BEAUTYNOV.09.2018

唇を薄くする方法とは?トレーニングやメイク術をご紹介

唇を薄くしたいと悩んでいませんか?唇が厚いと濃い口紅が似合わなくなり、唇の主張が強くなってしまいますよね。唇が厚く見える原因や、メイク術、唇の厚さを改善するためのトレーニングについてご紹介します。
唇を薄くしたいと悩んでいませんか?唇が厚いと濃い口紅が似合わなくなり、唇の主張が強くなってしまいますよね。唇が厚く見える原因や、メイク術、唇の厚さを改善するためのトレーニングについてご紹介します。

唇が厚く見える原因とは?

リップを持っている女性
唇が厚く見えてしまっている原因には、実は様々なものがあります。唇が厚く見える原因についてご紹介します。

■遺伝
唇が厚くなる原因の1つは、遺伝です。唇の厚みというものは、遺伝によって違いが出てきます。そのため、生まれつき唇が分厚い人が多いです。

■筋肉の衰え
唇が厚くなってしまう原因には、加齢による筋肉の衰えが原因となっていることがあります。年齢を重ねるにつれて、顔には様々な部分にたるみが出てきます。唇も例外ではなく、筋肉が衰えたことでたるんできてしまいます。

唇がたるんだせいで、唇の厚みが目立つことがあります。

■歯並び
唇の厚みには、歯並びが原因となっていることがあります。歯並びが悪かったり、八重歯があったりと、歯によって上唇が前に押し出されることで、唇が厚く見えることがあります。この場合は、歯列矯正をすることで改善する可能性があります。

唇を薄く見せるために心がけること

リップを縁取ってメイクしているサングラスの女性
唇を薄く見せるには、日頃から様々なことを心がけていかなくてはいけません。唇を薄く見せるためのポイントについてご紹介します。

■鼻呼吸を心がける
口呼吸で呼吸をしていると、唇が前に出て見えやすくなります。口呼吸をすることで、口元の締まりがなくなり、どんどん唇が目立ちやすくなっていくので、常に鼻呼吸を心がけながら、口元の締まりを意識して生活することを心がけましょう。

■舌の位置に気をつける
唇を薄く見せるためには、口角を上げて生活していくことがおすすめです。簡単に口角を上げる方法として、舌の位置に気をつけることがおすすめです。舌は前歯のすぐ後ろにあるのが正しい位置になります。舌は常に上顎に触れている状態になります。

この状態をキープすることで、口角を上げることができます。

唇を薄く見せるためのトレーニング

投げキッスをしているサングラスの女性
唇を薄く見せるためには、口元を鍛えることも効果的です。ダイエットと同じように口元を鍛えることで、唇を薄く見せられる場合があります。唇を薄く見せるためのトレーニングについてご紹介します。

■舌トレーニング
舌を使ったトレーニングは、直接唇の筋肉へとアプローチします。顔全体の筋肉にも繋がるので、小顔効果を感じることもありますよ。
①口の中で舌をぐるっと回す
②同じ方向に10回回す
③反対方向に10回回す

■唇巻き込みトレーニング
次に唇巻き込みトレーニングです。この動作を行うことによって、表面に出ている唇の面積を少なくする効果が期待できます。
①上唇とした唇を内側に巻き込む
②両頬に手を当てた状態で、口角を軽く持ち上げる
③にっこりと笑う
この動作を10秒を1日3セットほど行いましょう。

唇を薄く見せるためのメイク方法

濃いカラーのリップメイクをしている女性
唇を薄く見せるためには、メイクも効果的です。唇を薄く見せるためのメイクのやり方についてご紹介します。

■コンシーラーで唇の色を消す
唇を薄く見せるためには、コンシーラーを使う必要があります。唇の色を消すことによって、唇を薄く見せることができます。コンシーラーはある程度カバー力があるものがおすすめです。コンシーラーを乗せることで、唇が乾燥を感じやすくなるので、必ずリップクリームなどで唇を整えてから使うようにしましょう。

■リップブラシでフチを取る
唇を薄く見せたい場合は、リップブラシを使って慎重に描いていく必要があります。本来の唇の形は無視して、自分が今なりたい唇の形に、リップブラシを使って縁取っていきましょう。しっかりとコンシーラーで隠していれば大丈夫なので、自分が好むラインで書いてみましょう。

■縁取った部分をぼかしながら色を塗る
縁取った部分から、内側に向かって色を入れていきましょう。普段のように内側の部分にはいつものリップメイクを施してOKです。縁取った部分からナチュラルに見せるために、ブラシで少しだけ外側にぼかしていきましょう。

そうすることで、小さく描いた唇が違和感のない仕上がりになりますよ。

どうしても唇が薄くならない場合

唇を触っている女性
唇を薄くしようとしても、なかなか思うようにいかないことってありますよね。そういった時におすすめの最終手段をご紹介します。

■歯列矯正
極論になりますが、歯並びによって唇が厚くなっているのであれば、歯列矯正をすれば直る場合もあります。唇の厚さが気になっている人は、歯列矯正についてのカウンセリングだけでも受けてみると良いでしょう。

しかし、実際に歯列矯正をしても直らない可能性も考えられます。あくまで歯の並びを整える行為なので、直るという保証はないことを覚悟しておきましょう。

■美容整形
唇をどうしても薄くしたいという場合は、やはり美容整形しかありません。こちらも極論になりますが、唇の面積を少なくする手術というものがあります。とにかく値段は高く付く上に痛みを伴うので、美容整形は最終手段だと考えた方が良いでしょう。

■あえて生かす
唇が厚くて気になっているという人は、厚い唇をあえて生かすという方法もあります。唇が厚いとセクシーな印象に見せることができます。隠すのではなく、全体的なバランスを考えてメイクしてみるのも1つの手です。

上唇と下唇は1:2のバランスを保つと、美しく見えるといわれています。どちらかのバランスに合わせて調整することで、厚い唇を生かすことも可能ですよ。
唇を薄くする方法についてご紹介しました。唇を薄くするためには、毎日の心がけとメイクが大切になります。厚い唇=コンプレックスだと感じてしまいがちですが、メイクの仕方やトレーニングを行うことで、目立ちにくくすることはできます。ぜひ試してみてください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。