BEAUTY
APR.17.2020

春によくある肌荒れの原因は?対策方法や正しいスキンケアのやり方

春によくある肌荒れの原因は?対策方法や正しいスキンケアのやり方 春によくある肌荒れの原因は?対策方法や正しいスキンケアのやり方

春になると肌荒れに悩む人が増えてきます。なぜ春になると肌荒れが多くなるのか気になりますよね。そこで、今回は春の肌荒れの原因や正しい対策方法、おすすめのスキンケア方法についてご紹介します。

【目次】

春によくある肌荒れは?

 

春によくある肌荒れについて、1つ1つご紹介します。

赤みが出る

春になると肌に赤みが出てきてしまうことがあります。春になり肌がデリケートに傾き始めると、肌表面のバリア機能が低下してしまうため、炎症を起こしてしまうことがあります。

普段はそこまで敏感な肌ではない人でも、空気が突然乾燥したり花粉などのアレルギー物質による刺激を受けたりすることで、肌に赤みが出てしまいます。肌の状態がかなり敏感になっている証拠で、正しいケアをしないとさらに悪化してしまう可能性が高くなります。

かゆみが出る

春の肌荒れは、悪化していくとかゆみが出てしまうことがあります。肌が敏感な状態になることで、肌のバリア機能が正しく機能しなくなります。そこに刺激になる物質が触れることで、かゆみが表れてしまいます。

赤みとかゆみは同時に起こることもあり、肌の状態はかなり悪くなっているケースが多いです。

乾燥が気になる

もともと乾燥肌ではないのに、突然春になったら乾燥が気になり始める人も中にはいます。冬の間はあまり乾燥しなかったのにもかかわらず、春にだけ乾燥したり肌が荒れてしまう人は、季節の変わり目に肌がゆらぎやすい肌質の持ち主です。

冬の間にしっかり乾燥ケアをしてきたつもりでも、実はしっかりケアできていない場合もあります。万全な状態ではない肌のまま、肌のダメージを受けやすい春になったことで、突然乾燥が気になってしまうような場合もあります。

シミやくすみが出る

春になるとシミやくすみが出てくることもあります。冬は紫外線の量が少ないと思っている人も多いですが、冬でも紫外線は降り注いでいます。夏の間だけしっかり紫外線のケアをしていて、冬になると紫外線ケアを怠った場合、そのツケが春になって回ってくる場合も。

今までなかったはずのシミやくすみが表面化して、肌の色ムラが気になるようになることがあります。

春の肌荒れの原因

 

春の肌荒れの原因についてご紹介します。

原因【1】乾燥

春の肌荒れは肌の乾燥が原因で起こることが多いです。冬の間は空気が乾燥しているため、普段しっとりしたアイテムが苦手な人でもしっかり保湿ケアをしている人が多いですが、暖かくなる春はどうしても手を抜いてスキンケアをする人が多いです。

冬のような潤い重視のケアよりもだんだん美白ケアに切り替えようとする人も多く、保湿ケアができていない場合があります。それにより肌の乾燥が進んでしまい、それに気づかず毎日ケアをしていくことで乾燥が悪化し、肌荒れに繋がっていきます。

原因【2】紫外線

春の肌荒れは紫外線が原因で起こることがあります。シミやくすみの原因となるメラニンに当たることで肌荒れが起こるのはもちろんですが、肌の状態が整っていないのに、直接日光に当たることで肌のバリア機能にダメージを与えている場合があります。

しっかり保湿しているつもりでも保湿が足りておらず、そのままの状態で直接紫外線に浴びてしまったら、水分を保つ機能が正常に働かなくなってしまいます。そのせいで肌の水分が保てなくなり、スキンケアだけでは十分に潤いをプラスできなくなっていきます。

乾燥を防ぐためのケアができなくなり、かゆみや赤みといった肌トラブルが起こってしまいます。

原因【3】花粉症

 

花粉症を持っている人は、春に肌荒れを感じる場合が多いです。花粉症は鼻や目などを刺激するものではありますが、肌に付着することで肌荒れを引き起こすこともあります。

花粉症の時期になると肌も敏感になってしまいます。花粉が肌に付着することで肌荒れを引き起こしバリア機能が低下、そのせいで乾燥やかゆみなどの悪循環に陥ってしまいます。

また花粉症の場合、いつも使っていた化粧品の成分に反応してしまうこともあり、かゆみや赤みが起こってしまうこともあります。

原因【4】環境によるストレス

春は何かと出会いや別れが多い時期であり、環境が変わる人も増える時期です。今までと環境が変わるということは、ワクワクドキドキする出来事でもありますが、中にはストレスに感じている人もいるはずです。

ストレスを感じてしまうと、自律神経やホルモンバランスが崩れてしまうため、どうしても肌が荒れやすくなります。乾燥や花粉症など、他の要因もセットになることでより肌が荒れやすくなり、なかなか健康的な肌に戻りにくくなります。

春の肌荒れが気になる時のスキンケアのポイント

 

春の肌荒れが気になる時のスキンケアのポイントについてご紹介します。

ポイント【1】保湿をしっかり行う

まず春の肌荒れが気になったら、保湿中心のケアに切り替えるようにしましょう。時期が時期なだけに美白ケアに切り替えようとする人も増えてきますが、肌荒れが起こっているタイミングで美白ケアにするのはあまりよくありません。

まず肌荒れがしっかり治るまでは、保湿重視のスキンケアに切り替えるようにしましょう。ただ保湿すればいいというわけではなく、保湿成分がたっぷり入ったスキンケアを使用する必要があります。

セラミドやヒアルロン酸、アミノ酸など肌になじみやすい高保湿な成分の入ったものを使うようにしましょう。

ポイント【2】低刺激なアイテムを使う

肌荒れをしている時は、今まで使用していたスキンケアはやめて、低刺激なアイテムを使うように心がけましょう。肌荒れが起こっているせいで、今までの化粧品が使えなくなったり、その化粧品を使っているせいで肌荒れが起こっている場合もあります。

春の肌荒れが起こっているうちは、敏感肌でも使用できるようなスキンケアに切り替える必要があります。何が刺激になるかわからないので、低刺激なアイテムでも使用する前にしっかりパッチテストを行った上で使用するのがおすすめです。

ポイント【3】肌荒れが治るまではシンプルなケアにする

 

肌荒れが治るまでは、いくつも重ねるようなケアではなく、シンプルなケアに切り替えるのがおすすめです。今まではプレ化粧水・化粧水・美容液・オイル・乳液・クリームなど、いろいろな手順でスキンケアをしていた人もいるかと思いますが、肌荒れが治るまではやめにしてみましょう。

肌荒れの時は必要最低限のケアで十分です。重ねれば重ねるだけ肌荒れのリスクが高くなります。肌荒れしている時は、化粧水と乳液、または化粧水とクリームなど、だいだい2種類のアイテムで十分です。

肌の状態がよくなるまでは、今までのスキンケアはやめにして、肌を健康的な状態へ戻すことに力を入れるようにしましょう。

ポイント【4】紫外線ケアは絶対に行う

肌荒れが起こってしまっている場合、紫外線ケアだけはしっかり行うようにしましょう。肌荒れが起こっている時は、できるだけ何もしない方が良いと思っている人も多いですが、それよりも紫外線に直接浴びることの方が肌に悪影響です。

肌荒れしている時は、なるべく肌に負担がない低刺激な日焼け止めを使用して、肌を紫外線から守るようにしましょう。特に肌荒れが起こっている時の肌はダメージを受けやすいので、少しの外出だけでも日焼け止めを使用して肌を守るようにしましょう。

春の肌荒れを予防するには

 

春の肌荒れを予防するためのポイントをご紹介します。

保湿力の高いスキンケアを使う

春の肌荒れを予防するためには、常日頃から保湿力の高いスキンケアを使うようにしましょう。保湿力が足りないことで、徐々に肌の乾燥が悪化して肌荒れをまねいてしまいます。

冬まではしっかり保湿ケアができていても、春になると少し怠ってしまう人も多いので、春のゆらぎやすい季節にも、しっかり保湿ケアを行うようにしましょう。

肌にもともと存在する保湿成分であるセラミドは、肌の水分不足を補う働きがあります。特に肌荒れしたくない人や乾燥しやすい人は、ぜひセラミドを補うスキンケアを続けてみると良いでしょう。

洗浄力が高いクレンジングは控える

肌にもともと残っている潤い成分を洗い流してしまうようなクレンジングは、肌のために良くないです。クレンジングはスキンケアの中でももっとも肌に対する負担が大きいアイテムです。

肌荒れを防ぐためにも、ゆらぎやすい季節は特にクレンジングを見直してみるのもおすすめです。オイルクレンジングはすっきりとメイクを落としてくれる効果はありますが、必要な皮脂までも洗い流してしまう可能性が高いです。

そのため、できるだけオイルクレンジング以外で落とせるようなベースメイクに切り替えるか、落ちにくいアイメイクにはアイメイクリムーバーを使用するのがいいでしょう。

季節の変わり目に化粧品を変えない

 

春は特に肌荒れを引き起こしやすい時期なので、できるだけ季節の変わり目には化粧品を変えないように心がけましょう。意外に盲点となっていますが、化粧品による刺激と季節の変わり目のデリケートな肌の状態が重なることで、肌荒れが悪化することがあります。

今まで使っていたスキンケアが肌に合っていたおかげで肌荒れが起こっていないのに、スキンケアを変えたことで肌荒れが悪化してしまうことがあります。

気になっているスキンケアがあったとしても、3月~4月のゆらぎやすい時期の使用は避けて、肌が安定してくる5月以降に使い始めるのがおすすめですよ。

ストレスを溜めない

肌荒れを引き起こさないためには、ストレスを溜めないことも大切です。精神的な部分は、肌に現れやすいです。ホルモンバランスが崩れていたり、自律神経が乱れていたりすることで、さまざまな肌トラブルが起こってしまうので、日頃からストレスケアを忘れないようにしましょう。

もし肌荒れが起こってしまったとしたら、疲れやストレスが溜まっているサインでもあるので、日頃の疲れを癒したり、ストレス発散する機会を作ってあげたりするのがおすすめです。

春の肌荒れを防止するスキンケアのやり方

 

春の肌荒れを防止するスキンケアのやり方についてご紹介します。

クレンジングはベースメイクの濃さに合わせて

肌荒れを防ぐためには、ベースメイクの濃さに合わせてクレンジングを選ぶ必要があります。できるだけするっと落とせるようなものが良いですが、本当に落ちにくいウォータープルーフタイプでなければ、オイルクレンジングほどの落としやすさは必要ありません。

ベースメイクではなくアイメイクがなかなか落ちないという場合は、必ずポイントリムーバーを使って落としてからクレンジングをするようにしましょう。

クレンジングの場合は、肌全体になじませたら、乳化させるのがポイントです。ぬるま湯を少し加えて、水とオイルが混ざりやすくなってから流すようにしましょう。

クレンジングをする時は、できるだけ時間をかけずに短時間で行うのがポイントです。だからといってベースメイクの落とし残しはないように、ベースメイクの濃さに合ったクレンジングを選びましょう。

Wクレンジングは必要なら行う

クレンジング後の洗顔は、必要な場合のみ行いましょう。アイテムによっては、Wクレンジング不要のものもあります。洗顔をするとより肌の潤いを奪ってしまう可能性があるので、できるだけ必要ない場合はやらない方がいいでしょう。

洗顔を行う時は、しっかり泡立てることで肌への負担を減らすことができます。洗顔を選ぶ時は、洗顔後にツッパリを感じにくいものがおすすめです。あまりにもツッパリを感じやすい洗顔は、洗浄力が高すぎる証拠です。

洗顔後の肌をチェックして、程よく潤いが保たれているような仕上がりものを選びましょう。

化粧水は保湿成分入りのものを

 

化粧水は保湿成分が入っているものを使いましょう。セラミドやヒアルロン酸、アミノ酸やコラーゲンなどがおすすめです。化粧水を肌に乗せる時は、肌が荒れている部分を刺激しないように、優しく乗せるのがポイントです。

肌荒れを起こしている時はコットンを使うとコットンの繊維が肌に残り、刺激になってしまうことがあるので、できるだけ手のひらで優しく乗せるのがポイントです。手のひらに500円玉程度の化粧水を取り、手のひら全体になじませてから肌に乗せていきます。

パッティングをすると肌に刺激になってしまうことがあるので、優しいタッチで乗せるようにしましょう。肌表面に水分がなくなり、肌にしっかり浸透されるまで優しくなじませていきます。

肌悩みに合わせて美容液を選ぶ

肌が荒れてしまっている時は、美容液自体省いてもOKですが、普段のスキンケアの中で美容液はとても重大な役割を担っています。肌荒れする状態の肌は、乾燥を感じやすい状態になっていることが多いため、日頃から美容液での保湿ケアもおすすめです。

乾燥がなかなか解消されないという場合は、保湿系美容液をプラスして化粧水では補いきれなかった潤いをプラスするようにしましょう。保湿が十分にされている状態であれば、美白美容液やエイジングケア美容液などを使用するのもいいでしょう。

乾燥が気になるなら春にも濃密なクリームを

もともと肌が乾燥しやすい人や、ゆらぎを感じやすい人は春でもできるだけ濃密なクリームを使用するのがおすすめです。春になったからといって、乳液に切り替えたりジェルでフタをしたりするのではなく、しっかり肌を包み込んでくれるような保湿クリームを使用するようにしましょう。

エイジングケアクリームなどもありますが、ゆらぎが気になる季節なら美容液成分よりも保湿成分を重視してクリームを選ぶのがおすすめですよ。

春の肌荒れが気になる時のメイク

 

肌荒れが気になる時におすすめのメイク術をご紹介します。

ベースメイクは肌に優しいタイプのものを

肌が荒れている時は、できるだけベースメイクは肌に優しいものを使うようにしましょう。ベースメイクはスキンケアと同じで、肌荒れ前に使用していたものが突然合わなくなってしまうことがあります。

それに気づかずに使い続けてしまうと肌荒れが悪化してしまいます。それを防ぐためにも、肌荒れが酷くなってきたらいつも使用しているベースメイクの使用はやめて、肌への刺激が少ないベースメイクに切り替えるようにしましょう。

肌荒れを隠そうとしてカバー力が高いものを使ったとしても、乾燥や肌荒れのせいでファンデーションがきれいに乗らない可能性が高いので、お気に入りのファンデーションの使用を1度中止して、肌の健康を考えたメイクをするようにしましょう。

保湿力が高いベースメイクを使う

ベースメイクは、できるだけ保湿力が高いものを使用するようにしましょう。暖かくなってくるとだんだん崩れやすさを気にして、皮脂崩れ防止系のベースアイテムを使用する人もいますが、肌に必要な皮脂を吸着してしまうため、乾燥を感じやすく仕上がりも汚くなってしまいます。

春の肌荒れは特に乾燥を感じやすく、それにより崩れが生じやすいので、できるだけ保湿力の高いベースメイクアイテムを使用するようにしましょう。

もちろん保湿力だけでなく肌への刺激が少ないものを使用するのが1番なので、どんな成分が入っていてどんな成分が入っていないのか、しっかりチェックしてからベースアイテムを選ぶようにしましょう。

穏やかな洗浄力でも落ちるメイクに仕上げる

 

肌荒れを起こしている時は、メイクの仕上がりを重視するよりも、落としやすさを重視して選ぶようにしましょう。肌荒れを起こしている状態は、少し間違ったケアをしただけで悪化してしまいます。

それを防ぐためにも、クレンジングは肌に優しいものを使用するのがおすすめです。ただ肌に優しいものを選んでしまうと、どうしても洗浄力が弱くなってしまうので、肌に優しいクレンジングを使用しても、落としやすいようなメイクに仕上げることがポイントです。

ベースメイクはしっかりカバーすることを重視するのではなく、肌の赤みなどをナチュラルにカバーする程度にするのがおすすめです。

アイメイクが落ちにくい場合は、目元に負担の少ないポイントリムーバーを使用して、綿棒などで優しく落としていくようにしましょう。

ニキビなどが悪化しないノンコメドジェニックを使う

肌のニキビが酷いという場合は、ノンコメドジェニックタイプの化粧品を使うのがおすすめです。肌が乾燥することで皮脂が詰まりやすくなり、ニキビができてしまうことがあります。

乾燥ニキビの悪化を防ぐためにも、ニキビのもとになりにくいノンコメドジェニックのものを使うと悪化しにくくなります。

シンプルなメイクに仕上げる

肌荒れがあまりにも酷い場合は、できるだけシンプルなメイクに仕上げるのがおすすめです。肌荒れが酷いとそれを隠そうとするあまり、いろいろなものを重ねてごまかそうとしてしまいがちですが、それがかえって肌荒れを悪化させている可能性もあります。

肌荒れが治るまでは少ないコスメでなるべくシンプルなメイクに仕上げましょう。特に花粉症で肌荒れが酷いという場合は、目元がかゆくなったり鼻をかんだりするので、メイクが崩れやすくなります。

カバーするよりも使用するアイテムを減らして、マスクをつけて生活するなど、メイクをしなくてもいいような工夫をするようにしましょう。

春の肌荒れにおすすめのスキンケア

 

春の肌荒れにおすすめのスキンケアについてご紹介します。

春の肌荒れにおすすめの化粧水【1】IPSA(イプサ) ザ・タイムRアクア

イプサの化粧水

IPSAのザ・タイムRアクアは、潤い成分を抱えた水の層を肌表面に作る化粧水です。独自のアクアプレゼンターⅢにより、乾燥状態に応じて水分を与えて逃がしません。肌の潤いバランスを整えて肌荒れや大人のニキビを防ぎます。

IPSA ザ・タイムRアクア / ¥4,400

春の肌荒れにおすすめの化粧水【2】IHADA(イハダ) 薬用ローション

IHADAの化粧水

IHADAの薬用ローションは、不純物の少ない高精製ワセリンを配合した化粧水です。繰り返す肌荒れや乾燥を防ぎながら、潤いバリア機能を整えます。濃密な潤いで満たされた素肌へと導く敏感肌処方の薬用ローションです。

IHADA 薬用ローション / ¥1,650

春の肌荒れにおすすめの美容液【1】THREE(スリー) バランシングホワイトクリアエッセンス

threeの美容液

THREEのバランシングホワイトクリアエッセンスは、洗顔後最初に使うタイプの美容液です。アルブチンの力でメラニンの生成を抑制し、シミそばかすを防ぎます。植物成分により肌のうるおいバランスを整え、明るく滑らかな肌へ。

THREE バランシングホワイトクリアエッセンス / ¥11,000

春の肌荒れにおすすめの美容液【2】ちふれ 美容液 ノンアルコールタイプ

ちふれの美容液

ちふれの美容液ノンアルコールタイプは、アルコールに敏感な人でも使用できる美容液です。ヒアルロン酸とトレハロース配合で、肌に長時間しっとりとした肌を保ちます。角質層へじっくり届いて、湧きあがるような潤い肌へと導きます。

ちふれ 美容液 ノンアルコールタイプ / ¥660

春の肌荒れにおすすめのクリーム【1】CLINIQUE(クリニーク) モイスチャーサージ72ハイドレーター

クリニークのクリーム

CLINIQUEのモイスチャーサージ72ハイドレーターは、まるで水分が自動的に湧きあがるように潤います。5分間パックにもメイクの上からも使用可能です。アロエベラ葉水によりふっくらぷるぷるの潤い肌へと導きます。

CLINIQUE モイスチャーサージ72ハイドレーター30ml / ¥4,950

肌荒れにおすすめのクリーム【2】無印良品 保湿クリーム・敏感肌用

無印の保湿クリーム

無印良品の保湿クリーム・敏感肌用は乾燥が気になる敏感肌に潤いをたっぷり与えます。保湿成分としてリピジュアRやヒアルロン酸を配合しています。低刺激処方で、アレルギーテストにもクリアしています。

無印良品 保湿クリーム・敏感肌用 / ¥950

春の肌荒れについてご紹介しました。春になると肌荒れに悩む人が増えてきますが、そのまま放置していると悪化してしまいます。肌を健康な状態へと戻すためにも、シンプルなケアを心がけて肌に負担のかからない生活を心がけましょう。