LIFESTYLEAUG.07.2018

年の差カップルのメリット&デメリット!上手に付き合うためのコツとは

職場や学生時代からの知り合い、友人の紹介、婚活など、社会人になれば、年の差カップルも珍しくはないですよね。年上や年下の人がタイプという方もいれば、好きになった相手が、たまたま年の差がある人だったということもあります。今回は年の差カップルのメリットやデメリットや、年の差カップルが長く付き合うための注意点をご紹介します。
職場や学生時代からの知り合い、友人の紹介、婚活など、社会人になれば、年の差カップルも珍しくはないですよね。年上や年下の人がタイプという方もいれば、好きになった相手が、たまたま年の差がある人だったということもあります。今回は年の差カップルのメリットやデメリットや、年の差カップルが長く付き合うための注意点をご紹介します。

女性が年下の年の差カップルの特徴【1】彼氏にとって年下彼女は?

年の差カップル
女性が年下で、男性が年上の年の差カップルは、学生の時から多いですよね。

年下彼女は、年上彼氏にとって、甘えてくれて可愛い存在です。ピュアで守ってあげたくなる年下の彼女は、一緒に過ごすことで自分も若くいられると思う彼氏が多いですね。

自分がリードしたり、男性として頼られたいという気持ちがあるので、彼氏を立てることが大切です。

女性が年下の年の差カップルの特徴【2】年上彼氏のメリット&デメリット

年の差カップル
女性が年下の年の差カップルでは、年上の彼氏は甘えさせてくれる存在です。

精神的に落ち着いていて、ガツガツしていないので、安心感があると思う人も多いですよね。自分よりも社会人経験もあるので、頼れる存在ですし、アドバイスをしてくれ、金銭的に余裕があるのも魅力です。

しかし、同世代のカップルが楽しんでいるようなアクティブなデートができなかったり、ジェネレーションギャップで話が合わないこともあるのがデメリットです。

また、年上彼氏には、言いくるめられてしまって、意見を尊重してもらえないこともあるので、不満がある場合は可愛くお願いしてみましょう。

女性が年下の年の差カップルの特徴【3】年上彼氏と仲良く付き合うには

年の差カップル
■彼氏を疲れさせない

年上彼氏と長く付き合うためには、彼氏を疲れさせないようにすることが大切です。

あまりにも年下彼女がわがままで、要求ばかりすると、付き合っていても癒されないと感じ、上手く行かなくなってしまうことがあります。

年下とは言っても、彼女として、時には彼氏を甘えさせてあげたり、癒してあげることは必要です。わがままの言いすぎには注意したいですね。


■「子どもっぽすぎる」と思われないように

年上彼氏は、彼女のピュアな部分や、自分よりも未熟な部分は可愛いと思うものです。

しかし、あまりにも常識がなかったり、マナー違反ばかりしてしまうと「付き合うには子どもっぽすぎる」と思われてしまいかねません。

また、彼氏のオトナな趣味や、映画や本の話なども「難しくてわからない」とシャットアウトしてしまうと「彼女としてはいいけれど、長く付き合っていくには物足りない」と思われることもあります。

無理に彼氏に合わせる必要はありませんが、彼氏の趣味に興味を持って、教えてもらう姿勢は取るようにしたいですね。


■「老けてる」扱いしない

女性が年下の年の差カップルで、別れの原因にもなってしまうのが、彼氏を「老けてる」「おじさん」と言ったり、トレンドを知らなくて「遅れてる」とバカにすることです。

男性は、プライドが高い人も多いので、たとえ冗談でも、プライドを傷つけるような発言はNGです。彼氏に、さりげなく優しく教えてあげて、一緒に楽しみましょう。

女性が年上の年の差カップルの特徴【1】彼氏にとって年上彼女は?

年の差カップル
オトナの余裕がある年上の女性に憧れる男性も多いですよね。「年上女性がタイプ」と公言している男性も珍しくありません。

女性が年上の年の差カップルの場合、同じ年や年下の女性にはない落ち着いた様子や、男性をわかっているところが付き合いやすいと感じます。したがって、束縛や詮索は、オトナの魅力を半減させてしまいます。

年上彼女は、年下彼氏よりも社会経験が豊富なので、相談に乗ってくれますし、安心して付き合えるところも魅力的に映りますね。

女性が年上の年の差カップルの特徴【2】年下彼氏のメリット&デメリット

年の差カップル
年上彼女にとって、年下の彼氏は、ピュアな一面や一生懸命な所に刺激をもらえる存在です。

若くてエネルギッシュなので、自分も若く、アクティブでいられることも魅力です。同年代や年上の男性と違い、変にかっこつけないので、自然体で付き合うことができる年の差カップルが多いのもメリットですね。

しかし、年齢差がある場合は、アクティブな彼氏とのデートに疲れてしまったり、体力差や年齢差を感じることがあります。子どもっぽい言動に物足りないと感じることもあるのがデメリットですね。

女性が年上の年の差カップルの特徴【3】年下彼氏と長く付き合うには

年の差カップル
■結婚を考えている場合は、話しておこう

年下彼氏の中には、女性が結婚に対して、年齢を意識していることもわかっている男性も多いものです。年の差カップルにとって、結婚に対する意識が違うのはよくあることです。結婚を意識している場合は、焦らせてしまうのはNGですが、ダラダラと付き合うのは避けたいですね。

「次に付き合う人とは結婚を考えている」といったように、付き合う前に結婚について話しておくのも一つの方法です。


■サポートしすぎに注意

また、年下彼氏は可愛く甘え上手な男性も多いので、つい世話を焼いてしまいがちです。
しかし、あまりにも彼氏をサポートしすぎてしまうと、姉や母親など、彼女というよりは家族に近い存在になってしまうこともあります。

彼氏を甘やかしすぎたり、何でもサポートしないよう、ある程度見守ることも必要です。

金銭面でも同じです。あなたの方が収入が多い場合でも、いつもあなたばかりが出してしまうと、彼氏が甘えすぎてしまったり、男性としてのプライドも傷ついてしまいますので注意したいですね。


■意見を押しつけない

また、年下彼氏は、年上の彼女に対して尊敬している部分があるので、彼女の意見を尊重してくれることも多いものです。

しかし、いつも彼氏の希望や意見をないがしろにしてしまうのはNG。
彼氏を男性として頼るようにしたり、褒めることは、仲良く付き合っていくためには必要です。時には彼氏に甘えたり、彼氏にお願いをしてみたりと、上手に可愛い所も見せると、普段の大人っぽい印象とのギャップにキュンときますよ。


■自分をアップデートすることを忘れずに

年下彼氏には、同年代の女の子と比べて「老けてる」とは思われたくないものです。

若い女性と張り合う必要はありませんが、いつもメイクやファッション、身だしなみに気を使っていたり、体型をキープすることは、女性として魅力的に思ってもらい続けるためには欠かせません。アップデートして、新鮮な風を取り入れましょう。
年の差カップルが仲良く付き合うためには、年齢を意識しすぎず、相手を尊重することが大切です。年の差恋愛をしている方は、ぜひお付き合いの参考にしてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。