FASHIONSEP.21.2018

着痩せするワンピースの選び方!部位別の悩みを解消するポイントとは

ワンピースは大人女子のワードローブのマストアイテムですが、同じ着るなら少しでも痩せて見えるワンピースを選びたいですよね。小顔に見せたい、二の腕やお腹周り、太ももが気になる……など、悩みは尽きません。そこで今回は、気になる身体の部位別で分けて、着痩せして見えるワンピースの選び方のポイントをご紹介するのでぜひチェックしてください。
ワンピースは大人女子のワードローブのマストアイテムですが、同じ着るなら少しでも痩せて見えるワンピースを選びたいですよね。小顔に見せたい、二の腕やお腹周り、太ももが気になる……など、悩みは尽きません。そこで今回は、気になる身体の部位別で分けて、着痩せして見えるワンピースの選び方のポイントをご紹介するのでぜひチェックしてください。

着痩せするワンピースの選び方のポイント

 
1枚でサマになってコーデが楽ちんなワンピースは、大人女子の着回しアイテムにマストですよね。そんなワンピースで着痩せが叶えば言うことありません。そこでまず、着痩せするのはどんなワンピースなのか、そのポイントをまとめてみました。

■着痩せするワンピースのポイント

①色は濃い色・寒色系を選ぶ
まずワンピースの色ですが、身体を細く見せてくれる色みの濃い色や寒色系を選びましょう。反対色である淡い色や明るい色はできる限り避けましょう。

②縦のラインを強調する
Iラインのワンピースを選ぶなど縦のラインを強調すると、実際より身体が細く見える効果があります。柄ではストライプ柄やウエストにギャザーが入っているもの、ロングカーディガンを羽織るなどすれば、縦のラインが強調されて着痩せ効果が見込めます。

③ウエストマークorAライン
ウエストマークするデザインは、ウエストにくびれを作って細く見せてくれます。Aラインのワンピースはお腹周りの体型カバーになったり、足を細く見せてくれる効果も。悩んでいる部位別で最適なワンピースを選びましょう。

④ネックライン
小顔に見せたい方はネックラインも重要なポイントになります。効果があるのはVネックやボートネック。丸顔で悩んでいる方にはスクエアネックもおすすめです。

⑤素材はハリ感or落ち感があるものを
ワンピースの素材も重要です。ボディラインを拾わないハリ感があるものや、縦を意識させる落ち感がある素材も着痩せ効果があります。

⑥合わせるアイテムを利用する
ワンピースに合わせる小物を利用して、見ている人の目の錯覚を利用するのも効果があります。ベルトを利用してウエストを細く見せたり、ストールなど巻き物を使って視線を上に持っていったり、小物使いのテクも覚えましょう。

ここからは、これまで見てきた着痩せするワンピースのポイントをおさえた実際のコーデをご紹介します。身体の部位別のお悩みに分けてご紹介するので、該当するもので着痩せポイントやコーデをチェックしてください。

着痩せするワンピースの選び方【1】小顔効果が欲しい:Vネックがおすすめ

着痩せにおすすめのVネックワンピース
小顔に見せたいという誰もが抱く願望を叶えてくれるのがVネックのワンピース。顔をすっきり小さく見せてくれるのはもちろん、デコルテも美しく見せてくれます。

ドルマンスリーブは肩幅がしっかりした方におすすめ。肩を華奢に見せてくれます。同素材のサッシュベルトでウエストマークすることで、ウエストが細く見える効果も。ウエストを絞ったことで生まれる自然なギャザーが縦のラインも作ってくれて、全体的にもすっきり見えるワンピースです。

着痩せするワンピースの選び方【2】小顔効果が欲しい:人気のオフショルでも叶う!

 
大人女子に人気のオフショルデザインは、デコルテや鎖骨をきれいに見せてくれて、フェイスラインもすっきり見せてくれます。胸のフリルデザインにも目がいくので、上半身や二の腕の着痩せ効果もばっちり。

ウエストリボンや裾のアシメデザインも着痩せ効果があるので、全体的に痩せて見せたい方は、同じデザインで濃い色や寒色系の色違いを選べばさらに効果的です。

着痩せするワンピースの選び方【3】丸顔がお悩み:スクエアネックがおすすめ

着痩せにおすすめのスクエアネックワンピース
丸顔でお悩みの方におすすめなのがネックラインがスクエアなもの。見ている人の視覚効果で丸顔が目立ちません。ウエストのサッシュベルトによるウエストマークも着痩せ効果抜群のワンピース。色も黒なので全体的に痩せて見えます。

着痩せするワンピースの選び方【4】二の腕が気になる:結婚式のワンピースはフレアスリーブがおすすめ

着痩せにおすすめのフォーマルワンピース
二の腕が気になる方が結婚式のワンピースを選ぶ時には、とにかく隠してしまおうと思いがちですよね。結婚式などの華やかなオケージョンシーンでは、ブラックドレスでも軽やかな抜け感のあるものが好印象を与えます。

袖がシースルー素材でフレアデザインのワンピースは、二の腕を程良く隠してくれて、フレアなことで腕が細く見える効果があります。

ウエストが高い位置にあったりギャザーデザインだったりと二の腕以外の体型もカバー。スカートもフレアなのでフェミニンな印象のワンピース。女性らしさと着痩せという二つの願望を叶えてくれます。

着痩せするワンピースの選び方【5】二の腕が気になる:スリーブデザインにこだわって

 
ドルマンスリーブにシャーリングデザインが入ったワンピースは、二の腕が気になる方におすすめです。シャーリング部分にギャザーが寄ることで、自然なボリューム感が生まれて二の腕の太さが気になりません。袖口が絞ってあるのも効果的。手首がより細く見えます。

フロントがボタンなので、程良く開けてVネックのような襟元にすれば小顔効果も。さらに、ハリ感のある素材が体型カバー、ウエストマークできるのでスタイルアップもバッチリです。秋は濃い色がぴったりの季節。ボルドーカラーを選ぶことでおしゃれと着痩せが同時に叶います。

着痩せするワンピースの選び方【6】お腹まわりが気になる:夏のTシャツワンピはウエストのデザインがポイント

 
夏には定番のTシャツワンピ。さらっと気軽に着られるので人気です。ただし普通のカットソー素材は、ボディラインを拾ってしまうので着痩せ効果はあまり見込めません。デザインが技ありのTシャツワンピを選びましょう。

フロント部分にアシンメトリーなデザインでタックが入ったTシャツワンピは、気になるお腹まわりや太ももまで体型カバーしてくれます。

着痩せするワンピースの選び方【7】足の太さが気になる:裾のデザインが非対称なものを

着痩せにおすすめのワンピース
足の太さが気になる方におすすめなのが、ワンピースの裾のデザインがアシンメトリーで非対称なもの。視覚効果で足を細く見せる効果があります。前後の裾デザインが非対称なワンピースは、膝下部分を細く見せてくれる効果が◎。

襟元のスキッパーデザインで小顔効果があったり、落ち感のある素材で縦のラインが強調されたりと、足元以外の着痩せ効果もばっちりです。

着痩せするワンピースの選び方【8】スタイルアップ:高い位置からのAライン

 
高い位置のウエストからゆるやかに広がるAラインが、気になるお腹周りや太ももなどの体型カバーをはじめ、脚長効果でスタイルアップが叶うワンピースです。ブラウンやハリのある素材感も着痩せ効果大です。

着痩せするワンピースの選び方【9】ぽっちゃり体型カバー:冬のニットワンピもコクーンシルエット

着痩せにおすすめのコクーンワンピース
コクーンシルエットのアイテムは体型を作ってくれてボディラインを拾わないので、ワンピースにおすすめのデザインです。ぽっちゃり体型でお悩みの方は、冬はニットワンピもコクーンシルエットを選んで。

深いグリーンの色みで着痩せが叶ったり、Vネックで小顔効果があったりと、ほかの着痩せポイントもクリアするワンピースです。
同じワンピースなら少しでも着痩せして見えるワンピースが着たい!というのが、大人女子の切実な願いですよね。そんな願望を少しでも叶えるための着痩せするワンピースの選び方。今回は、部位別の悩みを解消するポイントでワンピースをご紹介しました。それぞれの悩みに応じた着痩せポイントをクリアするワンピースを選んで、素敵に着こなしましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。