BEAUTYJUL.17.2019

ブラシアイロンで簡単スタイリング!選び方や使い方をレクチャー

ストレートアイロンや、コテよりも簡単にスタイリングができるヘアアイロンとして人気なのが、ブラシアイロンです。最近では同時にヘアケアできるブラシアイロンも増えており、ますます注目される予感!
ストレートアイロンや、コテよりも簡単にスタイリングができるヘアアイロンとして人気なのが、ブラシアイロンです。最近では同時にヘアケアできるブラシアイロンも増えており、ますます注目される予感!

ブラシアイロンの特徴とは?

 
ブラシアイロンは、ブラシのように髪を梳かしながら、ヘアアイロンのようにスタイリングができるアイテムのことです。
簡単なスタイリングであれば、ブラッシングをするように使うだけなので、不器用な女性でもあっという間にキレイな髪型にすることができます。

コテやストレートアイロンだと火傷してしまう女性も多いのですが、ブラシアイロンなら安全に使えるのも魅力です。

さらにここ最近では、マイナスイオンを放出してくれるブラシアイロンが多くなってきているので、髪の潤いを守るキューティクルをケアしながらヘアセットできる優れもの!

しかしブラシアイロンが初めての女性や、コテなどに慣れている女性からすると選び方や使い方で迷ってしまうこともあると思うので、ブラシアイロンを使う際のポイントやスタイリング方法をご紹介します。

ブラシアイロンの選び方

 
ブラシアイロンをまだ持っていない方は、選び方からチェック!

■目的に合わせて選ぶ
ブラシアイロンには、主にストレートブラシアイロンとロールブラシアイロンの2種類があります。
ストレートヘアにしたいのか、巻き髪にしたいのかで選びましょう。

■太さに注目する
ロールブラシアイロンの場合、髪の長さに合わせたアイロンの太さ・径を選ぶことが大切です。
ショートヘアなら18mm、ボブヘアなら18mm、26mm、ミディアムヘアなら26mm、32mm、ロングヘアなら32mmが使いやすいですよ。

■機能性に注目する
温度調節はできるか、自動電源オフ機能はついているかなど、自分が求める機能性が搭載されているかどうかも確認しましょう。
ヘアケアや海外対応についても見てみるといいですよ。

ブラシアイロンの基本的な使い方

 
選び方が分かったら、今度は基本的なブラシアイロンの使い方を見ていきましょう。

■ブラシアイロンの使い方
①クセを直すために髪を濡らしたら、ヘアオイルやアウトバストリートメントで髪を保護してしっかり乾かします。
②ブラシアイロンのブラシ部分を使って、髪全体をキレイに梳かします。
③絡まりがなくなったら、セットしやすいようにブロッキングをしてください。耳の前後で髪を分け、こめかみのあたりで上下に分ける方法が一番簡単です。
④ブロッキングした下の段の髪からブラシアイロンを使ってスタイリングをしていきましょう。
⑤最後に、ヘアスプレーなどで固定したら完成です。

ブラシアイロンを使った簡単スタイリング方法【1】ナチュラルストレート

ストレートヘア
ストレートタイプのブラシアイロンであれば、ナチュラルなストレートヘアにすることができます。

ストレートブラシが温まったら、5cmほどの毛束を取り、外側に向けて根元から梳かしていくだけ!
ブラシを持っていない方の手で、軽く毛先を引っ張りながら行うとキレイなストレートヘアにしやすいです。

ブラシアイロンを使った簡単スタイリング方法【2】ワンカールスタイル

ワンカールボブ
ブラシアイロンを使うなら、ワンカールヘアもおすすめです。

ロールブラシアイロンを毛先付近の内側に当てたら、ブラシに髪を巻きつけてもう片方の手を添えながら毛先から1.5~2回転巻き込んで内巻きにするだけです。
ふわっとした女性らしいシルエットを作れますよ。

ブラシアイロンを使った簡単スタイリング方法【3】毛先のみのカール

ロングヘア
ミディアムヘアやロングヘアの女性であれば、毛先のみのカールヘアが可愛いですよ。

ロールブラシアイロンを髪の中間部分の内側に当て、髪を巻きつけてから手で添えて毛先まで滑らせます。
1.5回転巻き込んで内巻きにすれば、フェミニンなヘアスタイルの完成です。

ブラシアイロンを使った簡単スタイリング方法【4】ミックスカール

ミックスカールのロングヘア
こなれ感を出すなら、ミックスカールで周りに差をつけてみて!

ロールブラシアイロンを使って、毛束ごとに外巻きにしたり内巻きにしたりするだけなので、慣れてくるとパパッとセットすることができます。
最後にふんわりほぐすことが大切です。

ブラシアイロンを使った簡単スタイリング方法【5】内巻き前髪

ワンカールボブ
スタイリングをするときは、後ろ髪だけでなく前髪も大切ですよね。
ロールブラシアイロンを使えば、ふわっと丸みのある前髪を簡単に作ることができます。

ロールブラシアイロンを前髪の内側から根元付近に当て、毛先の方に滑らせながらそのまま内巻きにしましょう。

ブラシアイロンを使った簡単スタイリング方法【6】外ハネヘア

外ハネのボブヘア
ブラシアイロンなら、トレンド感あふれる外ハネヘアも作ることができます。

ストレートヘアを作るように髪の外側にブラシアイロンを当て、毛先の手前まで滑らせたら、反対の手で毛先を下から支えるようにブラシ部分に添えたらブラシを持っている手を外側に返してみてください。

ブラシアイロンを使った簡単スタイリング方法【7】フェザーバング

センターパートのショートヘア
長めの前髪なら、ロールブラシアイロンを使ってフェザーバングにトライ!

センターパートを作ったら、前髪の毛束にブラシアイロンを当て、外巻きにしながら滑らせるだけです。
羽のようなふんわりバングがとってもおしゃれ。

ブラシアイロンを使った簡単スタイリング方法【8】後頭部をふんわりさせる

女性の後ろ姿
ショートヘアや髪のボリュームが気になっている女性であれば、ロールブラシアイロンで後頭部をふんわりさせましょう。

後頭部の髪をすくい取ったら、内側からブラシを当て、斜め上に持ち上げながら毛先まで滑らせてあげると簡単にボリュームを出すことができます。

ブラシアイロンを使った簡単スタイリング方法【9】立ち上げバング

かき上げバングヘア
後頭部にボリュームを出すのではなく、前髪やトップ部分にボリュームを出して、かっこよく決めるのもgood。

7:3くらいで分け目を作ったら、髪が多い方の根本に内側からブラシアイロンを当て、上に引っ張り上げつつ毛先まで滑らせましょう。
かき上げバングもセットしやすくなりますよ。
ブラシアイロンの選び方や使い方、ブラシアイロンでできるおすすめのスタイリング方法をご紹介しました。安全で簡単で、コテと同じようなヘアセットができるので、早速使ってみたいと思った女性も多いのではないでしょうか。これからゲットする方は選び方から参考にしてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

LIFESTYLEAUG.17.2019

マギーの気になる
撮影の裏側を大公開!