BEAUTY
JUN.25.2020

身長162cmの女性の体重のベストは?理想体重になる方法など

身長162cmの女性の体重のベストは?理想体重になる方法など 身長162cmの女性の体重のベストは?理想体重になる方法など

ダイエットをする時には自分のベストな体重を知ることがとても大切です。ですが、身長ごとにどれくらいの体重が適正なのか分からない方も多いですよね。今回は、身長162cmの女性の平均体重や理想の体重などをご紹介します。

身長162cmの女性の平均体重は?

笑顔の女性

日本人女性の平均身長よりも少し高い身長162cmは、珍しい身長ではありません。

満島ひかり(みつしまひかり)さんや、足立梨花(あだちりか)さん、河北麻友子(かわきたまゆこ)さんなど、活躍されている芸能人にもたくさんいます。

自分はどのように見られているのか、どの体重がベストなのか気になっている方も多いのではないでしょうか。
早速、身長162cmの女性の平均体重をチェックしてみましょう。

■身長162cmの女性の平均体重
身長162cmの女性の平均体重は、55.1kgだと言われています。
この平均体重は、複数人の体重を割った平均値のことですので、その年によって多少変化するものの、55kg前後になるようです。

さらに体重には、健康に生活ができる【標準体重】、スレンダー体型に見える【美容体重】、モデルさんのように細い【シンデレラ体重】の3つに分けられています。

身長162cmの女性の標準体重・美容体重・シンデレラ体重

ロングヘアの女性

標準体重・美容体重・シンデレラ体重の3つの体重を割り出すためには、身長とBMI数値を数式に当てはめて計算すれば、簡単に知ることができます。

■数式で使うそれぞれの体重のBMI数値
標準体重:BMI指数22
美容体重:BMI指数20
モデル体重:BMI指数18

これらの数値と、身長162cmを次の数式に当てはめてみてください。

■体重を割り出す数式
標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22
美容体重(kg)=身長(m)×身長(m)×20
モデル体重(kg)=身長(m)×身長(m)×18

これで計算してみると、下記のような結果になります。

■身長162cmのそれぞれの体重
標準体重:57.7kg
美容体重:52.5kg
モデル体重:47.2kg

標準体重とモデル体重では、約10kgも差が出てしまうことが分かり、モデル体重になるためにはかなりの努力が必要になります。

身長162cmの女性が理想体重を目指すには?

身長162cmの女性が理想体重を目指す方法【1】目標設定をする

パソコンを使う女性

身長162cmの女性が理想の体重を目指すためには、まず明確な目標を設定してみてください。
このときのポイントは、いきなり無理な体重を掲げるのではなく、達成できそうな数字にすることです。

標準体重からモデル体重にするのではなく、標準体重から美容体重にするなど、少しずつ達成していける目標設定にすることで、無理なくダイエットを継続することができます。

また、同じ目標設定を眺めているとその光景に慣れてしまい、「また今度でいいか」という流れになってしまうこともあるので、目標をこまめに更新して常に新鮮さを感じることも大切です。

身長162cmの女性が理想体重を目指す方法【2】規則正しい生活習慣を維持する

ベッドに座る女性

ダイエットの基本になるのは、規則正しい生活習慣を維持すること。
無理な食生活や睡眠不足では、健康的に痩せることができないですし、ダイエットも続きません。

■規則正しい生活にするためのポイント
・就寝時間と起床時間を毎日同じにする
・朝食、昼食、夕食の時間も同じにする
・和食中心の栄養バランスがとれた食生活にする
・就寝前のスマホやパソコンは控え、質のいい睡眠をとる
・1日6~7時間ほどの睡眠時間を確保する
・朝起きたら太陽の光を浴びて体内時計をリセットする

健康的なサイクルを作っておくことで、痩せやすい身体作りをすることができ、身長162cmの女性も理想の体重を目指しやすくなります。
まずは基本のことを大切にしてみてくださいね。

規則正しい生活に慣れてきたら、炭水化物の量を減らしてみたり、野菜を多めに摂ったりするなど、工夫するといいですよ。

身長162cmの女性が理想体重を目指す方法【3】筋肉をつけて痩せやすい体を作る

運動をする男女

身長162cmの女性が理想の体重を目指すなら、筋肉をつけることも欠かせません。
筋肉がつくことで引き締まったボディラインにすることができますし、効率良く熱を作ることができるので、脂肪を燃焼しやすくすることも期待できます。

筋肉をつけて痩せやすい身体にするなら、有酸素運動と無酸素運動を上手に取り入れていきましょう。

有酸素運動なら、ウォーキングやランニング、サイクリングなどです。
無酸素運動なら、短距離走や腕立て伏せなどの筋トレが当てはまります。

毎日行うよりも、筋肉を休めながら継続した方が効果的だといわれているので、休む日を挟みながら週に3回くらいのペースで運動を取り入れていきましょう。

身長162cmの女性が理想体重を目指す方法【4】巡りのいい体を作る

ジャンプする女性

巡りのいい身体作りをすることも、身長162cmの女性が理想の体重を目指す方法として効果的です。

血液やリンパの流れが悪いと、体内に余分なものが溜まりやすくなってしまうからです。
ですので、忙しくても毎日湯船に浸かることを徹底したり、お風呂上りはマッサージやストレッチをしたりしましょう。

外側からだけでなく、朝起きたら白湯を飲んだり、寝る前にハーブティーを飲んだりして、身体の内側もしっかりケアをしてあげることがおすすめです。

継続していくことで、自然とすっきりしたボディラインにすることが期待できます。

身長162cmの女性のウエストの平均と理想のサイズ

ウエスト

ウエストが引き締まっていると、スタイルがよく見えて、タイトなファッションや水着も着こなしやすくなりますよね。

女性のウエストの理想のサイズは「身長(cm)×0.38」で求めることができます。そのため身長162cmの場合は、61.56cmということになります。

これに対し、身長160~164cmの平均サイズは69cmです。理想サイズを目指してウエストを絞れば、女性らしいくびれのあるプロポーションになりますよ。

体重よりも注目すべきなのは体脂肪率

体脂肪計

■体重より重要なのは体脂肪率
ダイエット中は体重の増減で一喜一憂しがちですよね。しかし、ダイエットで注目すべきなのは、体重ではなく体脂肪率です。

これは、同じ体重であっても、体脂肪率が低い場合は引き締まって見えるためです。また、体脂肪率が高いとその分筋肉量が少ないことになるので、基礎代謝が低くて太りやすく痩せにくい体になっていることになります。

ダイエットをするときは体重を目安にするだけでなく、体脂肪率にも注意するようにしましょう。

■体脂肪率のチェック方法
体脂肪率は市販の体脂肪計で簡単にチェックできますが、気を付けたいのは計測するタイミングです。これは、体脂肪計で体脂肪率を測る場合、体内の水分量が結果に影響するため。運動後・入浴後など汗をかいて体内の水分が減っている状態や、食事をしたり飲み物を飲んだりして体内の水分が増えている状態で測ると、正しい数値が出ないことになります。

これらのタイミングを避け、例えば起床後や就寝前などできるだけ毎日同じ時間帯に測りましょう。裸の状態で測るのがベストですが、服を着たまま測る場合は毎回同じくらいの重さの服を着るようにしてください。

また、体脂肪計は微弱な電気を流すことで体脂肪を計測しています。そのため、測定面である足の裏(手で握って測るタイプの場合は手のひら)が濡れていると正確に測れないので注意しましょう。靴下も脱いではだしの状態で測ってください。

■体脂肪率の平均値と理想値
体脂肪率は、女性の場合は20~29%が標準値とされています。これより高いと肥満と定められていて、体重が軽い場合はいわゆる「隠れ肥満」ということになります。

引き締まった美しいプロポーションに見える理想値は20~22%。体脂肪率は低ければ低いほどよいというわけではなく、20%を切ると女性らしい雰囲気が損なわれるだけでなく、ホルモンバランスが崩れて生理が来なくなるなどの健康を害する原因にもなってしまいます。過度のダイエットは禁物です。

■体脂肪率を減らすには
体脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があり、体重に占める体脂肪の割合が体脂肪率です。そのため、体脂肪を減らすだけでなく、筋肉量を増やすことでも体脂肪率は減らすことができます。

食事制限をするだけでは、体重は減っても体脂肪と同時に筋肉も落ちてしまいがちなので、運動も取り入れるようにしましょう。さらに、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動と、筋トレのように無酸素運動の双方を行うと、体脂肪を燃焼しつつ筋肉量もアップすることができます。

運動をする時間がない、という場合は通勤時に一駅歩いたり、エスカレーターやエレベーターの代わりに階段を使ったりなど日常生活の中に運動を取り入れるだけでも違いが出ますよ。

ただし、食事を全く制限しなくてもよいわけではなく、摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、使われなかったエネルギーが体脂肪として体に蓄えられることになります。栄養バランスの取れた3食を腹八分目で摂りつつ、間食を避けて、食べ過ぎに注意するようにしましょう。

身長162cmの女性の体重についてご紹介しました。162cmは平均よりも高い身長になるので、スラッとモデルさんのようにスタイルをよく見せることができます。無理なダイエットをするのではなく、継続できることをコツコツ続けて、少しずつ理想の体重を目指していきましょう。