FASHIONDEC.26.2018

初めての宝塚観劇!服装やマナーは?初心者必見の楽しみ方ガイド

一度は観劇しに行ってみたい、宝塚大劇場。チケットは取れたけど、「どんなマナーがあるの?」「どういう服装でいけばいいの?」など、わからないことがたくさんある人も多いのでは。今回は、初めての宝塚を楽しむためのポイントをご紹介します!
一度は観劇しに行ってみたい、宝塚大劇場。チケットは取れたけど、「どんなマナーがあるの?」「どういう服装でいけばいいの?」など、わからないことがたくさんある人も多いのでは。今回は、初めての宝塚を楽しむためのポイントをご紹介します!

宝塚観劇のマナーや服装ガイド【その1】観劇中のマナー

劇場のイス
■観劇中の飲食はNG!

宝塚大劇場も東京宝塚劇場も、観劇中の飲食はNGとされています。
ですが、幕が上がる前と休憩中には、座席で飲食してもOK!おやつや水分補給は、幕が上がる前に済ませておきましょう。

ただし、匂いが残りやすいものは、周りの迷惑になるため控えておくことがベター。


■観劇中は静かに!

当たり前のマナーですが、観劇中は静かにすることがマナー。
劇場内では、ビニール袋のカシャカシャ音も気になってしまうことがあるレベルです。
震動音も目立つかもしれませんので、スマホはできればマナーモードではなく電源オフか震動オフにしておくことがおすすめ。


■後ろの席の人にも配慮を

ボリュームのあるおだんごヘアなど高さのあるヘアスタイルや、また大きめの帽子などは、後ろの人に迷惑になるので控えておくことがおすすめです。
ついつい夢中になって前のめりになってしまうこともNG!
後ろの席の人への配慮を忘れないように観劇しましょう。

宝塚観劇のマナーや服装ガイド【その2】あると便利な持ち物

観劇アイテム
■チケット

一番忘れてはならないものは、もちろんチケット。
宝塚にはチケットを忘れてしまった時の救済措置がありますが、チケットに書かれている席番号が必要になります。
チケットが手元に届いたら、スマホなどで写真を撮ってデータを持っておくと保険になります。


■オペラグラス

観劇中は演者さんの細かい表情や衣装なども見たくなりますので、オペラグラス(双眼鏡)があるととても便利です。
自分のものがなくても、劇場で販売・レンタルされているのでチェックしてみてくださいね。


■A4ファイル

チラシやパンフレットなどを折りたたまずに持って帰りたい人は、A4サイズのクリアファイルなどがあると便利です。


■サブバッグ

お土産やグッズなどを入れるため、メインバッグに折りたたんで入れられるサブバッグを持っていくと安心です。上に書いたA4ファイルが入るサイズのものがおすすめ!


■ハンカチ・ティッシュ

お芝居にホロリと来てしまった時のため、涙をふくハンカチやティッシュがあると安心です。
また、トイレのエアータオルは混雑するため、自分のハンカチで手をふいたほうがスムーズ。


■目薬やスペアのコンタクトなど

劇場内は乾燥しやすいため、コンタクトが乾いてしまうことも。スペアのコンタクトや目薬、またはメガネなどを持っていくと便利です。

宝塚観劇のマナーや服装ガイド【その3】おすすめコーデ集

レースとパール
一番気になる服装のマナーですが、ドレスコードは基本的になし!
宝塚はもともと大衆劇場でもあるため、ラフでカジュアルな格好で観劇している人もたくさんいます。
セレブなドレスやお着物の方ばかり……というイメージも強いですが、実際には普通の格好をしている人が大半です。

しかし初めての観劇ともなれば、やっぱりいつもよりおしゃれしていったほうがテンションが上がるもの。
結婚式やパーティーほどフォーマルではなくていいけど、「ちょっといいレストランに行くようなよそゆきおしゃれ」がおすすめです。

また、観劇は意外と疲れてしまうものなので、座っている時に楽な格好がベスト。
ワンピースやシルエットがゆったりしている服などをチョイスすると、疲れずに観ることができますよ。

それでは実際に、おすすめのコーデをいくつかご紹介します。
初めての宝塚観劇に、ぜひ参考にしてみてくださいね!

宝塚観劇におすすめの服装①お嬢様風ワンピース

宝塚観劇におすすめの服装①
お嬢様風のワンピースが、宝塚の少女漫画のような世界にぴったりなコーデ。
小物やリボンはブラックで、ちょっぴり大人っぽく。

宝塚観劇におすすめの服装②シックなセットアップ

宝塚観劇におすすめの服装②
シックなブラックのセットアップは、パンツスタイルでも女性らしいレース使いが魅力。
差し色になるボルドーのヒールで、レディライクに!

宝塚観劇におすすめの服装③大人のフェミニンコーデ

宝塚観劇におすすめの服装③
ペプラムブラウスにライトグレーのパンツを合わせて、甘さのバランスを取ったフェミニンコーデ。
パールネックレスや小物のホワイトで、かっちりカラーに少し柔らかさをプラスしています。

宝塚観劇におすすめの服装④きちんと感を忘れずに

宝塚観劇におすすめの服装④
レーストップスとブラックのパンツを合わせたコーデ。
アウターの種類次第でテイストが変わってくるので、色々遊びが効かせられます。

宝塚観劇におすすめの服装⑤程よいドレッシー

宝塚観劇におすすめの服装⑤
ドットのシースルー袖と、プリーツのロングスカートが可愛いワンピース。
ウエストゴムなので観劇中もらくちん!
ドレッシーになりすぎないよう、バッグは少しカジュアルなものを。

宝塚観劇におすすめの服装⑥柔らかい色で女っぽく

宝塚観劇におすすめの服装⑥
やわらかめカラーのチェック柄ワンピース。
ショートブーツを合わせると、カジュアルトーンに仕上がります。

宝塚観劇におすすめの服装⑦レース使いで上品に

宝塚観劇におすすめの服装⑦
贅沢にレースを使用した、宝塚気分が上がるワンピースコーデ。
こちらもウエストゴムなので観劇向き!

宝塚観劇におすすめの服装⑧きれいめカジュアル

宝塚観劇におすすめの服装⑧
ニットワンピを使ったきれいめカジュアルコーデ。
ショールが1枚あると、羽織っても観劇中のひざかけにも使えるので便利です。

宝塚観劇におすすめの服装⑨配色でレディに格上げ

宝塚観劇におすすめの服装⑨
カラー使いがレディライクなワンピースコーデ。
ハイネックのセーターを重ね着することで、いい感じにカジュアルダウンさせてくれます。
最低限のマナーやエチケットは必要ですが、一番大切なのはやっぱりミュージカルを楽しむ気持ち!物語の世界に入り込んだような世界に、きっとはまってしまうはず。気分のあがるおしゃれをして、タカラジェンヌたちのお芝居を楽しんできてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック