NOV.05.2019

童顔を活かすメイク方法とは?大人っぽく見せるコツやメイク術を紹介

童顔を活かすメイク方法とは?大人っぽく見せるコツやメイク術を紹介 童顔を活かすメイク方法とは?大人っぽく見せるコツやメイク術を紹介

童顔がコンプレックスに感じているという人はいませんか?確かに童顔は大人っぽい印象にはなりませんが、親しみやすい愛され顔を作りやすいです。童顔を活かすためのコツや、おすすめのメイク術についてご紹介します。

童顔を活かすメイクのコツ

 

童顔を活かすメイクのポイントについてご紹介します。

■メイクはナチュラルに
童顔を活かすメイクは、基本的にナチュラルに仕上げるのがおすすめです。童顔の場合は、メイクを変に濃くするよりも、今の自分に合ったメイク法を見つけることが重要です。ふんわりと柔らかく仕上がるように工夫をする必要があります。

■フレーム部分のみを強調する
童顔を活かしながらも大人っぽく見せるためには、アイブロウやアイラインなどのフレーム部分にのみ力を入れてメイクをするようにしましょう。他の部分をふんわりとした印象に仕上げることで、大人っぽさと子供っぽさの両方のバランスが取りやすくなります。

■童顔にはブラウンが似合う
童顔を活かすためには、黒をほとんど使わずにブラウンを使うのがおすすめです。童顔の人が黒を使ってメイクをしてしまうと、メイクだけが浮いているような印象になってしまいます。アイラインやアイブロウに使うアイテムは、ブラウンに仕上げた方がバランスを取りやすいです。

童顔を活かすメイクのやり方【1】ベースメイク

 

童顔を活かすメイクのベースメイクについてご紹介します。

■素肌っぽく仕上げる
童顔はもともと若々しい印象を持っているので、ベースメイクによって雰囲気が大きく左右します。より若々しい印象に仕上げたい場合はツヤ肌がおすすめです。反対に少し大人っぽい雰囲気を出したい場合はマットやセミマットがおすすめです。

どちらにしても、素肌っぽさを残したベースメイクに仕上げるのがポイントです。厚塗り感のないナチュラルな仕上がりを目指しましょう。

■カバーするところはコンシーラーで
ベースメイクは基本的に薄づきにする必要がありますが、クマやシミなどがあると、少し顔色が悪い印象になってしまいます。カバーをしっかりしたい部分については、コンシーラーを使ってしっかりカバーするようにしましょう。

コンシーラーで隠す範囲は、広くなりすぎないように注意が必要です。広く乗せすぎると、厚塗り感が出てしまうので、カバーする部分とカバーしない部分を作るようにしましょう。

童顔を活かすメイクのやり方【2】アイメイク

 

童顔を活かすメイクのアイメイクについてご紹介します。

■アイシャドウはピンクがおすすめ
童顔を活かすアイメイクには、ピンク系の色味がおすすめです。柔らかくかわいらしい印象に仕上がるように、濃い色味はあまり使わないようにしましょう。ピンクやピンクブラウンなどの柔らかいカラーを使って、アイホールをワントーンで仕上げるのがおすすめです。どうしても目力が足りない場合は、目のキワの部分にのみ、細くブラウンを乗せるようにしましょう。

■アイラインはしっかり引く
童顔を活かすメイクでは、アイラインをしっかり引いていきます。ブラウン系のアイライナーを使い、目の形に沿ってしっかり入れていきましょう。目尻側は少しだけはみ出すのがおすすめです。たれ目っぽさを強調させるとかわいらしく仕上がり、反対に跳ね上げれば大人っぽい仕上がりになります。好みによって形を使い分けていきましょう。

■マスカラは1本1本丁寧に
童顔を活かすメイクでのマスカラは、1本1本丁寧に仕上げていきましょう。ダマができてしまうと、汚い印象になってしまうので、できるだけ1本1本丁寧にセパレートさせるのが大切です。

童顔を活かすメイクのやり方【3】チーク&リップ

 

童顔を活かすメイクのチークとリップについてご紹介します。

■チークはふんわりと
童顔を活かすメイクでのチークはふんわりと乗せていきます。自然な血色感を頬全体に作り出すことで、柔らかい雰囲気に仕上がります。クリームチークを使うと内側からにじみ出たような血色感を作ることができます。パウダーチークを使うと、人形のような柔らかな血色感を出すことができます。

童顔を活かすメイクでのチークは、できるだけ広範囲に乗せることが大切です。頬の中心から外側に向かって、グラデーションになるように乗せていきましょう。

■リップはぷるぷるに
童顔を活かすメイクでのリップは、縦ジワのないぷるぷるなツヤ感リップがおすすめです。色味がしっかりつくものを使うというよりは、ツヤをたっぷり与えながら血色感をプラスできるようなものがおすすめです。

中央から外側に向かって色味が薄くなっていく、グラデーションリップもおすすめです。中央部分のみツヤ感を与えると、より立体感のある仕上がりになりますよ。

童顔を活かすメイクについてご紹介しました。童顔をコンプレックスに感じている人もいますが、童顔であることは武器にもなります。童顔を活かすメイク方法を使って、愛されフェイスを作ってみてはいかがでしょうか?