JUN.09.2019

憧れのイタリア旅行の服装!季節別の服装コーデや持ち物のおすすめ

憧れのイタリア旅行の服装!季節別の服装コーデや持ち物のおすすめ 憧れのイタリア旅行の服装!季節別の服装コーデや持ち物のおすすめ

イタリアといえば世界遺産が多く美しい街並みが思い浮かびます。ミラノやローマなどのおしゃれな街は大人女子の憧れですよね。そこで今回は、イタリア旅行におすすめの季節別の服装や服装選びの注意点、おすすめの持ち物などをご紹介します。

イタリアの季節ごとの気候や気温

 

おしゃれな国のイメージが強いイタリア。大人女子の方にとっても一度は訪れてみたい国の一つではないでしょうか。今回ご紹介するのは、イタリア旅行におすすめの服装や持ち物。服装については選ぶ際の注意点や季節別のおすすめをご紹介します。

まずは、イタリア旅行する際に知っておきたい、イタリアの季節ごとの気候や気温についてご紹介します。イタリアは地中海性気候にあたり温暖で雨が少ないのが特徴。日本の様に四季がはっきりと分かれています。首都のローマは、日本の東京と年間を通して気温の推移が似ています。

■春(3・4・5月)の気候や気温
イタリアの3月は春と言ってもまだ寒くコートが必要です。4月は日本の春のような気温が安定しない時期で服装選びが難しい時期。5月になると一気に暖かくなり昼間は半袖アイテムでもOKなほど。ただし朝晩は冷えるので、羽織ものはマストです。

■夏(6・7・8月)の気候や気温
イタリアの6月は乾季にあたり雨が少ない時期。イタリアも8月が最も気温が上がる時期ですが日本ほどではなく、北部や山間部は軽いアウターが必要です。ただ日差しが強いので紫外線対策は準備が必要です。

■秋(9・10・11月)の気候や気温
9月は残暑でまだ30度近くまで気温が上がる地域が多いですが、朝晩がぐっと気温が下がるので羽織ものはマストです。10月以降はニットやジャケットが必要になる位気温が下がります。11月は雨季にあたり雨が多いので、雨具の準備が必要です。

■冬(12・1・2月)の気候や気温
イタリアの冬はローマや南部の地域は昼間の気温がそこまで下がらないので過ごしやすい時期。ただ風が吹く日は寒いこともあるのでストールなどの防寒小物があると役立ちます。一方北部はかなり寒くミラノでも朝晩の気温が氷点下になるので防寒はしっかりと準備しておきましょう。

イタリア旅行におすすめの持ち物

 

イタリア旅行に持参する持ち物は、パスポートや航空券、海外旅行保険証、クレジットカードなど海外旅行の定番がマストアイテム。そのほかでイタリア旅行にあると便利なおすすめの持ち物をご紹介していきましょう。

■モバイルバッテリー:スマホは海外旅行でも何かと使用頻度の高くなるので必ず持参しておきましょう。スマホ周辺機器でいうとWiFiルーターや海外用のSIMなども必要な方は準備しましょう。
■雨具:イタリアは雨が少ない国ですが、秋から冬は雨季にあたり降水量が増えるので折り畳み傘やレインウェアを持参しておきましょう。
■虫よけスプレー:夏は蚊が多いのでバッグに常備しておくと安心です。
■常備薬:飲み慣れた常備薬は必ず旅行バッグへ。
■ストール:寒暖の差や冷房対策、肌の露出が厳禁の場所(教会など)へ入室する場合など何かと役立ちます。
■帽子やサングラス:日差しが強いのでマストアイテムです。

イタリア旅行の服装の注意点:ハイブランドのバッグはNG!レストランにはきれいめのワンピースを

イタリアの女性の服装

イタリアなど海外は日本のような治安がいい場所ばかりではないので、ハイブランドのバッグを持っているとスリや盗難の対象になってしまいます。できる限りブランド物のアイテムは身に付けないようにしましょう。

イタリアの女性はパンツスタイルの方が多く、小柄で可愛い雰囲気のスカートをはいた日本女性は目立ちます。スリや盗難のターゲットになるリスクを避けるためにも、スカートをはく場合は可愛らしいデザインのものは避けるようにしましょう。

高級レストランなどドレスコードがあるような場所には、ラフな服装は厳禁です。きれいめのワンピースなどを必ずスーツケースに入れておきましょう。

イタリア旅行におすすめの服装【1】バッグ:観光中のバッグは斜め掛けなどで防犯対策を

 

イタリア旅行の観光中に持つバッグは、スリや盗難対策のためにも斜め掛けできるボディバッグやショルダーバッグがおすすめです。くれぐれも置き引きや放置するのは避けて、常に目の届く場所に携帯しておきましょう。

イタリア旅行におすすめの服装【2】靴:石畳の多いイタリア。ヒール靴よりスニーカーやフラットシューズを

 

イタリアは石畳などのヒール靴だと歩きにくい道が多いので、靴はヒールのないフラットシューズやスニーカーがおすすめです。

ただし高級レストランなどで食事をする場合はワンピースを着る必要があるので、きれいめのパンプスもスーツケースに入れておきましょう。

イタリア旅行におすすめの服装:季節別【春(3月)】朝晩は気温が5度を下回る日も。まだニットやコートが必要

 

イタリアの3月は春と言ってもまだ寒く、朝晩の気温は5度を下回ります。ニットやコートなどの冬の防寒アイテムを準備して行きましょう。

イタリアの北部を旅行する場合は、ダウンコートなどの防寒力の高いアウターが◎。ローマなどでもコートはマストです。

イタリア旅行におすすめの服装:季節別【春(4・5月)】気温が安定しない時期。ジャケットなどの羽織もので重ね着を

 

イタリアの4月から5月は気温が安定しない時期で、初夏のように暖かい日もあれば冬に逆戻りしたように寒い日もあるので、ジャケットやニットなどを使った重ね着で対応するのがおすすめです。半袖アイテムや長袖アイテムなど一通りのアイテムを持参しておいて、組み合わせで気温の変化に対応できるようにしておきましょう。

半袖Tシャツにジャケットを羽織ったコーデはこの時期のイタリアにぴったりな服装。ジャケット×デニムのマニッシュコーデはイタリアの雰囲気にマッチしています。

イタリア旅行におすすめの服装:季節別【夏(6・7・8月)】真夏は北部のミラノでも昼間の気温は30度近い!

 

イタリアの夏は北部のミラノでも30度近くまで気温が上がりますが、ローマでも日本の夏のようには暑くないので、半袖トップスやノースリーブで快適に過ごせます。ただ北部や山間部は朝晩冷えるので、長袖の羽織ものは必ず持参しておきましょう。

ノースリーブブラウス×ショートパンツのコーデはこの時期のイタリア旅行に最適。マニッシュな雰囲気の大人カジュアルコーデは、おしゃれなミラノの街並みに似合います。

イタリア旅行におすすめの服装:季節別【秋(9・10・11月)】雰囲気のある建物にストールやベレー帽などの秋小物がマッチ

イタリア旅行の秋コーデ

イタリアの秋は9月は残暑で暑いですが、10月以降は気温が下がって秋らしい気候になります。ミラノなどの北部では朝晩の気温が10度を下回るので、ニットやジャケット、軽めのアウターなどの防寒アイテムが必要になります。

黒のニットワンピは首元にストールをプラスしたりベレー帽をプラスすることで、程良く防寒になってこの時期のイタリア観光に◎。ストールやベレー帽はおしゃれ小物でもあるので、ミラノなどの雰囲気のある建物にもマッチします。

イタリア旅行におすすめの服装:季節別【冬(12・1・2月)】ミラノやヴェネツィアなど北部は寒い。アウターは厚手のものを

イタリア旅行の冬コーデ

イタリアの冬はローマや南部の地域はそれほど気温が下がらず比較的過ごしやすい時期。ただしミラノやヴェネツィアなどの北部は寒く、ミラノでは朝晩の気温が氷点下まで下がります。

冬にヴェネツィア観光する場合は、アウターは厚手のものを着用しましょう。首元はストール、足元はブーツなど小物類も防寒力のあるものがマストです。

イタリア旅行の服装は地域によって寒暖差があったり、季節の変わり目は気温の変化が激しいので服装選びには注意が必要です。イタリアの街並みに馴染む大人カジュアルな服装で、イタリア観光を思う存分楽しんでください。