OCT.18.2019

コーンスープはダイエットにいいの?効果や太りにくいやり方

コーンスープはダイエットにいいの?効果や太りにくいやり方 コーンスープはダイエットにいいの?効果や太りにくいやり方

さまざまなダイエット方法が流行る中、コーンスープでダイエットをする方も多くいるようです。そのときに気になるのはカロリーややり方ですよね。低カロリーのイメージがあるコーンスープですが、ダイエットにいいのでしょうか。

コーンスープはダイエットにいいの?

コーンスープ

コーンの甘さが美味しいコーンスープは、子供も大人も大好きなスープの一つですよね。
特に寒い季節は、コーンスープで温まる方も多いのではないでしょうか。

最近は冷たいコーンスープも人気で、季節問わず飲むことができます。

インスタントで時間をかけずに飲めるというメリットもありますが、コーンスープはダイエットにいいのでしょうか?
スープ=低カロリーのイメージですが、コーンスープの場合はどうなるのか、ダイエットにどのようにいいのか気になるところです。

コーンスープがダイエットにいい理由やカロリー、やり方を見ていきましょう。

コーンスープがダイエットにいい理由

ハートを作る女性

コーンスープがダイエットで取り入れられているのは、下記の3つが関係しているようです。

■カリウムが豊富に含まれている
カリウムには高い利尿作用と塩分の排泄作用がある栄養素で、むくみを解消する働きがあります。
また、脂肪も尿で排泄されることがあるため、ダイエットやむくみやすい女性にとって嬉しい効果だと言えそうです。

■食物繊維を摂ることができる
食物繊維には、排便を促して腸内環境を整える働きがあります。
そしてよく噛むことで腸の中で膨れ、食べ過ぎを防止してくれますよ。

■腹持ちがいい
後ほどお話しますが、実はコーンスープのカロリーは高めです。
しかし、脂質が多く腹持ちが良いというメリットがあるので、余計な食べ過ぎを防ぐことが期待できます。

コーンスープにはダイエット効果だけでなく、美肌効果もあるようです。
それは、抗酸化作用に優れたビタミンEが関係しており、肌の老化を防ぐ働きをしてくれるので、エイジングケアをすることが期待できます。

コーンスープの気になるカロリーは?

コーンスープ

コーンスープには、自分で一から作るものもあれば、粉末タイプになっているものや牛乳のように液体で入っているものもありますよね。
作り方やそのメーカーによっても異なりますが、それぞれのカロリーはどのくらいになるのでしょうか。

■粉末タイプのコーンスープ
1袋16.5gの場合、カロリーは約66kcal

■液体タイプのコーンスープ
1人分150~250gの場合、カロリーは約172kcal

■手作りコーンスープ
1人分100gの場合、カロリーは約43kcal

数字だけ見ると液体のコーンスープは避けた方がいいイメージが強いかもしれませんが、ダイエットで飲むなら粉末よりも液体のコーンスープがおすすめです。

液状の主成分は脂質になっており、ビタミンB2、カルシウムも豊富に含まれています。
脂質はダイエットにおすすめとは言えないものの、コーンの成分が多いので、他の栄養も摂ることができるんです。
ビタミンB群には脂質の分解や代謝をサポートしたり、新陳代謝を促進させる作用があります。

粉末の主成分は塩分になり、人工甘味料や食品添加物が使われている場合が多いです。
人工甘味料には血糖値を上げる作用、食品添加物には痩せにくい体を作る作用があると言われているので、気を付けたいですね。

ダイエットにおすすめのコーンスープの取り入れ方

カップを持つ女性

ダイエットでコーンスープを取り入れていくなら、コーン本来の甘さが楽しめる手作りコーンスープ、もしくは液体のコーンスープにすることがおすすめです。
何を入れて作っているか分かる手作りコーンスープが一番ですが、忙しくて作ってる時間がないときは、液体のコーンスープを活用するといいでしょう。

そして、温めたコーンスープにすることがおすすめです。
冷えたコーンスープも美味しいですが、それだと体を冷やしてしまい、ダイエットや美容に良くありません。
できるだけ温かいコーンスープを朝食に一杯だけ飲むようにするといいですよ。

そのときは、他の野菜なども一緒に食べるようにして、栄養バランスが偏らないようにしてください。

1日一杯、2~3日おきに一杯という形で大丈夫ですが、手作りコーンスープなら夕食が遅くなったときや夜食として飲むのもいいでしょう。

ダイエット中にコーンスープを飲む場合の注意点

コーンスープ

ダイエット中にコーンスープを取り入れるときの注意点として覚えておきたいのは、やはりインスタントのコーンスープについてです。
低カロリーなものもありますが、飲んだときに甘く感じることってありますよね。

低カロリーなのに甘いのは、人工甘味料などが使われているからです。
人工甘味料には血糖値を上げたり、体を冷やしたりするだけでなく、中毒性があることから食べ続けてしまうこともあるので、注意しましょう。

また、コーンスープだけで痩せようとするのも禁物です。
1日一杯までにして、他の栄養もしっかり補ったり、運動をしたりして健康的なダイエットを目指してくださいね。

コーンスープのカロリーや効果についてご紹介しました。手作りコーンスープならインスタントコーンスープよりもヘルシーでコーンそのものの栄養をしっかり摂ることができます。温かいコーンスープで温活をしながら、ダイエットに役立ててみてください。