BEAUTYDEC.12.2018

ブルーのアイライナーの使い方は?仕上がりの印象や注意点をご紹介

最近ではブルーのアイライナーを使ったメイクが増えてきていますよね。ブルーのアイライナーはまぶたに乗せるとどんな印象になるのでしょうか?ブルーのアイライナーの使い方や仕上がりの特徴、おすすめのアイテムについてご紹介します。
最近ではブルーのアイライナーを使ったメイクが増えてきていますよね。ブルーのアイライナーはまぶたに乗せるとどんな印象になるのでしょうか?ブルーのアイライナーの使い方や仕上がりの特徴、おすすめのアイテムについてご紹介します。

ブルーのアイライナーの印象

ブルーのライナーを太く引いている人
ブルーのアイライナーは、涼しげな目元を作ることができます。ブルーは特に夏メイクに映えるカラーでもあります。かっこよくクールな目元を作ることができるアイテムです。

ブルーのカラーは、凛とした印象のメイクをするのにぴったりのカラーです。しかし、アイシャドウやマスカラで取り入れるのに抵抗があるという人も少なくないはずです。そんな方におすすめなのが、ブルーのアイライナーです。

ブルーのアイライナーは、さりげなくカラーメイクを楽しむことができます。はっきりとしたカラーからネイビーに近い暗めのカラーまであり、自分の好みのブルーを見つけやすいです。

大人っぽい印象に仕上がりやすいカラーでもあるので、大人のカラーメイク入門としても、おすすめできるカラーです。

ブルーのアイライナーの塗り方

明るいブルーのライナー
ブルーのアイライナーの使い方についてご紹介します。

■ナチュラルなカラーは全体に
ブルーのアイライナーを上まぶた全体に引く場合は、濃いめのカラーを使うことをおすすめします。水色に近い淡いカラーは目立ちやすく、目の全部に乗せてしまうと悪目立ちしやすくなります。

上まぶた全体のアイライナーをブルーに変えたいという場合は、ネイビーに近いような濃いめのカラーを選ぶと、ナチュラルにブルーのカラーを取り入れることができますよ。

■ビビッドカラーは目尻だけ
ビビッドカラーのブルーアイライナーは、まぶたの目尻側だけに乗せることで、全体的なバランスを取りやすくなります。黒目の外側くらいから乗せて跳ね上げるようにアイライナーを引くと、クールな印象の目元を作ることができます。

普段使っているアイライナーとバイカラーになるように仕上げると、目力を保ったカラーメイクをすることができます。黒目の外側までは、黒やブラウンのアイライナーで、いつも通りアイライナーを引いてから、ブルーのアイライナーを引いていきましょう。

この時目頭側のアイシャドウのカラーも、なるべく色が付かないナチュラルなカラーを乗せるようにしましょう。そうすることでバランスが取りやすくなりますよ。

■一重さんにもぴったり
ブルーのアイライナーは、一重の人におすすめしたいカラーアイライナーでもあります。一重の目元をよりかっこよく凛とした雰囲気に仕上げることができます。

アイライナーが見える位置(黒目の外側くらい)から、目の形に沿って目尻側に引いていきます。最後は跳ね上げてもいいですが、たれ目気味に引くことできつすぎない印象の目元に仕上がります。

ブルーのアイライナーの注意点

目のキワにブルーを取り入れている女性
ブルーのアイライナーの注意点についてご紹介します。

■アイシャドウの色に気をつける
ブルーのアイライナーは、細めに乗せても目立ちやすいカラーになります。ブルーは比較的どんなカラーでも合いますが、ブラウンやベージュ系のアイシャドウを使ってしまうと、ブルーのアイライナーがぼやけてしまったり、悪目立ちしてしまったりすることがあります。

アイシャドウのカラーはホワイトやピンクベージュなど、あまり目立たないようなカラーを選ぶか、同系色であるネイビーやシルバーの色を使うようにしましょう。

■リップやチークにも気をつける
ブルーのアイライナーを乗せた場合は、リップやチークの色にも注意しましょう。ブルーのアイライナーを目元に乗せることで、とても目立ちやすくなります。そんな中で、ビビッドなカラーのピンクやオレンジ系のカラーを合わせてしまうと、色同士が喧嘩してしまいます。

なるべく肌なじみの良いカラーを乗せるようにして、色味同士の調和を図ったメイクを心がけていきましょう。

おすすめのブルーアイライナー【1】LANCOME(ランコム) コール イプノ ウォータープルーフ 3

ランコムのアイライナー
LANCOMEのコールイプノウォータープルーフは、色持ち抜群のペンシルアイライナーです。クリーミーで肌になじむ質感が特徴です。濃密なラインを自由自在に描くことができる発色の良いブルーライナーです。
LANCOME コール イプノ ウォータープルーフ 3 / ¥2,916

おすすめのブルーアイライナー【2】shuuemura(シュウウエムラ) ウォーターペイント:インク インディゴブルー

シュウウエムラのアイライナー
shuuemuraのウォーターペイント:インクは、細めでしっかりした筆先が特徴のリキッドアイライナーです。自由なデザインを滑らかに描くことができます。ナチュラルで遊び心のある目元に仕上げることができます。
shuuemura ウォーターペイント:インク インディゴブルー / ¥3,672

おすすめのブルーアイライナー【3】ETUDEHOUSE(エチュードハウス) スーパースリム プルーフジェルペンシルライナー ディープシーネイビー

エチュードハウスのアイライナー
ETUDEHOUSEのスーパースリムプルーフジェルペンシルライナーは、スルスル描けるジェルペンシルです。滑らかに伸びて、溶け込むように肌にフィットします。ポップなカラー展開で、メイクに華やかさを与えます。
ETUDEHOUSE スーパースリム プルーフジェルペンシルライナー ディープシーネイビー / ¥918
ブルーのアイライナーについてご紹介しました。ブルーのアイライナーは涼しげで大人でも挑戦しやすいカラーアイテムの1つです。ブラウン系の定番メイクに飽きてきたら、ブルーのアイライナーに挑戦してみてはいかがでしょうか?
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック