FASHIONSEP.10.2017

いつものコーデが垢抜ける!カラーパンプスのコーディネートテクニック

モノトーンスタイルもいいけれど、やっぱりしたいのはカラーアイテムを使ったコーディネート。 中でもパンプスは簡単に取り入れられ、一気にコーディネートをブラッシュアップさせます。 おすすめの5カラーと合わせ方のポイントを解説します。
モノトーンスタイルもいいけれど、やっぱりしたいのはカラーアイテムを使ったコーディネート。 中でもパンプスは簡単に取り入れられ、一気にコーディネートをブラッシュアップさせます。 おすすめの5カラーと合わせ方のポイントを解説します。

1. PINK

ブームが止まらないピンクは一足は必ず抑えておきたい。
今回はピンクでも甘くならず、クールに合わせる方法をご紹介。
ピンクをクールに取り入れたい人は、オールブラックコーデの差し色に。同じブラックでも異素材でメリハリをつけるのがポイント。


オフショルトップス×ワイドデニムが爽やかな旬なスタイルに華やかなピンクがよく映えます。リップメイクもピンクにするとよりコーデが引き立ちます。


2. YELLOW

トレンド感が一気にアップするイエローは取り入れるのが難しいと思われがちですが、全体を落ち着いたトーンでまとめればとっても簡単です。


リラックス感のあるスタイリングにイエローの差し色をON。イエローはモードなスタイリングにもハマります。

3. BLUE

春の青空のように爽やかで、大人の落ち着き感も出せるブルーは、ONもOFFも大活躍。一足持っておくと重宝します。


フェミニンなワンピースをブルーの差し色で締めて大人っぽく。ついつい合わせがちなブラックよりも柔らかい印象に見せることができます。


4. RED

前シーズンに引き続きトレンドカラーのレッドはコーデのポイントに持ってくるのにイチオシ。実は年中使える万能カラーなんです。

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。