を塗ってからすぐにメイクをすると、まだ乾いておらずアイブロウがまったく乗らなかったり、すぐにアイブロウが消えてしまったりします。そうならないようにするためにも、朝メイク前に使用する予定がある人は速乾性があるものを選ぶと良いでしょう。

できるだけ早い段階でべたつきがなくなり、メイクにも支障がないものを選ぶと使いやすくなります。

眉毛を生やすためのカット方法

 

眉毛を抜きすぎてしまうと、眉毛が生えてこなくなることがあります。それを防ぐためにも、眉毛を生やすためのカット方法についてご紹介します。

毛抜きを使わない

毛抜きを使わないことはとても重要です。毛抜きを使って眉毛をカットするのは、絶対に向いていません。絶対になくなってもいい部分だけは毛抜きを使ってもいい、という人もいますが毛抜き自体かなりダメージがある行為なので、肌荒れの原因になることもあります。

さらに毛抜きで抜いたことにより、血が出たり熱を持って赤くなったりすることもあります。その上からファンデーションなどのメイク用品を乗せることにより、菌が繁殖してさらに悪化してしまうこともあるため、どの場所においても毛抜きを使わないことをおすすめします。

眉毛を描いた状態でカットする

眉毛をカットする時は、できるだけ眉毛を描いた状態からスタートするのがおすすめです。何も描いていない状態でカットしたとしても、自分の理想的な眉毛にならないことがほとんどです。

感覚だけで眉毛を整えるのではなく、自分がなりたい眉毛を描いてから整えていくのがおすすめです。眉毛の黄金比といわれているのは、眉山が黒目と目尻の間、眉尻が鼻と目尻の延長線上、眉頭が小鼻の上です。

この位置を守りながらだいたいの形を作ることによって、カットが失敗しにくくなるのでおすすめですよ。

すべてをきれいに描き上げる必要はないので、必要な部分の毛と不要な部分の毛を明確にしてから整えていくようにしましょう。

はさみとシェーバーを使って整えていく

ある程度自分の好みの形に仕上げたら、はさみとシェーバーを使って整えていきます。はさみは1本1本毛をカットするのにとても便利なアイテムです。普段は1本1本を毛抜きで抜きながら調整していたという人は、それをはさみに変えてカットしてみましょう。

眉毛の輪郭を描いて、不要だと思った部分の毛を少しずつカットしていきます。眉毛の長さを整えたい場合は、スクリューブラシやコームなどを使用して、眉毛の形からはみ出す部分の毛をカットしていきましょう。

シェーバーは、眉毛の周りの産毛をカットするのに使用します。シェーバーを使って産毛をなくすだけでも、眉毛の形がきれいに見えますよ。絶対に不要な部分の毛については、シェーバーを使って根元からカットしていくのもおすすめです。

はさみやシェーバーの場合は、失敗してもすぐに生えてくるので、眉毛を整えるのが苦手な人にもおすすめのアイテムです。

眉毛を生やすまでのメイク方法

 

眉毛を生やしたいと思っても、すぐに生えてくるわけではありません。眉毛が生えてくるまでにおすすめのメイク方法についてご紹介します。

毛流れをしっかり整える

眉毛がなくても薄くても、眉毛を描く前には必ず毛流れを整えるようにしましょう。自分の眉毛の毛流れに沿った眉毛に仕上げることが、きれいな眉毛に仕上げるコツの1つでもあります。

スクリューブラシなどを使って眉毛を整えるようにしましょう。また、眉毛には朝使用したクリームなどがついていることもあるので、べたつきが気になる場合は、綿棒で拭き取ったり、フェイスパウダーを重ねたりするのがおすすめです。

リキッドアイブロウを使って形を描く

眉毛がない人におすすめのアイテムが、リキッドアイブロウです。リキッドアイブロウは程よい発色である上に、落ちにくいという特徴があります。眉毛が生えてこない人の場合、眉毛が消えてしまったらそれで終わりです。

アイブロウコートなどを重ねないときれいな状態を保てないことが多いですが、リキッドアイブロウであればしっかり肌に定着してくれるので安心です。

毛が必要な部分に毛を1本1本描き足すようにリキッドアイブロウで描いていきます。自分の眉毛と同じような色合いのものを選んだ方が、バランスが良く描けます。

眉毛と眉毛の間が広い場合は、眉頭にもリキッドアイブロウを使って描き足していきましょう。そうすることで大人っぽい印象に仕上げることができますよ。

アイブロウパウダーを使ってぼかす

 

次にアイブロウパウダーを使って全体をぼかしていきます。リキッドアイブロウの色味が浮かないように、ワントーン明るめのものを使うと自然な眉毛に仕上がります。

芯のある眉毛に仕上げたい場合は、眉毛の下部分にしっかり色味を乗せるのがおすすめです。下部分だけはしっかりと眉毛の形がわかるように仕上げていくようにしましょう。

また、眉尻など毛が生えてこない部分はもちろん、眉毛がもともと生えている部分にもアイブロウパウダーを乗せて、全体的に色味をつけていきます。眉頭から眉尻にかけてグラデーションになるように意識しながら仕上げていきましょう。

眉マスカラを乗せる

自眉とリキッドアイブロウの色味が合わないという場合は、眉マスカラを乗せていきます。眉マスカラを使用することにより、自眉だけが浮いてしまっている状態を改善することができます。

リキッドアイブロウの色味が明るいのであれば、それと同じくらいの明るさの眉マスカラを使用することで、自然になじんだ眉毛を作ることができますよ。眉マスカラを乗せる時は、できるだけ乗せすぎないようにすることが自然に仕上がるコツです。

眉毛に乗せる前にボトルのフチでしごいたり、ティッシュオフしたりして少量だけを乗せるようにしましょう。

眉マスカラを乗せる時は、まずは眉毛が生えている逆方向から乗せていきます。少しだけ乾かしたら毛流れを戻すようにさらに乗せていきましょう。

眉毛全体のバランスを見ながら整える

眉毛全体のバランスを見ながら、眉毛を整えていきます。全体を見て眉毛が生えていない部分のバランスが悪いと感じたら、また付け足すようにしましょう。アイブロウリキッドでは目立たないという場合は、もっとしっかり色味が出るアイブロウペンシルを使用するのもおすすめです。

ただしアイブロウペンシルは濃くなりすぎることもあるので、自分の元の眉毛の濃さに合わせて選ぶようにしましょう。

眉毛を生やすのにおすすめのアイテム

 

眉毛を生やすためのおすすめアイテムをご紹介します。

眉毛を生やすのにおすすめのアイテム【1】スカルプDボーテピュアフリーアイブロウセラム

スカルプDの眉毛美容液

スカルプDボーテのピュアフリーアイブロウセラムは眉毛専用のアプローチ成分が入った美容液です。キャピキシルとリデンシルを独自成分であるラッシュDカプセルに詰め込みました。極細筆と薄茶色付きなので、ピンポイントで塗布ができます。

スカルプDボーテピュアフリーアイブロウセラム / ¥1,762

眉毛を生やすのにおすすめのアイテム【2】グランフィクサーアイズワイズクリエイター

グランフィクサーの眉毛美容液

グランフィクサーのアイズワイズクリエイターはまつげと眉毛に両方使える美容液です。ブラシタイプで簡単に眉毛ケアができます。EGFやコラーゲン、ロイヤルゼリーやセラミドなど、美しい眉毛を作る成分が贅沢に配合されています。

グランフィクサーアイズワイズクリエイター / ¥1,980

眉毛を生やすのにおすすめのアイテム【3】LyuVie(リューヴィ)薬用育毛エッセンス

リューヴィの眉毛用美容液

LyuVieの薬用育毛エッセンスは、アイブロウサロン発の育毛エッセンスです。医薬部外品で有効成分であるヒノキチオールや植物抽出エキスを配合しています。さらっとした液状タイプでしっかりと地肌に浸透して肌を土台から整えます。

LyuVie薬用育毛エッセンス / ¥4,620

眉毛を生やすのにおすすめのアイテム【4】LOREALPARIS(ロレアルパリ)ラッシュセラム

ロレアルパリの美容液

LOREALPARISのラッシュセラムは保護成分と保湿成分を配合した美容液です。スプーン型のスポンジブラシになっているので細かい部分にもしっかり塗れます。メデカッソシドやアルギニンにより、ハリやコシを与えます。

LOREALPARISラッシュセラム / ¥1,000

眉毛を生やすのにおすすめのアイテム【5】マユライズ

眉毛専用美容液

マユライズは美眉対策成分を配合した眉毛専用美容液です。部分塗りしやすい形状で、ピンポイントに美容液が乗せられます。加水分解卵殻膜というたまごの美容液成分により、潤いを与えて乾燥にかさつきを防止します。

マユライズ / ¥980

眉毛を生やすのにおすすめのアイテム【6】アヴァンセラッシュセラムEX

アヴァンセの美容液

AVANCEのラッシュセラムEXは毛髪のボリュームと潤いを呼び起こす薬用育毛料です。パントテン酸誘導体と感光素が毛の生まれ変わりを促進させます。初めてでも塗りやすいブラシタイプで、細かい部分までムラなく塗り広げられます。

AVANCEラッシュセラムEX / ¥1,980

眉毛を生やすのにおすすめのアイテム【7】nomaro(ノマロ)

ノマロ

nomaroは寝ている間に集中ケアする薄眉対策アイテムです。じんわりと温かくなる温感ジェルにより、血行を促進させて美容成分の浸透をサポートします。細かな部分も塗りやすいチップタイプで、ピンポイントに塗り広げられます。

眉毛を生やすのにおすすめのアイテム【8】DHC(ディーエイチシー)アイブロートニック

DHCの眉毛美容液

DHCのアイブロートニックは眉毛と地肌のケアができる眉毛用美容液です。6種のツヤ・コシ・密度サポート成分により、眉毛の成長環境を整えます。眉毛の根元からハリのある健康的な眉毛をキープします。

DHCアイブロートニック / ¥1,320

眉毛を生やす方法についてご紹介します。眉毛が生えてこない原因の多くは抜きすぎで、元の眉毛に戻すのはなかなか時間がかかります。眉毛美容液を使用したり、食生活を整えたりして、長期的にケアすることが大切ですよ。しっかり眉毛ケアを行って、ハリのある眉毛を取り戻しましょう。