BEAUTY
MAY.04.2020

前髪キープの決定版!絶対崩れない方法やおすすめスタイリング剤

前髪キープの決定版!絶対崩れない方法やおすすめスタイリング剤 前髪キープの決定版!絶対崩れない方法やおすすめスタイリング剤

女性にとって前髪は顔の印象を大きく左右するとても重要なパーツ。毎朝頑張ってスタイリングしている方も多いのではないでしょうか。時間をかけてでもスタイリングしているからこそ、崩れてくるとショックも大きいですよね。

とにかく前髪のスタイリングを崩したくない方必見!前髪を長時間キープできるスタイリング剤や、毎日のケア方法も紹介していきます。

【目次】

束感も作れちゃう!前髪キープに優れたおすすめスタイリング剤10選

前髪をセットする際に役立つ、キープ力抜群なスタイリング剤を10こ紹介していきます。使いやすさや、髪質に合っているものを探してみてください。

1.花王 ケープONE

ケープONE

前髪をしっかりキープしたい方におすすめのスタイリング剤は、花王の「ケープONE」です。

ナチュラルな前髪はもちろん、斜め前髪、かき上げバング、シースルーバングなど様々なスタイリングをキープしてくれるヘアスプレーです。「前髪命」の女性にはぴったりのスタイリング剤です!

ワンプッシュごとに一定量出るのでつけすぎる心配もなく、バリッとしないしなやかな仕上がりを叶えてくれます。

2.Loretta ロレッタ カチカチシュー

ロレッタ カチカチシュー

可愛らしいパッケージでお馴染みのLorettaから販売されている「ロレッタ カチカチシュー」。「カチカチシュー」の商品名の通りカチッとキメて、スタイルフォルムもポイントメイクもキープしてくれるヘアスプレーです。

ワックスタイプが好みなら、程よい軽さとキープ力を実現してくれる「ロレッタ メイクアップワックス 4.0」もおすすめです。お好みのタイプのスタイリング剤を使ってみてください。

3.MILBON ニゼル ドレシア ワックス トレイス

ニゼル ドレシア ワックス トレイス

MILBON(ミルボン)の「ニゼル ドレシア ワックス トレイス」は、しっかりとスタイリングしてくれるのに、柔らかい仕上がりがキープできると人気の高いヘアワックスです。軽くてベタつきのない使用感も魅力で、ワックスが苦手な女性も使いやすいと言われています。

美容室で取り扱っているほどの実力派なので、期待できそうですね。

4.ARIMINO PEACEフリーズキープ wax <ブラック>

PEACEフリーズキープ wax <ブラック>

キューブ状のおしゃれな見た目が印象的なARIMINOの「PEACEフリーズキープ wax <ブラック>」は、強力なセット力と立体的のある束感でおしゃれな前髪をキープしてくれるヘアワックスです。

ブラックが一番キープ力は強いものの、他にも自然なもの、ハードタイプなもの、スプレータイプのものなど、ラインナップが充実しています。自分に合ったタイプのスタイリング剤を見つけてみてください。

5.VO5 スーパーキープヘアスプレイ

VO5「スーパーキープヘアスプレイ」

VO5の「スーパーキープヘアスプレイ」は、ヘアアレンジの頼れる味方として定評のあるヘアスプレーです。

髪をケアする5種類のVital Oilを配合していることが特徴で、ケアしながら雨や風の日も前髪をキープしてくれます。コスパ抜群で3つの香りから選べるのも嬉しいポイント。

6.kokobuy ザ・プロダクト ヘアワックス

kokobuy ザ・プロダクト ヘアワックス

言わずとも知れるヘアスタイリング剤の「product」。毛先に束感を作りながらもみ込むだけで、トレンドの濡れ髪が作れてしまう優れもの。

前髪のスタイリングで使用する際には、髪の毛全体になじませて指に残ったものを毛先にもみ込むようにつけるのがおすすめです。ベタつきすぎず、自然な仕上がりになります。

7.ナプラ N. ヘアポリッシュオイル

ナプラ N. ヘアポリッシュオイル

トレンド感の強い方であれば使っている方も多いでのはないでしょうか。美容院でプロも使っているほど人気のヘアオイル「N.」。キープ力はあまり高くないものの、これひとつ持っていればイマドキのヘアスタイリングが簡単にできるようになります。

全体にもみ込んで残ったものを前髪になじませるだけで、濡れ感が出ておしゃれなアレンジに。柑橘系の香りで気分まで上がるのも嬉しいポイント。

8.hoyu NiNE マルチスタイリングオイル リッチ

hoyu NiNE マルチスタイリングオイル リッチ

大人気ヘアオイル「N.」に質感が似ているNiNE。少し重た目の質感になるリッチタイプとさっぱりと軽い質感を作れるライトタイプの2種類から選べます。自分の髪質やなりたいイメージに合わせて選んでみてください。

香りはローズの香りで、スタイリングするたびに女の子な気分になれます。デートでつけていれば彼に気に入ってもらえること間違いなし!

9.Lo’real エルネットサテンN

Lo’real エルネットサテンN

前髪に動きを出したいのであれば、Lo’realのエルネットサテンNがおすすめ。自然にふんわりとセットできるのに、長時間崩れないので1日前髪を崩したくない予定がある日に最適。

髪の毛にツヤを与えて見せてくれるので、スタイリングしながら美髪が手に入れられちゃいます。

10.Lebel トリエスプレー10

Lebel トリエスプレー10

長時間崩したくないのであれば、Lebelのトリエスプレー10がおすすめ。ハードタイプのヘアスプレーなので、前髪をセットしたままの状態でがっちりキープしてくれます。

軽い質感なので、ハードタイプでも使いやすいのが特徴です。振りかけすぎてしまわないよう、注意して使用しましょう。

前髪が上手くキープできないのはなぜ?上手くキープする5つのコツ

どんなに良いスタイリング剤を使っていても、使用方法や日頃の前髪ケアをしっかりと行なっていないと、思い通りのスタイリングにならないことも。前髪をうまくスタイリングできない原因はなんなのでしょうか。

■前髪がキープできない主な原因
・湿気による髪の毛のクセ
・スタイリング剤などによる重さ
・スタイリング剤やスタイリング方法が自分に合っていない

湿気によって元々のクセが出てしまうとスタイリングが崩れてしまいます。その他にもスタイリング剤をつけすぎたことによる重さや、髪質に合ったスタイリング剤を使えていないことも前髪のセットをキープできない原因だと言われています。

それではどのようなケアや使用方法を用いれば前髪のスタイリングをキープしやすくできるのでしょうか。

1.前夜のケア方法から見直す

前髪スタイリングするためには、朝のセット方法、使用するスタイリング剤のほかに、寝る前のケアも重要です。

髪が濡れたまま寝てしまったり、前髪をちょこんと結んだまましばらく放置したりしていませんか?そのまま寝てしまうと、変なクセがついてしまうので注意が必要。

入浴後はしっかり髪の毛を乾かしてから寝ることを習慣付けましょう。
前髪を流したい方向とは逆方向にとめると良いと言います。しかし、寝ている間にもとめてしまうと、クセが強く付きすぎてしまったり、前髪の根元が立ち上がりづらくなったりするため控えましょう。

2.濡れた髪はしっかり乾かし、ブローでクセを直す

朝起きたら前髪を根元から濡らして寝癖を直す方は多いのではないでしょうか。このときに自然乾燥をしてしまうと湿気を含んだ状態で髪の毛が乾いてしまいます。すると、せっかく前髪をスタイリングしても元に戻りやすくなってしまうので、ドライヤーでしっかり乾かすようにしましょう。

前髪を乾かすときのポイントは、熱によるダメージを抑えるために、ヘアオイルでコーティングし、頭から20cmほど離して乾かすこと。

ある程度乾いてきたら、まずは生えグセを直すために、前髪を流したい方向とは逆方向に根元をブローしましょう。
また、一定方向に長時間当ててしまうと、毛流れが行きすぎて変なクセがついてしまうこともあります。全体的に乾いたらドライヤーの風を今度は左右から軽く当ててみてください。

3.カーラーやヘアアイロンでセットしていく

濡れた髪を乾かし、ブローすることでクセを直すことは、前髪のスタイリングをキープしやすくするための土台です。さらにここからは、カーラーやヘアアイロンを使ってどのようにスタイリングするのかを説明していきます。

カーラーでスタイリングをする場合には、少し前髪を湿めらせてから巻き付け、ドライヤーで乾かせばふんわり前髪になります。ブローがある程度終わったタイミングでカーラーを取り付けるのがおすすめです。

ヘアアイロンも火傷しないように気をつけながら、根本に近いところから毛先にかけて、スッと滑らせてセットしていきましょう。温度が高ければキープ力が上がるというわけではないので、160℃くらいに設定して髪へのダメージを軽減することがおすすめです。

4.スタイリング剤を正しく使う

前髪をセットするために欠かせないのが、ヘアスプレーやワックスなどのスタイリング剤ですよね。しかし、つけすぎるとペタッとなり、せっかくのボリュームが台無しになってしまったり、ベタッとなって、清潔感がなく見えてしまったりするので、使用量には注意が必要です。

ヘアスプレーでスタイリングする場合には、前髪を少し持ち上げて下から根元に吹きかけることがポイントです。ワックスでのスタイリングをする際には、根本は避けて毛先に少しだけ馴染ませるようにつけると程よい仕上がりになります。

5.おでこに汗を書きやすい場合はベビーパウダーで汗をカット

冬場は気にならなくても、夏場は特にスタイリングが崩れてしまう原因なのが、汗。どんなに毎日の前髪ケアやスタイリング剤にこだわっていても、汗をかいてしまうと湿気でセットが崩れてしまいます。

おでこに汗をかきやすい方は、あらかじめベビーパウダーを塗っておくことをおすすめします。ベビーパウダーは、汗を吸着して肌をサラサラの状態に保っておいてくれるため、前髪のスタイリングを崩したくないのであればぜひ使ってみてください。生え際とおでこに重点的にパウダーを重ねてみましょう!

前髪の崩れが気にならない前髪アレンジ10選

1.パーティーシーンにも対応できるポンパドール

 

結婚式やパーティーなどのフォーマルなシーンのアレンジにもぴったりな、前髪をふんわりとアップしたポンパドール。どうスタイリングすればいいのか迷いがちな、伸ばしかけの中途半端な長さでもできるのが魅力。

スタイリングをする際には、そのままピンで止めないで、前髪全体にワックスやヘアオイルをなじませると崩れにくくなりますよ。ピンで固定するときは、左右どちらの向きからもとめるようにすれば、スプレー無しでも十分に固定されます。よりキープ力を高めるためには、ただ前髪の毛束をそのままとめるのではなく、毛先をねじるのがポイント。おしゃれなピンを使ったり、ヘアアクセサリーでとめているところを隠したりすると、より華やかな印象になります。

2.ピンで留めてカジュアルキュートに

 

スプレーやワックスなどスタイリング剤だけでは崩れてしまうという場合は、思い切って前髪をピンでとめてしまいましょう。カジュアルファッションによく合うキュートなアレンジになります。ピンのデザインで雰囲気も色々変化を付けられますよ。おしゃれな雰囲気にしたいのであれば、ゴールドのピンがおすすめ。よりカジュアルに仕上げたいのであれば、カラフルなピンを使ってみてもかわいいですよ。

3.凝って見えるのに簡単な編み込み

 

女の子らしいスタイリングにしたいなら、編み込みがおすすめ。前髪を七三に分けて、片側だけ編み込みをしてガーリーな雰囲気に。さらに、耳の横から頭頂部を通って反対の耳の横まで編み込めば、少しボヘミアンな雰囲気にも。

編み込みは簡単なヘアアレンジ方法なのに、崩れにくいのに凝った印象に仕上がるので、マスターしておいて損はありません。ショートでもロングでもできるのも嬉しいポイント。アレンジがしにくい、ヘアスタイルに変化を付けたいという方はぜひ試してみてください。

4.編み込みが苦手ならねじるだけでもOK

 

ヘアアレンジが苦手で編み込みがうまくできない、という人でも手軽に楽しめるのがねじりアレンジ。髪の束を2本取ってねじっていくだけで立体感のある前髪アレンジになります。カジュアルなファッションにもきれいめファッションにも合うヘアスタイルになりますよ。

5.人気のくるりんぱを前髪でも

 

ヘアアレンジが苦手な方でも簡単にできるのに、こなれ感を出せることで人気のくるりんぱ。一度毛束を一回転させてねじっているので、崩れにくくなるのも魅力です。

このくるりんぱは、前髪でも応用が可能。前髪だけでなくサイドやトップの髪も一緒に毛束にまとめれば、それだけでちゃんとスタイリングしたように見えます。くるりんぱができたら、髪の毛を少しほぐしてルーズにするのがかわいく仕上げるコツです。

6.オールバックで大人っぽく

 

前髪を後ろに持っていってオールバックに。大人っぽい印象に仕上がります。ピンで留めるときは、向きをきっちり揃えるのではなく、あえてランダムにするとこなれた印象になっておしゃれに見えますよ。

オールバックは前髪の長い方のスタイリングのイメージですが、短い方でもハードタイプのジェルを使えば簡単にできちゃいます。髪の毛全体にジェルをなじませて、後ろに向かってかき上げていきましょう。ボブほどの長さでスタイリングするとマニッシュな印象に。

7.センターパートでクラウン風に

 

前髪をセンター分けにして、ねじりアレンジや編み込みをしてクラウン風のヘアスタイルに。華やかな雰囲気になるので、特別な日のスタイリングとしてもおすすめです。髪をところどころ引き出して、ラフに仕上げるのが今っぽく見せるポイントですよ。毛先は巻いてボリュームを出すと、より華やかなイメージを作れます。

8.カチューシャを使って簡単アレンジ

 

忙しい朝でも時短でできるアレンジがカチューシャを使ったもの。ピンでとめなくても、前髪をすっきりまとめることができます。
カチューシャは使い方次第で様々な雰囲気に早変わりするのも嬉しいポイント。きっちりと髪を押さえるようにカチューシャを付けると大人っぽく、根元をすこしふんわりとさせるとガーリーなアレンジになりますよ。

9.スカーフで印象的に

 

カジュアルなファッションのアクセントにもなるのが、スカーフを使ったアレンジ。前髪を押さえるように付ければ、雨や風の日でも崩れにくくなりますよ。同じスカーフでも結び方によって印象が変わるので、色々試してみてくださいね。

10.ヘアバンドで大人かわいく

 

スカーフのように結び方に悩まなくても楽しめるのがヘアバンド。

ボリューミーなものを選べば、かわいい雰囲気になりますよ。大人っぽく使いたい方はあまりボリュームのないものを選んでみると良いでしょう。黒やブラウンなど髪色になじむカラーなら、ヘアバンドだけが浮いたように感じることもないので、挑戦しやすいのではないでしょうか。

前髪にはスタイリング剤を使って束感をキープしよう

前髪をキープする方法や、おすすめのスタイリング剤をご紹介しました。せっかくセットした前髪が崩れてしまえば、1日のテンションも下がってしまいますよね。朝時間をかけてかわいく仕上げた前髪が夜までキープできるよう、セット方法やスタイリング剤を意識してみてください。