LIFESTYLE
OCT.20.2020

身長150cmの女性の標準体重は?理想体型になるダイエット法とは

身長150cmの女性の標準体重は?理想体型になるダイエット法とは 身長150cmの女性の標準体重は?理想体型になるダイエット法とは

一般的な低身長のSサイズ女子にグループ分けされる身長150cmの女性は、ダイエット方法にも少し注意が必要です。そこで今回は、身長150cmの女性の標準体重や理想体重、理想の体型になるダイエット法をご紹介します。

身長150cmの女性の標準体重

ダイエット

身長140cm台と身長150cm台の境目にもなっている身長150cmの女性は、Sサイズ女子にグループ分けされることが多いですよね。実際、平成29年の「国民健康・栄養調査」では、20歳以上の成人女性の平均身長は154.1cmとなっていますので、平均よりも一回り小柄な女性に見えます。


■身長150cmの女性の標準体重

身長にそれぞれ違いがあるように、体重にも身長によって適正な体重がありますよね。身長が10cmの差があるにもかかわらず体重が同じ女性の場合、身長が高い女性の方が痩せて見えるものです。

それぞれの身長の標準体重や理想体重は世界的に使用されている「BMI」を基準にされることが多いですね。BMIは「ボディ・マス・インデックス」の略で、身長と体重の値で計算することができます。BMIは「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で求めることができます。

標準体重や理想体重のBMI値には誤差はありますが、BMI値が22が標準体重とされることが多いですね。「身長(m)×身長(m)×22=標準体重(kg)」で求めることができます。

例えば、身長150cmの女性の標準体重は

1.50×1.50×22=約49.5kgです。


■平均体重と比べると

平成29年の「国民健康・栄養調査」では、20歳以上の成人女性の平均体重は53.6kgとなっており、BMI値は53.6÷1.54÷1.54=約22.6です。

20歳~29歳の成人女性の平均身長は157.5cmで平均体重は51.3kgですので、BMI値は51.3÷1.575÷1.575=約20.7で、標準体重のBMI値22よりも痩せていることがわかります。

したがって、身長150cmの標準体重の女性は、見た目は少しぽっちゃりして見えやすいですね。

身長150cmの女性の理想体重

理想体重の身長150cmの女性

BMI値を基準にした体重には、「美容体重」や「モデル体重」「シンデレラ体重」などがあります。

それぞれのBMIの値には若干の誤差がありますが、「美容体重」はBMI18~20の範囲内の体重とされることが多く、「モデル体重」はBMI17~18以下、「シンデレラ体重」はBMI18以下の体重を示すことが多いですね。

身長150cmの女性の場合、

BMI20:1.50×1.50×20=約45.0kg
BMI18:1.50×1.50×18=約40.5kg
BMI17:1.50×1.50×17=約38.3kg

となります。 

「モデル体重」や「シンデレラ体重」は、芸能人やモデルさんのような、一目で「痩せている」と分かるようなスリムな体型になりやすい体重です。中には、痩せすぎに見えてしまうようなケースもあり、免疫力低下、生理不順など、健康に害が及ぼされる可能性もある体重です。小学生や中学生のような成長途中の女性の場合は、成長に影響が出てしまうケースもあります。逆に、30代以降になると老けて見えてしまうので、痩せすぎには注意が必要です。医学的に見てもBMI18.5以下は「痩せすぎ」とされる傾向があります。

一方、「美容体重」は、程よい脂肪があり、女性らしい丸みもあるので、適度に細く見える体重です。痩せすぎではなく、スタイルが良く見え、男性ウケが良い体型になりやすい体重です。見た目がスタイリッシュで、尚かつ健康的に見え、ファッションもかっこよく着こなせる体重として、美容体重を目指す方が多いですね。

実際、20歳~29歳の成人女性の平均身長は157.5cmで平均体重は51.3kgで、BMI値は約20.7ですので、平均よりも少し痩せて見えるのが美容体重になります。

身長150cmの女性必見!理想体重になるダイエット方法

身長150cmの女性が理想の体重や体型になるダイエット法【1】食事制限はほどほどに

ヘルシーな食事

身長150cmの女性は、Sサイズのトップスやボトムスを着用しますので、Sサイズが入らないほど太ってしまってMサイズ以上の洋服を着ようと思うと、丈が長すぎてバランスが悪くなってしまいますので、適度なダイエットは必要です。

しかし、無理な食事制限で体重だけを減らそうとするのはNGです。

例えば、小学生から成人女性まで、幅広い年代の150cmの女性がいますので、極度のカロリー制限や糖質制限でダイエットをすると、バストサイズがダウンしてしまったり、ガリガリで子どもっぽい体型になってしまい、大人の女性としての魅力が減ってしまいます。また、カロリー制限をすると、体が少ないカロリーでも動けるように節約しようとしてしまい、太りにくい体になってしまいます。

脂っこいものや甘いものは避け、栄養バランスの取れた食事を3食摂るようにしましょう。具体的には、ご飯や麺類、パン類などの主食は少なめにして、ビタミンやミネラル、食物繊維を多く含む野菜やキノコ、海藻類などでかさましすると、血糖値が上がりにくくなりますし、体や肌の調子もととのえてくれますよ。

また、筋肉の原料になる肉、魚や卵、大豆などのタンパク質を多く含む食品を多めに食べたいですね。

塩分の摂りすぎはむくみの原因になりますので注意しましょう。

水分補給を行って老廃物の排出をしやすいようにするのもダイエットに効果的ですし、食べすぎも予防できますね。

身長150cmの女性が理想の体重や体型になるダイエット法【2】適度な運動でしなやかボディに

筋トレをして理想の体重を目指している身長150cmの女性

ダイエットする際には、筋肉量をアップして代謝を上げるのは効果的です。また、脂肪よりも筋肉の方が重いので、同じ体重でも筋肉量が多い女性の方が引き締まって見えるメリットもあります。しかし、身長150cmの女性は、筋肉がつきすぎると、筋肉質に見えてしまったり、脚や腕などが太く見えてしまいます。

筋トレをする際は、バストアップやウエストを引き締めるエクササイズでメリハリのあるボディを作るように意識したいですね。

体重を落としてスマートな体型を目指したい場合は、体脂肪を燃やす有酸素運動を取り入れて、全体的にスリムになるようにしましょう。

ストレッチやマッサージで血行を促進や代謝アップをサポートするのもいいですね。

身長150cmの女性が理想の体重や体型になるダイエット法【3】生活習慣を変えて美しくダイエット

半身浴をしている女性

そして、身長150cmの女性が理想の体型や体重を目指してダイエットをする際には、生活習慣を見直すことも効果的です。

例えば、睡眠不足は、代謝がダウンしたり、ホルモンバランスが乱れてダイエットの妨げになりますので、睡眠時間は毎日7時間前後は確保したいですね。

また、ストレスも、食欲を増進させたり、ホルモンバランスが乱れ、代謝も悪くなる原因になるといわれています。ストレス解消をするようにしたいですね。

その他にも、毎日湯船に入るだけでも、血行促進や代謝アップが期待できますのでおすすめです。汗をかきますので、デトックスにも効果的ですね。アロマを焚いてリラックスしながら、お気に入りの音楽を聴いたり、動画を観たり、読書をしながら半身浴を行えば、ストレス解消もできますよ。

身長150cmの芸能人の体重はどれくらい?

身長150cmの芸能人の体重【1】益若つばささん

 

益若つばささんは、ギャル向けの雑誌『Popteen(ポップティーン)』のカリスマモデルとして活躍していた女性。バラエティー番組を中心にテレビでも活躍し、コスメやファッションアイテムのプロデュースも行っています。

そんな益若つばささんはモデルとしては小柄な身長150cm。体重は38.5kgで体脂肪率は21.6%です。BMIは17.1でシンデレラ体重よりも軽いため、かなりスリムだと言えるでしょう。

ちなみに、益若つばささんは1985年生まれて2020年10月現在35歳ですが、体重が高校生の頃と変わっていないそう。ここ数年は3~5kgの体重の変化は気にしていないみたいです。本人は40kg前後が一番健康的で風邪を引きにくいと話しています。

また、現在は、体脂肪を減らして筋肉量を増やしたいみたいです。

身長150cmの芸能人の体重【2】IMALUさん

 

明石家さんまさんと大竹しのぶさんを両親に持つIMALUさんは、モデルや歌手、タレントとしてマルチに活躍中。『Zipper(ジッパー)』などの雑誌に登場する機会が多いですが、身長は150cmでSサイズモデルです。

IMALUさんは体重を公表していませんが、ネット上では47kg~48kg程度ではないかと噂されています。この噂が本当だった場合、BMIは20.8~21.3程度で、標準体重よりも少し軽く平均程度の体重です。

身長150cmの芸能人の体重【3】内田眞由美さん

 

内田眞由美さんは、元AKB48のメンバー。現在はテレビ眼組や舞台などでタレントとして活躍しながら焼肉店を経営する実業家としても知られています。

内田眞由美さんは、AKB48として活動していた17歳の頃に体重と体脂肪率を公表しています。当時の体重は52.5kg、体脂肪率は32.8%で少しぽっちゃりとした体型でした。

そんな内田眞由美さんは、2011年にテレビ番組の企画でダイエットにチャレンジ。4か月間で体重を47.4kg、体脂肪率を26.5%まで落としました。ダイエット後のBMIは21.1で標準体重に近いです。

なお、内田眞由美さんが成功したダイエット方法は、煮干しかみかみダイエット。低糖質高タンパクでカルシウムなどの栄養素を豊富に含んだ煮干しをたくさん食べるダイエット方法です。

煮干しカミカミダイエットでは、噛み応えのある煮干しを食べることで満腹中枢を刺激し、食事や間食の量を減らす効果も期待できます。

身長150cmの女性が細く見せるための方法は?

身長150cmの女性が細く見せるための方法【1】ファッション

 

身長150cmの女性が体重を軽く見せたいなら、コーディネートを工夫してみましょう。着痩せできるファッションのポイントは次の通りです。

■華やかなトップスで視線を上げる
平均よりも小柄な身長150cmの女性は、背を高く見せることでほっそりとした印象を与えられます。身長を高く見せたいなら、明るい色や柄入りのトップスを着て、周りの人の視線を上げましょう。

ボトムスはシンプルなものでまとめると、自然に身長の低さをカバーできます。

■縦のラインを意識する
身長150cmの女性がスタイルを良く見せるためには、縦のラインを意識することも大切です。すっきりとしたIラインコーデやストライプシャツ、センタープレスパンツ、プリーツスカートなどを使ったコーデを作ると、着痩せできます。

■メリハリを出す
体重の重さをコンプレックスに思っている人は、ぽっちゃり体型をカバーするためにゆったりとしたシルエットのアイテムを選びがち。しかし、身長150cmの女性が体のラインが出ない服を着ると、寸胴体系に見えてしまうことが多いです。

服装でスタイルアップしたいなら、ウエストマークしたり、タイトなアイテムを取り入れたりするのがポイント。体の細い部分を強調すると、全体が痩せて見えることが多いです。

身長150cmの女性が細く見せるための方法【2】髪型

 

髪型によってもスタイルの印象は変わります。体重の重さに悩んでいる身長150cmの女性がコンプレックスをカバーできる髪型をチェックしましょう。

■広がりすぎない髪型を選ぶ
ボリュームのあるヘアースタイルは、頭全体を大きく見せます。そのため、身長が低い150cmの女性がボリュームのある髪型にすると全体のバランスが崩れて太って見えることが多いです。

身長150cmの女性は、なるべく髪のボリュームを抑えましょう。ふんわりとした髪型にチャレンジしたいなら、サイドにボリュームを出さず、トップをエアリーにして縦ラインを強調するのがポイントです。

■フェイスラインをカバーできる髪型を選ぶ
ぽっちゃり体型に悩んでいる人は、フェイスラインを隠せる髪型を選びましょう。輪郭を隠すとアンニュイな雰囲気が出て、身長150cmでも大人っぽく見せられます。

■軽めにする
身長150cmの女性が重めの髪型を選ぶと、全体のバランスが悪く見えます。細く見せたいなら、毛先にカールを付けたり、レイヤーを入れたりして軽さを出しましょう。

身長150cmの女性が細く見せるための方法【3】ヘアアレンジ

 

いつもの髪型でも、ヘアアレンジを変えれば細く見せられることがあります。身長150cmの女性に似合うヘアアレンジをご紹介します。

■後れ毛のあるアップへア
髪をアップにすると、視線が上がって身長が高く見えます。顔周りに後れ毛を作って輪郭をカバーすると、顔が小さく見えて体重も軽いと思われるでしょう。

■ハーフアップ
ハーフアップは、広がりやすいハチ上をコンパクトに見せられるヘアアレンジ。頭が小さく見えるため、全体のバランスが整ってスタイルを良く見せられます。

■トップをふんわりとさせたポニーテール
定番のポニーテールをする時は、トップにボリュームを出して視線を上げましょう。トップにボリュームのあるポニーテールは、横から見た時のシルエットも美しいです。

身長150cmの女性がダイエットをする場合は、食事制限のみで体重を減らそうとすると、太りやすい体になってしまったり、子どもっぽい印象になってしまう可能性があります。理想の体型を叶えたい150cmの方は、ぜひご紹介したダイエット方法を取り入れてみてくださいね。