SEP.12.2019

夏でもシャツは大活躍!シーンに合うシャツ選びで大人見せコーデに

夏でもシャツは大活躍!シーンに合うシャツ選びで大人見せコーデに 夏でもシャツは大活躍!シーンに合うシャツ選びで大人見せコーデに

暑い夏でも、サラッとシャツをかっこよく着こなすのが大人女子。涼しげな素材やカラー、デザインなど、季節感のあるレディースのシャツコーデをご紹介します。

夏のシャツ選びのポイント

 

■素材

夏らしいシャツと言えば、なんと言っても通気性の良い素材はマスト。

風通しの良いコットンやリネン、ガーゼなら、機能性はもちろんデザイン的にも抜け感があっておしゃれに仕上がります。

また、汗をかいてもすぐ乾くポリエステルのシャツも心地良さがキープできますね。

■カラーリング

夏に長袖のシャツを着ても暑苦しく見えないポイントは、カラーリング。

オフィスシーンなど落ち着いた雰囲気を出したい時はついついネイビーやグレーを選びがちですが、重たい雰囲気にしないためには白やベージュがおすすめ。

寒色のシャツを着る時は、コントラスト強めの白との組み合わせで爽快感を演出しましょう。

また、黄色やオレンジなどのシトラスカラー、海や空をイメージさせるブルー系のシャツも夏らしさ全開です。

大人女子の定番カラーであるベージュ系も、軽やかな雰囲気で夏のシャツコーデにはぴったり。流行りのベージュワントーンコーデにも使えます。

■日焼けや冷房対策も考慮して

大人女子にとって、紫外線やエアコンによる冷えは大敵。

暑いからといってノースリーブや半袖ばかりだと、身体が冷え切ってダメージを受けることもあります。

ストールやカーディガンを持ち歩くのも対策になりますが、涼しい長袖のシャツを着ていれば一石二鳥ですね。

夏のおすすめシャツコーデ【1】ビジネスシーンにはリネン素材の半袖シャツで

 

夏のお仕事シーンで役立つのが、悪目立ちしないベージュの半袖シャツ。リネン素材ならジャケットを羽織っても涼しげな印象をキープ。

ボトムはタイトスカートがおすすめですが、季節感を意識するなら白いレーススカートがベスト。清潔感もあり、デキる女風のお手本コーデです。

夏のおすすめシャツコーデ【2】30代はとろみ素材のシャツをミックスコーデに

 

とろみ素材の開襟シャツは、オンオフ両方に使えるので1枚あると夏コーデに重宝します。

光沢のある素材感やパフスリーブが女性らしさたっぷり。トレンドに敏感な30代はあえてデニムでカジュアルダウンして甘辛仕上げにしましょう。

夏のおすすめシャツコーデ【3】夏のお散歩には風通しの良い素材のシャツで

ガーゼシャツ×ワイドパンツ

風が気持ち良い夏の夕方は、散歩に最適。とはいえまだ暑さは残っているので、ガーゼ素材の長袖シャツで涼しげ仕上げに。

タンクトップにサラッと羽織って、ラフ感をキープ。ダサ見えしないように、カラーでこなれ感を表現しましょう。

夏のおすすめシャツコーデ【4】デートにはフリル使いが絶妙なシャツで

フリルシャツ×リネンパンツ

袖がフリルになっているノースリーブのシャツは、可愛らしさと大人っぽさを両立するトップス。

確実に男性受けは良いので、ボトムがパンツでも問題なし。前だけウエストインして、ふんわり感を出すのも上級者テクニックです。

夏のおすすめシャツコーデ【5】20代は真っ白なリネンシャツでモノトーンカジュアルに

 

リネンシャツと言えば、ベージュが定番。20代はあえてクリアな白をチョイスして、若々しさを表現しましょう。

インナーとボトムを黒にして、モノトーンコーデにするのも新鮮。コントラスト強めの配色が、より白の清潔感を引き立ててくれます。

夏のおすすめシャツコーデ【6】40代はゆる感のあるセットアップで貫禄の上級者風コーデに

 

サファリっぽいデザインの白シャツとワイドパンツのセットアップは、コーデに悩む夏の日に便利。

開襟とべっ甲ボタンできちんと感を出しつつも、ゆるめのシルエットで抜け感を演出。ぼんやりしがちなカラーなので、ウエストを前だけインしてメリハリをつけるのもポイントです。

夏のおすすめシャツコーデ【7】ストライプのコットンシャツはデイリーカジュアルに

 

夏らしい配色のストライプロングシャツは、着回し力があるのでデイリーコーデに便利。ある程度の長さがあれば、1枚でワンピースとして着ても〇。

レイヤードにする場合は、レギンスやデニムでラフ感たっぷりに。特にワイドレッグのデニムなら、縦に長いIラインが完成するのでほっそり見せにも効果的です。

夏のおすすめシャツコーデ【8】夏の終わりは秋を意識したカラーのシャツで

イエローシャツ×ベージュパンツ

きれいカラーのシャツは、夏の定番。しかし、大人女子は季節感にも敏感なので、晩夏には秋を意識したカラーのシャツを羽織るのがおすすめ。

マスタードイエロ―の大きめシャツをジャケットのように羽織って存在感を発揮。デコルテの開きが広いインナーで、メンズライクなシルエットを緩和しましょう。

夏のおすすめシャツコーデ【9】リゾートシーンではロングシャツがマストアイテム

ロングシャツ×パンツコーデ

夏のバカンスに役立つのが、通気性がありシワになっても気にならない素材のロングシャツ。どんな色にでも合うベージュなら、コーデを選ばないので楽ですね。

インナーは、ワンピースでもパンツでも馴染みます。日焼けやエアコン対策にもなり、水着の上に羽織っても絵になるので、ビーチリゾートには欠かせないアイテムですね。

夏も大活躍のシャツ!素材やカラーリングは、涼しげに仕上がるタイプを選ぶのがポイント。様々な種類のシャツを使ったおすすめの夏コーデを、ぜひ参考にしてください。