BEAUTYSEP.02.2018

ルミナイザーって何?使い方やプチプラのおすすめコスメをご紹介

クボメイクをきっかけに、人気を集めるようになったアイテムがルミナイザーです。rmsビューティーが火付け役で、その後様々なブランドからもルミナイザーが発売されるようになりました。ルミナイザーとは一体どういうもので、どういう使い方をするのでしょうか?正しい使い方や選び方についてご紹介します。
クボメイクをきっかけに、人気を集めるようになったアイテムがルミナイザーです。rmsビューティーが火付け役で、その後様々なブランドからもルミナイザーが発売されるようになりました。ルミナイザーとは一体どういうもので、どういう使い方をするのでしょうか?正しい使い方や選び方についてご紹介します。

ルミナイザーとは

色々なカラーのハイライト
ルミナイザーとは、光やパールの効果によって肌を明るく見せるハイライターのことをいいます。クリームタイプの商品がほとんどですが、他にもジェルタイプやペンシルタイプがあります。パールやオイルの力によって肌にツヤ感を与える商品であれば、そういった商品名が付いているものが多いです。

ルミナイザーはハイライトの1種であり、元はrmsビューティーから発売されている商品の名前として、人気を集めました。人気美容師の久保雄司さんが手がけるクボメイクで使用されたことがきっかけに、ルミナイザーが注目されるようになりました。

それから同じようなクリームハイライターが、様々なメーカーから販売され、ルミナイザーがハイライトの1種として認識されるようになりました。

ルミナイザーとパウダーハイライトの違い

ゴールドのクリームハイライト
ルミナイザーはハイライトの1種になります。ハイライトにはパウダーハイライトもありますが、ルミナイザーが人気を集めている理由はどこにあるのでしょうか?パウダーハイライトとルミナイザーの違いについてご紹介します。

■保湿力
パウダーハイライトとルミナイザーの大きな違いは、保湿力です。ルミナイザーは、ほとんどの商品が保湿力が高く、乾燥を感じにくいという特徴があります。

特にルミナイザーは乾燥しやすい頬の部分に最適なハイライターです。パウダーハイライトを使うと、乾燥崩れを起こしやすいような場所でも、しっかりと保湿しながらハイライト効果を保つことができます。

■持ちが良い
ルミナイザーは、パウダーハイライトに比べると持ちが良いという特徴があります。クリームハイライトの弱点の1つが、乗せた時のベースのヨレやすさがあります。しかし適量を肌に乗せることで、ベースのヨレを最小限に抑えた状態で、メイク持ちの良いハイライトを仕込むことができます。

■サイズがコンパクト
ルミナイザーは、コンパクトにできているものがとても多いです。そのため持ち運びにとても便利です。パウダーハイライトのようにブラシを使う手間がないので、化粧直しにもぴったりなアイテムです。

ベースメイクを直したついでに、ハイライトを乗せることで朝の綺麗なメイクをよみがえらせることができますよ。

■コスパがいい
ルミナイザーは、1度に塗る量を少量で済ませることができます。そのため、1度購入すれば長い期間使用することができるというメリットがあります。本当に少しだけ乗せれば、綺麗な発色になるので、パウダーハイライトのように何度も重ねて塗る必要がないので、使いやすいです。

ルミナイザーの使い方

色々なブラッシュやハイライト
ルミナイザーの使い方や順番についてご紹介します。

■ベースメイクはパウダーまで終わらせる
ルミナイザーを使用する前は、フェイスパウダーまで終わらせておくようにしましょう。ルミナイザーのツヤ感を最大限に活かすためには、ベースメイクの1番最後に使用することが1番です。

フェイスパウダーまでしっかりと塗ることで、ベースメイクのヨレを防止します。ツヤ感を与えたい部分には、気持ち多めにパウダーを塗ってサラサラな下地を作っておきましょう。

■ルミナイザーは手に取って
ルミナイザーは、ジャータイプのものがほとんどです。ルミナイザーは、たくさんのパールやラメが入っているので、そのまま載せてしまうとギラギラになりすぎたり、ベースがヨレてしまう原因になります。

まずは指に取ったら手の甲に乗せて量を調整しましょう。最初は指に付いてるかな?と思うくらいの少量で、後から重ねていくようにすると、ベースがヨレにくくなりますよ。

■乗せる時はトントンと
ルミナイザーを実際にハイライトを乗せたい部分に乗せていきます。この時は指を滑らせるのではなくトントンと置くように乗せていきましょう。滑らせてしまうと、ヨレの原因になります。

ルミナイザーを乗せる位置としては、Tゾーン、眉下、目の下、Cゾーンです。ルミナイザーを乗せる時は、ピンポイントで乗せていくようにしましょう。少しずつ重ねていくことで、自然なツヤ感を出すことができますよ。

おすすめのルミナイザー【1】rmsビューティー ルミナイザー

rmsビューティーのルミナイザー
rmsビューティーのルミナイザーは、どんな肌にもなじむ上品な光沢感で透明感のある肌を演出します。オーガニック成分でできていて、肌に優しく保湿します。
rmsビューティー ルミナイザー / ¥5,292

おすすめのルミナイザー【2】トーン ルミナイザー

トーンのルミナイザー
トーンのルミナイザーは、3色のカラー展開のある保湿力の高いマルチハイライターです。ウチワサボテンオイルとフラワーエキスで、内側からにじみ出るようなツヤ感を出します。
トーン ルミナイザー / ¥3,240

おすすめのルミナイザー【3】リンメル イルミナイザー

リンメルのルミナイザー
リンメルのイルミナイザーは、生ツヤパールで透明感と繊細なツヤ感を作り出します。軽いオイルで伸びが良く、肌にしっかりと密着するので長時間美しい仕上がりをキープします。

おすすめのルミナイザー【4】エクセル グロウルミナイザー

エクセルのルミナイザー
エクセルのグロウルミナイザーは、化粧下地として使用できるハイライトです。美容オイルとパールによって立体感のあるツヤ肌を作り上げます。
エクセル グロウルミナイザー / ¥1,836
ルミナイザーについてご紹介しました。オイルの力とパールの力によって、内側からにじみ出るようなツヤを作り出すことができます。ツヤ肌が好きな人は、ぜひルミナイザーを使ってみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。