BEAUTYJAN.19.2019

化粧で肌荒れするの?肌荒れの原因や対処法、メイク方法をご紹介

化粧をしたら、なぜか肌荒れしてしまった……という経験はありませんか?化粧と肌荒れには一体どんな関係があるのでしょうか?化粧で起こる肌荒れの原因と対策、コスメの選び方について詳しくご紹介します。
化粧をしたら、なぜか肌荒れしてしまった……という経験はありませんか?化粧と肌荒れには一体どんな関係があるのでしょうか?化粧で起こる肌荒れの原因と対策、コスメの選び方について詳しくご紹介します。

化粧で肌荒れする原因

肌を気にしている女性
ある化粧品を使ったら肌が荒れてしまったという経験は、多くの人が経験しているのではないかと思います。化粧品で肌荒れしてしまう原因とは、一体何なのでしょうか?化粧をしている時に起こる肌荒れの原因をご紹介します。

■油分が多すぎる
化粧品の油分が多すぎることが原因で、肌荒れが起こってしまうことがあります。化粧品というのは、ほとんどのものが油分で作られています。そして油分は私たちの肌から、皮脂という形で作られます。

化粧品の油分と肌から出る油分が混ざり合うことで、ニキビの原因になります。毛穴がつまりやすくなり、その部分にアクネ菌が繁殖してしまい、ニキビになっていきます。

肌に乗っている油分が多いと、肌荒れを起こしてしまうことがあります。油分の量がどれくらいだとセーフで、どれくらいがアウトなのか人によって違います。

■化粧が落としきれていない
化粧が落としきれていないまま生活をしていると、毛穴が詰まって肌荒れを起こしてしまうことがあります。化粧品は通常しっかり洗顔すれば肌トラブルになることはないのですが、洗浄力とメイクが合っていないようなクレンジングを使っていると、肌に化粧が残ってしまいます。

そうなると、毛穴に溜まった汚れが原因でニキビができてしまいます。

■肌が拒否反応を出している
化粧をした後すぐに肌荒れが起きたという場合は、もしかしたらその化粧品が自分の肌に合っていない可能性があります。化粧品には様々な成分が使われているので、人によって自分に合わない成分が出てくることもあります。

体が自分に合わない成分に触れたため、その拒否反応として肌荒れが起こることがあります。

化粧品で肌荒れをしてしまった時は?

肌トラブルに悩む女性
化粧品が原因で肌荒れを起こしてしまった時、一体どうすればいいのでしょうか?化粧品で肌荒れを起こしてしまった時の対処法についてご紹介します。

■洗顔をしっかりする
化粧品で肌荒れを起こしてしまった時は、まず洗顔をしっかり行いましょう。化粧品が肌に残っている可能性があるので、とりあえずしっかりクレンジングと洗顔を行い、しっかり洗い流すようにしましょう。

まずは肌から取り除くということが大切です。

■刺激の少ないアイテムを使う
肌荒れが起こってしまった時には、肌に刺激にならないスキンケアを使っていきましょう。何が原因で肌荒れが起こっているかわからないことがあるので、もしかしたら肌がとても敏感な状態になっているかもしれません。

そうなったらどんな成分が肌に悪いのかわからないので、比較的刺激が少ないといわれている化粧品を使うようにしましょう。肌になるべく負担を掛けないように生活することが大切です。

肌荒れしないコスメの選び方

ファンデーションを使っている女性
化粧品を使って肌荒れを起こしてしまったことがあるという人は、これからどんなところに気を付けてアイテムを選んでいけばいいのか気になりますよね。肌荒れしない化粧品の選び方をご紹介します。

■オイルフリー・ノンコメドジェニック
ニキビが出てしまうという人の中には、化粧品に含まれている油分が原因となって肌荒れを起こしてしまっていることがあります。そういった場合には、油分に気を付けて化粧品を選ぶ必要があります。

ニキビが発生しやすい肌の人は、オイルフリーで、ノンコメドジェニックのものを選ぶようにしましょう。ノンコメドジェニックとはニキビのもとになりにくい処方になっています。

■低刺激
化粧品で肌荒れを起こしてしまう場合は、ある程度肌が落ち着くまでは、低刺激のアイテムを使っていくようにしましょう。どの成分がいけなかったのかわかっていればいいのですが、特定が難しいことが多いです。

そのため、なるべく刺激になるような成分が少ないものを選ぶことで、肌荒れを起こしにくくなります。

肌荒れした時の化粧方法は?

肌が美しく見える女性
肌荒れしてしまった時に試したい、化粧方法についてご紹介します。

■ベースメイクは低刺激・高保湿
ベースメイクを選ぶ場合は、必ず低刺激のもので高保湿なものを選ぶようにしましょう。油分を調整したいのでオイルフリーやノンコメドジェニックのものを選びましょう。

肌をしっかり保湿することは、外的刺激から守るために最も大切なことです。低刺激だけでなく、高保湿にもこだわって使うようにしましょう。

■清潔な化粧品を使う
見落としがちな部分ですが、化粧品が清潔な状態でないと、さらに肌荒れが悪化してしまうことがあります。肌荒れしている時は特にデリケートなので、長期間洗っていないようなブラシや、何年も使っている液体コスメは使用しないようにしましょう。

なるべく新しく衛生面も安心できるものを使うことで、肌荒れの悪化を防ぐことができますよ。
化粧で肌荒れしてしまう原因についてご紹介しました。きれいになるためにメイクをしても、肌荒れを引き起こしてしまっては意味がありませんよね。肌荒れを解消して、いつもの自分のメイクに戻れるように、肌荒れの原因や対処法を試してみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRFEB.08.2019

系統問わず愛される!
Free’s Martの新作で作る、スポーツミックスな春

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。