FASHIONMAR.15.2019

上級者感がUPするベージュのワントーンコーデ!着こなしのコツは?

おしゃれ上級者感をアップしてくれるコーデと言えば、「ワントーンコーデ」。ブラックやホワイトなどいろいろありますが、ここ最近特に人気なのがベージュのワントーンコーデです。そこで今回は、コツやおすすめコーデをご紹介します。
おしゃれ上級者感をアップしてくれるコーデと言えば、「ワントーンコーデ」。ブラックやホワイトなどいろいろありますが、ここ最近特に人気なのがベージュのワントーンコーデです。そこで今回は、コツやおすすめコーデをご紹介します。

ベージュのワントーンコーデとは?

ベージュのワントーンコーデ
ワントーンコーデとは、一つの色で全身の色が統一されたコーディネートのことです。
今回ご紹介するベージュのワントーンコーデなら、ベージュ系のトップスやボトムス、靴を使ったコーディネートになります。

全身の色を統一することでこなれ感が出るので、一気におしゃれ上級者に見せてくれることから、人気を集めているのです。

ただ、ワントーンコーデをしたことがない女性にとって、難易度が高く見えてしまうコーディネートでもありますよね。

そこで今回は、季節別にベージュのワントーンコーデの着こなしやコツをご紹介します。
ベージュの女性らしくて柔らかい雰囲気を活かしながら、周りに差がつく大人コーデを楽しんでいきましょう!

季節別に見るベージュのワントーンコーデ【1】春はホワイトに近いベージュをチョイス

ベージュのセットアップ
春はホワイトカラーに近いベージュアイテムをチョイスすれば、爽やかさや清楚さをアピールすることができます。

ベージュのセットアップなら、初心者さんでもワントーンコーデを作りやすいですよ。

季節別に見るベージュのワントーンコーデ【2】ロングアイテム同士でリラクシーな春コーデへ

ベージュのロングワンピース×アウター
ベージュのワンピースに、ベージュの靴を合わせれば、誰でもチャレンジしやすいワントーンコーデに。
さらに、まだ肌寒さが残る春は、ベージュのロングカーディガンなどを羽織ることがおすすめ。

ロング丈同士の組み合わせと、ゆったりしたシルエットが、リラックス感あふれる大人コーデにしてくれます。

季節別に見るベージュのワントーンコーデ【3】春は柄ワンピースでトレンド感を演出

ベージュワンピースとカーディガン
「無地のベージュのワントーンコーデではハードルが高い」と感じたなら、ベージュをベースに、柄が入ったアイテムを選んでみて!
小花やドット柄など、少しでもデザインがあることで、ベージュカラーをぐっと取り入れやすくなります。

春は無地より柄ワンピースがトレンドになる予感なので、注目してみてください。

季節別に見るベージュのワントーンコーデ【1】夏は袖なしコーデで季節感を出す

ベージュのオールインワン
夏もさらっと着れるワンピースや、オールインワンが大活躍してくれます。
ノースリーブや半袖タイプで良く、アウターのことも考えなくていいので、夏はベージュのワントーンコーデが取り入れやすい季節!

足元もベージュ系のサンダルを入れ、程よく肌を出していくことがポイントです。

季節別に見るベージュのワントーンコーデ【2】足元に暗めのベージュをオン

ベージュのワントーンコーデ
淡い色のベージュで、夏らしいワントーンコーデを作ったら、足元のベージュはあえて暗めにしてみましょう。

下に暗めの色を持ってくることで、同じベージュ系でもコーデを引き締めて見せることができます。

季節別に見るベージュのワントーンコーデ【3】ホワイトカラーを入れて爽やかに

ベージュのワントーンコーデ
ベージュとホワイトのストライプシャツや、ボーダートップスなら、ベージュのワントーンコーデによるのっぺりした雰囲気を回避してくれるので、うまくメリハリをつけることができます。

サンダルやクリアバッグ、帽子などの小物アイテムで、夏らしさを添え、爽やかに決めていきましょう。

季節別に見るベージュのワントーンコーデ【1】秋はブラック系をアクセントにする

ベージュのワントーンコーデ
ワントーンコーデではただ色を揃えるだけでなく、いかにおしゃれに着こなすかが大切になるので、アクセントカラーを入れてメリハリをつけるのがおすすめ。

特に秋は長袖と長ズボンで合わせると、肌が見えない分のっぺり感が強くなるので、ベルトやバッグなどの小物アイテムで対照的な色を入れるといいですよ。
それでもベージュの面積が多いので、きちんとワントーンコーデに見えます。

季節別に見るベージュのワントーンコーデ【2】トレンチコートでキレイめな秋コーデへ

ベージュのワントーンコーデ
簡単に羽織れるアウターが恋しくなる秋は、ベージュのトレンチコートがあると便利!

ベージュのセットアップやワンピースと組み合わせれば、キレイめなコーデを作れます。
足元もパンプスにして、洗練されたオフィススタイルを叶えましょう。

季節別に見るベージュのワントーンコーデ【3】ニットやファーなど素材に差をつける

ベージュのワントーンコーデ
秋になると人気のニットカーディガンや、ファーバッグを取り入れたコーデが人気に。

そのときもベージュ系を意識してワントーンコーデを作ってみて!
さまざまな素材のベージュアイテムをミックスすることで、のっぺり感を簡単にカバーすることができます。

季節別に見るベージュのワントーンコーデ【1】冬はレイヤードスタイルにトライ

ワンピース×ロングスカート
寒さ対策が基本になる冬コーデで、ワントーンコーデにチャレンジするなら、レイヤードスタイルがおすすめです。

シンプルなベージュのロングワンピースをベースに、ベージュ系のロングスカートをレイヤード。
少し色に差をつけるだけで、こなれ感のあるワントーンコーデに決まります。

季節別に見るベージュのワントーンコーデ【2】差し色のテクニックで白Tシャツを重ねる

ベージュのワントーンコーデ
冬のワントーンコーデでも、差し色を使った着こなしのテクニックが大活躍。

ベージュニットの下に白Tシャツを着ておけば、さり気なくニットの裾から差し色をプラスすることができます。

季節別に見るベージュのワントーンコーデ【3】ブラウン系の小物で冬コーデを引き締める

ベージュのワントーンコーデ
ベージュのセットアップに、ベージュのロングコートを合わせたワントーンコーデは、上品で大人っぽい冬コーデを楽しませてくれます。

ただ、それだけだとのっぺりしたコーデに見えてしまうので、濃淡でメリハリをつけるか、ブラウン系でメリハリをつけることがおすすめです。
ベージュの優しげな雰囲気を活かしつつ、大人可愛いコーデに決まります。
おしゃれ上級者になれるベージュのワントーンコーデをご紹介しました。
ベージュの中でも濃淡を出したり、素材に違いを出したりすることで、ぼやけて見える印象を回避できます。
ワンポイントに差し色を取り入れてもおしゃれなので、チャレンジしやすそうなコーデを参考に、ぜひワンランク上を目指してみてください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAR.07.2019

フェミニン×ラフな
“大人カジュアル”がテーマ♡
プロポの春新作LOOK6選

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。