FASHION
APR.04.2020

結納にふさわしい母親の服装は?選び方や服装マナー、おすすめの服装

結納にふさわしい母親の服装は?選び方や服装マナー、おすすめの服装 結納にふさわしい母親の服装は?選び方や服装マナー、おすすめの服装

お子様が結婚することになって結納の日取りが決まると、お母様も着物を着るべきかそれともワンピースにしようかと服装で悩まれるのではないでしょうか。そこで今回は、結納にふさわしい母親の服装を、服装マナーやおすすめのコーデを使ってご紹介します。

結納の母親の服装は着物orワンピース?

 

お子様が晴れて結婚することになっていよいよ結納の日取りも決まると、意外と頭を悩ますのが結納に着て行く服装ではないでしょうか。「結婚式当日に着るような礼装の着物にすべき?」「気張り過ぎないようにワンピースにすべき?」と、何を着るのが結納にふさわしいのか迷われると思います。

そこで今回は、結納にふさわしい母親の服装について、選び方のポイントや服装マナー、おすすめの服装をご紹介します。

結納で母親が着る服装選びのポイント【1】「正式結納」か「略式結納」かでふさわしい服装は変わる

 

結納と一口に言っても、最近の結納は「略式結納」や「顔合わせ」といったカジュアルなものが主流。格式の高い「正式結納」と簡略化された格式が落ちる結納とでは、ふさわしい服装は変わります。

「正式結納」ならお母様も最も「格」の高い「正礼装」がふさわしい服装。「略式結納」なら「正礼装」より格が下がる「準礼装」や「略礼装」がふさわしい服装になります。

まずは、結納をどういった形式で行うのかを確認して服装を選びましょう。

結納で母親が着る服装選びのポイント【2】会場に合わせて服装のフォーマル度を変えて

 

結納の服装は、結納が行われる会場によってもふさわしいものが違ってきます。例えば、会場が高級ホテルや高級料亭なら「略式結納」でも服装は「準礼装」が最適。

逆にカジュアルなレストランなら、格式ばった和装だと浮いてしまう可能性があります。フォーマルな服装でも程よくカジュアルダウンしたものが場の雰囲気に馴染みます。

結納で母親が着る服装選びのポイント【3】両家の服装の「格」を揃える

 

新郎側と新婦側の両家の間でフォーマルな服装の認識が違っていた場合、当日の服装で気まずい思いをする可能性があります。両家の服装の「格」が揃うように、服装は何を着るのか事前によく打ち合わせておきましょう。

結納の服装マナーや身だしなみの注意点

結納の母親の服装におすすめのワンピース×ジャケットのスーツ

結納ではお相手やそのご家族に好印象を持ってもらうために、服装マナーには気をつけて失礼のないようにしましょう。

■結納の服装マナー

・弔事を連想させるブラックフォーマルは厳禁
結納では弔事を連想させてしまうような全身黒のブラックフォーマルは厳禁。黒のワンピースなら明るめのジャケットをプラスするなど、慶事にふさわしい華やぎをプラスしましょう。

・ワンピースやスカートは丈感に注意
ワンピースやスカートは、膝が見えるようなミニ丈はNG。椅子に座っても膝が隠れる丈感を選びましょう。

・靴はサンダルやブーツは×
洋装なら靴はパンプスが最適です。真夏や真冬もサンダルやブーツは避けましょう。

・真夏も素足はNG。洋装では必ずストッキングを
暑い真夏も素足は絶対NG。洋装では黒ではなくベージュのストッキングを。

・アクセサリーは控えめに
アクセサリーは派手なものやカジュアルなものは×です。上品でフォーマルなパールのシンプルなものを選びましょう。

結納におすすめの母親の服装【1】「正式結納」では最も格式の高い黒留袖や五つ紋付色留袖を

 

結納の形式が「正式結納」の場合は、お母様も最も「格」が高い「正礼装」がふさわしい服装になります。新婦の母親の「正礼装」は、黒留袖や五つ紋付色留袖を差します。

「正式結納」で場所が高級ホテルや高級料亭なら、お母様の服装は黒留袖が最適。帯も地色が金色のものなど慶事にふさわしい色や柄を選びましょう。

結納におすすめの母親の服装【2】50代や60代の方の「略式結納」の和装は訪問着がおすすめ

 

最近の結納は「正式結納」よりカジュアルな「略式結納」が主流。「略式結納」には「準礼装」や「略礼装」がふさわしい服装になります。

50代や60代のお母様なら、上品で落ち着いた印象になる寒色系の訪問着はいかがでしょうか。もし新婦が訪問着を着る場合は、新婦より服装の「格」が上にならないように少し格が下がる付け下げがおすすめです。

結納におすすめの母親の服装【3】ノーカラーのツイードスーツは「略式結納」におすすめ

略式結納の母親の服装におすすめのスーツ

ノーカラーのジャケットとスカートのツイードスーツは、「略式結納」のお母様の服装におすすめ。ワンピース×ジャケットのアンサンブルスーツに比べると少しフォーマル度が下がりますが、ジャケットを着ることで大人の女性の品格が演出できます。

手持ちのワンピースにジャケットをプラスするのもいいですが、結納の会場の格が高い場合はワンピースやスカートとジャケットが揃いのスーツが無難です。

結納におすすめの母親の服装【4】遠方から出席する場合は、 着ていて疲れないワンピースが◎

結納に遠方から出席する母親が着る服装におすすめのワンピース

片方の親御さんが遠方から結納に出席される場合は、 着ていて疲れないものや着替えが簡単な服装がおすすめです。

グレーのフォーマルワンピースは、落ち着いた色味が新婦を引き立てつつも程よく華やぐ一枚。結納でお母様が着るワンピースは、改まった席にふさわしいきちんと感のあるものが最適です。

結納におすすめの母親の服装【5】バッグや靴はベーシックカラーのフォーマル感があるものを

結納の母親の服装におすすめのバッグや靴

結納の服装で身に付けるバッグや靴などの小物類は、まず第一に服装に合ったものを選ぶのがポイントです。服装がフォーマルスーツなら、ハンドバッグやショルダーバッグが最適。ただしお祝いの席なので、ビジネスライクな地味すぎるものは避けましょう。

淡いグレーのセレモニーバッグは、上品に華やぐ色味や程よいサイズ感が結納で持つバッグに◎。新婦より派手にならないように、色はベーシックカラーなど落ち着いたものがおすすめです。

靴はヒールのあるパンプスがベスト。色は服装に合わせたベーシックカラーで。サンダルやブーツなどカジュアルな印象の靴は避けましょう。

結納は両家の家族が顔を揃える大事な婚礼行事。お相手のご家族に失礼のないように、お母様が着る服装もマナーや「格」を意識して選びましょう。服装は事前にしっかり準備して、大切なお子様の晴れの席を思い出深いものにしてあげてください。