SEP.15.2019

メリハリボディとは?理想のメリハリボディの作り方をご紹介!

メリハリボディとは?理想のメリハリボディの作り方をご紹介! メリハリボディとは?理想のメリハリボディの作り方をご紹介!

女性にとってメリハリボディは永遠の憧れ。しかし、どのような方法を取り入れれば、メリハリボディにすることができるのか分からないという女性も多いのではないでしょうか。そこで今回は、メリハリボディの作り方をご紹介します。

メリハリボディとは?

3人の女性

メリハリボディとは、その名の通りメリハリのあるボディラインをしている体型のことを言います。
女性らしい胸やお尻はしっかり出ているのに、ウエスト部分はきゅっと引き締まっているようなボディラインが特徴です。

このメリハリボディを作るためには、ただダイエットをして痩せるだけでは作ることができません。

きちんとメリハリボディになれるトレーニングメニューを意識していく必要があります。

そこで今回は、効果的なメリハリボディの作り方をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

メリハリボディの芸能人

カジュアルコーデの女性

メリハリボディと聞いてもまだピンとこない女性もいるかと思いますが、モデルさんや女優さんにはメリハリボディの持ち主がたくさんいます。

■メリハリボディの芸能人
・中村アンさん
・菜々緒さん
・泉里香さん
・朝比奈彩さん
・加治ひとみさん

などなど、多くの女性が憧れている芸能人ばかりですよね。
一体どのようなトレーニングや食事法で、メリハリボディを作っているのでしょうか!

メリハリボディの作り方【1】胸・背中・脚の筋肉を鍛える

筋トレをする女性

メリハリボディを作る基本になるのが、胸、背中、脚の3つの筋肉を鍛えることです。
バストアップとヒップアップを狙いながら、ウエストを引き締めていくことがメリハリボディへの近道。

■胸の鍛え方
バストを支える大胸筋などを鍛えるなら、腕立て伏せで筋トレを行っていきましょう。ひざをついた状態や壁に向かって行う腕立て伏せでも大丈夫です。

①腕は肩幅に開き、手のひらとつま先を床につけたら、身体を持ち上げる
②胸が床につくまでゆっくりとひじを曲げて降ろす
③限界のところまで下ろしたら、少しだけひじが曲がったところまで胸を持ち上げる
④10回、20回と徐々に回数を増やしていく

■背中の鍛え方
背中を鍛えることができれば、今まで以上に後ろ姿を美しく見せることができます。背中を丸めないで行うことがポイントです。

①背筋を伸ばし、脚を肩幅に開いた状態で、両手に水の入ったペットボトルを持つ
②お尻を少し後方に突き出して骨盤を少し前傾にしたら、ひざを軽く曲げ、さらにお尻を後方に突き出す
③脚に沿ってペットボトルをゆっくり降ろしたら、最初の姿勢に戻る
④ペットボトルを脚の横に持ってきて、肩甲骨を寄せたら、また繰り返す

■脚の鍛え方
脚を鍛えるなら、スクワットがおすすめです。スクワットならお尻も鍛えることができ、メリハリボディの作り方に最適!

①両脚を肩幅より広く開き、腕を前に伸ばす
②お尻を後方に突き出しながら、ゆっくりとひざを曲げ、90度になるまで腰を落としたら1秒キープする
③ゆっくり戻したら、同じように何回か繰り返す

メリハリボディの作り方【2】椅子を使ったエクササイズをする

椅子に座る女性

メリハリボディを作るためには、ウエストの引き締めも必要不可欠ですよね。
椅子を使ったエクササイズで、たるんだウエストをきゅっと引き締めていきましょう!

■椅子を使ったエクササイズのやり方
①椅子に浅めに腰をかけ、上体をやや後方に傾ける
②両足を床から少し浮かせたら、1~2秒かけてひざを胸に引き寄せる
③今度は、1~2秒かけて元に戻す動作を1日10回行う

たったこれだけでウエストを引き締めることができます。
慣れてきたら、胸に引き寄せたときにウエストねじりを加えて、くびれ作りに効果的なエクササイズにすることもおすすめです。

メリハリボディの作り方【3】正しい姿勢を常にキープする

ヨガをする女性

正しい姿勢を意識することも、メリハリボディ作りに欠かせません。
猫背などで姿勢が悪くなってしまうと、ぽっこりお腹や背中に贅肉がついてしまう原因になります。

逆に正しい姿勢を保つことは、自然に腹筋を使うことになるので、普段からウエストを引き締めることが期待できるんです。

立っているときも座っているときも、背筋をピンと伸ばして少し顎を引き、胸を張りながらウエストやヒップに力を入れてみてください。
正しい姿勢ができていない方は、これだけで腹筋が使われていることが意識できるはずです。

メリハリボディの作り方【4】タンパク質中心の食生活にする

料理をする女性

メリハリボディを作るためには、日々の食生活を見直すことも大切です。
食事で私たちの体は作られているので、何を食べるかによって大きく変わってくると言えます。

基本的に栄養バランスのとれた食事を、1日3回食べることが大切ですが、メリハリボディを作るなら「低カロリーで高たんぱく質の食事」を意識してみてください。

高たんぱく質は筋肉作りに欠かせない栄養素なので、1日100以上摂ることを意識すれば、筋トレやエクササイズによる効果を高めることが期待できます。

メリハリボディの作り方【5】マッサージやヨガでしなやかなボディを作る

ヨガをする女性

メリハリボディでは、ただ鍛えるだけでなく、女性らしいしなやかさを保つことも必要になってきます。
ですので、筋トレばかりして筋肉をつけすぎないように気を付けることも大切。

そこで取り入れてほしいのが、毎日のマッサージやヨガです。
マッサージにはこった筋肉をほぐして、血流を良くする効果がありますし、ヨガにはボディラインを引き締めながら女性らしいしなやかさを出す効果があります。

マッサージはお風呂でしっかり温まった後に行いましょう。

ヨガはリラックスしながら行えるネコのポーズや、牛の顔のポーズ、合掌のポーズなどがおすすめです。

メリハリボディの作り方についてご紹介しました。筋トレに関しては回復期間を設けながら継続していくことが効果的だと言われているので、2日おきくらいに取り入れてみてください。自分だけでは続けることができないと思ったときは、ジムなどに通うこともおすすめです。メリハリボディを目指して、頑張っていきましょう!